2018年05月31日

北鎌倉 緑滴る


 今日で五月も終わり。
それにしてはの涼しさ …… と言うか、早い梅雨冷えのよう ?


 去る 26 日 ( 土 ) 、所用あって伺った北鎌倉 『 円覚寺 』 様は ……


             P5261043.jpg



            『 総門 』 へと、緑滴る若楓 !


         P5261046.jpg

         P5261047.jpg




 用件は早々終わり、折角なので境内を散策 …… まず塔頭 『 龍隠庵 』 様へ。


              KIMG2318.JPG



         こちらの参道も、木漏れ日きらめく “ 青楓の天井 ” !!


         P5261051.jpg

         P5261052.jpg

         P5261049.jpg


               石階を進むと、  


            P5261054.jpg


                  『 三観音 』 様 


         P5261055.jpg


          鮮やかな 『 斑入りツワブキ 』 に埋もれるかに ……


         P5261056.jpg


           一点星のような 『 ウマノアシガタ 』 ?

           学名 : Ranunculus japonicus
           科名 : キンポウゲ科 キンポウゲ属




 段の踊り場にはいつもの 『 トリオ ・ ザ ・ なごみ地蔵 』 様が 『 イワタバコ 』 を背に ♪


         P5261057.jpg

         P5261059.jpg


         P5261058.jpg
             
            P5261093.jpg


                 こちらの 『 地蔵 』 様も ……



          上り切った境内にひっそり、白い 『 ホタルブクロ 』 。


            P5261087.jpg



 客殿の 『 観音菩薩 』 様を拝すると、 洋花 『 カンパニュラ 』 の供華でした。
折から外出中の住職 『 太田周文 』 様の代わりに、お留守番。



 それでは 『 本堂 』 のご本尊 『 遊戯坐観音 』 様へ窓外より読経 ── 感謝と祈念。

 観音様、窓辺に白い 『 ガクアジサイ 』 が美しいですね。 貴女様のお堂脇に相応しい。


               P5261071.jpg

   P5261072.jpg



           お庭の日向に紫の 『 ホタルブクロ 』 、


         P5261067.jpg



『 八重ドクダミ 』 も可愛らしくて、僅かな差で一重 『 ドクダミ 』 と雰囲気が変わるものです。

            P5261063.jpg

         P5261061.jpg



     お留守の庫裏へ会釈に寄ると、傍らに見知らぬ木花。


   P5261083.jpg

               P5261085.jpg


                   『 コバノズイナ 』 と、調べて納得。

                   学名:Itea virginica
                   科名:ユキノシタ科 ズイナ属




   心地良い木陰に、木漏れ日落ちる苔の色。 本当に憧れる空気感が、ここにはあります。


            P5261077.jpg



 小高い庵の庭先より眺望するご本山の屋根々々も、瑞々しい新緑に囲まれて……。


         P5261091.jpg



 ゆっくり和ませていただき、ありがとうございました。 また伺います。
石段〜参道脇の諸尊様へもおいとました 『 龍隠庵 』 様でした。




 それから本山内を散策して行くと、 『 如意庵 』 様の生け垣に 『 サツキ 』 。


         P5261095.jpg



 路傍の 『 ユキノシタ 』 に、最奥の塔頭様へいざなわれ …… 。


         P5261099.jpg

         P5261096.jpg



 本山現管長 『 横田南嶺 』 様のご居所にして、『 夢窓疎石 』 様ご塔所である 『 黄梅院 』 様 。


  P5261101.jpg  P5261100.jpg

         P5261103.jpg


『 山門 』 前を飾る柔らかな 『 白アジサイ 』 。
門内でも早速、様々な 『 アジサイ 』 が目を惹きます ──


                  青紫の 『 濃アジサイ 』


               P5261107.jpg

   P5261118.jpg



     色変わりの 『 ガクアジサイ 』 ?


   P5261116.jpg

               P5261115.jpg

   P5261112.jpg

               P5261114.jpg


                 素朴な 『 ヤマアジサイ 』 ?
                 皆まさしくシーズンへと向かうところですね。



 そして 『 アジサイ 』の茂みに半ば埋もれて、珍しい花 ……


             P5261111.jpg

          P5261109.jpg


             『 シモツケソウ 』でしょうか。

             学名 : Filipendula multijuga
             科名 : バラ科 シモツケソウ属



 簡素と図らざる洗練。 季節折々、自然体な植栽に和ませていただける当院です。

 『 本堂 』 向拝にて、扉越しのご本尊 ・ 『 夢窓疎石 』 様尊像へ拝し、ご縁を謝し。
癒やしのひと時に浸りました。


 『 円覚寺 』 様、諸塔頭様、諸尊様、ありがとうございました。




posted by 美緒ママ at 15:38| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

『 石像四菩薩様 移設開眼 』


 ひと月ほど遡りますが …… 。
去る 4 月 29 日 ( 日 ) 、直近の菩提寺 『 本郷山 正翁寺 』 様にて執り行われた、
『 石造四菩薩 』 様 “ 移設落慶供養 ” 参列レポです。


 今年に入って鋭意進められた移設工事、待ち遠しく思っていたところ、無事完了。
『 四菩薩 』 様の三体が新たな覆い堂に、一体が背後に遷座された次第。
新設の 『 永代供養塔 』 と併せて、当山の新たな参拝スポットとして末永く親しまれます
ように !! 



 とゆーことで当日。
当山福住職 『 篁 保雄 』 様の司会にて、定刻 14 時半を遅れず始まった供養法会。
カメラマンと、同宗派教区の諸山 ・ ご住職 ( or 福住職 ) 様数名がスタンバイの中、


         P4291026.jpg



法衣に濃い蘇枋の袈裟を纏われた導師 = ご住職 『 篁 素明 』 様登壇です。


         P4291028.jpg

         P4291032.jpg



 法会は、ちょうど三年前の 『 薬師如来御遷座 』の時と同じく進行したように思われ
ますが ── 導師様他ご一同の唱えて回るご真言と散華やら ……


         P4291033.jpg



粛々と進み、覆い堂建築の大工様、及び周囲整備の造園会社様が賛され、拍手。


         P4291030.jpg



その後参列者方のお祝いの焼香へと進み、


         P4291036.jpg


         P4291037.jpg



恙無くお開きとなったのでした。


         P4291039.jpg




 帰りがけにもう一度参拝焼香し、諸仏のご尊顔を拝しましたが ……



 以下は、後日 ( 5 月 14 日 ) 改めて訪拝、撮影したものです。


         DSC_3844.JPG



 まず覆い堂内の三体 ──


         DSC_3859.JPG

         DSC_3846.JPG



 中央に端座される 『 地蔵菩薩 』 様。


             DSC_3849.JPG


穏やかな面輪に品位あり、基部に江戸末期の「 享和二年 ( 1802 年 ) 」 の刻字。
さらに 「 廻国納経供養萬霊塔 鍛冶ヶ谷村 施主 六良兵衛母 」 ともあり、往時奇特にも
“ 諸国霊場巡礼 ” を満願した施主本人か、乃至は巡礼途上倒れでもした 「 六良兵衛 」を
悼んだ 「 母 」 か、いずれかの祈りの証しと思われます。



 続いて左手の素朴な 『 地蔵菩薩 』 様は錫杖と宝珠を携えた 『 延命地蔵尊 』 と推せ
られるようですが、


             DSC_3856.JPG             

風化激しく刻字は殆ど判読不能。 造立年代はわかりません。



 また右手に立たれる 『 正観音菩薩 』 様は高く結い上げた髷、蕾の蓮華を持ち与願印
を示す…… という典型的なお姿。


   DSC_3850.JPG   DSC_3854.JPG


基部に 15 名もの女性名が刻まれていることや、目鼻涼やかな像容と相俟って、女性達の
切なる信仰を窺わせる、とのことです。
刻字は江戸初期に当たる 「 貞享五年 ( 1688 年 ) 」 。



 さらに一体、供養塔背後の 『 馬頭観音菩薩 』 様はやはり風化激しく、しかと確かめかねる
も、通例と異なってお顔も頭上の 『 馬頭 』 様も優しげです。


   DSC_3838.JPG   DSC_3843.JPG


像身左右の 「 左ぐミやうし 右かまくら 」 の刻字は、嘗て鎌倉街道沿いにおわしたという
来歴からも、往来の人馬を長らく見守って来られたのでしょうね。


   DSC_3841.JPG   DSC_3840.JPG



 斯かる石仏様を尊び、慕わしく想う心あらば、世知辛い現世の癒やしのよすがとなるかも
しれません。




 ところでこの 『 永代供養塔 』 が新設されたのは、境内脇の元草地です。


         DSC_3869.JPG



歴史の長い当山は背後の山の傾斜へ墓域が広がり、樹木も多く ……


         DSC_3865.JPG

         DSC_3864.JPG


ちょうど、 白い『 ウノハナ 』 が清らでした。


         DSC_3867.JPG

             DSC_3863.JPG




 ちなみに当日、頂戴した “ 引き物 ” には超オーソドックスな 『 紅白すあま 』 さん ♪


KIMG2332.JPG KIMG2335.JPG



 さらに ( 後日賞味した ) 豪華木箱入りの 『 カステラ 』 には ……



             DSC_3834.JPG


              何と、こ〜んな和みの絵入り ♪♪♪
       いゃいゃ、お地蔵様可愛いらし過ぎ !! 食べるの躊躇〜〜 ( 汗 ) 。


        …… とか言っときながら、しっかり賞味しましたけど ( 笑 ) 。



            ご住職様・福住職様、おめでとうございます !!
          ご馳走様になり、誠に美味しゅうごさいました〜 ( はぁと ) 。




posted by 美緒ママ at 00:57| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

庭改造計画 2018  白き花たち



 フェンスのツル薔薇 『 Alberic Barbier 』 のシーズンが過ぎて行きます。
間もなく終わりを告げるでしょう。


         DSC_3886.JPG



         大好きな白薔薇よ …… また一年のおいとまですね( 涙 ) 。


             DSC_3879.JPG




 代わって 『 カシワバアジサイ / スノーフレーク 』 の豊かな花房が悠々と、盛りを謳歌
しているよう。
指し芽で殖やした子株ふた鉢に、それぞれ三房。


         P5259930.jpg

         P5259938.jpg

         P5259936.jpg



親株には、何と十房越え〜 ♪ いゃ〜初めてかも、こんなに沢山 !


         P5259947.jpg





 最初花穂に気付いたのが先月 12 日辺りだったから、芽吹いたのはだいぶ前。


               KIMG2278.JPG
   KIMG2277.JPG




 今月 10 日には開花が始まり、


   P5109918.jpg  P5109917.jpg



 

 今に至って、これからは花の長い盛りを楽しもうと思っています ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 00:51| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

今月の俳句学習  5月 第二週 & 第四週  2018 


 今週末に向けて、またまた夏日が続くようですね ?
春からずっと不安定だった陽気は、ゴールデンウイーク過ぎも気温乱高下 !!
荒天 ・ 異常低温はんぱなく、 “ 青葉寒 ” なんてナマ易しいレベルじゃありません。
慌てて冬布団に掛け直し、居間のヒーターまで稼動再開 !?
なんで ? …… 初夏だぞ ! ( アワワ )


 で、やはり冷え々々だった中 『 ランドマーク ・ プラザ 』 俳句教室へ ──


第二週 5 月 8 日

《 型 ・ その 2 》
「 上五〜中七 ( 季語に関係無いひと繋がりのフレーズ ) “ や ” 切り 」 + 「 下五 ・ 季語
( 体言用言可 ) 」
 

 まず及第句、



   ほろ苦きマーマレイドや春の果          かいう 



「 マーマレイド 」 が 「 ほろ苦い 」 のは当たり前、と 『 加藤静夫 』 先生のご指摘は受けた
のですが。 一応季語の感覚と響き合うであろう、とご了解いただきました。
嬉しい~♪♪


 次に、及第 ? or △ ? な句、



   カウンター越しの艶聞アマリリス



 バーかパブのひとこま ── 客と馴染みのバーテンさんの会話。 噂話か自慢か。
……… 「 艶聞 」 の一語に 『 静夫 』 先生反応されました ?
ところがところが ! …… 季語 !?
「 アマリリス 」 が配される必然性を問われてしまった ( ガーン ! ) 。
スミマセン、すごく似合いだ、と勝手に思い込みました ( 汗 ) 。
両先生はやや疑問のご様子で、結論 「 花は動き得るが、選者の好みによる 」 と。 

 何かソレ、言われること多いよね。
とどのつまりはソコなんだけど、 「 1 + 1 = 2 」 とならない分野の宿命だ …… なんて
結論も毎度ながら ( 苦笑 ) 。


 なお、もう一句はボツでした。




第四週 5 月 22 日

《 型 ・ その 2 》 応用編
「 上五〜中七 ( 季語と関係の無いひと繋がりのフレーズ ) “ や ” 以外で切る 」+ 「 下五 ・
季語 ( 体言用言可 ) 」


 やはりイマイチの回でしたが。
及第句は、静夫先生にご納得いただけた ……



   水道の流しつぱなし夏きざす          かいう



景は学校とか公園の水場、或いは庭仕事の最中か ── 蛇口から勢いよく、しばし止めず
さんさんと流される水。
それを写真のワンショット的に、初夏の感覚に重ねたものです。


 しかし、あとの二句は色々ナンあり …… 。



   総武線緊急停車百合の崖



嘗て通勤の横須賀線が走行中 ( 安全確認で? ) 急に停車し、窓外が山百合のなだれて
いそうな崖だった。
せわしない人間界とは無縁に百合は咲き、自然界の営みは続く …… って。
「 景は悪くないと思うが、 『 総武線 』 の必然性は ? 」 と 『 志田千惠 』 先生より
問われました。 正直、そーなんですよ。ご指摘ごもっとも。
私の独断的イメージで、都市部も田舎も含む長距離路線にアリかな ? と。
…… それにしたって、全国区には通じない ? やってしまった “ 固有名詞あるある ” だわ〜。


 更に、 



   小満の庭手袋を洗ひけり



二十四節気の 「 小満 」 ── 陽歴 5 月 21 日頃に当たり、万物しだいに長じて満つるの意。
草木生育し瑞々しい季節を言うのでしょう。
まさに同日、庭仕事を終えて庭手袋を洗った一段落感 ── を伝えたかったところが。
「 庭手袋 」 に物言い ? ……何と、意味がわからない ?
庭仕事しない人には伝わらない、って ? マジかぁ〜ッ !?
“ ガーデングローブ ” じゃ中七に収まらないし。
そのボキャ自体も駄目 ?
しょうがない、 “ いつか句集を編んだ時 “ 用だわ ( 爆 ) 。
 

 と、やはり問題点の把握に終わった今月でした〜 ( 汗 ) 。




posted by 美緒ママ at 01:25| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

庭 & 花壇改造計画 2018  夏庭スタート !!


 この五月には異例な夏日続きだった頃 ── 今年の “ 夏庭リニューアル ” がスタート
しました。


 初日 5 月 18日 ( 金 ) は午前中、茶緒パパ & 『 レボちん君 』 に出動して貰い、
年に二度の園芸店参りです。
隣接区の 『 グリーンファーム 』 さん、昨年十二月以来ですね。
いつか駐車場が混み合っていた記憶があるので、今どきの季節、ガーデニング ・ ファンで
賑わうかとちょっと心配。
ところが存外ガラ空き !
平日のお陰 ? …… No problem ! だったね、 『 レボちん君 』 ♪

 この日買い物は花壇用の花苗 『 ニチニチソウ 』 と、用土、薬剤等。手早く調達し、
別の買い物にも回りつつ帰宅。


 暑かったので、陽の翳った頃に花壇の作業着手。
茶緒パパのお手伝いもあり、シーズン終えた 『 パンジー 』 株全撤去 !
それから 『 チューリップ 』 や 『 スイセン 』 の球根掘りあげも、恙無く終了でした。



 二日目、 19 日 ( 土 ) 。
都合で、球根絡みの作業に専念。
掘りあげた花壇の球根を洗って干し、その他、鉢ものの球根類を植え替え、整理。
結果、 『 原種チューリップ 』 が二鉢、 『 ムスカリ 』 類が一鉢に纏まりました。
なお未処理の大鉢が一つ残ったのですが、大仕事になるため後日へ。
鉢もののリニューアルってけっこー手間なんですよ。植え替え先の算段とか、
あけた用土の後処理とか、もうタ〜イヘン !!  



 さて三日目、 20 日 ( 日 ) 。
満を持しての花壇植え込み !
まず鋭意参加の茶緒パパ、花壇の土に “ 堆肥 ” “ 土壌改良剤 ” ” 化成肥料 ” を混ぜる
“ 耕し班 ” ♪
フカフカになったところへ、四色 ・ 計 20 株の 『 ニチニチソウ 』 を植え込み !
そしてしっかり水を撒いて完了〜 ☆
早く片付いたのは、やはり二人協力のお陰 ?
茶緒パパ、 Thank you !!



             DSC_4078.JPG


                 部屋からの “ 夏 ” 景色


         DSC_4097.JPG

   DSC_4093.JPG  DSC_4085.JPG

DSC_4091.JPG DSC_4098.JPG

         DSC_4082.JPG

DSC_4099.JPG DSC_4079.JPG

DSC_4092.JPG DSC_4100.JPG

             DSC_4094.JPG



         DSC_4088.JPG


          花壇の先住者 『 カラー 』 にも、花が咲いていました。


             DSC_4089.JPG





 ところでこの日はもうひとつ、鉢の植え替えを励行 = 『 チェリー ・ セイジ 』 の
鉢増しです。
そこまでで主な作業は終了 !!


         DSC_4101.JPG


       鉢増し 『 チェリー ・ セイジ 』 とふた鉢の 『 原種チューリップ 』



 ついでの 『 薔薇 』 施肥やら雑草刈りで、終わった一日でした。





posted by 美緒ママ at 19:48| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

今年の櫻を追いかけて 2018 その 4 .  A



 去る 4 月 3 日 ( 火 ) 。
泉区上飯田町 『 本興寺 』 様の 『 ヤエベニシダレ 』 を拝見、眼福に与っていたところ、


         P4030889.jpg



         枝垂れ櫻と林の向こうをよぎったモノは !?


         P4030884.jpg



          その奥へ抜けた所が何と線路 !
         来ました来ました〜、シンカンセ〜ン ♪♪♪


         P4030891.jpg

         P4030893.jpg



 はぃ、こちらのお寺、背後に東海道新幹線のルートを通しておられるのです ! 
なので、何分かに一度、走行音と振動が伝わります ( 以前も境内で感じましたよね ) 。

 こんな接点を結ぶ、現代 …… 無関係に生息する枝垂れ櫻 …… そして歴史の積み重ね。
どこか不思議なもののように感じられた日でした。
  




         P4030876.jpg

         P4030875.jpg



           またの春まで、 “ 枝垂れ櫻 ” さん達へおいとまして。



          さあ 『 レボちん君 』 、続いて藤沢市へ向かいましょう !


         KIMG2179.JPG






        到着したのは、


           時宗 総本山 『 藤澤山 無量光院 清浄光寺 ( 遊行寺 ) 』 様



             P4030926.jpg



 もう幾度か訪ねている名刹様。
こちらの有名な 『 ヤエザクラ 』 トンネル ↓↓↓ を体験しに参りました。


             P4030907.jpg

             P4030903.jpg




        この櫻の、淡く柔らかな色調 …… 『 普賢象 』 ? 『 一葉 』 ?
        品種は定かならずも、とてもたおやかで古刹様に似つかわしい。



  P4030904.jpg  P4030928.jpg


        期待には少々早めのようでしたが、それでも満足です ♪♪




             では門内へ伺い、


         P4030930.jpg

         P4030931.jpg


             まず 『 大本堂 』 へ。


         P4030968.jpg


         咲き遅れの『ソメイヨシノ』に覆われるようでした。



         P4030935.jpg


             参拝させていただき、戻る境内は静か。



         P4030934.jpg


           『 遊行上人 』 様へも忘れずご挨拶 …… 合掌。





 さぁそれでは、この日の主役と対面です。 当山、大櫻を多く保っておられますが、
殊に惹かれた ……


         P4030955.jpg

             P4030958.jpg


                 本堂脇の庭園、 『 放生池 』 畔の、



         P4030946.jpg

             P4030945.jpg

             P4030942.jpg



         『 ヤエベニシダレ 』 さん …… たった一幹とも思えぬ存在感 !


       P4030953.jpg
                  P4030950.jpg



この日巡った 『 枝垂れ櫻 』 と ( たぶん ? ) 同種ではないかしら ? あでやかで壮麗な
樹容 ── やっとお会い出来て嬉しかった〜 !
来年も是非まみえるご縁を賜りたく …… 祈りつつ、おいとまです。




 『 遊行寺 』 様、ありがとうございました〜 ♪♪♪





posted by 美緒ママ at 01:35| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

今年の櫻を追いかけて 2018 その 4 . ビアディーズの枝垂れ櫻 〜  @


 ゴールデン・ウィークが過ぎ、お天気依然不安定ですね。
気温の乱高下 !!


 櫻なんてもうとっくに終わってるのに、去年に増してやたら “ 追っかけ ” しまくってた
今年。 未アップ分がまだまだ !?
しつこいようですが ( 汗 ) 、兎に角記しときます。




 4 月 3 日 ( 火 ) 、 『 今年の櫻 第 4 弾 』 。
この日も 『 レボちん君 』 出動。
必見の “ 枝垂れ櫻スポット ” 三ヶ所を巡りますよ〜 ♪ 


 まずは 『 レボちん君 』 を駅近のパーキング・メーターに預け、 『 警察学校 』 先まで
『 いたち川プロムナード 』 をお散歩。
すると …… ビアディーズ と通った 『 ヤエベニシダレ 』 〜〜 ☆



         P4030815.jpg

         P4030816.jpg

         P4030818.jpg

         P4030828.jpg


             樹の老化 ? ── 花付き半分程なのが残念 !! 




             昔はこ〜んなだたったのにねぇ、茶緒 ♪



         P4052587.JPG

         P4052584.JPG




 残った半分の検討を祈ります !!


  P4030838.jpg  P4030837.jpg

       P4030834.jpg
                    P4030833.jpg





 さらにそこから少し歩いてもう一ヶ所、ビア嬢達の思い出の櫻があります。


              『 いたち川プロムナード 』 の懸崖櫻。


             P4030845.jpg


         P4030847.jpg



           若かった茶緒が、『 美緒 』 ねぇちゃんと一緒に。


             IMG_0076.JPG



             茶緒の最後のお散歩にも出掛けて …… 。


          DSC_9531.JPG



              今後もずっと長らえて欲しい櫻達です。





 さァ、お次は本年初認定の ( ? ) “ 枝垂れ櫻スポット ” 〜 ☆☆



           泉区上飯田町 日蓮宗 『 法華山 本興寺 』 様


         P4030858.jpg



 前回訪拝時に盛りだった 『 ソメイヨシノ 』 は、終わりかけ …… 。
し ・ か ・ し ッ、本命はココじゃない !


境内をぐるりと裏手へ、庫裏脇の道が ……


             P4030871.jpg

             P4030870.jpg

         P4030889.jpg



              秘密の “ 枝垂れスポット ” なんで〜す!!




  P4030887.jpg  P4030883.jpg

  P4030879.jpg  P4030878.jpg



 お会いしたお寺の方にご挨拶し、お訊ねしたところ、枝垂れから奥まで寺領だそうで。


        すると、シンとした林の向こうから音がしてきて、



         P4030884.jpg



        この後、思いがけぬモノを目にすることになります !!




                     ──── To be continued .



posted by 美緒ママ at 21:45| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

先月の俳句学習  4月 第二週 & 第四週 2018  and ……


 五月に入ってしまって、大慌て !
俳句学習、先月の 『 ランドマーク ・ プラザ 』 俳句教室レポがまだでした ( 汗 ) 。
毎回後手々々ですね。 急いでさらっておきます。



第二週目 4 月 10 日

《 型 ・ その 1 》
「 上五 ・ 季語 ( 体言〜や ) 」 + 「 中七〜下五 ( 季語に関係の無いひと繋がりのフレーズ、
体言止め )」


 2018 年 4 月期スタートのこの月、首尾は “ まぁまぁ ” 〜 “ 超惜しい ! ” ってところ
でしょうか。 


 まず及第句、



   あたたかや本家分家の猫だらけ          かいう



 昔、田舎によくあった ( であろう ? ) 風景 ── 本家の猫に仔が産まれ、すぐそばの
親戚筋へ 、「 あんたんとこ、少し持ってってよ 」 とかゆー感じに飼わされる。
で、 〇〇 叔母さんちも △△ 叔父さんちも同じ毛色の猫が !
…… みたいな ? “ やれやれ ” 感を 「 だらけ 」 に込めてみた ♪
 すると 『 加藤静夫 』 先生より ◎ 頂戴しましたッ ☆
「 “ 結構毛だらけ猫灰だらけ ” のような “ 〜け ” の繰り返しが効いて、リズミカルな
楽しい句 」 と。
ありがとうございましたァ〜 ☆☆

 なお取材は、そーゆー気配が未だ残っていた我が嫁ぎ先界隈ッ。


 次に △ 句、



   花吹雪く添乗員に祖師堂に



 某櫻名所の日蓮宗寺院にてヒントを得ました。
けっこー田舎なのに国内外の観光客が溢れ、ガイドさんもいて。
そこへ巨大櫻から花吹雪が〜〜 !! …… な風景は表現し得たのですが。

  『 静夫 』 先生 ご添削。
    ↓
   祖師堂に添乗員に花吹雪く


 はァ〜、とどめに櫻を 「 吹雪 」 かすのか ! 季語のインパクトを最後に !?
んん …… さすが先生、参りましたッ ( 土下座 ) 。


 ちなみに三句目は要再考となりました。
でも悪くない句材だから、捨てずに練り直します。




 では続いて、

第四週目 4 月 24 日

《 型 ・ その 1 》 応用編
「 上五 ・ 季語 ( 体言用言可 ) “ や ” 以外で切る 」 + 「 中七〜下五 ( ひと繋がりの
フレーズ ) 」


 まず、及第句 ……



   かざぐるま送電線は溪渡り          かいう



 『 静夫 』 先生 ・ 『 志田千惠 』 先生より異論無くご共感いただけたのは、望外の
シアワセでした !
背景は先月、中央道走行中に眺めた甲斐の山中 ── 谷を渡る送電線にライフラインを
守られる山里の集落。
そこに 「 かざぐるま 」 を配しました。 谷の風にいじらしくもの悲しく回る …… 。
それらの空気感を、説明を要さず 「 わかりますよ 」 と仰っていただけた !
ああ、そーゆーコトなのか ? と何となく合点した瞬間でした。 


 次は、めっちゃ惜しかった △ 句〜( 泣 ) 、



   柿若葉汝が退院の荷を解かな



 背景は、茶緒パパ氏が先日某検査と治療で少々入院し、出所あそばしたことです。
季語 「 柿若葉 」 の是非には触れられなかったので、問題無し ! と受け止めました。
 が、しかし 「 荷を解かな 」 は 「 〜解きぬ 」 で良い ! …… と 『 千惠 』 先生。
何故 「 〜解かな 」 にしたか ? と問われ ── あちゃーッ、先生、初案は 「 解きぬ 」
だったんですよォ〜〜 ( 涙 ) 。


  『 千惠 』 先生 ご添削。
    ↓
   柿若葉汝が退院の荷を解きぬ


 気分的につい “ 盛りあげて ” しまったんですね。
盛っちゃいけなかったんだ、俳句は。
ふぅ、そーゆー微妙な点がわからないとは、前句の合点は何だったんだろう ?
やっぱ、 “ ダメダメかいう ” じゃ〜ん !!! ( 爆 )




 それはそーと、別件覚え書きですが ──
先月 24 日 ( 土 ) 、小田原市での 『 第二回 藤田湘子記念小田原俳句大会 』 。
我らが教室の 『 志田千惠 』 先生が目出度くも 『 小田原市長賞 』 等を表彰され、
また受講会員の皆様も入選されていて、栄誉なことでした。
内、不肖わたくしメも思いがけず、 『 鷹 』 同人 『 奥坂まや 』 氏の選を
いただきました。
 それなのに当日、急遽欠席という事態に !
“ 入選句披講 ” の折、 『 鷹 』 小田原支部の方が代返して下さったそうで。
お世話かけました、ありがとうございます ( 礼ッ ) 。


 因みに、拙句 ……



   初空やパンタグラフのちから満つ          かいう



殊更、かの有名な 『 奥坂 』 女史に拾って貰えたとは ?
して、そのポイントは ? 
知るべくも無いながら、気になります。
その辺のところも、今後の宿題となったわけでありました。




posted by 美緒ママ at 00:27| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

立夏 2018


 庭の植え込みの茂みに、 『 ユズ 』 がひっそり花をつけました。



         P5201074.jpg




足もとでは 『 アップル・ゼラニウム 』 が可愛い小花をつづり、茎葉に触れると林檎のような
香りを漂わせます。
初夏ですね。


         P5044314.JPG




 昨日 5 月 5 日は 『 端午の節句 』 = 『 立夏 』 。
ゴールデンウィークが何事もなく過ぎ去り、それは無論 “ 幸い ” の一つであったりするの
ですが。


 そのささやかな幸いと、新たな季節の食卓の幸いに謝して …… 飯碗を模様替え !



            080506_1541~02.jpg


          ★ 草の頭窯 青山禮三 作 『 美濃古染付麦藁手飯碗 』 



             今年もひと夏、お世話になりま〜す ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 23:45| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

Robben ’ s 『 Made To Last 』


 予てより “ Robben 友 “ 『 mn 』 さん情報で気になっていた新譜。
再び mn さんが、音源を 『 SOUNDCLOUD 』 に見つけて下さいました ♪
Thanks so much ,Ms.mn !!



  タイトル : 『 Made To Last 』



       KIMG2336.JPG



1. Good Times ( by Lightnin´ Hopkins )

2. Crazy For My Baby ( by Willie Dixon )

3. Somebodys Fool ( by Robben Ford )

4. Autmobile Blues ( by Lightnin´ Hopkins )


以上 w / Brian Allen ( b.)
      Wes Little ( ds.)
      Casey Wasner ( g.)      
      Jeff Coffin ( sax )



5. The Champion ( by Robben Ford )


   w / Dave Martin ( b.)
      Nick D´Virgilio ( ds.)




 以上、 5 曲のみの短い EP 型式。 4 月 6 日には既にリリースされていた ?
ただし本国。 しかもダウンロードのみ …… かも !
え〜 ? ウッソー !? な状況、 “ 現物欲しい ” 派にはね。

 なので当面、 SOUNDCLOUD さんご厄介になりまーす ♪



★ https://soundcloud.com/chris-digirolamo-1/sets/robben-ford-made-to-last



 それでは、肝心の音源ですが。
オープニング 『 Good Times 』 から …… んん ? やたらと重い感じ ?
…… リズム隊重厚過ぎないか ? とか危ぶんだのですが。

 繰り返し聴き込むうち、ソレは杞憂に !
ベースの Brian さんと、ドラムの Wes さんのがっちり守る無敵のパワフル ・ アシスト。
加えて近頃お世話になってるリズム・ギターの Casey Wasner 君 …… と、気心
知れた人選。
その舞台を自在に舞うギターはタイム感 ・ 引きずり感とゆーか超絶妙なズレ感が。
はぁ〜、コレぞ Robben ですがなーッ !! って実感 ♪♪♪

 はぃッ、うまへたヴォーカルもバッチシですよん ( はぁと ) 。
もう〜 「 歌うな 」 とか言うな !
本人気分良く歌ってんだから、今さら大きなお世話ッ ( 怒 ) 。


 難を言えば、 Coffin 氏のサックスはあんまし効いてない、かも ?
( なんちて …… 笑 )

 今や、一曲目は特にお気に入り〜 ☆☆
また、続く 『 Crazy For My Baby 』 はキャッチーな曲調が楽しい ♪
昨年のライブで聴いた ( POG という ? ) ギター・シンセ風に独特な音質が、今回もソロに
使われていた。
3 曲目の Robben オリジナルは、以前はもっとハード ・ ロック調にアレンジされてた
かな ? 私は今回のアレンジ、好きかも〜 ♪♪
4 曲目は再度登場の Lightnin’ Hopkins ナンバー …… シブ〜 いブルース ・
テイスト。 ムフフ、堪ら〜〜ンン ☆☆☆

 さて、 5 曲目に参りますとメンバー変わって……トリオ編成のインスト。
テンポ良くトバすギターが、嘗ての 『 The Blue Line 』 時代を思い出す感じ !
途切れなく弾き続けるソロ、あ〜懐かしい。


 とは言っても、やはりこの人の行き方は定まってるようで、如何に音数多いとか早く弾ける
とか、もはや無縁な気がします。
その上で、置かれていく音の布陣 !


 いつも思う、これ程私の好きな音を奏でてくれる人が他に居るだろうか、と。
きっと Robben Ford だから出来るコトなのだ ☆☆☆



              KIMG1421.JPG



posted by 美緒ママ at 01:40| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする