2019年04月27日

引き寄せるもの


 暫しブランクありましたが、前記事の続きになります。
去る 18 日、鎌倉でネイル ・ リニューアルの折に立ち寄った、隣接のショップ、


                『 HemingArts 』


         KIMG3996.JPG


サロン 『 bird 』 通いの都度すごく気になりながら、何故か寄りそこなっていました。
が、この日は偶々ネイル予約時間に早かったため、店内へふらり。
ご店主らしき女性の対応に、端正で洒落たディスプレイを拝見。
品揃えは “ セレクト ・ ショップ ” ならでは ? ── 陶磁器 ・ アクセサリー ・ 衣類小物 etc .
就中、テーブルウエアに行き届いた選択眼。 すなわち和食器の王道は外さず、しかも新鋭作家を
ピックアップされている ? ( たぶん …… としか言えない。だって嘗て私の知り合った陶芸家
諸氏は恐らくリタイア世代 ! )
なので、青手古九谷 ・ 吉田屋 ・ 古伊万里の写し、唐津刷毛目も焼締めも、店頭に並ぶ様を見る
ことが久しい。
仕事で関わっていた頃が、懐かしかったでーす ♪♪


 と、そんな中、窓際の棚に ………


         KIMG3980.JPG

             KIMG3982.JPG

         KIMG3984.JPG
 

          ★ 有永浩太 作 『 リム・プレート 』 ( 八寸 アンバー )


 Oh !! 思い切りシンプルなフォルムにアンバーの濃淡が眼を引く一点。
完全に平皿ではありながら、高台の僅かな立ち上がりが利いている( 手取りが良い ! ) 。
無機質のようで、感触は不思議に柔らかい。 こんなガラス器見たことないよ〜 ☆☆
このコから目が離せなくなりました。


 それでサロン帰りにも立ち寄り、今度はお若い女性スタッフと和みつつすっかり長居。
商品や作者についてのご説明、女店主様のご趣味と拘り等色々伺う内、こちらのテイストを
お話ししたり。 リニュしたてのネイルや “ シルバー & ターコイズ ” の身装品をお褒めいた
だいたりもし。
ふと気付く ── このスタッフさんは接客の機微をご存じだ ! お客を褒め和ませ、気分良く
買い物をして貰うのが販売員の技量だから ( …… と経験者は力説 !! ) 。

 楽しい時間の末 『 リム ・ プレート 』 が目出度くお持ち帰りとなったのは、言うまでも
ありません ♪♪♪ 




 そうそう、去る 3 月 27 日 、珍しく南青山へ出掛けた時。
ご存知 『 BLUE NOTE TOKYO 』 臨戦の日 ( ライブ ・ レポの方遅れてますが、
近日中に Up 予定 ) 、早めに出て、界隈ぶらりを画策。
東京メトロ 表参道 駅から骨董通り、南青山六丁目 信号を左に折れたら 『 BLUE NOTE 』
を通り過ぎて数分。
アタマの中で何となく “ 『 BLUE NOTE 』 とワンセット ” な気がしているこちら様 、
『 根津美術館 』 ♪ 
企画展 『 ほとけをめぐる花の美術 』 展を鑑賞して、暫し異世界へワープ。
閉館の 17 時に出て振り返ると、建物の軒にかかって名残の櫻がはらはら …… 。
奇しき “ 南青山の櫻 ” とまみえたのでした。


 さて、それから更に時間があったのでぶらり。
ちょうど 『 Blue Note 』 隣にお洒落な Shop ── 二階建ての壁面を全ガラス張り
にした実にオープンな構え、広〜く開いたファサードへすっと誘い込まれてしまった、
『 WTW ( ダブルティー ) AOYAMA 』 。
曰く 「 カリフォルニア的都市型マリン & サーフ ・ テイストを標榜するライフスタイル ・
コンセプト・ショップ 」 とのこと。
肩の力の抜けた、ライトな趣きに惹かれたのかも ?
あ、 “ サーファー・テイスト ” が好きなワケじゃないけど( 笑 ) 。
ん〜、正直 “ 山 ” よりは “ 海 ” の方が好みかもね …… ストイックには非ず、と自覚するせいか。
兎に角、気負わぬ無造作さがイイな〜〜、と物色し、奇しくも出合った ………


                 木製のフォーク


             KIMG3769.JPG    

     KIMG3776.JPG   KIMG3778.JPG

             全長 20 cm  最大幅 3 cm 程


 そう、探してたのよ、このサイズ ♪
カトラリーを使う時、どうあっても避けられぬ和陶器に触れる金属音 ── やむを得ぬものだ
けれど、何とかなるなら何とかしたい !
故に、然るべき木製のカトラリーを求めて久しい。
中で、スプーン類は塗りの良い品に出会えた。 無論、本格的な漆芸なら安くはないが、当座の
“ 用の美 ” は各種手に入れています。
 ところがフォークが無いんだな。 手掛けてくれる木工作家が極めて稀で、選択肢が乏しい。
そこに出合ったカジュアルな 『 アカシア 』 材フォーク ☆☆
軽やかでいながら “ 安っぽく ” 無い ♪
リーズナブルなのに、洒落感と程よい洗練。
はい、即決〜〜 !!!


 キャッシャーでお会計しながら、お店の雰囲気にぴったりな今風の女性スタッフさんに、
「 デニムにスタッズ、素敵ですね〜 ♪ 」
いきなり上着を褒められて、ちょっと驚く。
「 え ? そーですか ? …… 実は 『 H & M 』のセールでお得にGetしたんだけど 」
と返すと、
「 ホントですか ? お買い物上手〜 ! 」
って …… お嬢さんこそ接客お上手〜 ♪♪♪
お客にまた足を運びたいって思わせるコツ、見事に会得してらっしゃるわ ☆☆
あたくしのよーなおババちゃんにも、辛うじて褒め要素を発見して下さって ( 苦笑 )。


     KIMG3995.JPG   KIMG3992.JPG   




 あ、後で知った今季トレンドって、偶然こんな “ オーバーサイズのダメージ G ジャン ”
なんですって !?
お陰さまで “ 流行わかってるヒト ” みたいに勘違いしていただいた …… かも ? ( 笑 )

 まぁ、稀有なる “ 青山みやげ ” 体験となった次第。



 総じて “ 幸福感 ” とか “ 癒やし ” は、そんなに大それたものじゃありません。
人同士の何気なく細やかな接点如何によって、引き寄せ、引き寄せられる、その場の価値が
底上げされてゆく。
そしてそれはやはり、人間各々の心次第ではないかしらね ?




posted by 美緒ママ at 01:09| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする