2017年09月22日

九月の恒例 ?


 秋彼岸の一日。
実家の菩提寺へ墓参中、予報の雨がパラパラ降り出して、急いで引き上げました。
愛車 『 レボちん君 』 で戻る途中、小出川を渡る 『 大庭大橋 』 辺りで本降り。
戻った地元は、一旦止んだ後のようでしたが。

 夕刻また降り出して、大雨 !
明日の午前中は降るらしい。
婚家の墓参予定なので、早く止むとイイなァ〜 。
…… しかし今年は夏以来、ずっと不安定な陽気。
 


 と、そんな九月は毎年恒例の 『 特定健康診査 ( 健診 ) 』 予約シーズンです。
いつもに増して混み合っていた、 『 神奈川県予防医学協会 中央診療所 』 の電話予約 !
やっと取れた 12 月 21 日 ( 木 ) 。 去年とちょうど同時期。
もう一年の締め括りを段取る季節なのか !?
いゃ〜、一年が早いっすねー ( 苦笑 ) 。
って …… 人生、まァそんなに “ 果たすべき ” コトも無いかぁ …… 。

 ウチらみたいに “ 介助要員 ” を持たない人間は、 “ 被介助 ” 状態がなるべく短いように
せいぜい祈るばかり !!
が、そーゆーポイントに限って、一番思うに任せません ( 汗 ) 。


 ハァ〜、身辺の雑多なモノを極力処分して、 “ 終活 ” かなァ〜〜 ? ( トホホ )




posted by 美緒ママ at 23:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

八月の眼福  吉田 博 展


 秋のお彼岸シーズンですね。
毎年お盆からこのお彼岸のスパンは短くて、うかうかしてるとすぐ “ 仏事 ” 。
やれやれ、忙しいもんです ( 笑 ) 。


 さてレポは去る 8 月 17 日 ( 木 ) 、束の間涼しさが訪れている内に、と出掛けた
東京 ・ 新宿。
『 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 』 まで美術鑑賞に ────



        『 生誕 140 年  吉田 博 展  山と水の風景 』


             KIMG1103.JPG



 昨年来、収蔵元の 『 福岡市美術館 』 より国内を巡回し、漸く東京に辿り着いた ( ? )
企画展。
解説文によると、

 ── 「 絵の鬼 」 と呼ばれ、水彩で、油彩で、木版画で世界に挑み続けた画人。
   明治から昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した ──

とゆー間違いなく高名な画伯なのに、浅学にも全くの初耳でした ( 大汗 ) 。
さりながら、昨年メディア紹介された作風は 「 わァ、綺麗〜 ☆ 絶対観たい !! 」 と
目に焼き付いたのです。


 それから凡そ一年、漸くこの日が来ました。
朝 10 時 40 分発 ・ 京浜東北線 〜 11 時 31 分着、品川駅、山手線へ乗り換えて
11 時 57 分、新宿駅着。
徒歩にて 『 都庁 』 方向へ進み、動く歩道に二回乗ってから地上へ出ると、偶然目的地前。
道路を渡って、 12 時 15 分頃 『 損保ジャパン 本社ビル 』 に到着。
その、ナンと 42 階が美術館です。



             KIMG1004.JPG


 はぁ〜〜ッ ?? スゴいなァ、都会は。 見上げると首の痛くなりそうな高層 !!



             KIMG0998.JPG


 林立する副都心のビル群には超個性的な建築も ── 有名な 『 コクーン・タワー 』 ?



             KIMG1002.JPG


 おや ? 隣に思いがけなく 『 SUBARU 』 の文字が。
ここが本社ビル ? …… いや、実はもう移転しちゃって広告塔のみなんですと !
なァんだ ( 苦笑 ) 。



         KIMG1006.JPG


 さぁそれでは 『 損保ジャパン日本興亜美術館 』 へ向かいましょう。
専用の急行エレベーターにて、耳がキィーンとなりかけながら地上 42 階へ。
そこからの展望は、おのぼりさんにはなかなかでしたよ ( 笑 ) 。


 あ、しかしそんなコトの吹っ飛ぶ “ 美世界 ” が待っていたのだ〜 ♪♪♪
美術館、基本 “ 撮影禁止 ” ですから、感想は語るしかないけど ( 汗 ) 。
まず “ 大回顧展 ” と謳っているだけに、広い会場にはさすが大変な作品数 …… ひとわたり
巡るとすごい達成感。
それでもわたくしメは、一度引き返して、気になった作品を鑑賞し直しました。
 かかる大作家ならでは、極く初期よりスケッチ ・ 淡彩画の見事さが “ 美術 ・ 絵画 ” 分野
にさほど明るくない我が眼も魅了しました !

 既に若年の作風から優れた空気感・陰影感 …… ☆☆
更に見進めて、池泉や流水の表現に瞠目 !
空気 ・ 水 ・ 光 ── という “ My ツボ ” が溢れています。


               KIMG1109.JPG

         KIMG1108.JPG

         KIMG1113.JPG

               KIMG1106.JPG



 殊に “ 水彩画 ” と “ 木版画 ” がこの大家の真骨頂なのですね。
長年執心された山岳風景の秀逸。


               KIMG1116.JPG



 一方、対照的な水上の景の表現も、極めて国際的な評価を呼びました。
代表的作、木版画連作 『 瀬戸内海集 』 より第一作 『 光る海 』 の有名エピソード ……
英国の 『 ダイアナ元皇太子妃 』 が自身で入手され、執務室の壁に飾っておられた由。


               KIMG1104.JPG



美意識は洋の東西を問わないのですね !?
日本の西洋画にとって、誇りの一つでもありましょう。

 稀有なるご縁を得て、 『 吉田 博 』 画伯に出逢えて本当に良かった !!




 この日、曇りがちながら結局蒸し暑かった新宿。
14 時過ぎに美術館を出、 JR 新宿駅まで少々迷いましたが、 14 時 45 分発のJR線
湘南新宿ラインに乗ることが出来ました。
ゆっくり座って一時間弱、 15 時 35 分には大船駅に到着。
素晴らしき眼福に癒やされた、美術鑑賞の一日でした〜 ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 01:33| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする