2017年09月15日

芙蓉のころ ── 北鎌倉 “ 精進ランチ ”  その 1 . 


 去る 9 月 9 日 ( 土 ) 、スペシャルな北鎌倉行きを果たしました。
12 時 39 分 大船駅発、 41 分 北鎌倉駅に着けばすぐそこの 『 円覚寺 』 様 !
当大本山の境内塔頭 『 如意庵 』 様にて、噂の “ 精進ランチ ” がいただけるので、
夏前から予約を入れていたんです。

 当庵、一昨年初めて “ カフェ ・ タイム ” に伺って以来、どーしても気になっていた
毎月第二土曜日のみの、精進ランチ 『 花むすび膳 』 。
お初の今回茶緒パパと、元仕事先のオーナー様をお誘いしての三名。
漸く念願叶ったワタクシめは、殊更わくわくドキドキな参上でした。


 秋暑ながらからっと晴れた土曜日、境内には 『 フヨウ 』 の花が盛りです。


  P9090019.jpg

                 P9090020.jpg



              到着した塔頭 『 如意庵 』 様。


             P9090014.jpg



 石段途中の石垣に、花を添えた小さな看板 ──


            『 an ‐ nei 安寧
                         如意庵茶寮 』


         P9090010.jpg

         P9090011.jpg


           “ お品書き ” にも可愛らしい豆柿やらミニ瓜 ?



         P9090009.jpg

         P9090013.jpg


 眼を転ずるに、 『 山門 』 へといざなう石階を鬱蒼と覆う楓と竹林。



             P4044671.jpg



   門内の 『 玄関 』 は、式台のしつらいが目を引き ── 初秋の今は “ 燈籠 ” ですね。


         P9090003.jpg


  傍ら、控えめに生けた 『 木槿 』 も涼やか。 偏にご住職のセンス ?



 呼び鈴を振ると、予約客が順次案内されます。
庵内は庭へ開け放たれた夏座敷。建具の葭戸や半ば下りた簾が、なお残暑の頃の風趣。


         P9099998.jpg


現代の住宅事情では得難い、貴重な季節感に浸れます。
それでも席はテーブルなのでラク。 年輩客にはありがたい。
唯一残念だった室温。 冷房で閉めきるには、さすがに無理な広さなのでしょう。


 ではまず、隣室なるご本尊の祭壇へ合掌・参拝のご挨拶。
── 『 宝冠釈迦如来 』 様、これより山海の植物の命の恵みに与ります冥賀、心より
感謝申し上げます ! ──



 13 時 30 分の定刻を暫し過ぎ、 “ 点案 ( お品書き ? ) ” と “ 焙じ茶 ” が
運ばれて参りました。

         P9099990.jpg

         P9099992.jpg


         Oh ! かの上質な焙じ茶 ── 京都 『 柳櫻園 』 様 ?
         たっぷりいただきます。



 ややあって、お待ちかねの 『 花むすび膳 』 がざんぐりした黒い角盆にて供されました。


         P9099993.jpg


 各お盆には ( 向うはしで見えにくいのですが ) 季節の花が添えてあり、こちら茶緒パパの
には 『 ススキの穂 』 、女性向けには 『 シュウカイドウ 』 のひと茎でした。
和尚様の素敵なお気遣いですね〜 ♪♪



 それではいただきます。

 一、 炊込ごはん
 一、 菜げんちん汁
 一、 胡麻豆腐

 …… お精進らしい朱塗の器に盛られています。
 『 炊込ごはん 』、美味しい。 塩味をさほど感じないのに、この “ こく ” は何処から ?
── 上質な “ 油揚げ ” ?
こーゆー “ こく感 ” 大好き〜 ( はぁと ) 。
 けんちん汁は存外しっかり味。 薬膳な感じ有り。
胡麻豆腐もさすが禅刹、間違い無く滋味深し !!


 加えて陶器 ( 素敵な焼締 ) の向付に、

 一、 車麩のフライ
 一、 里芋の胡麻よごし 青みのオクラ添え。

 こちらも美味しい ♪
メインのフライ、ボリューム有り。
里芋も甘さ控えめな胡麻衣、上品〜 ☆


 そして小付の品々、

 一、 水菜のお浸し
 一、 トマトのレモン・ジュレ
 一、 マスカットの白和え

 …… と、ひんやりあっさり。
お浸しは馴染みある味わいに、隠れた椎茸がツルっとアクセント。
プチ・トマトは意外性。
中就私は、マスカットと白和え衣の相性が発見でしたよ ♪
白和えも、なるほど禅門の得意技 !
んん〜 、結構々々〜 ☆☆☆

 おなかがしっかり満たされたのでした。


                      ──── To be continued.



posted by 美緒ママ at 01:58| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする