2012年02月11日

「 コレを聴かずにロベンを語るな !! 」 2


 今日は音楽ネタ、参ります ♪
美緒ママ選 「 コレを聴かずにロベンを語るな !! 」 シリーズ第二弾。
今回はライブ映像です ☆

 少々古いハナシになりますが、昨12月にYouTubeで初めて出会った時、まず度肝を
抜かれ、次に 「 生きてて良かったー !! 」 と踊り上がってしまった ☆☆☆
2008年2月放映されたという、北欧フィンランドの TV 番組 『 Kitaraklubi
( = Guitar Club の意 ? ) 』 のスタジオ・ライブです。
だのに、何故か画像はヨレヨレ ! ( 汗 )
それでいながら極上の音質、とゆー奇跡 ? ( 笑 )


★ 『 Robben Ford on Finnish TV ! 』

http://www.youtube.com/watch?v=vlxpNLwi62M&feature=related

 当地ミュージシャン( Marzi Nyman グループ ? )とのセッションらしく、曲は
ロベンがステージでよく演る 『 Oasis 』 。
…… って、こ〜んなにシュールでクールだった!?
新解釈やで〜〜ッ !!
へぇぇぇ ? 目から、いゃ耳からウロコ ☆☆☆


★ 『 Robben Ford on Finnish TV !
                        ( Solo Performance ) 』

http://www.youtube.com/watch?v=9ku6tpCVrQM&feature=related

 こちらはギターのみのソロ・ブルース …… 『 Down Home Blues 』 を彼ならでは
のインプロヴァイズ・プレイ。
嗚呼、コレぞ私が求めていた音 !!
もう言葉なんて要らない … ただただ聴き惚れ、酔いしれよう …… ( 激萌えッ ☆☆☆ )


 さらに極めつけが、そのギター。
“ ロベン最愛の一本 ” として CD 『 Truth 』 のジャケットを飾った 『 Taku 
Sakashta ( 坂下 拓 ) 』 作 『 Noupaul Robben Ford 
Model 』 。


       120109_2344~010001.jpg


 響きの濃密さ・豊穣さに、改めて驚くばかり !!
…… なァんて言ってるから、 “ オタッキー ” だって思われるんかな、アタイ ? ( 苦笑 )


 なお、かのギター・ビルダー 『 坂下 拓 』 さんは個人的にもロベンの音楽を大変愛し、
親交篤く、彼のために幾つも名器を提供しました。
ところが何と一昨年、不運にも43歳の若さで急逝され、その極めて優秀な天与の才を深く
惜しまれています。
今日2月11日が、ちょうど三回忌 ……… 合掌。




posted by 美緒ママ at 23:42| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正におっしゃる通り!

ロベンの良い部分のみが圧縮されたような素晴らしい演奏です♪

リズム良し・フレーズ良し・トーン良し♪

加えてルックス良しです・(笑)
Posted by sho-bud at 2012年02月12日 22:09
Sho-bud中部地区担当部長さま〜♪

 またまたありがとうございます!
共感して下さる方がおいでなだけで、心強いデス♪

 ロベン音楽世界の本質とか、私などにわかろう筈もないけれど…(汗)。
“ギター弾けない”系人間のあくまでも“どシロウト”考えで、お許しを(ペコリ)。
 何はともあれ、あの音の選び方なんです!!
削ぎ尽くされた最小の音数が、絶妙かつ瞬時に配置されていく音空間。
不断に流れ行く旋律は、知らぬ間にニュアンスを変え……そこへ滑り込む
カッティング和音・単音の変幻自在!!
息をつめて、耳をそばだてました。
身のうちの細胞一つ一つまで、溺れたいと思いました。

 本当に出会えて良かった〜☆☆☆



Posted by 美緒ママ at 2012年02月13日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: