2018年10月28日

Purplish Autumn


 今年、例年に増す猛暑と薮蚊と嵐に挫折して、すっかり放置だった庭。
台風が荒らして行った今は、
                PA201168.jpg

   PA201178.jpg


      この 『 ホトトギス 』 が盛りを過ぎて …… 。
     好きですよ、この色。いかにも “ 秋 ” って感じ。



 今季のトレンド ・ カラーも “ パープル 〜 ボルドー ” だし ♪
── って、それはファッション業界が勝手に決めるんでしたっけ ? ( 爆 )



 だから、じゃないけど、去る 15 日のネイル ・ リニューアル、


             KIMG3163.JPG


         “ 赤みパープル + 逆フレンチのゴールド ・ ミラー ”


 サロン 『 bird 』 にて、ネイリスト 『 みかさ 』 さんの繊細なお仕事。
感謝です ♪♪♪
My “ イエロー ・ ベイス 色黒 ” 肌も、秋らしく彩られて嬉しぃ〜 ☆☆
 



 …… いゃ、正直言うとね、こちら ↓↓↓ に寄せてみたワケ ( 萌〜 ) 。


            yjimage.jpg



       『 PURPLE HOUSE 』 by Robben Ford
                        ( 10 月 24 日、リリース )


 Robben 先生、ソロ作では 『 Into The Sun 』 以来三年ぶり。
この間に、昨年の JING CHI 新譜 『 SUPREMO 』 、及び EP 盤 ( ミニ ・
アルバム ? ) 『 Made To Last 』 のリリース、自身のバンドで来日と先月の
JING CHI 来日 …… と目まぐるしく。
また収録曲 内幾つかは、昨年からライブや映像で聴いていたりして、既に親しみを感じる
ものでもあり( 笑 ) 。

 それにも増して、どう言えば良いのか、全曲を通して聴き終えた時、悪い意味では無い
“ 予定調和 ” …… 感 ?
ギターばりばりのフュージョン・プレイヤーでは勿論なく、かと言ってセンスの良過ぎる
ブルース・マンでもない ── 終始肩の力の抜けた楽なスタンスで “ Rock ” している
『 Robben 』 とゆーか。

 

  1. Tangle With Ya

  2. What I Haven’t Done

  3. Empty Handed

  4. Bound For Glory

     https://www.youtube.com/watch?v=lUnsTBAVv10

  5. Break In The Chain

  6. Wild Honey

  7. Cotton Candy

  8. Somebody’s Fool

  9. Willing To Wait




 バンドは、昨年の来日ライブで堪能した鉄壁なる布陣 ──



   Casey Wasner ( g .prc .)

   Ryan Madora ( b .)

   Derrek Phillips ( ds .)



 彼らを従え、デュエット ・ ヴォーカル、メイン ・ ヴォーカル、ギターのゲストも
招いた和気あいあいな仕上がり。

 レコーディング ・ スタジオ名に因んだらしきアルバム ・ タイトル 『 PURPLE 
HOUSE 』 に由来する色調や、ジャケット裏の写真はどこか懐古的でほろ苦い “ 南 ” の
気配を思い起こさせる。


             KIMG3193.JPG


珍しくアコースティックを印象付けた音楽観、気負わぬヴォーカルの “ ちょい渋め ” な
味付け …… にもなおさら ?

 どの曲も主張し過ぎないのに、いつの間にか脳裏に棲みついていて。
就中、押さえ気味のギターや綺麗な声色に、懐かしげな風景や空気が感じ取れる ……
3、4、5、6、9、の歌心に惹かれました。



 厳密には、聴き込む時間がまだまだ足りてませんが、暫くぶりに全曲通してリピート
するアルバムとなっています。




posted by 美緒ママ at 01:44| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

助っ人ク〜ン ♪♪♪


 去る 10 月 22 日 ( 月 ) 、我が家の 『 レボちん君 』 = 『 LEVORG 1 .6
STI Sport EyeSight 』 が 『 神奈川 SUBARU 』 鎌倉営業所へ
“ 定期健診 ( 点検 ) ” の “ ご入院 ” となりました。

 茶緒パパご執心の 『 SUBARU 』 さん、ここ数年来、何かと耳の痛い噂多くて ……
リコールとか …… ( 焦々 ) 。
切ないですねぇ〜 、ウチの御用達ブランドだから、早急なリカバリーを願いたいところ。

 『 レボ君 』 も総合的 “ 健康診断 ” とゆーことで、 ( 尤も、当車に不具合は無いんですが )
担当営業マン 『 S 』 君、整備の皆さんに、よしなにとお預けしました。


 さて、帰途はご用意いただいた “ 助っ人 ( 代車 ) ” クン ♪
我が家に到着したのが、こちら ↓↓↓


         KIMG3184.JPG

         KIMG3187.JPG


     『 IMPREZA SPORT 2 .0 i ‐ L Eyesight 』 君



 え ? …… 2 .0 L ? …… レボちん、負けてるじゃん !
( ふン、僕は 1 .6 L だけど、ターボ 付いてるもんねー !! )
はいはい、わかってますッ ♪

 それにしたって 『 IMPREZA 』 、ホント良く出来たクルマだワ〜 ☆
乗り心地良し、走行性能も不足無シって感じで、以前お世話になった助っ人クン達に
勝るとも劣らず !


 そして返却の昨日、 26 日 ( 金 ) までしっかり役に立ってくれて、何より ♪



  ありがとう !!!
   『 IMPREZA SPORT 2 .0i − L Eyesight 』 クン。
          元気で走ってね〜 ☆


         KIMG3188.JPG

         KIMG3189.JPG

         KIMG3190.JPG



 営業所で記念のツーショットは 、向こう側に 『 LEVORG 1 .6 STI 
Sport EyeSight 』 = 『 レボちん君 』でした〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 00:21| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

先月 & 今月の俳句学習 9 月 第四週 & 10 月 第二週  and その他 2018 


 だいぶ遡りますが、先月末から今月前半にかけて些か忙しかった日程を消化。
23 日は早くも 『 霜降 』 ですか ? …… どこやらでは、マジ霜降りたらしい !?
うわぁ〜〜そんな、早すぎるって !!
 Lucky も Unlucky もあって慌ただしく過ぎる毎日だけど、その平均値
辺りがありがたいかな、と ♪


 まず、ささやかながらも Lucky のひとつ、 『 角川 俳句 』 誌 十月号
( 9 月 25 日、発売日購入 ) 。
平成俳壇 雑詠 “ 佳作 ” 欄に、めっちゃ久々採られてたんで〜す ♪ ( 拍手〜 )


『 岩岡中正 』 先生選、



   腹のうち読めぬ男やどぜう鍋          かいう



んんん、如何なる点をお採り下さったのか …… ( 汗 ) 。
兎に角ありがとうございました !!




 一方、ちょうど同日だった 『 ランドマーク ・ プラザ 』 俳句教室。


九月 第四週 9 月 25 日 ( 平成三十年 四月期 最終日 )

 《 型 ・ その 4 》 応用編
 「 下五 」を “ 〜 をり ・ なり ・ たり ” で止める ( 季語の位置は自由 )


 当回の首尾はちょっと不調、一句のみ及第です。



   月あかりインドの腕輪鳴らしたる          かいう



 何だかファンタジックな景になってしまいました。
読み手は 「 月夜に、腕輪の鈴を鳴らして舞うインドの舞踊家 」 を想像するでしょうか。
確かにそれも有り。
殊更エキゾティックな連想に繋がったのは、“ 満月 ” の月光を思った時、どういう訳か
『 Taj Mahal 』 が浮かんでしまったから !
かの妄想の中で鳴るのは、私自身が若い頃着けていたインド製のブレスレット。
鈴に似た銀のパーツが揺れると、シャラシャラ音を立てたものです。
こうした記憶のひとつが “ 詩 ” になる ── と受け止めていただいた不思議 !!



 なお 「 ボツ句 」 二句は ……



   私有地につき葛の花猛るなり

     ↓↓↓
 「 私有地につき …… 」 と書かれた看板の空き地に、葛が蔓延り暴れ放題 ! という景。
看板の文字にはカギ括弧を付けてもよかったかな ?
といった点云々より、 『 志田千惠 』 ・ 『 加藤静夫 』 両先生方の 「 猛る、は強過ぎ ! 」
とのご指摘。 しかも 「 蔓延るのは “ 花 ” ではない筈 」 。
あッ、そうでした、 “ 蔓 ” か “ 葉 ” ですよね !?
…… 熟考し、手直ししたいと思います !!



   厄日なりバスの排気の湯のごとく


 「 厄日 」 …… 「 二百十日 」 に同じく、台風確率の高い九月当初の時節を表す季語。
農耕民族 『 日本人 』 が 古くから恐れました。
台風めく蒸し暑さの中、すれ違ったバスの排気の、まるで湯を浴びせられたかのような熱気と
息苦しさ …… という街中の景です。
残念ながら 「 湯のごとく 」 はよろしくなく、「 …… 熱気浴ぶ 」 と素直に表現した方が良い、
と千惠先生。 再考いたします !


 以上で、今期の結果発表は終わり。
悉く学習し直して、次期に備えます〜〜 ( ため息 ) 。




 さらに続いて 『 ランドマーク ・ プラザ 』 俳句教室。

十月第二週 10 月 9 日 ( 平成三十年 十月期 初日 )

 《 俳句のワザ 》
 「 上五 ( 大 ) 」 → 「 中七 」 → 「 下五 ( 小 ) 」 と 絞る。
 or
 「 上五 ( 小 ) 」 → 「 中七 」 → 「 下五 ( 大 ) 」 と 広げる。


 このクール、初っ端から成績下降で 「ALL没 」 !! の遺憾なる結果でした。



   平成の終はりの糸瓜水採らず          かいう


 意図は汲めるとしても、語順・言い回しに問題あり、とのご指摘。
単語を様々に組み替えて、工夫してみるべし !!



   車両ドアあかない方へ稲びかり


「 あかない 」 は、詩の言葉として幼稚。 シチュエーションや感動の焦点が見えない
…… 等々、課題が !?



   ヴィックスをひとつ錦秋高尾山


 「 ヴィックス ( 商品名 ) 」 は如何か ? との点と、 “ のど飴 ” = “ 風邪薬 ” という
連想になり 「 錦秋の山 」 の晴れ晴れ感に繋がらない、と千惠先生。
いゃ〜、そーなりますかァ !??
参りましたね …… 『 ヴィックス 』 の「スーッと爽やか〜〜 ☆ 」 感って ( のど飴として
じゃ無くて、浅田飴も龍角散も置き換えられない ) 私の戸外歩きの必携アイテムなんです
けど ( 汗 ) 。 そーゆーニーズ、皆さん無いんでしょうか ?
未だ叶わぬ 『 高尾山 紅葉狩り 』 への憧れ、ちょっぴり挫折した ( ? ) 。   


 ってな次第で、この平成最後の十月期、けっこー波乱の幕開けでした。
が、「 継続こそ力なり 」 ☆☆☆
「 参加することに意義あり ! 」 のオリンピック精神で邁進しようと存じます ♪♪


 とは言え、何か、先生方に匙を投げられそう〜〜 ( 泣 ) 。




posted by 美緒ママ at 02:18| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

JING CHI Live 2018 鑑賞記  A


 このところ、日増しに秋の心許なさがつのってきています。
日中動けば汗ばむのに、朝晩の冷えは侮れない !
十月もそろそろ後半ですから …… 。



 さて 『 JING CHI Live 2018 』 、レポは初日 2nd ステージが
終了したところ。
我ら 女子ファンには、更なる思惑があったのです。
それは ── サイン会〜 ♪♪♪

 客席に案内があり、私達は大急ぎで会計を済ませると上のロビー階へ。
そこには既に長蛇の列が、四人のメンバーへ続いていました。
これまで、サイン会チャンスの少なかった『 M 』 さん、幸いメンバーそれぞれから
サイン貰えて、良かったわ〜♪
私はもう何度かいただいてるし …… と控えて、Jimmy さんにちょっとご挨拶。
Robben とも言葉を交わせたし ( ルン ♪ ) 。
 『 M 』 さんばっちり会話され、お名前添えの Robben ’ s サイン get で
何より。
名残惜しく 「 また来日お待ちしてます ! 」 と彼女。
すると、何と 「 来年 〇 月に 」 …… とか ?
( 『 M 』 さん、三月って聞こえたみたい ? 私、残念ながら聞き落としました〜 )

 いつもながら、大勢のお客様一人一人に丁寧な Robben でしたよ ( はぁと ) 。

 とゆーワケで心臓バクバクの女子ファン二人、若干うわの空で会場を後に。
茶緒パパ様〜、舞い上がってる二名 ( うち、殊にアタシ …… 爆 ) をお世話いただき、
ありがとうございました !!



 明けて 9 月 30 日 ( 土 ) 、この日は宿泊先からの 『 M 』 さんと落ち合って、
二人態勢です。
それにしても雨、愈々迫る 『 台風 24 号 』 !
まさに 「 不急の外出を避けるように 」 的危機じゃないかッ !?  
 しかし出陣ッ ! ── 早めに近くまで移動しよう、と安全策を講じ、 『 M 』 さんと
表参道デート。

 ところが “ 田舎モノ ” の悲しさだよ …… 全然知らないし、こんなおッシャレ〜なエリア。
で、唯一の心当たり 『 根津美術館 』 へ。
何たって 『 BLUE NOTE 』 の道並びだからね ♪
とゆーか実は、私自身が観てみたかった ── 『 墨蹟と水墨画 …… 』( 苦笑 ) 。
( 『 M 』 さん、ホントにごめんなさ〜い ! )

 尤も稀有なる、嵐の 『 根津 庭園 』 を垣間見ましたよ。
遅ランチ中の 『 NEZUCAFE 』 の庇から滝の雨 !
庭園の緑が霞んでいました …… ( 焦ッ ) 。



 何やかや時間を過ごし、折よく小降りを徒歩数分の 『 BLUE NOTE 』 へ。


            KIMG3124.JPG

            KIMG3126.JPG



 1st set の受付へ申し出てすぐ案内されたのが、予約のアリーナ C 席。


       KIMG3180.JPG

          席の番号札。 レコード型がおシャレ ♪



 おぉッ、ココは正解 ! フロアー自由席のすぐ後ろ、充分ステージ至近。
しかもセンター ・ マイク真っ正面じゃん !?? やったぜ〜 ♪♪
( 次も絶対ココ狙おう ! …… って次があんのか ? )
ともあれ女子二人、 “ 目がハート ☆ ” になってた ?

 しかし案内のウェイトレスさんからは、ショックなお知らせ !
「 この後の 2nd は中止になってしまったんですよ …… 」 
えぇ〜ッ !?
( いゃ、アタシらはセーフなんですが )
ん、そりゃそーだろなァ …… 。 実は “ 茶緒パパ ・ メール ” 貰ってました。


 ── 午後8時以降首都圏在来線が全てストップするようです。
                終わり次第速やかに帰宅して下さい ──


 はぃ、内心動揺 ( おろおろ ) 。 「 アンコール伸ばして〜 ♪ 」 とお願いしたい
よーな、したくないよーな ( バクバク ) 。
えぇーぃ、ままよッ !


 そうしてスタート 17 時、メンバー登場 ♪♪♪
あ、 Robben 先生、今夜はジャケット着用ですね。
ハァ …… 数メートル真正面にカレ …… 。
もう聴きまくるしかな〜〜い ☆☆☆


 
 さぁ、オープニングは昨夜と一緒。

1 . Man In The Ring ( from 『 JING CHI 』 )


2 . What I Haven ´ t Done ( from 『 Purple House 』 )

 衰えを見せぬ綺麗なヴォーカル。
「 寧ろ上手くなってますよね ? 」 と 『 M 』 さん。 はい、大いに同意 ♪♪


3 . Showtime ( from 『 SUPREMO 』 )

 ほぼ同じ選曲なのに、グルーヴ違うぞ !?
ん ? 席のせいかな ? バランスずっとイイかも〜 ♪♪
『 Showtime 』 今夜の方がばりばりかっこイイ〜〜ッ ☆☆


4 . Better Times ( from 『 SUPREMO 』 )

 スタジオ ・ バージョン、 Pop だなんて評してごめんなさい !
ライブはめっちゃパワフルだァ。


5 . Blues Alley ( from 『 3D 』 )

 …… 今夜も酔わされました〜〜 ♪


6 . Secret ( from 『 SUPREMO 』 )

 ここから選曲変わって。
いゃこの曲も、スタジオ ・ バージョンはまるでソウルの唄バン ? とか言っちゃって
失礼しましたッ ( 汗 ) 。 まるで別もの !!


7 . Vegas ( from 『 SUPREMO 』 )

 アップテンポで盛り上げましたね ♪
シンプルなテーマが、何かベンチャーズみたい …… って思えた曲だったけど。
ほんとスンマヘ〜ン ( 土下座 ) 、ライブって凄いわ !! ( ハァハァ )


Encore : Go Figure ( from 『 JING CHI 』 )

 とどめのコレ、う〜ん、間違いないッ !!
いや、今宵の全ての Performance に喝采〜〜 ♪♪♪



      Robben ,Jimmy ,Vinnie and Larry ,  
  Tahnks so much for you all ,celebrating 
  your great great music ☆☆☆


        KIMG3182.JPG



 曲目増えても割と短かったのと、やむを得ぬ事情で急ぎ会場を後にしたのはとても残念
でしたけど ( 泣笑 ) 。
でもお陰さまで、地下鉄 & JR 二線を無事乗り継げて、駅まで 『 レボちん君 』 に迎えて
貰い。 ( この夜中、暴風雨が過ぎたのでございます !! )
『 M 』 さんも、急遽もう一泊の後、翌朝運転開始した新幹線でご帰還叶った由。
ホッとでした。



 『 M 』さ〜ん、何かと大変でしたが、ご一緒した 『 JING CHI 』 の素晴らしき
音空間、ずっと忘れませんよ ♪♪
また毎回、寛大にご理解下さる茶緒パパにも感謝感謝 ☆☆☆
そして、私を貴重な音楽世界へ導いて下さった全てのご縁にお礼申し上げま〜す !!!




posted by 美緒ママ at 02:27| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

JING CHI Live 2018 鑑賞記  @  


 祭りの後の寂寥感 …… でもないけど ( 笑 ) 。
はァ、もう二十日以上過ぎちゃったんですねぇ ────



         『 JING CHI 』 Live  

                at 

   BLUE NOTE TOKYO on Sept . 29th , 2018

                by

         Robben Ford ( g , vo )
         Jimmy Haslip ( b )
         Vinnie Colaiuta ( ds )

               with

         Larry Goldings ( key )




 折悪しく 『 台風 24 号 』 の直撃を危ぶまれた週末。 うゎわわ JR ヤッバ〜 ( 汗 ) 。
どーすんだ !? 大阪からファン友さんをお迎えするってのに …… 。
ドキドキはらはら !!
 が、幸い無事出会えました、東京メトロ 銀座線 『 表参道 』 駅 A 3 出口。
女子ファン友 『 M 』 さ〜ん、遠路ようこそ ♪
Robben よか、兎に角この待ち合わせにそわそわ !
だってお初ですもン、 Robben 女子ファン同士 ♪♪
お目にかかれて嬉しかったです〜〜〜 ☆☆☆ 


 ともあれ雨の中けっこう歩いて、ハィ到着〜 !


             『 BLUE NOTE TOKYO 』


                  しっかり確認

                『 JING CHI 』

                  TONIGHT

                     ↓↓↓

             P9291146.jpg

          P9291144.jpg



 “ 引率者 ” 茶緒パパ & 女子ファン二人の案内された、 “ 自由席 ” は残念ながらサイドでした
が、 Robben 先生鑑賞には意外と悪くない ? ( はぁと )

 席に着くとウェイターさんから Welcome drink ( このサービス初めて ! )に、
『 RAIZIN 』 base Cocktail ♪
( RAIZIN さんのキャンペーンですかね ? ふつーに美味しかった )


              KIMG3127.JPG




 ゴージャスな照明の下、フロアーはさっそく混んで来て、


             P9291154.jpg

         P9291149.jpg



目線のステージが撮りづらく …… 開演前に楽器も置いてないから、イイか ? ( 苦笑 )


         P9291151.jpg




 茶緒パパ氏のお楽しみはもっぱら、名物メニュー 『 Swingin ’ Potato 』 や
『 本日の Pizza 』 。
みんなで摘まみつつドリンクをいただいたりしてるうち …… はや 2nd set の定刻、
20 時ちょうどに照明が落ち、客席から拍手 !
リーダー格 ( ? ) Jimmy Haslip さん率いるメンバーの登場です ♪
Oh 〜 ! ご一同、良く似た黒トップスで地味に纏めて。
しか〜し地味じゃなかったね〜 、このステージ ♪
オープニングから気合い入ってました !!



1 . Man In The Ring ( from 『 JING CHI 』 )

 まず、ソレ来ましたか ! ── 思いがけず初っぱなから 1 st アルバム ?
高品位な一作 ! My Favorite tune に超感激〜 ☆
生で聴けるなんて、望外のヨロコビですわン ♪♪
モトのスタジオ版は名オルガニスト 『 Brian Auger 』 氏を迎え、都会的且つ
ノーブルなオルガン・サウンドがクール。
で、この夜は Larry Goldings さんのファンキーなオルガン & キイボード
に酔わせていただき、より迫力のアレンジに喝采 !!


2 . What I Haven´t Done ( from 『 Purple House 』 )

 昨 11 月の来日でも聴かせてくれた、 Pop tune 。
でもうっかり聴くとリズムが取れない ( 焦ッ ) 。
へ ? …… 七拍子 !? コレ。
しかも Pop じゃない ! 中間のギター・ソロはキレッキレ ♪♪


3 . Showtime ( from 『 SUPREMO 』 )

 あ、やっと出ましたね、 『 SUPREMO 』 ナンバー。
しかも My Favorite キターーッ ☆☆☆
うはは、 五拍子なんてトリッキーなリズムも何のその。 このドライブ感 !!
流石だな、リズム・セクション ☆☆
ただ惜しむらくは、 ( 席のせいか?) 音場バランスがイマイチ。
Vinnie Colaiuta さんのドラムが主張し過ぎる ( …… ような ? )
バラバラ感。
 

4 . Blues Alley ( from 『 3D 』 )

旧作 『 3D 』 より、渋いの持ってきましたね ♪
「 Deep な曲 」 と Robben が MC 。
スローでブルージー、地味ながらソロの展開はスペイシー & めっちゃスリリング !!


5 . Better Times ( from 『 SUPREMO 』 )

『 SUPREMO 』 より。 再び穏やかなポップ調 …… と思いきや、そうは済まさん
とこが JING CHI だよッ ♪( ニヤリ )
ギター・ソロもぐいぐいイきます ☆☆


encore : Go Figure ( from 『 JING CHI 』 )

 うぉ〜、最後にコレですか ?
1 st アルバムでもへヴィーなナンバー、かっこイイぜ !! 
スキ、スキ、だ〜いスキ ♪♪♪
 ちなみに当夜、終始一本で通してた Robben 先生のギターは 『 Gibson
Les Paul 』 の Gold top 、イイ音してました〜 ☆☆☆ ( はぁと )


  以上 Set List の記憶、実は曖昧でしたが ( 後刻 『 BLUE NOTE 』 さん
公式サイトの記載を確認したら ) 概ね合ってました( ビンゴッ ♪ ) 。



 でもォ、でもさ〜、公式 Set List のコレ、謎 …… 


encore : Crazy House ( from 『 JING CHI 』 )


 ウッソだァ〜、聴いてねぇしッ !!
『 M 』 さ〜ん、演ってなかったよねー ?
もうッ、マジ聴きたかったなぁ 〜〜、 『 Crazy House 』 ☆☆☆
( 公式レポ映像に断片あったー! 1st では演ったんだ !? )

http://www.bluenote.co.jp/jp/reports/2018/09/30/jing-chi-featuring-robben-ford-jimmy-haslip-vinnie-colaiuta-larry-goldings.html



 ってゆーよか、ちょっと短過ぎないッ ? 今夜のステージ ! ( 泣 )



                   ──── To be continued .



続きを読む
posted by 美緒ママ at 01:51| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

Gosyuin Traveller 91  B


 急に秋の冷えがつのりました !


 Gosyuin Traveler 『 三浦半島二大霊場 丁酉歳大開帳 』 巡拝 五回目、
漸くラストで〜す ☆☆ ────


 四苦八苦した佐島エリアを出て、先の秋谷へ ♪
当エリアのお札所、殊に小規模なお堂で無論専用駐車場もありません。
ただ幸いなことに、 R 134 沿いの 『 県立立石駐車場 』 がベスト ・ ポジション !
しかもシーズンオフで無料だし〜 ( はぁと ) 。


 R 134 からちょっと狭い入口へ左折すると、中は広々。 海を望むロケーション ♪


         P5189554.jpg



                  傍らに石碑


             P5189555.jpg

              『 かながわの景勝 秋谷の立石 』


             ほほぉ、ここが昔から愛でられた風景だったのね ?


                 P5189556.jpg

          P5189561.jpg

  P5189563.jpg



 いゃ、しかしのんびり眺めてられません。 先を急がなきゃ〜 ( 汗 ) 。
R 134 を横断し、山側へ進む道が狭まってくると、14 時 40 分頃 標石と簡単な門が
迎えてくれました。


             真言宗大覚寺派 『 立石山 不動院 』 様


             P5189530.jpg

         P5189532.jpg


 その奥に荒れた感じ ( …… 失礼 ) の建物。 こちらがお堂 ?
「 よくお参り下さいまして 」 と世話人様 ・ 堂守りの老婦人様にお招きいただき、須弥壇前へ。
すると世話人様、カメラを持っていた茶緒パパに、
「 お写真構いませんよ。めったに無い機会ですから、沢山お撮りなさい 」
とおすすめ下さり。

 異世界感漂う暗いお堂内。 祀られたご本尊 『 立石不動尊 』 様へ、ごく間近より合掌 ・ 参拝
させていただきました。


         P5189537.jpg

         P5189541.jpg

         P5189540.jpg


蝋燭の明かりの中、鏡と数多のお供物に囲まれたお不動様の、不思議な空間をありがたく。
とても稀有な体験でした !!


 それから、御朱印をお願いする間お茶をよばれていると、他の巡拝者様が続きます。
中に軽トラックの老婦人が世話人方へ、親しげに “ 差し入れ ” を置いて帰られました。
見送った後、世話人様の仰るに、
「 あの方はもう何度も、三浦の方から軽トラック運転していらしてね。その細い道を
バックで平気で入って来られるんですよ。ひとりで畑をやって、採れた物をお料理して
持って来て下さるし 」 と ── お芋の煮転がしを、私達もお相伴に与ったのでした。
地元の皆様の敬いに支えられたお札所なのだな、としみじみ …… 。  



         拝受の御朱印は、


              『 三浦不動尊霊場 』 第二十一番

              KIMG3156.JPG


         ご本尊様、お堂守り様、世話人様、ありがとうございました !!


 思いがけぬおもてなしに深謝。
おいとまの間際、更に境内の奥もご案内いただきました。


              またご門。


         P5189543.jpg


                  『 瀧 』 と、


             P5189549.jpg


                 『 瀧不動 』 様。


         P5189545.jpg

         P5189546.jpg


 合掌 ・ 参拝していると、辺りに別のお不動様や、弁天様が姿を変えた 『 宇賀福神 』 様他
ご尊像多く、神秘的でプチ秘境めいたレアなパワースポット !?


             P5189547.jpg

         P5189551.jpg


            ますます印象深いお札所様でした。


         P5189550.jpg


              名残惜しみつつおいとま。



 15 時 20 分頃駐車場に戻ったところ …… 俗物の悲しさ。
隣接のイタリアン ・ レストラン 『 Don 』 の引力に負けた〜〜 !! ( 笑 )
超遅ランチで一息入れた,我々でした。


         P5189564.jpg


 16時20分頃、立石海岸に陽も傾き始めたので、もう一ヶ所だけ伺って帰りましょう。


 R 134 を少し北上した久留和海岸際のお札所 ……
 

           真言宗大覚寺派 『 海上山 普門寺 圓乘院 』 様


  P5189567.jpg  P5189568.jpg

         P5189569.jpg


 正慶元年の創建。 ご本尊 『 大日如来 』 様、この度の札所本尊 『 不動明王 』 様、また
『 正観音菩薩 』 様、 『 地蔵菩薩 』 様もお祀りの古刹。
諸尊様へ合掌 ・ 参拝。
 ご当山の行事ではここ百年程、仲秋満月の日に執り行われる “ 諸病災厄消除 ” のための
『 へちま加持 』が有名だそうです。
そのご利益に今回は与れませんが、また別なご縁に繋がれました。


         P5189571.jpg



         拝受の御朱印は、


               『 三浦不動尊霊場 』 第二十二番

               KIMG3157.JPG



  さらに持参の朱印帳へ直筆のご揮毫にて、こちらも授かりました。


              『 三浦三十三観音霊場 』 第二十七番

               KIMG3161.JPG


        ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、ありがとうございました !!



 16 時 33 分においとま。
16 時 34 分、湘南国際村秋谷入口 信号を右折して、帰途へ。
三浦半島中央道路 → → 逗葉新道 → → 横浜横須賀道路 逗子 I C → → 16 時 52 分に
朝比奈IC を降り、 17 時 10 分頃帰宅。
こうして ( 『 レボちん君 』 に小難ありながらも …… ? ) 一応巡り終えた五回目。
感謝感謝でした〜〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 01:11| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

Gosyuin Traveller 91  A


 Gosyuin Traveler 『 三浦半島二大霊場 丁酉歳大開帳 』 巡り、
五回目を急ぎ続けます ! ───


 横須賀市野比を出た 『 レボちん君 』 は隣の隣、津久井の札所様へ。
R 134 から長沢駅入口 信号を右折、京急長沢 駅のガードを潜った後、一帯に広がる
団地 『 長沢グリーンハイツ 』 の外周に沿って進むのですが。
門前駐車場へのアプローチは団地の中を抜ける、とゆー裏技が要る ?
( いゃいゃ、ここでヒルんじゃいけない ! …… 何とか駐車場へ入って )


     12 時 24 分に到着の、


            臨済宗円覚寺派 『 安戸山 荘厳禅寺 』 様


         P5189491.jpg

             P5189492.jpg



         P5189495.jpg

         P5189496.jpg



 ご当山は、お馴染み北鎌倉 『 円覚寺 』 様の末寺に当たり、美緒ママお巡り継続途中の
『 円覚寺百観音霊場 』 札所のおひとつであります。
なのでこの度、ご縁を兼ねて伺えるのは二重の幸い〜 ☆☆ とわくわくでした。


 『 本堂 』 前にちょうど、先客の巡拝者様が説明を受けておいでで、ご挨拶してお堂内へ
上がりました。
すると、須弥壇にご本尊 『 十一面観音菩薩座像 』 様 ( 『 三浦観音霊場 』 の札所本尊
でもいらっしゃいます ) 、脇仏に今回の札所本尊なる 伝運慶作 『 胎籠不動明王 』 様。
共に合掌 ・ 参拝させていただきました。
 なお参拝者へご説明されていた老婦人が、ご住職のご母堂様と判明 !
お留守のご住職に代わって札所ご対応をなさるようで、お不動様を、
「 小さくて見づらいですが、おなかに小窓が開いて 『 愛染明王 』 様がいらっしゃるのが
わかりますよ。是非ご覧になって 」
とご案内下さいました。
改めて拝観すると、なるほど小さな明王様が合掌されています。
お不動様共々拝めて、ダブルにありがたや〜〜 ☆☆

 またご母堂様の仰るに、ご住職ご不在のため、御朱印は公式朱印帳へ巡拝者各自で押す
ようになっているとか。 ( 従って墨書は非対応 )
…… ほぉ、そーゆーシステムでしたか ?
他の巡拝者様も珍しがって、楽しんでいましたね ( 笑 ) 。


    ではでは、ワタクシも挑戦 ! ───


              『 三浦不動尊霊場 』 第十二番

              KIMG3146.JPG


 あっ、朱がちょっと薄くなっちゃった〜 ( 焦ッ ) 。 あ〜ぁ、と茶緒パパに言われる。
ともあれご本尊様、札所本尊様、ご母堂様、ありがとうございました !!



         P5189498.jpg


    お綱が結ぶ回向塔婆の先は、お庭に溢れる緑。


   P5189494.jpg

                   P5189500.jpg



 ちなみに帰りがけ、ご母堂様へお尋ねしたのが 『 円覚寺百観音霊場 』 札所の件。
結果、ご対応はご住職在宅日 ( 主に休日 ) の電話アポを取って、ということです。
あぁそうでした、今日日お若いご住職は、別のお仕事を兼業したりされますものね。
次回は必ず、お電話入れてから伺いま〜す ♪♪
お世話になりました !



         P5189504.jpg




 とゆー次第で、 12 時 55 分においとま。
さぁ次なる札所はすぐ近く。


  12 時 58 分到着した、


             高野山真言宗 『 七寳山 東光寺 』 様


         P5189506.jpg

         P5189508.jpg


            『 仁王門 』


  P5189510.jpg  P5189509.jpg  


    『 仁王 』 様、お邪魔させていただきます !



         P5189513.jpg


 とても古い建築の 『 本堂 』 = 『 醫王殿 』 へ上がると、札所本尊 『 薬師如来 』 様
をはじめ、天台密教の中心『大日如来』様、他数多くのご尊像へお目文字が叶いました。
合掌 ・ 参拝。
そうした堂内、年配の寺僧様の絶妙なトークがご由緒を語られ、参拝の身は一頻り
いにしえの空気に浸ります。

 ご当山は天平の昔、名僧 『 行基 』 行脚の折、 『 三浦富士 』 の霊験により創建された
とか。 故に 『 三浦富士大権現 』 を称し、一時荒廃した後、当地を治めていた平安期の
武門 三浦一族に連なる 『 津久井次郎義行 』 公の庇護を受け、祈願寺として再び栄えた
そうです。


 お参り後は、別棟でお若いご住職 ( or 副住職 ? ) 様に御朱印をお願い。
その建物にもおわす古格あるお薬師様や、他色々とお話を伺えました。



              『 三浦薬師霊場 』 第二十一番

              KIMG3148.JPG


      手持ち朱印帳に賜った直筆の墨書

               本尊 薬師如来 『 醫王殿 』 様

              KIMG3160.JPG


      ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、寺僧様、ありがとうございました !!




         P5189514.jpg


          境内の『 鐘楼 』 、撞かせていただけるようですね。



         P5189516.jpg


          傍らに鎮座する 『 萬国 一之宮 両部大明神 』 様。



         P5189512.jpg


               『 猿田彦大神 』 様 石碑。



 諸尊様、お邪魔いたしました。



 13 時 28 分、 R 134 へ戻って少し引き返し、行政センター東側 信号を左折。
県道 27 号線 → → 通研通 → → 三崎街道 → → 林交差点 信号 で R 134 へもう一度
入る “ ショートカット ” ですね。
横須賀市の西海岸エリアに入ったワケですが、実は前回巡れなかった、界隈の札所様を
フォローするつもりです ♪


 13 時 40 分頃、佐島入口 信号を左折。
が、ここからが何と、札所巡りの “ 試練 ” !? ── 古刹様は往々にして、極細道の
アプローチ。 更に駐車場は無し ! こちらもそうしたお札所でした ( 大汗 ) 。

 駐車スペースを探して佐島を迷走〜!!
ぐるっと回ってまた R 134 に出てしまった ?
しかも 『 レボちん君 』 、 “ 名誉の負傷 ( ? ) ” まで負ってしまって …… ( 泣 )。
いゃいゃ難儀しました。
致しかたなく今度もスーパー ( 『 京急ストア 』 ) の駐車場利用。

 またまた、美緒ママ 徒歩での単身参詣。
うわ、確かにメッチャ路地だよ、参道 ! 脇道の神社には、 K 車くらいならまぁね、
って駐車スペースあったけど。


  P5189518.jpg  P5189520.jpg


   兎に角トコトコ歩いて 14 時 10 分頃到着の ……


             浄土宗 『 降鏡山 無量光院 福本寺 』 様


         P5189523.jpg


               お地蔵様、お邪魔しますね〜♪



             P5189521.jpg


                  石段上がって、



         P5189525.jpg


           漸く 『 本堂 』 へ ! 謹んで合掌 ・ お参り〜 ☆☆



 ご当山は、大本山鎌倉 『 光明寺 』 様の末寺帳に明応二年の起立とありますが、詳細な
記録は明治期の火災で焼失してわかりません。
が、当地の檀家様の七割もが 『 福本 』 姓を名乗ることから、往古 『 福本 』 一族が氏寺
として創建したと考えられます。
 いずれにせよ、今なお 『 薬師如来 』 様 ・ 『 不動明王 』 様共に札所本尊を兼ねて、
地元に敬愛されたご一山とお見受けしました。

 お堂の佇まいもよろしく、石階の上から海へ開ける見晴らしの中に、昔から民の暮らし
を見守って来られたのだろう、と偲ばれるようです。


         P5189527.jpg



 拝受の御朱印は、


     『 三浦薬師霊場 』 第十六番        『 三浦不動尊霊場 』 第十九番

     KIMG3151.JPG      KIMG3153.JPG


       ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、ありがとうございます !!



 さぁ、気付けば 14 時半 ? …… のんびりしちゃいられません。
待ち合わせのスーパー駐車場へ、馳せつけた美緒ママでしたッ !!




                    ──── To be continued .



posted by 美緒ママ at 01:10| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

三浦薬師霊場 & 不動尊霊場 その 5 .  Gosyuin Traveller 91  @ 


 十月も早や 『 寒露 』 ですね ( …… って、ちっとも寒くないけど〜 !! ) 。
先月末、 Robben 先生騒ぎで吹っ飛んでしまった 『 三浦 』 巡拝レポ。
ぼつぼつ再開いたしましょう ( 笑 ) 。



 Gosyuin Traveller 、 『 三浦半島二大霊場 丁酉大開帳 』 巡拝五回目
となる、横須賀市へ『 レボちん君 』 の出動でした ────


 5 月 18 日 ( 木 ) 10 時 3 分に出発、10 時 13 分 横浜横須賀道路 港南台 IC
→ → 10 時 41 分 浦賀 IC を降りると、県道 208 号線から 210 号線へ。
最初の目的地は西浦賀、わかり易い道沿いのご一山、



               浄土宗 『 放光山 延壽院 常福寺 』 様


             P5189467.jpg



 ところが生憎、参道の入口の工事中という状況だったのです。
門内の駐車スペースへどうにも入り辛い気配につき、駐車を諦め、近いコンビニ駐車場を、
今回も利用することにしました。
10 時 59 分、 『 レボちん 』 と茶緒パパをお客さん役に残して、美緒ママ、すたこら
参拝です !



            では 『 常福寺 』 様、改めてお邪魔します ♪


             P5189468.jpg

         P5189469.jpg



 ご当山には興味深いご由緒が色々お有りのようで …… 。
室町時代 ・ 文明年間に鎌倉 『 光明寺 』 様の圓蓮社教譽上人によって創建。
江戸期、下田より奉行所が移された後に脇本陣も務めた、格式ある一山です。
墓域には奉行所与力の墓所をはじめ、虫歯供養の由来を持つ 『 珊譽女 』 なる身分の高い
女性の位牌を守っています。
また、当地に遊郭を経営していた 『 江戸屋半五郎 』 がのちに遊女らを哀れんで解放し、
『 深本 』 という僧になった逸話と墓所も伝えています。


 以来長く地元に敬われたご当山では、秘仏の大変小さな 『 薬師如来 』 様が開帳され、
『 本堂 』 の 『 阿弥陀如来 』 様共々お参りが叶いました。



         P5189470.jpg



 更に 『 波切不動明王 』 様へも参拝し、御朱印を拝受。



      『 三浦薬師霊場 』 第八番         『 三浦不動尊霊場 』 第七番

     KIMG3136.JPG      KIMG3138.JPG


     ( 加えて 『 三浦地蔵尊霊場 』 の第三十二番、三十四番も兼務されているので、
     是非またお巡りしてみたいです ♪ )


     ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、ありがとうございました !!



         P5189471.jpg


 おいとまして戻れば、巡礼笠を被ったより本格的な巡拝者の方達と入れ違いに。
石階を上って行く後ろ姿も味わい深く、庶民の信仰の長らく続く霊場なのですね。
ご縁を賜りありがたいことでした。


 とゆーワケで、代表の参拝を果たして急いでコンビニへ。
11 時 19 分に合流。 再び県道 210 号線を、次の札所へ向かったのでした。




 さて 11 時 30 分、今度は無事駐車場に入れたこちら、


         P5189478.jpg



              浄土宗 『 真宝山 宗圓寺 』 様


         P5189472.jpg

         P5189474.jpg

         P5189473.jpg


              お揃いの白い前垂れの石仏様達。



         P5189476.jpg

         P5189477.jpg


 『 本堂 』 が真新しく、ご住職にご案内いただいたお堂内も清々しい佇まいです。
ご本尊 『 阿弥陀如来 』 様共々、札所本尊 『 大聖不動明王 』 様にお参りいたしました。
 ちなみにご当山は鎌倉 『 光明寺 』 様の末寺。 本山第十五代住職 『 天達義順上人 』を、
天文年間に初代住職として迎えています。
こうして偶さか浄土宗の古刹を巡りながら、色濃く遺った 『 光明寺 』 様のご威光を感じずに
いられません。


 御朱印をご対応下さったご住職は ( 浄土宗で時に見かける ) 有髪の “ ロマンスグレイ ”
( あッ、コレ死語か !? ) ダンディでいらっしゃいました ♪



               『 三浦不動尊霊場 』 第八番

              KIMG3140.JPG


        ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、ありがとうございました !!




 11 時 45 分、駐車場をおいとま。
これより 『 レボちん君 』 は再び R 134 を走って、野比へ向かいます。
京浜急行の踏切を越え進むと、これはこれは随分広々と開けたロケーションが !


     11 時 57 分到着した三ヶ所目、


             浄土真宗本願寺派 『 五明山 最宝寺 』 様


             P5189481.jpg

         P5189482.jpg

         P5189488.jpg

             ( 参道を振り返るとこ〜んな感じ )



             P5189486.jpg


 こちらの入口からお邪魔すると、 『 本堂 』 内はとても厳か〜 !!
世話人様 ( ? or 寺僧様 ) のご案内で参拝。
ご本尊 『 阿弥陀如来 』 様、 札所本尊 『 高御蔵薬師 』 様、 『 源不動 』 様。


 ご当山、古く 『 源頼朝 』 公が 『 薬師如来 』 様を本尊に、鎌倉に建立された
『 高御蔵 五明山 最寳寺 』 が始まりです。
元々天台宗であったところ、開山である公の甥 『 明光上人 』 様がお念仏の教えに
帰依し浄土真宗に改宗された由。
 後に北条氏の弾圧を逃れて当地に移ったそうで、なるほど ── 斯かるご由緒
でしたか !
札所本尊様のお名前に納得がいきますね。



   拝受の御朱印は、



     『 三浦薬師霊場 』 第十一番       『 三浦不動尊霊場 』 第十一番

     KIMG3143.JPG      KIMG3145.JPG


       ご本尊様、札所本尊様、世話人様、ありがとうございました !!




 12 時 15 分頃おいとま。
さぁ続いて、先の津久井エリアに札所様が二ヶ所あるので、向かうことにします ♪



                      ──── To be continued .



posted by 美緒ママ at 22:03| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

『 茶緒パパのフォト ・ ギャラリー 2018 / 葉月尽 鎌倉 』


 『 葉月 』 は陰暦八月の別称。
現代の陽歴では概ね九月〜十月初めに当たりますが、そこらへんがなかなか厄介で、
つい 『 葉月 』 = 八月、 『 長月 』 = 九月、の判断をしたくなってしまい。
しかし厳密に、今頃は 『 葉月 』 の末、 “ 葉月尽 ” ってところでしょう。
繰り返す台風に翻弄され捲ったひと月、この十月に入っても脅威はなお去りません。


 ちょっと出掛ければ、街路から周辺から立ち木が茶色く傷んでボロボロ〜 !!
こりゃ 『 紅葉 』 は期待できないわァ〜、と嘆息 ( なんて暢気なハナシ、被災地の
方々には申し訳無いッ ! …… 土下座 ) 。


 でも幾ばくか、秋の風情に浸りたくて、茶緒パパのデータに見つけた旧画像より
── 過年 9 月 25 日、 『 鎌倉 秋の趣 』 。 



 繁華な中心部の市街で有名な “ 萩の名刹 ” が ……



           天台宗 『 金龍山 釈満院 円頓宝戒寺 』 様


         DSC_0730.JPG

         DSC_0755.JPG

         P9259377.jpg



 鎌倉駅から徒歩圏内とあって、秋の観光客もけっこう流入します。
が、そーゆー方々はまぁ、サラッと眺めて終わりでしょうか ?
( 一見小規模なお寺ですしね、現在は )
『 本堂 』 内の驚くべき “ 仏様ワンダーランド ” に、恐らくソソられないだろうし。


 わたくしメはそのお堂内に、すっかり魅了された一人。
立ち寄る度、須弥壇近々と参拝させていただいております。
これ程の尊像群に、常々親しくお目にかかれる所は多く無い ?


 それでも一般認識は、やはり “ 萩のお寺 ” なんでしょう。


         DSC_0723.JPG

         P9151936.JPG


                  『 白ハギ 』



             P9259372.jpg

             P9259373.jpg


               『 スイフヨウ ( 酔芙蓉 ) 』



             P9259385.jpg


              『 ハナトラノオ ( 花虎の尾 ) 』




 往時絶大な権勢を奮った 『 北条 』 氏は第九代 『 高時 』 公 ( 鎌倉幕府 元十四代
執権 ) の折、 『 新田義貞 』 軍に滅ぼされました。
結果、 『 北条 』 家の邸宅であった当地が幕府の終焉の地となったのです。
…… 盛衰の定めを偲ぶかに、今も可憐な花々が咲き返ります。



             P9151935.JPG


             P9259376.jpg


              本堂前の燭台がスタイリッシュ …… ♪





 さて中心地を離れた北鎌倉には殊更 “ 森林 ” 感の深い古刹が多く、代表的なこちら、



              臨済宗円覚寺派 『 金宝山 浄智寺 』 様


             P9259393.jpg

             P9259427.jpg


                『 山門 』




 これまでも幾度かお伺いしている古刹様です。



                    P9259397.jpg

       P9259396.jpg


             『 本堂 』 = 『 曇華殿 』



 ご当山は、先の 『 宝戒寺 』 様元地にて 『 新田 』 軍に滅ぼされた 『 北条 』 一門のお寺。
鎌倉幕府 第五代執権 『 北条時頼 』 公の三男 『 宗政 』公早世を悼み、菩提を弔うため建立
されました。
『 鎌倉五山 』 の四位として、最盛期には 『 円覚寺 』 様にも並ぶ規模を誇り、長く栄えた
ようです。
が、やがては衰退、関東大震災により致命的な打撃を受けたため、現在の堂宇は概ね再建の
ものとか。



             P9259405.jpg

         P9259420.jpg


   『 客殿 』 の座敷越しにひらける自然な前庭、 大好きな visual です !!



         P9259410.jpg


                   境内奥の 『 竹林 』 。



         P9259423.jpg


                  木々に包まれた佇まい。



             P9259429.jpg



     紅葉にはまだ間のある季節、澄んだ空に 『 ススキ 』 がきらめいていました。





posted by 美緒ママ at 23:38| Comment(0) | ギャラリー | 更新情報をチェックする