2018年12月31日

大つごもりのご挨拶 2018


 寒波が北や日本海側に、かなりの風雪をもたらしているそうです。
この年の瀬、帰省シーズンにも大変な情況ですね !?
偏に皆様のご無事をお祈りします。


 南関東のこのあたり、寒波は来ているものの、雪も嵐も免れてありがたい限り。
晴れた日中、陽に恵まれた花壇ではパンジーの花数が少し増えてきました。


         PC261252.jpg



人間が寒さに首を竦める中でも、植物達には暖かいのか、一足とびに春の予感が届いているの
かもしれません。
 花壇脇のプランターに、何と 『 サクラソウ 』 が咲きました ♪
びっくり〜〜 ☆


             PC261250.jpg

         PC261249.jpg

 
 種零れを鉢上げされて、実に強靭な生命力です。
これからの寒気に耐え、春まで咲き続ける …… !?


         PC261255.jpg




 そう言えば花壇にも鉢にも、 『 チューリップ 』 が随分芽を出してます。
こちら様も、今から出て来ちゃって大丈夫 ? って心配になるけど …… 。


         PC261270.jpg


 

 新年を待つ季節、 『 房咲きスイセン 』 の 『 グランドモナーク 』 は大抵一番手で花をこぞり、


             PC261264.jpg

  PC261272.jpg  PC261277.jpg


             PC261281.jpg


             『 日本水仙 』 も追いつ追われつの健闘 ♪♪




 しかしソレにしたって !
掃き掃除の顔を上げて慌てました、 『 ロウバイ 』 がこんなに咲いてた〜 ?


         PC271308.jpg



 張りつめた冷気に咲く木花の健気さ ── いいですね。
沢山控えている蕾達が、厳しい季節を凌いで咲き続けることでしょう。
透き通るような花色と静謐な香しさが、冬を耐える人の心を慰めてくれるかも。


         PC271291.jpg

         PC271299.jpg

         PC271303.jpg




 たったひと晩で年が移ろうとも、花達の営みは何も変わらず流れ続けます。
とらわれず、慌てず、あやまたず、私も時を送りたい。
本当に大切なことはそう多くないから、しっかり見極めて、次のピリオドを過ごして行けたら
幸いです。
過ぎた時間に感謝、そして与えられるべき時間がもしもあるならば更に感謝 !!


 どなたにも、どうか良き年が訪れますように ☆☆☆ 



             2018 年 戌年 大つごもり


                              美緒ママ



posted by 美緒ママ at 18:35| Comment(0) | ごあいさつ | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

冬紅葉


 本日、暮れ恒例の一件、 “ 墓参り ” を済ませました。
よく晴れた空に落ち葉の舞う、菩提寺 『 正翁寺 』 様の墓域。
しかし散り落ちた紅葉の色は、殊更残念な今季です。

 この師走の気温の急高下、夜には一月二月の厳冬めく冷え込み。
だのに “ 寒さの賜物 ” たる紅葉が、 ( 台風の大打撃 !? ) あちこち “ 紅葉スポット ”
でさえ軒並み見る影無し ?



 先日、茶緒パパが “ お婆ちゃん遊山 ” に同行した鎌倉 ── 『 覚園寺 』 様も指折りの
紅葉スポットなのに、被写体は !?


         DSC_4937.JPG

             DSC_4946.JPG



 綺麗な紅色があまり見当たらな〜ぃ ( 泣 ) 。 せめてもこの黄葉くらい ?


         DSC_4934.JPG



 またの年の “ 錦秋 ” に、切に期待したいところ。


 なお 『 覚園寺 』 様と言えば、秋にご住職が代替わり ? 
第三十代 『 仲田昌弘 』 様を継ぎ、ご長男 『 仲田順昌 』 様が三十一代に就任された
そうです。 おめでとうございます !!
些細ではありますが、ご縁をいただいた順昌様へ、心よりお祝い申し上げます。




 そうそう、月はじめの北鎌倉 『 円覚寺 』 様も、果たして “ 残念紅葉 ” 。
せっかく色付いた葉が悉く、フチをちりちりと傷められていました。
カメラを持って行ったのに、シャッター切るべきヴィジュアルが無〜〜ィッ !!


 去年見損なった塔頭 『 龍隠庵 』 様の前庭の紅葉を目当てに、長石段を上りつめて
みたものの、見事に空振り。
あ、 去年は確か時期が遅かった …… ( 涙 ) 。
で、今年が塩害 !?
やはり来年を期すしかない。

 けど、まァ 「 ヨシ ! 」 としますか。もう一つの訪問目的を果たせたから。
秋以来ずっと存念の、ご住職 『 太田周文 』 様へのご挨拶。
件の “ 念珠 ” のご報告です。
『 円覚寺 』 様入口の売店に卸している仏具店 『 香山堂 』さんが、そもそも周文様の
経営 …… とゆーことは、こちらが “ お客 ” ではあるのですが。
願わくば、ご本尊の 『 観音菩薩 』 様より、お念珠へパワーも与えていただきたい
なァ〜 ♪ と。


 その日は日曜、お茶会などでご多忙だった周文様に、お席の後で幸いにもお目に掛かれ、
ご挨拶が叶いました。
ありがとうございます !!
お陰さまで、新たな心の拠り所を得ることが出来ました。
『 観音 』 様へは改めてお参りします、とお写経一巻を委ねて、おいとましました。


 果たせずにいた心の荷をまた一つ下ろして、軽くなった気持ちが嬉しい年の瀬です。 




posted by 美緒ママ at 23:48| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

川崎大師 2017  Gosyuin Traveller 112  


 この十二月の、大抵クリスマス前頃でしょうか、 愛車 LEVORG 『 レボちん君 』 の
『 交通安全御祈祷 』 を受けるようになったのは。
今年で三回目の 『 川崎大師 』 様へは、 21 日に行って参りました〜 ♪♪
その時のレポは後日のに譲るとして、実は昨年の分が、ナンと未アップじゃないですか !
サッサと済ませなくては ( 大汗 ) 。


 Gosyuin Traveller 2017 年 12 月 19 日 ( 火 ) 、一年の有終の
美を飾って ( ? ) 『 レボちん君 』 交通安全御祈祷 Day ☆☆☆ ────


 11 時 35 分、我が家を出発。 日野 IC より横浜横須賀道路を釜利谷 Jct . 経由、
11 時 45 分頃 『 幸浦 』 で首都高速 湾岸線 B へ。


        『 横浜ベイブリッジ 』


      KIMG1578.JPG    KIMG1580.JPG



 続いて大黒 Jct . では K 5 大黒線 〜 生麦 Jct . から K 1 横羽線へ。
12 時 38 分頃、大師 IC を降りると直ぐの、広大な駐車場を構える ……


         PC190438.jpg

         PC190437.jpg

         PC190484.jpg


              『 川崎大師 交通安全祈祷殿 』 様



 12 時 40 分頃到着、 申込んだのが13時よりの組。
定時に始まった段取りは前回同様、超インド風な 『 交通安全祈祷所 』( 『 本堂 』 )
内で。
違いは、他二組の申込み者様とご一緒だったこと。

 導師様の読経とリズミカルな鉦・太鼓を拝聴、ご本尊様、『 弘法大師 』 様へお参りし
祈祷が終了。


 続いて、お堂前に仲良く並んだ愛車達も、


         PC190434.jpg

         PC190433.jpg


             ありがたく御祈祷 ・ お祓いを賜りました。




 終了後は、受付で御朱印を拝受。


             交通安全祈祷所 『 弘法大師 』 様

             KIMG3338.JPG


     お大師様、ご本尊様、寺僧様、職員様、ありがとうございます !!




 それでは 『 レボちん君 』 を駐車場に預けて、ご本山へ移動しましょう。
十数分歩いて、本山の表参道へ。 繁華な時期と違って、閑散としています。
中程に 『 久寿餅 』 の有名な 『 住吉屋 総本店 』 さんがあったので、


             PC190440.jpg

         PC190439.jpg


                名物を賞味してみました ♪
                お土産の分は後ほどまた。




 ところでその道筋に、かなり気になるご一刹が ……


             天台宗 『 恵日山 普門院 明長寺 』 様


         PC190442.jpg


 朱塗りの山門が鮮やかな、札所寺院様です。 次回は是非参拝しましょう。




 それでは 14 時頃到着の ……


           本山 『 金剛山 金乗院 平間密寺 』 様


         PC190444.jpg


     お馴染みになった 『 大山門 』 に、お正月飾りが施されています。


         PC190445.jpg


        脇に祀られた 『 聖徳太子堂 』 様


         PC190447.jpg



           『 清瀧権現堂 』 様


         PC190448.jpg


     こちらの背後には、久寿餅の 『 住吉屋 』 ビルが聳えていますね ( 笑 ) 。


         PC190446.jpg




 それでは改めて 『 大本堂 』へ。


         PC190449.jpg

         PC190452.jpg


         PC190453.jpg


           ご本尊様、お大師様へ謹んで合掌、参拝。



    お次は 『 不動堂 』 へ。


         PC190456.jpg


          お堂内で近々お参りさせていただきました。



      拝受の御朱印は、


             『 関東三十六不動尊霊場 』 第七番

              KIMG3347.JPG


               札所本尊様 御影と童子のお札。

         KIMG3348.JPG


        お不動様、寺僧様、ありがとうございました !!
               



  お堂を出て散策すると、『 八角五重塔 』 。


             PC190479.jpg




 去年は整備中だった 『 つるの池 』 の 『 やすらぎ橋 』、


         PC190460.jpg

         PC190461.jpg



   対岸に黄金の 『 釈尊 』 様。


         PC190462.jpg



『 観音菩薩 』 様のお膝元には、『 百観音霊場 』 のお砂踏み場が設けられています。
似非巡拝者ですが、しっかり踏んで参りました !


             PC190466.jpg

         PC190468.jpg

 PC190470.jpg  PC190469.jpg




 さてお終いは、欠かしもならぬ 『 薬師殿 』 様へ。


         PC190473.jpg


ご本尊 『 薬師如来 』 様、他諸尊様へお参り。
身辺の闘病中の方々のため、薬師様のご加護を切に祈りました。


            御朱印、


                『 薬師如来 』 様

             KIMG3341.JPG


        ご本尊様、諸尊様、職員様、ありがとうございます !!




 境内を戻りつつ、先回拝観しなかった 『 経蔵 』 へお参りし、


         PC190455.jpg


『 川崎大師 平間寺 』 様をおいとましました。




 帰路は先程の久寿餅をお土産に求め、再び 『 交通安全祈祷殿 』 の駐車場へ。
15 時 12 分には、首都高速 大師 IC へ入り、湾岸線 B → 『 つばさ橋 』 →
大黒 jct. → 『 ベイブリッジ 』 → 15 時 40 分頃,、磯子 IC を降りまして。
途中用足しのため、環状2号線を経由、打越 信号より関ノ下 信号 → 鎌倉街道へ
出て上大岡を目指します。
そして16時頃から 『 京急デパート 』 で一時間程買い物し、 17 時半頃帰宅。


 これより一年間の 『 レボちん君 』 の安全と、無事故無違反を念じた一日でした。




posted by 美緒ママ at 02:43| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

今年の漢字


 遡って 12 月 12 日のこと、年末恒例の 『 今年の漢字 』 が発表されたそうですね。
まずこの日が 『 漢字の日 』 だったなんて、全く知りませんでした。
( 世の中、 “ 知らないこと ” が余りに多すぎッ !! …… 汗 )
 『 今年の漢字 』 はいつもどおり、京都 『 清水寺 』 の御貫主様ご揮毫による大書。
選ばれた一字が 『 災 』 ── 今年の災害多かった世情を端的に表している ? と思えば、
辛い限りですが。
そこから復興へ立ち上がっている各被災地の来年、安定へ繋がる新たな進展を祈らずに
いられない !!
…… と、極めて幸運にも被災を免れた身には、斯くありきたりな言葉しか申せませんが。  
被災者ならぬ自分は自己責任で、しっかり身を守ってゆくしかない。


 という今年 ── 殊に後半は私にとって、自分を支えるべき “ 定番 ” の再選択、そして
獲得の期間だった気がします。
なので私の 『 今年の漢字 』は 『 選 』 or 『 獲 』 。
更にいっそうの選択と獲得を、新年にも期するところです。


 尤も、再選択したコトガラが真実機能してくれるか否か、判明するのはたぶん先のハナシ
でしょう。
命終わる ( 何時とは知れませんが ) その時になれば、結果が出るのか ?
…… それもわかりませんけれど。



posted by 美緒ママ at 00:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

…… 納め


 昨 12 月 19 日 ( 水 ) 、年内の “ 歯科 ” と “ ペイン ・ クリニック ” の通院が終わり
ました。
師走の内に済ませて置くべき事項が、徐々に片付いていきます。


 今季は恒例の 『 特定健康診断 』 予約が偶然十月に取れて、早々に済み !
『 インフルエンザ予防接種 』 もタイミング良くスムーズに受けられました。
近頃になると昨年並みに “ ワクチン欠乏 ” 状態をきたし、掛かり付けの内科でもすぐには
受けられなくなったそうです。 
早く済ませてラッキー !!

 また、二年ぶりに頼んだ “ 庭木剪定 ” 。
植木屋さんの混んだ年内の予定に、何とか入れて貰えた 12 日。
生憎午前中の雨で、作業が半分程残りましたが、年明けには片付けていただく予定。


 それなり色々あった年だけれど、あと少し !
残した用件を全うしようと思います。
ともあれ、風邪やら体調不良には気を付けて行きましょうね ♪♪



posted by 美緒ママ at 04:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

先月 & 今月の俳句学習 11 月第四週 ・ 12 月第二週  2018


 先月と今月分、 『 ランドマーク ・ プラザ 』 俳句教室のおさらいです。


 11 月 27 日、教室へ辿り着く前に 『 ランドマーク ・ プラザ 』 の定位置に
クリスマス・ツリーが見えました。
Oh ,もうこの季節かァ〜 ! 早くもセッティング完了 ?
意識して見るようになって、今年で何回め …… だろう。



               KIMG3246.JPG

               KIMG3257.JPG


                ブルーの色にも変わります ♪


     KIMG3260.JPG    KIMG3263.JPG

         KIMG3258.JPG


   ツリーの足もとでトナカイさんが可愛いけど、でもわりあい地味かな ? 今年のは。




 さぁ、それでは受講 ……


十一月第四週 11 日 27 日

《 型 ・ その 2 》
「 上五〜中七 ( 季語に関係の無い一連のフレーズ ) 〜や 」 + 「 下五 ・ 季語 ( 体言 ) 」


一応及第の句、



   呼び鈴に遠く応ふや冬櫻          かいう



 『 鷹 』 主宰 『 小川軽舟 』 先生に 「 呼鈴に声の返事や ── 」 というお作があるそうで、
類想多発感は否めないけれど ( 汗 ) 。
『 加藤静夫 』 先生には、家の奥か裏庭の方から 「 は〜ぃ 」 とか聞こえて来た …… という
生活感の感じられる句、と評をいただきました。
ただし季語を植物にした場合、 “ 動く ” 可能性があるのが、ちょいマイナス要素 ? ( アチャ〜 )

 

 残り二句は没〜〜 !



   銭湯のタイルレトロや神の留守



 銭湯のタイルの意匠を 「 レトロ 」 であると言って済まさず、どうレトロなのか具体的
にわからせることが大事 ! とのご指摘。
あぁ、そーだった、と反省。 
そもそも 「 レトロ 」 とか安易な表現を “ 詩 ” に使うべきではない …… かも ?
 更に季語の 「 神の留守 」 。 コレを付けたら俳句らしくなる、とこちらも安易な選択と
言われる!?
…… う〜ん、季語の意味合いと含みは配したつもりでしたが、感知されなかったのは技量の
問題でしょう ( ため息 ) 。



   落人の裔のその裔柿をもぐ



 またも類想感満載 …… だったかぁ〜〜 ! 
単なる 「 落人の裔 」 なら日本中に幾らでもいるやん、ってハナシで。
そらそーだなァ、と ( 苦笑 ) 。
要するに誰のコトなのか、とか具体性を ! ── ですね。
実は茶緒パパの母方をずーっと遡って行くと、都を落ちて来た 『 平家残党 』 へ辿り着く
んだそーな !
そこんことを踏まえて、再考 ・ 工夫いたします。




 では続いて、

十二月第二週 12 月 11 日 

《 型 ・ その 3 》 応用編
「 上五〜中七 ( 季語に関係の無いフレーズ ) や 以外で切る 」 + 「 下五 ・ 季語( 体言 ) 」


 この回は久々、静夫先生選に及第。



   豊頬をくぼめし女将新走り          かいう



 新酒の到来を祝う一席。
女将さんにもお相伴の一献 …… という粋なー景を仕立ててみました〜♪
実体験のなかなか叶わぬシチュだからね、コレぞフィクションの醍醐味ってもンよ ☆
あ?…… “ ネタ ” も静夫先生好みだったか〜♪♪♪



 はぃ、更にもう一句。
千惠先生の選に敵ったのが、



   窓ぎはの小壜に日差し冬薔薇



 句材の配し具合が絵画のようで綺麗、と。 はぃ、それ意図しました〜 ♪
日差しの当たるガラス壜とか、庭先 ( or 生けられた ) 冬薔薇とか。
冬の冷たそうな、且つ明るい空気感が表出されていれば成功で〜す ☆
 ただし、全体に漢字の字画が混み合うため敢えて 「 窓ぎは 」 とした表記へ、
「 普通に “ 窓際 ” としないと、わかりにくい 」 と千惠先生のご指摘 !
加えて、気付いちゃいましたッ …… 手書きの「 薇 」 、字画間違えてた ?
自己申告します〜〜( トホホ ) 。

 結果、△ → 没 ?


 
 同様、表記が激スベった没句 ……



   悪かりしきびしよのとほり一葉忌



 ビジュアルがまず 「 読みづらい 」 「 意味を汲みにくい 」 と !
初っぱな 「 悪 」 の字ってのもアレだし …… ?
「 きびしょ 」 は 「 急須」のことだから、ルビで読ませるか、 or 「 急焼 」 にルビして、
「 とほり 」 も 「 通り 」 とすべし !
 まぁね、急須の出が悪い、なんて日常の “ 貧乏くさい ” 事柄が詩になるや否や、
季語 『 一葉忌 』 の引きずる切なさ ・ 哀れさ ・ 物悲しさ …… 一切が裏腹なペーソスへ
繋がるや否や。
説明してはオシマイ ! な部分について、読み手に委ねるしかないのは承知。
そこを描くだけの自分の技量を鍛えて行くしかないし。
 と、その前に “ ひらがな or 漢字 ” 表記の問題解決が先かァ〜 ?
めっちゃ初歩じゃん !? ( ガビーン )



 いゃはゃ撃沈しまくりでしたが、講座の後には恒例の “ 忘年会 ” が待つ日でした。
飲んで食べてリセット !!
両先生方へ感謝と、受講生同志の一層の親睦を ♪♪

 ちなみに、静夫先生の予てよりのお言葉 ── 「 俳句は楽しくやって下さい 」 。
はい、我々にとって俳句は “ 仕事 ” じゃなく “ 遊び ” ですから。
その遊びも、テキトーじゃつまらン !
遊ぶなら、それはそれで全力で遊ばんと〜〜 ☆☆☆ …… と肝に銘じた。
まだ力出し切ってないもんね ? 自分。




posted by 美緒ママ at 00:21| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

Robben ’ s Birthday ♪♪♪ …… and ……


 ここ数日、急激な冷え込みですね。昨日も一段と、真冬めく寒さでした !
12月ももう半ば、気付けば “ 16 日 ” が過ぎちゃったじゃないかァ〜 !??
何を隠そう、 My アイドル, Robben Ford 大先生のお誕生なのですッ♪♪



          yjimage.jpg



  Happy Birthday to 
             My Dearest Robben !!!

 Wishing Every Your Days be Brilliant 
                       and Successful.



 そうそう、このシーズン、彼に 『 Christmas 』 は関係ないんだけれど、
そろそろ恒例の “ お籠り ” にお入りかもしれません。
心身の存分な浄化とリフレッシュに努め、より良き新年を迎えられんことを !!!
遥か Far East よりお祈りしています ♪♪♪




 なお、月はじめに降ってきた “ お年玉 ” 情報〜 !
先日の 『 JING CHI 』 Live の折、 Robben 自身がコメントしていた
「 三月来日予定 」 ── 判明しました。
朋友のテナーサックス ・ プレイヤー Bill Evans 君のサポート ・ メンバー
だったんです。

 

『 BILL EVANS 30th ANNIVERSARY SUPER BAND 』

 with special guest ROBBEN FORD
     featuring JAMES GENUS,KIETH CARLOCK


        on 2019 Mar.24th〜Mar.27th

           at BLUE NOTE TOKYO 



 ほぉ、また 『 BLUE NOTE 』 とな ?
予約開始は 19 日だから、もうすぐか …… さあ、どーしましょ ?
早く決めないと〜 ♪♪♪ ( ルン ! )



 Robben 、またお会い出来るのを楽しみに、春を待ちますよ〜 ☆ ( はぁと )




posted by 美緒ママ at 03:17| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

Anniversary Nail ?


 去る 12 月 9 日 ( 日 ) は 、四週間ぶりのネイル ・ リニューアルでした。
お馴染み、鎌倉小町のサロン 『 bird 』 さん。
偶々前日だった My Birthday の “ セルフ祝い ” ってコトで ( 拍手 ! ) 。


 カラーは、この日の気分で “ グレージュ ( グレーとベージュの中間色? ) ” な感じを
探しまして ♪ 


       結果、こちら ………


             KIMG3317.JPG



 光源のせいか、ややグレー味がやや強い ? もう少しベージュ寄りかも、リアルは。
ともあれ、肌の色に直でなく ( 近頃お気に入りの ☆ )ゴールド ・ ミラーが良い緩衝に
なってます。
ホント “ 優れもの ” だよね、根元ミラー!!
ネイリスト 『 みかさ 』 さん、丁寧なお仕事ありがとうございました ♪♪♪


 なお、年内の施術はこの日で終わり ── “ ネイル納め ” ですね。
次のリニュは年明け早々になります。
一年弱お世話になった 『 みかさ 』 さん、和やかな時間と癒やしの空間に感謝です !!
どうぞお元気で、ご家族共に良き年末年始をお過ごし下さいませ〜〜 ☆☆☆ 




posted by 美緒ママ at 18:35| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

“ ごあいさつ ” …… そして 庭 & 花壇改造計画 2018  冬花壇


 今日は、記しておきたいことが二つあります。



その 1 .

 当ブログ 『 Love Bear Yokohama Club Annex 』 が
今月アタマに、ナンと七年目突入してました〜 !!
いつもうっかりスルーしちゃうんだよねー ( 汗 ) 。
遅れ馳せですが、何とかここまでやって来られた感謝を申し上げます。
これからも “ My Favorite ” を発信して参りますので、よろしくで〜す ♪♪♪



その 2 .

 去る 12 月 2 日 ( 日 ) に一段落した、冬花壇植え付けの次第です。
まず 11 月 26 日、 Amazon 注文の 『 チューリップ 』 球根が全て到着。
30 日、 『 パンジー 』 苗を買いに最寄りの園芸店 『 ニーズランド 』 さんへ。


 とゆーことで 12 月 2 日、満を持して植え付けたこちら ── 


         DSC_4880.JPG


 茶緒パパ ´ s Select & My Select …… 都合 22 株。
茶緒パパ氏の選んだのは、いつも通りお好みの賑やか系 ♪


   DSC_4919.JPG

                 DSC_4889.JPG

   PC071217.jpg

                 DSC_4890.JPG

   PC071223.jpg




 私の目を引いたのはまず 『 フリル系 パンジー 』 。


         DSC_4893.JPG



そして初購入の銘柄 …… かの有名な 『 サカタのタネ 』 社の 『 よく咲くスミレ 』 、


           『 ラベンダーソフト 』


   DSC_4911.JPG

                 DSC_4909.JPG


             『 ライチ 』


   DSC_4900.JPG


             『 ソーダ 』


   DSC_4897.JPG


   この 『 ソーダ 』 、カメラの違いでこんな発色にもなります。
   花色の撮影は難しい〜〜 !!

   PC071207.jpg

                 PC071200.jpg



  一方土中には、チューリップ球根 ── 『 Apricot Beauty 』 や
『 Sanne 』 、『 Paul Scherrer 』 その他掘り上げ球根多数。
加えて 『 スイセン 』 とおぼしき掘り上げ球根も植え込んで、作業終了 !!


 ところが、掘り上げなかったスイセンの方は早くも開花〜 ♪


   DSC_4914.JPG    DSC_4922.JPG


       『 グランド ・ モナーク 』            『 日本水仙 』


 この後、続く蕾がなるべく長い花期を保ってくれるよう …… 祈る !


 そして土中の球根達も、沢山沢山花をつけてくれますように。
“ 春待ち花壇 ” と共に、これからの冬を乗り切りたいと思っています♪♪♪




         DSC_4882.JPG




posted by 美緒ママ at 02:16| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

先々月 & 先月の俳句学習 10 月第四週 ・ 11 月第二週 …… and  2018  


 12 月に入って一週間と言うのに、季節は行きつ戻りつ。
まるで一ヶ月前へ陽気が戻り、観測上最高温の 12 月と騒がれてみたり、そこからまた
急な寒気だとか !?
( …… って割にゃあったかいんだけど ? )


 『 ランドマーク ・ プラザ 』 俳句教室、先々月後半以降が未アップでした ( 焦々ッ ) 。 


 ところがその前に、ちょっと思いがけないお知らせ !
『 角川 俳句 』 誌 11 月号 ( 10 月 25 日発売 ) 『 平成俳壇 』 佳作欄 ──



   バカンスへミニ・クーパーのよく弾む          かいう



『 今井 聖 』 先生の選です ♪
ほぉ、投句三句中、この句とは ?
なるほど、今井先生でなきゃお採りにならないかもね〜 !
だいたいこんなカタカナの多用、通常俳句では厭われるのですが …… 。
それと固有名詞使い。 わたくしメがついつい頼ってしまう …… のではありますが、
この場合は 「 良し 」 と判断されたのでしょう。
ありがとうございます ☆☆☆
励みになりました !!



 では改めて、 『 ランドマーク ・ プラザ 』 俳句教室レポへ。
このピリオド、実は激低迷でした〜〜ッ !! ( ガーンンン )


十月 第四週 10 月 23 日

《 型 ・ その 1 》
「 上五 ・ 季語 ( やで切る ) 」 + 「 中七 〜 下五 ( 季語に関係ないフレーズ ) 」


 残念ながらオール “ 没句 ” の体たらく ( 汗〜 ) 。



   爽やかやショーの始めのアルペジオ          かいう



 景があまり一般的でない、と 『 加藤静夫 』 先生のご指摘。
殊に 「 アルペジオ 」 の語の伝達性が如何か ? と。
…… あ〜、そーなんだ !?
アコースティック ・ ギターの分散和音のような爪弾きに、爽涼感を準えたところ、
「 敢えて洒落た単語を引っ張り出して来なくてよい 」 と苦言でしたが、そんなあざとい
料簡全く無いですよ !
それ程特殊とは思いませんが …… 。

 確か十年程前、南青山の Venue 『 BLUE NOTE TOKYO 』 で初めて
接した Robben ´ s Live ── オープニングの Larry Carlton 氏
とのエレアコ ・ デュオを思い出してた !
はぃ、わたくしメの拙き超個人的な記憶でした〜ッ ♪♪



 二句め、



   院展や身のおきどころ無く鼻炎



 「 院展 」 で象徴しましたが、要は “ 芸術の秋の美術館鑑賞 ” 。
シンとした空間で肩身の狭い、鼻炎持ちの悲哀 !
先師 『 泉田秋硯 』 先生に学んだペーソスの感覚でしたが、 『 志田千惠 』 先生に
「 詩的で無い 」 とのご指摘を …… ( 汗 ) 。
結社の差というものでしょうか ? ( ため息 )



 三句め、



   むらさきに秋の蚊遣の暮れをりぬ



 こちらも 「 蚊遣り 」 など詩の素材として美しくない、と千惠先生 !
「 せっかくむらさきに美しく暮れるんだから、山とか …… 」 とご指導でしたが、しかし
見てもいない “ 山 ” ( とか景色 ? ) を言っちゃぁ、ねぇ ?
我が愛すべき “ 蚊取り線香 ” を詠んであげねば、嘘になるでしょ ? そしたら自分自身も
消えてしまう。
 尤も、 「 秋の蚊遣 」 という季語認定外の単語に無理があったワケで …… そこんとこは
再考に再考を重ねましょう !!



 ちなみに、月が変わっても不調は続く〜〜 ( ハァ …… ) 。




十一月 第二週 11 月 13 日

《 型 ・ その 2 》
「 上五 ・ ( や以外で切る ) 」 + 「 中七 〜 下五( 季語に関係の無いフレーズ ) 」



 一句め、



   秋澄めり新妻の髪ひと束ね          かいう



「 ひと 」が必要か ? とのご指摘に、すっきりした潔さを強調したかったんだけど、って
思った。
モデルは偶々取材映像を見かけた、斯の 『 メーガン妃 』 で、ポニーひと纏めにされた直近
のヘア ・ スタイル。


 ちなみに添削例 by 静夫先生


   秋澄めり新妻髪を束ねたる


 この場合、髪を束ねる動きそのものが捉えられていて、臨場感が違いますね !
リアル目の当たりにしている、とゆーフィクション仕立ても可でしょうか ?



 続いて二句め、



   秋の空墨蹟書翰観たるのち



 実景は台風真っ只中の 『 根津美術館 』 。
禅僧の大陸との交流をテーマの書画墨蹟を拝見した後。
あんな風雨ではなく、高く澄む秋空がおもてに待っていてくれたなら、暗い展示室との
コントラストが鮮明だろうな …… と。
 が、そーゆー取り合わせ自体が既に常套的であるらしい ?
いゃいゃ …… ( 苦笑 ) 。



 三句め、



   毛皮脱ぐミッドタウンの美術館



 この原案になった過去体験は、他でもない六本木の 『 東京ミッドタウン 』 。
施設内の Venue 『 Billboard Live TOKYO 』 へ出向いた時です。
当時 “ ミッドタウン ” と言えば、日本人の過半数がそこを想像するであろう、と
疑いもしませんでした。まして 『 ミッドタウン日比谷 』 はまだ存在しておらず。
 …… というより、そもそも 「 ミッドタウン 」 の語感に寄せたイマジネーションへ、
「 何処なのかわからない 」 とのご指摘の意外さ …… !?
寧ろ、あまりベタに過ぎるか ? と案じたくらいで。


 問題は尽きませんね !!



 なおこの先、いろんな意味での失敗作が更に続くんですが …… ( 大焦ッ ) 。
“ 本気の遊び ” だ。 ぶつかるだけぶつかって行くぞ〜〜 ッ !!!




posted by 美緒ママ at 23:21| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする