2016年12月31日

大晦日のご挨拶  2016



             DSC_2876.JPG

         DSC_2874.JPG



          2016 年も残すところ数時間 …… 。
       図らずもドタバタな年末ながら、何とか無事今に辿り着けました。


 ずっと気に病んでいたネイル・リペアを幸い済ませ、先月の小恙快癒のこと、祈願を
掛けさせて貰った菩提寺の 目の薬師 ” = 『 薬師瑠璃光如来 』 様へお礼参りも出来。
気持ちがふぅっと軽くなりました。
この心境で年を越せるのは、とても嬉しいこと。

 こちらの、気まま & ノーテンキ・ブログもそれなり続けさせていただき、今月初めで
丸五年を迎えました。
多方面へ感謝の限りがありません。
来年もまた独断と偏見で ( !? ) 美しき癒やしのもの達と遊んでゆければと願って
おります。


 ではどちら様も、お元気で好いお年をお迎え下さい ♪♪♪


             平成 28 年 ( 2016 年 )  大歳 

                                   美緒ママ


posted by 美緒ママ at 18:45| Comment(0) | ごあいさつ | 更新情報をチェックする

川崎大師お巡りドライブ  Gosyuin Traveller 58  その 1 .


 年末ギリギリ、大晦日の今日に及んでどうしても記しておきたかったのが  Gosyuin 
Traveller 本年随一の特筆イベント = 去る 12 月 6 日 ( 火 ) 『 レボちん君 』 の
“ 交通安全祈祷 ” です !! ────

 12 時 05 分、『 レボちん君 』 お初の東向けドライブへ出発。
目的地は 『 川崎大師 』 様〜 ☆
12 時 16 分、鎌倉街道・日野立体より、磯子 IC を首都高 『 湾岸線 』 へ入ろう ……
と思ったのに、いきなり入りそびれ ( 大汗 ! ) やむなく側道を走行。
本牧 IC でやっと乗り入れ。 どうも首都高と相性悪いな ?
しかし、まァ何とか大黒 Jct 〜 『 K5 大黒線 』 〜 生麦 Jct を経て、茶緒パパが
嘗て馴染みの 『 K1 横羽線 』 で大師 IC を目指すことが出来ました。
横浜市辺境住まいの おのぼりさん ” は、首都高にゃからっきし弱いんです〜 ( 泣 ) 。


 それでもともあれ 12 時 50 分過ぎ、大師 IC を下りてすぐの目的地 『 川崎大師
交通安全祈祷殿 』 駐車場へ到着しました。
…… と、一応下調べはつけてたけど、やっぱタマゲたわー、この建造物 !


                インドの大廟所か神殿かいッ !?


              PC067143.jpg

      PC067142.jpg


      『 レボちん君 』 を正面につけると、デカさアリアリ〜〜 !!



 受付へ急ぐと、 13 時の祈祷に滑り込みセーフ。( とゆーのもこの時間帯、他に申込者が
無かったらしく、ギリギリ待って下さったのかな ♪ )
申し込み書へ慌てて記入、授与品 ( お札や幾つもの護符、オマケの一筆箋など ) いただき ☆
早速、堂内で導師様のご祈祷を授かった我々。
 コレがまァ、常々縁の無い密教系のご法要で、導師様のお作法も逐一大変興味深く── 大迫力で
リズミカルな太鼓や、賑々しい読経・音声に驚きつつ感激。
また堂前に控えた 『 レボちん君 』 にも、直々のご祈祷を賜りありがたや〜〜 ☆☆
大変貴重な体験でした。



 加えて受付にて、 『 川崎大師 』 様オリジナル朱印帳を調達、


             KIMG0328.JPG


            早速当山お初の御朱印を ……


           『 交通安全祈祷所 』 印 『 弘法大師 』 様


             KIMG0317.JPG



 因みに授与品の中の 交通安全ステッカー ” 。

    シャキィ〜〜ンン ☆☆☆  お大師様バリヤー ” で事故を跳ねのけるぞッ!!!


      KIMG0332.JPG   KIMG0330.JPG




 さて祈祷後、参詣者専用の広大な駐車場を兼ねる敷地内に 『 レボちん君 』 を預け、


         PC067145.jpg



13 時 40 分、我々二人は徒歩十分程のご本山へ向かいました。

 思えば、二十余年ぶりの当地。
すっかり薄れた記憶を辿りつつ 仲見世商店街 ” 。
その突き当りに、どっしり構えておられましたよ〜 『 大山門 』 。


         真言宗智山派 大本山 『 金剛山 金乗院 平間密寺 』 様


         PC067151.jpg


         PC067155.jpg

   PC067153.jpg    PC067154.jpg

   PC067157.jpg    PC067156.jpg


   ガッチリ 『 四天王 』 様にお守りいただいてます。
    恭しくご挨拶して ……


 ただしそのままご本堂へは向かわず、ちょっと失礼して軽〜く腹ごしらえ ( 笑 ) 。
だってもう 13 時でしょ ?
これから本山中をしっかり参拝するんだもの、ハラが減っては …… ねぇ ?

 とゆーワケで、山門脇の 『 住吉 』 さんへ。


         PC067152.jpg


 『 川崎大師 』 と言ったら、そりゃぁココの 『 久寿餅 』 でしょう ! …… って老舗よね。
地元でも言い習わされてるらしい。
勿論美味しいお店は他にも有るんでしょうが。
おのぼりさん ” はそーゆーカンジで ( 苦笑 ) 。
取り急ぎ、出来立て ( ? とゆーか、店出しの ) ムチムチな久寿餅をいただきました。
コレ、買って家でいただくのとは、確実に食感違うんですねー ♪♪♪


 斯くして、美味しい甘味に満たされて元気復活 !
さァ、頑張って参拝へ参りましょう〜〜。


 それではこの続き、年明けにゆっくりレポしますねッ ♪
来年もまた、ハミダシ参拝道中記 = 『 Gosyuin Traveller 』をよろしく
お願いしまっす ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 17:15| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

俳句学習 おさらい B


 引き続き 『 ランドマーク・プラザ 』 俳句教室レポです。

11 月 22 日。
《 型・その 2 》 応用編。
「 上五〜中七を や ” 以外で切る 」 + 「 下五 」 ( 季語の位置は自由 )

 一句目。



   水晶体ひとつ取り替へ冬に入る          かいう


 先月末に受けた手術の体験です。
「 敢えて即物的なモノと季語の取り合わせが、重層的な心理を表出している 」 との評価を
『 加藤静夫 』 先生よりいただきました ♪
ビンゴ〜ッ !!

しかしあとの二句はそーいかなかったね ( 汗 ) 。



   売り家の仏間の開く鵙高音


  開く ” ではシチュエーションがよくわからない。
景色の見えない句になった ( …… 嗚呼 ) 。



   点滴の痕を庇ひぬ薬喰


 術後の点滴痕、やや青く鬱血しているのに目を付けた句 ( 笑 ) 。
そーゆー病み上がり的シチュで 「 精を付けなさいよ 」 ってご馳走されてる …… みたいな ?
ところが、それだけに 点滴 → → 薬 ” のイメージを即連動させてしまった。
付き過ぎ ” なのか ?

 と、ポカを連発したのでした ( ガク …… ) 。



 さらに 12 月に入り ……
12 月 13 日。
《 型・その 2 》 再度、同応用編。
「 上五〜中七を や ” 以外で切る 」 + 「 下五 」 ( 季語の位置は自由 )

一句目。



   竹薮の焼けしは寺領冬朧


 御存じ 竹薮焼けた ” への連想なんですが …… ( 苦笑 ) 。
マジ竹薮が焼けたってハプニングがあって、誰も住んでいないような 「 寺地かぁ〜 」なんて
ご近所が野次馬してる。
事態のワリに、どことなくのんびりしてるような感覚を描きたかった …… のが 「 面白いかどうか
ですね 」 と。
諧謔の表現はムズカシいもんだ !!

 で、二句目……



   天鵞繊のジャケツを選りぬ裕明忌


 歳晩に早世された俊才俳人 『 田中裕明 』 氏を偲んで。
直接的に詳しくは存じ上げないながら、句柄の現代的・都会的且つ不思議な雰囲気を持って
おられた印象を、詠んでみました。
しかし、やはり安易に 忌 ” の句は詠むべからず、と警鐘されました。


 三句目。



   普請場の女人夫や梅擬


 現代ならば今どきらしく、ブルーカラーに積極的に進出した女性を生きいきと描写する
なら良いが、 人夫 ” という単語からしてタブー視されかねない、と ?
エーッ !? 驚きました ( 大汗 ) 。
全く意図せぬことなので。
親方に添う 女工人 ” ( たぶんおかみさん ? ) のかいがいしい働きぶりを、詠み
たかったんだけど。 ( 夫婦大工 ” とでも言うべき ? )
伝達とは本当にムズカシいです !!

以上、 12 月第二週目までの苦戦状況でした ( トホホ ) 。
静夫先生、千惠先生、来年も精進いたします〜〜 !!




posted by 美緒ママ at 00:59| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

俳句学習 おさらい A


 また急な暖かさがやって来ました。 日中の陽射しは、とても年末と思えぬよう !!
今年最後の庭仕事 ( 蔓薔薇の葉摘み ) を済ませられ、ありがたかったのですが。
このまま年明けまで暖かさが続くらしいのは助かるけど、何となくソレでいいのか ? って
不安感もあるところ。


 さてさて、前記事に続き、やり残した 『 ランドマーク・プラザ 』 俳句教室レポを遡って
参ります。
10 月〜 11 月第二週までの俳句学習を纏めてさらいましょう。

 まず、 10 月 11 日 ……
課題は 《 型・その 1 》
「 上五・季語〜や 」 + 「 中七〜下五 」
どうも課題の成績がよろしくなく …… 撃沈〜( 泣 ) 。


   颱風や犬に宿痾のひとつふたつ          かいう


宿痾 ” などという曖昧な言い方がイカン、とのこと。 もっと具体的に ! ( と 『 志田千惠 』
& 『 加藤静夫 』 両先生よりご指摘アリ )


   こほろぎや都会にねむる加舎白雄


江戸天明期の俳人 『 加舎白雄 』 へのオマージュ。
墓所である品川 『 海晏寺 』 様を偲んで詠みましたが、実は現地へ行けてないんです ( 汗 ) 。
行きたいのはヤマヤマながら、未だ時間が取れなくて ( 泣 ) 。
実感の無いのが致命的ですかね ?
都会 ” とゆーのも曖昧 ! …… えっ ? コレも !?
曖昧さがネックなのだワ〜、アタシ ( ガーン !! ) 。

 でも次の一句だけは、辛うじて及第 …… かな ?


   悠々と改札とほる鬼やんま


鎌倉駅の自動改札 ( の上 ) を人間のように、抜けて行った大きなトンボの記憶 ――
悠々と ” としか言いようが無かったのですが、静夫先生もその辺ご同感でした。
或いは 鎌倉の ” と場所を言うのも方法かしら ?
「 兎に角色々試してみることですね 」 と静夫先生 ♪



 続いて、 10 月 25 日 ……
《 型・その 1 》 応用編
「 上五・やを使わない切れ 」 + 「 中七〜下五 」

 難しさは同様だけれど、 や ” 切りの制限が無い分、ラクかもしれない。
と言っても、及第は遠い …… か ?

 では一句目、


   風白しインクの乾く遺言書


後半のフレーズは良い、と評していただきましたが、季語の 風白し ” ( 素風 = 秋風の
転意 ) が 風に吹かれて乾いた ” と理屈を招く恐れあるため、風以外の季語を考える
べし ! と、静夫先生のご意見で。

   秋白しインクの乾く ……

            としては、いかがかな ?

 二句目、


   柿の門へロールスロイス仕舞はるる


こちらへは両先生のチェックが入り、 柿の門 ( と ) へ ” のしつこい表現は不要では
ないか ? 柿の門 ( もん ) ” で充分、と静夫先生。
またロールスロイスも、 仕舞ふ ” まで言わなくて良い …… と、千惠先生より説明過多を
ご注意いただいて。
即ち、


   柿の門ロールスロイス停まりたる          添削例


とゆー位でもよろしいそうです。 んん〜、わからんモンですなァ …… ( 苦笑 ) 。

 因みに三句目は  あそぶ ” という言葉を使ったため、不確かさ・曖昧さ ( またコレだ !
…… 学習してナイな ? 自分 ) を繰り返し指摘されました。



 さて月が替わって、 11 月 8 日。
《 型・その 2 》
「 上五〜中七・やで切る 」 + 「 下五・季語 」

 一句目、


   待ち合はす書籍売り場や文化の日


書籍売り場 ” がけっこうツボなポイントだったのを、
「 そんな場所で会ってもつまらないでしょ ? 」 と千惠先生 !
え〜〜ッ !?
私など 文房女子 ” のハシクレは、本や文具の売り場にある種ロマンの香りを感じるし。
実質茶緒パパと落ち合うのも、大抵そんな場所だし〜 ♪
俳句など、文芸に関わる方々には親しみあるんじゃないかと思ったのに …… 意外。
感覚的ズレって、想定外ですね ( ため息 ) 。

 二句目、


   病棟の煉瓦テラスや小鳥来る


宿題の 型 ” に拘ったため、不適格な 姿 ” になってしまった例、ですかね ( 汗 ) 。


   病棟に煉瓦のテラス小鳥来る           添削例

              ってな感じがよろしいそうです。


 なお三句目は、ブラック・ジョークがあんまりウケずに、ボツ。
ハロウィン ” が季語に準ずるようになるかどうか ? …… 時代の動きを見極めてから
再挑戦したいテーマでした。


 以上、 11 月第二週まで、さらってみました。
以降は次記事で〜 ♪



posted by 美緒ママ at 01:25| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

2016年 十月期前半 俳句学習他  おさらい @


 12 月 27 日 ( 火 )。
『 ランドマーク・プラザ 』 俳句教室 『 俳句と遊ぼう 』 ── 今年の最終日が終わりました。
その結果に触れる前に、思いがけぬサプライズを記しておきます。
ちょうど別クラスの俳句講座をご担当の俳人 『 小島健 』 先生が、不意に通りかかられたんです。
「 えぇッ ? 」 っと思う内、他の方々と言葉を交わし急ぎ立ち去ろうとされたので ……
思わず 「 先生、ファンですッ ! 」 とお声を掛けたら、
「 ありがと〜 」 と手を振って下さいました ♪
ワーイ !! 何かイイことある予感〜 ☆

 とゆーか、実は既に年末の “ ご褒美 ” いただいてたんですッ !
『 ランドマーク・プラザ 』 へ行きがけに入手の 『 角川 俳句 』 誌一月号 ── 雑詠欄
『 今井聖 』 先生選・佳作に入選してたとは !?



   バーキンの底より念珠彼岸花          かいう



 いゃ〜嬉しいな、好きな一句だから殊更 ♪
このニュアンスが通じるとは、さっすが現代俳句・今井先生 !

 実は、ずっと結果を出せてなかった “ 角川 投句 ” に気落ちしてたんです …… もう止めようか、
なぁんて ( 汗 ) 。
そんな折に皮肉ですよねぇ、復帰しちゃうって ! ( 実に一年半ぶり位ですけど )

 アハハ、 「 止めるな ! 」 ってゆー天啓 ?
 


 と、そんなこんなで臨んだ教室。

課題 《 型・その 3 》
「 上五〜中七 」 + 「 下五・体言〜かな 」 の形で二句。



   サンボーン哭かせて口説く聖夜かな          かいう



ジャズ界きっての “ 泣き ” のアルト奏者 David Sanborn さんを取り上げてみたの
ですが、俳句界での知名度は当然低いため、 「 わかる人にはわかるけど 」 な句でしょうが、と
『 志田千惠 』 先生。
はぃ、承知の上で〜す ( 苦笑 ) 。 その上で、どうしてもアピールしておきたかった !



   蟷螂の枯れきはまれる郷社かな          



こちらは季語の部分が冗漫。短縮するべし ! 枯蟷螂 ” と言えば済むので。
その分、 郷社 ” がポイントなのであれば、そちらのことを言う !!
『 千惠 』 先生、 『 加藤静夫 』 先生ご両人からご指摘です。

 因みに課題の型以外の一句は ……



   別れ来し掌ホットレモネード



挑戦のつもりだったのに、存外すんなり評価されました。
心情が伝わっている点を 『 静夫 』 先生、 掌 ” にポイントを置いたのを 『 千恵 』 先生
のお褒めでした。
肝心な課題の型はこなせず残念ながら、一年の纏めに一句でも及第を得て嬉しかったです ♪♪

 なかなかに進歩しない作句力だけれど、来年も引き続き精進致します。
『 千恵 』 先生、 『 静夫 』 先生、どうか懲りず宜しくご指導下さいませ〜 !!


 では次記事にて、10 月〜 11 月分へ遡ります。



posted by 美緒ママ at 01:18| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

キラキラ〜〜 ☆☆☆


 Japanese クリスマス・イブ ” に便乗して、昨夜は 『 ケンタッキー F.C.』の
『 Party Barrel 』 を賞味いたしました。
WANS がいた頃からのお約束なんでね〜 ♪ ( あ、あくまでも茶緒パパの趣味だけど …… 笑 )

 もちろん晩ごはんのメニュー考えなくて済む、とゆーメリット大 !
予約の Barrel を、駅前の K.F.C.で受け取って帰ればヨイ。
なので K.F.C.前で、茶緒パパ & 『 レボちん君 』 と待ち合わせ。
はぃ、 『 レボちん君 』 お初の Barrel 運搬係 ” でしたッ ☆




 仕事帰りの駅前の、イルミネーション !!


         KIMG0295.JPG


       ささやかながら、年末年始はこの キラキラ〜〜 ☆☆ ” を楽しめます。


 KIMG0293.JPG  KIMG0306.JPG

               KIMG0305.JPG

               KIMG0301.JPG

      KIMG0297.JPG   KIMG0298.JPG


      今年はオブジェに ウサギさんとリスさん ” が増えたよ、茶緒 ♪♪



               110105_1843~010001.jpg

                  「 うん、そーだね ♪ 」




posted by 美緒ママ at 16:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

庭 & 花壇改造計画 2016  泥縄だァ〜〜 !!


 うかうかブランク続けていたら、もう 23 日 = 『 天皇誕生日 』 ですか ?

 この前の 『 冬至 』 は、冬景色の庭から柚子を採って柚子湯にしました ♪
今秋ずーっと放置だったのを、先月 29 日急遽メンテナンスに入って貰い、剪定と草むしりを
お願いしたので、ひとまずスッキリの庭。
早咲きの 『 日本水仙 』 が蕾を膨らませて …… 。


                 DSC_2869.JPG

    DSC_2868.JPG



 それでも、懸案の 花壇リニューアル ” が残っていて、ずっとモヤモヤしてた〜〜 !!
折から急な寒波が過ぎ、思わぬ小春日和の 18 日 ・ 19 日をチャンスとばかり、超遅まきに
手を付けました。 春向け花壇の仕度 ── 恒例の模様替えです。 
 初日はまず花材の買い出し。
昨年同様 『 チューリップ 』 球根の補充と 『 パンジー 』 苗の調達に、園芸店をハシゴ。
勿論今期からは、 『 レボちん君 』 でプチ・ドライブですよ ( はぁと ) 。


 戸塚区の大型店 『 グリーンファーム 』 さん、駐車場から丹沢方面の冬景色がけっこう近く
見え、綺麗でした ♪
 物色したチューリップ球根は既にシーズン過ぎとあって、辛うじて見切り品 !
中に偶然お気に入りの 『 Flaming Spring Green 』 ふた袋み〜っけ ♪


   P4228921.jpg  P4228919.jpg



 それから 『 Apricot Beauty 』 もあったから、お初の差し色に。


             KIMG0309.JPG



 補充したかったダークカラーには、通常品の 『 Cafe Noir 』 をチョイス。


             KIMG0312.JPG


実は気になってたんだよね、この色。 これまでの 『 Queen of Night 』 と同じ
SL でも、実質どんな風に違うか楽しみ〜 ♪♪



 また見切り球根の中に、何と 『 English Bluebell 』 !? ── 滅多にお目に
かかれぬ品種だから試しに買ってみた !


              KIMG0311.JPG

         学名 : Hyacinthoides Non ― Scripta
         科名 : キジカクシ科ヒアシンソイデス属

執着の 『 シラー / Scilla 』 の仲間。
普及種の 『 シラー・カンパニュラータ / Spanish Bluebell ( Hyacin
−thoides Hispanica ) 』 と異なり、英国の森林に自生していた貴重な原種系。
へぇ〜マジかァ ? 咲いてのお楽しみだネ。


 ってとこで河岸を変え …… お次はご近所の 『 ニーズランド 』 さんへ。
恒例のパンジー苗まとめ買い。今年は控えめの 20 株。


 帰宅して花壇を掘り上げ、土壌改良剤と化成肥料を混ぜて耕し、翌 19 日植え込みに
かかりました。



         その結果 …… はぃ、こちら !
        いささか乏しい地上部しか、見えませんけど ( 汗 ) 。


         DSC_2877.JPG 

         DSC_2855.JPG

         DSC_2856.JPG

DSC_2858.JPG DSC_2859.JPG

         DSC_2866.JPG

         DSC_2860.JPG

         DSC_2865.JPG


 土中には “ ご新規さん ” 達を含め、保存球根をみっしり植え込んでますヨ。
開花するかは定かならぬも ( 苦笑 ) 。


 それから新入り 『 …… Bluebell 』 さんは、鉢植えの 『 原種チューリップ 』 達に
同居させてます。


         DSC_2885.JPG



    さらに鉢ものでは 『 Muscari Latiforium 』 を植え直し、


          DSC_2883.JPG



        『 M. Azureum 』 などにも手を入れ。


         DSC_2882.JPG




 折しも庭隅に、地植えの 『 Scilla Siberica 』 の早い芽吹きを確認。
一方土から剥き出たまま芽吹いている 『 Snow Drop 』 球根には、腐葉土の覆いを …… 。


 手間ついでに、庭中の枯れ草や枯れ枝を鋭意伐採処分 !!
それでもまだまだキリ無く、庭仕事は残り続けるけど …… 。 

 まァいいか ?
取り敢えず一番目につく花壇回りをリニュしたからネ。




posted by 美緒ママ at 17:50| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

My Anniversary なので ♪♪♪




            P8194997.JPG



 『 Hoegaarden 』 のビール、 『 Busseto 』 の Itarian Dry 
Salami ── なぁんてラインアップで、今夜はゴキゲンな美緒ママでございま〜す ♪♪♪

 はぃ、一年に一度の My 記念日 ── 数字については伏せますが ( 笑 ) 。
 
 今日は季節柄もあり、またこれから一年を注意怠りなく暮らす第一歩、 “ インフルエンザ
予防接種 ” を受けて参りました。
しかしコレでまったく安全とは言えないから、油断禁物だけど …… ( 汗 ) 。
自分自身への確認、とゆーことで。


 まァ、無理・無茶はせず、無気力にならぬよう日々励みませう !!



posted by 美緒ママ at 23:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

Gosyuin Traveller 54  その 2 .


 11 月 25 日 の Gosyuin Traveller , 続きます ────


 藤沢の 『 天嶽院 』 様をあとにし、鎌倉・腰越から R 134 へ出た 『 レボちん君 』 。
茶緒パパお気に入りのスポット …… 『 和賀江島 』 を目指しました。
R 134 を材木座の辺りで左折、馴染みの有料駐車場に入ります。
夏じゃないので場内はガラガラ。
以前 『 茶緒 』も何度か来たことあって、懐かしいな〜 ♪
( え ? 今も WANS の皆さん付いて来てるって ? …… あぁそうだっけね …… 笑 )


 R 134 を潜る裏道から材木座海岸へ向かうと、初冬のサーフショップがちょっと淋しげ。
真っ青な冬晴れが切ない …… 。


         DSC_2743.JPG


          ススキ越しの静かな海。


         DSC_2742.JPG


  この日の美しい 『 和賀江島 』 。
 左隅に 『 逗子マリーナ 』 のシルエットが ……。
      ↓↓↓

     DSC_2734.JPG

               DSC_2729.JPG


                      『 江ノ島 』 が見えて、
                          ↓↓↓

     DSC_2730.JPG


                        『 富士山 』 も薄っすら。 
                            ↓↓↓
 
              DSC_2728.JPG

              DSC_2754.JPG

         DSC_2748.JPG

              DSC_2757.JPG



          別の通路を潜って戻りました。


         DSC_2761.JPG




 さて、ここに来たからには必ず寄りたい場所があります。


         DSC_2772.JPG


           材木座の海際に構える名刹 『 光明寺 』 様。


        その総門から振り返れば、真正面に海越しの 『 富士山 』 が〜 !!


             DSC_2764.JPG




 『 光明寺 』 様は浄土宗の関東総本山を務める名門。
が、偉大なる門戸は常に開かれ、衆生をゆったり受け入れる包容力・優しさを感じさせて
下さいます。
山内へ伺うたび、檀信徒ならぬ私も慈愛の空気に癒やされたくなって …… 。


         DSC_2771.JPG

         DSC_2765.JPG

         DSC_2766.JPG

         DSC_2767.JPG



 いつも厳かで、それでいて和やかな本堂内へお参りした後、寺務所にて、当山オリジナルの
朱印帳を調達しました。


             KIMG0282.JPG


           賜った御朱印はご本尊 阿弥陀如来 ” 様。


             KIMG0286.JPG

              ありがとうございました !!

 今後浄土宗の諸山へ伺ったら、こちらの朱印帳へご揮毫いただこうと思っています ♪




 なお 『 光明寺 』 様をおいとましてからは、帰還のルートを検討。
そのまま R 134 を南下し横須賀市林から東進。衣笠ICで横浜横須賀道路へ乗ることに
しました。


          途中、横須賀 PAへ。


         DSC_2776.JPG


 遅いランチにして、ひと休憩。
また 『 レボちん君 』 を駆って、港南台 IC 経由にて帰宅した盛り沢山な一日でした〜 ☆


 

posted by 美緒ママ at 01:13| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

『 レボちん君 』 と ……  Gosyuin Traveller 54  その 1 .


 あたふた過ごしているうち、もう十二月に入ってしまいました。
色んな事が片付いたり、片付かなかったり …… 。
あと凡そ一ヶ月、どーでもイイことには目をつぶり、あんまり振り回されずに暮らせたらな、
と思ってます ( 笑 ) 。



   年用意そんな些末に煩ふな          かいう



 さて、 Gosyuin Traveller の 11 月 25 日編 です ────

 SUBARU 営業所で 『 LEVORG / レボちん君 』 健診の後、茶緒パパの提案で
向かうことになった藤沢の禅刹 『 天嶽院 』 様。
曹洞宗系の、誠に鄙マレな癒やしスポットです !


        『 レボちん君 』 を快調に駆って、駐車場へ到着。


         DSC_2677.JPG



       大きな 『 六地蔵 』 様、こんにちは ♪


     DSC_2675.JPG

               DSC_2721.JPG


                 『 仁王 』 様達も相変わらずスタイリッシュ〜 !!
                    



 『 水戸光國 』 公由緒の風雅な山門から続く参道 ── そこを覆う楓のトンネルがさぞかし ? と
期待されて ♪


         DSC_2680.JPG



 果してそのアプローチは ?


         DSC_2682.JPG

         DSC_2683.JPG


         ん〜 ? …… 生憎イマイチでしたか ( ため息 ) 。
         見事な紅葉は、ここら湘南じゃやっぱ難しい ?

         でも青い楓の中にも、部分色づいた葉が美しかった〜 ☆


DSC_2712.JPG DSC_2695.JPG



 道すがら、前回同様今日も入っていらした ( 苔メンテナンスの ) 庭師さんにご挨拶。


         DSC_2687.JPG


冷える地面の上で作業 …… 年配ご婦人方のご苦労に頭が下がりました。
斯かる尽力無しに景観は保たれない、ってコトですよね ( 平身低頭 !! ) 。 



          さてさて、次のご挨拶が 『 狛犬 』 君コンビ。


                 DSC_2690.JPG
   DSC_2691.JPG



          間から振り返る、山門への紅葉〜 !!


          DSC_2705.JPG



 そこはかなる紅葉の色は、傍らの 『 鐘楼 』 にも掛かって …… 。


   DSC_2707.JPG

                 DSC_2709.JPG

   DSC_2710.JPG




        境内を進めば、右手に 『 不動堂 』 。


         DSC_2689.JPG

         DSC_2693.JPG


           庇には、前日の雪が残っています !



           続いて観音堂 = 『 浄聖殿 』 。


         DSC_2696.JPG



 そうこうして真正面の 『 中雀門 』 に辿り着くと …… 『 本堂 』 との間の白玉砂利の
庭に柱が !


         DSC_2701.JPG

             DSC_2698.JPG


               『 回向柱 』 とゆーのかな ?




        門前にてお参りし、 この日 『 庫裏 』 は失礼しました。


         DSC_2702.JPG

          またご厄介掛けても、ナンですから。



 庫裏玄関前の 『 お掃除小坊主 』 君と、


DSC_2704.JPG DSC_2703.JPG


                       『 なごみ地蔵 』 様コンビにも見送られて。



         DSC_2713.JPG


         庫裏の外れには “ 帰り花 ” 。
         って、帰り花にしちゃかなり賑やか …… かな ? ( 笑 )




       色付きの少々惜しまれる参道を戻りました。


         DSC_2694.JPG

         DSC_2718.JPG




 山門を出て壁を見たら、カマキリさん ! 貴方の時間もそろそろ終わって行くのですね。


         DSC_2720.JPG


         “ 冬蟷螂 ” とゆー呼び名が切ないなァ …… 。
  


                       ──── to be continued.



posted by 美緒ママ at 23:58| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする