2018年04月03日

庭 & 花壇改造計画 2018  Spring Ephemeral ?


 “ 春の妖精 ” と例えられる植物群があります。
春のごく短い期間地上に出現して花を咲かせ、葉を展開し ── 光合成によって養分を蓄え、
概ね初夏も待たず地上から姿を消してしまう “ Ephemeral ( 短命植物 ) ” です。
尤も地下には球根が残り、次の春まで力を温存するワケで ── その意味では案外屈強
だったりします。

 植物学的には 『 カタクリ 』 とか 『 ニリンソウ 』 『 ムラサキケマン 』 等、
はっきり限定されるようですが。



 身近にも、浅春の 『 スノードロップ 』 、盛りの 『 プシュキニア 』 『 シラー 』
などがかなり類似した生育形態に思われます。
ん ? …… とすると 『 チューリップ 』 や 『 ムスカリ 』 の一部も ?

 はぃ 『 チューリップ 』 は別項目に纏めますので、ここではお初の 『 プシュキニア 』 、
『 ムスカリ ・ グレープアイス 』 、白花 『 アルバ 』 を足した 『 シラー ・ シビリカ 』
に注目。




 幸いにも、お初にまみえた 『 プシュキニア ・ スキロイデス ・ リバノチカ 』 さん。


  P3289428.jpg  P3289435.jpg



 3 月 28 日には二本目の花穂も開花して、想像以上の美しさ〜 ☆☆☆
白地に薄青ラインの、何と清々しい !? …… これから毎年、ずっと愛でたい品種ですね。


              P3299493.jpg

  P4019562.jpg  P4019564.jpg

              P3299492.jpg




 こちらも毎春楽しみな “ 青い煌めき ” ── 『 シラー ・ シビリカ ・ ブルー 』 。


         P3289438.jpg

  P3299487.jpg  P4019559.jpg



 15 日頃に咲き出した 『 アルバ 』 と。

 
         P3299486.jpg  

             P4019557.jpg




 同じく新入りの 『 ムスカリ ・ グレープアイス 』 も幸い伸長し、


  P3299483.jpg  P3299482.jpg


      ふんわりトップの可愛い、ユニークな姿を見せてくれました ♪♪


             P4019527.jpg

  P4019528.jpg  P4019524.jpg  




 兄弟種 『 M .ラティフォリウム 』 も遅まきながら伸び出して ♪


  P4019534.jpg  P4019531.jpg




 そう言えば 『 M .マジック 』 の鉢ではほんの僅かな開花 …… 。


             P4019574.jpg


 子球根があまりぎっしり殖え過ぎた弊害かしらね ? ( 汗 )
一度ばらして、植え直してあげるべきか !?




 それはそうとこの鉢では、別の嬉しい再会がありました !!
地面から行方不明になってた 『 シロスミレ 』 さん、どんな手立てでやって来たのか ……
ここに復活していたなんて ?


   P3289458.jpg
                 P3289450.jpg


春の庭は、色々な発見に驚かされますね ♪♪♪



posted by 美緒ママ at 01:49| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする