2016年11月28日

『 レボちん君 』 一ヶ月点検


 11 月 25 日 ( 金 ) 、我が家の新人さん 『 LEVORG 1.6 STI SPORT
EyeSight / レボちん君 』 が早や一ヶ月目の健康診断 ( 点検 ) を迎えました。
予約の 11 時、 『 神奈川 SUBARU 』 鎌倉営業所で担当セールス 『 S 』 君に迎えられ、
早速診察に入った 『 レボちん君 』 。
待たせて貰う間、 S 君より試乗車をすすめられたんです。
ただ今絶賛宣伝中の 『 IMPREZA SPORT 2.0 i - L EyeSight 』 君。


         KIMG0231.JPG

         KIMG0230.JPG

         KIMG0232.JPG

         KIMG0233.JPG



 詳スペックは不明ながら …… 『 LEVORG 』 より 10 cm 弱ショートな良いサイズ。
町中での取り回しが楽そうだし、プライスもお値ごろ〜 ♪
勿論 “ お値段なり ( ? ) ” な装備でしょーが。


 取り敢えずいつもの試乗コースを軽々走って参りました ♪
…… あ、別に、また検討するワケじゃないけど ( 苦笑 ) 。
  
 帰りがけにいただいた “ 試乗ノベルティー ” はミニカー ( 新型 『 IMPREZA 』 、
おまけに 『 LEVORG 』 も ! )、そして可愛いマグカップ ( はぁと ) 。

 因みに、肝心の 『 レボちん君 』 はコンディション上々で ♪♪♪
感謝です、 SUBARU さん ☆




 さてこの日は、出ついでにひと回りドライブしました。
はぃ、スバリストさん達のインプレッションから聴こえてくるとおり、つい長めドライブに
ユーワクされちゃう車ですよね〜、『 LEVORG 』 ☆☆☆

 折からの秋日和 ── 紅葉の色付き具合を確かめに、藤沢・渡内のお寺まで。
とゆーことで、この日のレポは “ Gosyuin Traveller ” へ続きま〜す !!



                         ──── to be continued.




posted by 美緒ママ at 00:14| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

『 レボちん君 』 初ドライブ〜 ☆


 車レポ、続きます。

 去る 10 月 18 日の 『 バブリー君 』 ラスト・ドライブの後、 23 日の記念すべき
世代交代を経て、


         KIMG0158.JPG



 26 日初ドライブに漕ぎ着けた 『 レボちん君 』 。
またまた箱根で〜す ( 笑 ) 。
『 ターンパイク 』 を走ろうとゆーことで、午前 10 時過ぎに出発、西行きの定番ルート
“ 新湘南 〜 西湘バイパス ” を辿りました。


          新湘南バイパス・料金所付近。


         DSC_2491.JPG

         DSC_2494.JPG



 それから R134 〜 西湘バイパスも快走 ♪♪♪
ご存じ西湘 PA にて休憩。

お約束の相模湾にはパラグライダーが飛んでたりして、爽やか〜〜 ☆


         DSC_2497.JPG

         DSC_2500.JPG

         DSC_2499.JPG

         DSC_2501.JPG

         DSC_2498.JPG



 再び西湘バイパスへ乗り、早川 IC から 『 MAZDA ターンパイク箱根 』 入り口へ。


         DSC_2504.JPG


 ここのコースは箱根南部に聳える山際の尾根道をへばりつくような、自動車専用道。
ドライバーにとってなかなか旨みある勾配 & ワインディングが続くのですが、たまたま先行の
大人しめな SUBARU 車 ( G4 ? ) に追従していたため、飛ばせずにちょっと残念
だった茶緒パパ ( 苦笑 ) 。

 けど途上には、山坂道のお楽しみ …… 展望スポットもあって、眼を楽しませて貰えます。



  『 御所の入駐車場 』


  DSC_2505.JPG

                 DSC_2506.JPG



 ところでこちらの駐車場では、思い掛けない史跡に出会いました。
鎌倉時代の武士 『 佐奈田与一義忠 』 を祀った 『 願い石 ( 佐奈田霊社 ) 』 です !


         DSC_2507.JPG


 この『 佐奈田 』 氏と言えば他でもない、 『 源頼朝 』 公に侍し討ち死した若武者と伝え
られ、『 頼朝 』 公の供養によって建てられた寺院 『 證菩提寺 』 が、稀有なる偶然にも
我が家の地元にあるのです。
 実際の戦地となった石橋山古戦場の跡 ( 小田原市 ) には墓所と共に 『 佐奈田霊社 』 が
祀られ、こちらの 石 ” は分祀として往来の 「 交通安全 」 を願ったもの。
なのでしっかりお参りいたしました、この先 『 レボちん君 』 の無事と、恙なき寺社巡拝を
祈って !!
こうして行動していると少なからず歴史の片鱗に触れ、豊かさを感じますね。 


 ところでここ 『 ターンパイク 』 は以前から、TVの自動車情報番組などで新車レポートの
試走に良く使われるコースだったり。
ちょうどこの日も、その業界の関係者なのか、 『 LEVORG 』 等を走らせていましたよ !
時代の先端と歴史の彼方がワープする、興味深い場所かも ?


 それから我々 『 レボちん君 』 一行は、次の定番 展望スポット ” = 『 白銀駐車場 』 へ。
山を越え、遠く相模湾まで見渡せます。


   DSC_2521.JPG

                 DSC_2520.JPG

   DSC_2513.JPG

                GRP_0845.JPG


                 嘗ては 『 茶緒 』 も一緒に来ましたよ ♪



          DSC_2516.JPG


             前方の山への上り坂はこれから進むルート。




 コースはそこから一気に、終点 『 大観山 』 展望台へ上り切ります。
そして、名物 『 富士山 & 芦ノ湖ビュー 』 へ 〜〜 ☆☆☆


                  DSC_2525.JPG

 DSC_2527.JPG

                  DSC_2534.JPG



 さすがに山上、強風で寒くて !! 早々に展望テラスを下りました。
けれども、厳しい山の環境にも健気に野菊が …… 。


         DSC_2536.JPG



 背後には、さっき上って来た道路が見えます。


DSC_2540.JPG DSC_2544.JPG



 この日はまた同じ道を下ります。
途中の 『 鍋割駐車場 』 には 『 豊臣秀吉 』 公の逸話があるそうです。


 DSC_2549.JPG

                 DSC_2551.JPG



下って行く程に、結構なダウンヒル !?
路肩に 緊急避難所 ” などあると、思わずドッキリしちゃう 助手席専門家 ” でした〜 。


 幸い 『 ターンパイク 』 を無事下り切って、『 小田原厚木道路 』 を東名厚木 IC へ。
ん〜〜、ここも快走快走 !!

 東名では足柄 SA にて遅めのランチ …… 『 上海ドール 』 さん。
Chinese の某有名シェフがプロデュースの出店とか。
すごぉーく本格派っぽい 『 麻婆豆腐 』 で〜す。


 とゆーワケで、初ロング・ドライブを快調に走破した 『 レボちん君 』 の一日でした ☆




posted by 美緒ママ at 01:06| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

小さくても癒やし ♪♪♪


 今日はまァ、一体何なんでしょう !? ── って列島の半分以上が震えあがった異常気象。
11 月の南関東に ? …… 五十ン年ぶりの大雪〜 !??
横浜のこの辺も薄っすら残りましたよォ。
って、毎度ながら北国人に嗤われる、ウチらのビビリっぷりだが ……( トホホ ) 。
けど兎に角、雪は何とか積もらずにいて欲しいッ !!! …… が本音 ( ため息 ) 。


 それにしても先月位まで、夏がぶり返したって騒いでたら、も〜いきなり過ぎるって ( 汗 ) 。
だって猛暑の夏以来、秋になっても出不精を決め込んでいたからねぇ。
仕事・要件以外は ── 遊びのお出掛けは無論、緊急でない通院や庭仕事もパスで。

 一番失敗だったのがネイル・メンテナンス。
炎昼を敢えて出掛ける気力出ず、サボったばかりに …… 。
きちんとセルフ・ケア出来ぬまま、果たして亀裂と深爪に苛まれる羽目に !
結果とうとう限界を感じ、修復に出向いた次第 …… ( 汗 ) 。
 そうして 11 月 18 日 、超久々の予約を入れたサロン 『 bird 』 。
My ネイリスト 『 ユカ 』 さんの前に曝すも気の引けるダメージっぷり !! ( 涙 )
施術者泣かせなスカルプチュア・リペアとなり …… 申し訳なくも、ありがたくも ( 冷や汗 ) 。
『 ユカ 』 さん、感謝感謝〜〜 !!

 ンヶ月ぶりのサロン・クオリティー ♪
『 OPI 』 ポリッシュの優しいミルクティー色 ☆☆
救いと癒やしのひとときでした。


 帰りがけ、最寄り駅前のロータリーに 「 おッ ? 」 と目を引かれたのが一台の
SUBARU 車。
シルエットとホイールから見て 『 OUTBACK 』 のようだわね。
好きな車種のひとつです。
我が家の 『 LEVORG / レボちん君 』 にちょっぴり似てたかな ?

 それからカフェで軽く遅ランチしつつ、街かど Watching ♪
すると窓越しに走り過ぎる車、クルマ …… 。
TOYOTA 、 NISSAN は概ね地味な色あい。
目立つなァ〜、と思うのは MAZDA !
欧州車もそれなりぼちぼちと。
一台、前期型の 『 LEGACY WAGON 』 がシャープなスティールブルーで素敵だなァ、
…… なぁんて ( はぁと ) 。

 さりげない風景の中にも癒やし ♪♪
これで雪の心配が無ければ、安寧の冬なんだけどネ …… ( 苦笑 ) 。




posted by 美緒ママ at 18:35| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

Gosyuin Traveller 39  その 2 .


 Gosyuin Traveller、 10 月 18 日・箱根仙石原レポが飛んじゃって
…… 漸く続きです ────


 『 長安寺 』 様境内拝観の後、庫裏玄関へお声掛けした美緒ママ。


             DSC_2331.JPG



   梵妻様より拝受の御朱印は、

       『 長安寺 』 様ご本尊     『 東国花の寺百ヶ寺 / 長安寺様 』

     KIMG0171.JPG   KIMG0170.JPG


              ありがとうございました!!


 なお右側の御朱印 = 『 東国花の寺 』 としては、秋の 『 シュウメイギク 』 を代表的に
紹介されていますが、生憎今年ハズレなのか時期に遅れたのか、僅かしか見られず。
ちょっと残念 …… 。
DSC_2308.JPG DSC_2313.JPG


 でも他にも、楚々とした野の花にまみえたのが癒やし〜 ♪
DSC_2317.JPG DSC_2312.JPG

         『 イワシャジン 』             『 リンドウ 』


DSC_2321.JPG DSC_2333.JPG

羅漢様と 『 アキノキリンソウ ( ? ) 』          『 マツムシソウ 』



          DSC_2334.JPG

 庫裏の周りにも、見守るように居並ぶ羅漢様。
心地よいひと時を過ごした古刹様でした。


         名残惜しみつつ山門へ …… 。


             DSC_2302.JPG

           DSC_2324.JPG

             DSC_2303.JPG

             DSC_2335.JPG


 お釈迦様・住職様・梵妻様、ありがとうございました。 また伺います ♪♪♪




 13 時 05 分頃駐車場をおいとまし、次に目指すは交差点を直進、斜め右方へ進んで数分 ……
『 箱根ラリック美術館 』 !!
こちらも、是非観に来たかったの〜 ♪

 駐車場から、存外地味めなエントランスへ。


         DSC_2360.JPG

         DSC_2344.JPG


 右方にショップ、左方にカフェ・レストランを設けたウェルカム棟。
雰囲気はさすが、今どきの女子ウケしそうなお洒落系ですけど〜 ( 笑 ) 。
ガラス張りの中には、ディスプレイされたクラシックカーとか。
( この理由は後ほどわかります )


   DSC_2348.JPG   DSC_2347.JPG

         DSC_2349.JPG


 その脇に美しい芝生ガーデン。 レストランの素敵な背景になっているようです ♪
( 残念ながら、ランチには寄らなかったんだけど …… )


         DSC_2346.JPG



 さて、展示棟 = ミュージアムの方は派手さのない、落ち着いた佇まい。


DSC_2351.JPG DSC_2350.JPG

             DSC_2352.JPG


 ぐっと渋いセンスのインテリアにいざなわれ展示室を巡ると、ほぉぉ〜 !? 多岐にわたる
作品に驚かされます。
夙に名高き 『 Rene Lalique 』 氏 ── フランス、アールヌーボー様式の宝飾
デザイナーとして成功し、さらにアールデコのガラス工芸から様々な工芸分野へ活躍した巨匠。
作品数は、ちょっと控えめかな ? って感じながらも、眼福に与りました ( はぁと ) 。
展示替えとかあるのなら、是非また来てみたいなァ〜 ☆

 因みに作品の中で気づいたコト ── 芝生ガーデン脇のクラシックカーの意味。
それらのボンネットを飾る カーマスコット ” が、他ならぬ Lalique 氏のアイテム
だったとは !!


 KIMG0188.JPG  KIMG0189.JPG



 なお、美しくもどこか緊張感を秘めた展示室の後、嘗て Lalique 氏自身が住まった
室内を再現したというエリアが現れ、和みました。
また、かのベル・エポックの時代に Lalique 氏を大変愛顧し、自身の装飾品のみならず
舞台装置までも依頼したという大女優 『 Sarah Bernhrdt 』 へ、オマージュ
たる一室 『 サロン・ド・サラ 』 が隣り合っています。


         DSC_2358.JPG
DSC_2355.JPG DSC_2354.JPG


 心地良い安息のサロンは大ガラスを経て、睡蓮の庭に溢れる草花、樹木、箱根の山の背景を
取り込むように解放感に満ちていました。


             DSC_2356.JPG


      静かな充実に満たされた時間でした。 やはり箱根の魅力、侮れないなと納得 !




 早めの 14 時 50 分 仙石原をおいとまし、R 138 を乙女道路から下界へ。
15 時 08 分、東名高速・御殿場 IC へ乗り、間もなくの足柄 SA にて、レストラン
『 ロータスガーデン 』 遅ランチ。


             DSC_2374.JPG



 15 時 50 分 に出発。
そうして海老名 SA にもちょっと寄り道した頃は、 『 バブリー君 』 の上に秋の日が
暮れ始めていたのでした。

         DSC_2379.JPG


         DSC_2380.JPG




    
posted by 美緒ママ at 23:17| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

立冬 2016


 『 立冬 』 を過ぎちゃいましたよォ !
ヒャ〜早いモンだ …… ( 汗 ) 。
しかも急激な寒さと木枯らし ?
縦に長い列島では、北の方からもう雪国かッ !?
うゎ〜、相模人はつくづく感謝せんと …… 。

 斯く平和なここらですが ( 苦笑 ) 。
当季、恒例の “ ご飯茶碗チェンジ ” しましたよ ♪


          091127_1237~01.jpg


          ★ 加藤作助窯製 『 美濃唐津麦藁手飯碗 』



 今年もお米の美味しい季節を、無事迎えられたことに 「 礼ッ !! 」 。 
“ ご飯の友 ” の慈味に沢山与れますように〜 ☆☆




 ところで月のアタマ、小恙にて “ プチ入院 ” しておりまして。
お陰さまで予後順調、既に社会復帰していますが。
“ おウチのご飯 ” はしみじみ嬉しいよね ♪

 そうそう、入院中いつになく早朝目が覚めて、窓に朝日が〜〜 !!
窓際のベッドだったので、有り難く拝んでみました ( 笑 ) 。


            KIMG0168.JPG



 それと入院した時、たまたま窓外のテラス・フェンスに止まっていた小鳥クン ♪


       1478053950019.JPG


 随分長く居て、テラスに獲物を補食しおもむろに飛び立って行きましたっけ。
そこはかとなく癒やされました。
小鳥クン、ありがと〜〜 ☆☆☆




   病棟の煉瓦のテラス小鳥来る          かいう




posted by 美緒ママ at 00:25| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

『 バブリー君 』 お名残りドライブ ! Gosyuin Traveller 47  その 1 .


 11 月 4日 ( 金 )、良く晴れて空気はひんやり。
格好の行楽日和ですね ♪
北鎌倉ではちょうど 『 建長寺 』 様、 『 円覚寺 』 様の二大名刹が、恒例の 『 風入れ 』 を
開催しておられます。
美緒ママ、勿論出掛けたかったのですが、生憎小恙にて断念。 来年を待つことにしました。
でも茶緒パパが、一人でも行ってみよう、と 『 円覚寺 』 様へ出向いてくれました。
首尾は後日詳報しますよ〜 !!


 さて今日の Gosyuin Traveller は、 いきなりですが 10 月 18 日の
箱根レポへ飛びます ! ────

 雨後の晴れがけっこう暑くなったこの日、 『 バブリー君 』 とお名残ドライブに出ました ♪ 
9 時 44 分に自宅を出発。
“ 新湘南バイパス 〜 西湘バイパス ” ルートを辿ります。
途中、新湘南バイパスの終点 = 茅ヶ崎海岸付近のアーチ・ゲート。


         KIMG0108.JPG


ずっと以前から、何故か大好きな景色 ♪ いつまでも失われずにいて欲しいビューポイント
なんで〜す ☆

 さてそれから一路西湘バイパスへ。
快調な海岸ドライブの後、途中の西湘 PA でお約束の休憩。


         DSC_2241.JPG


こちらでは、レストハウスを抜けて出られる遊歩道からマリンビューがバッチシ !!


            悠然たる相模湾〜 ☆☆

         DSC_2232.JPG

DSC_2233.JPG DSC_2234.JPG

         DSC_2236.JPG

         DSC_2231.JPG



                       茶緒パパ、鋭意撮影中 ♪

         KIMG0113.JPG




 駐車場で軽く おにぎりランチ ” して、 11 時 24 分に出発。
早川 IC 〜 箱根湯本の小田急駅脇を 11 時 36 分に抜け、箱根旧道を上ります。
R1 〜 R 138 、途中 NAVI さんに意外とヤヤこしい案内されつつ目指すは仙石原。


 この日最初の目的地が、『 仙石原 』 信号を右折してすぐ奥、


DSC_2244.JPG DSC_2251.JPG


 12 時 8 分、専用駐車場へ到着した ……


             曹洞宗 『 龍虎山 長安寺 』 様


         DSC_2243.JPG

             DSC_2245.JPG

   DSC_2247.JPG   DSC_2246.JPG


           趣きある参道には 『 水屋 』 、アートな仏像も。


         DSC_2254.JPG

         『 山門 』 より歩み入って。
         ずっと来たいと願っていた一刹なので、すごく嬉しい〜〜 ☆
 

   DSC_2257.JPG   DSC_2256.JPG


      山門は門扉に個性的なレリーフ ! 仁王様なのでしょうね、たぶん。



         DSC_2304.JPG


             本堂の佇まい、さりげなく素敵 ♪


             DSC_2258.JPG


          先のお参りの方が、ちょうど扉を開けておられました。
          合掌、読経。



DSC_2306.JPG DSC_2307.JPG


           気が付けば、ユニークなレリーフは本堂の壁面にも。
        あちこちにお花が飾られていたりもして、お心ばえが偲ばれますね。


   DSC_2298.JPG   DSC_2305.JPG

             DSC_2330.JPG



 さぁ、それでは噂の 『 五百羅漢場 』 を拝観しましょう。
山の広い斜面一杯に、羅漢様がいらっしゃるそうな ♪
本堂の脇から奥へいざなわれると ……


DSC_2264.JPG DSC_2265.JPG

DSC_2267.JPG DSC_2263.JPG
 
         DSC_2266.JPG

         DSC_2272.JPG

   DSC_2271.JPG   DSC_2282.JPG

         DSC_2279.JPG

         DSC_2281.JPG


       巡りきれぬ程の羅漢様たち、予想以上の雰囲気に圧倒されました !!



さらに、高い 『 稲荷の磴 』 上、 『 豊川稲荷 ( 豊川ダ枳尼眞天 ) 』 様も神秘的。


             DSC_2278.JPG

             DSC_2285.JPG



 奥深い山の森閑とした空気。
見上げれば、もしかして一面楓樹に覆われた羅漢場 !?
そして境内から参道へ続き、晩秋には紅葉の名所と謳われるも道理でしょう。
是非また訪拝してみたくなりました ♪




              戻り道には …… 『 鐘楼堂 』 、


             DSC_2288.JPG



          『 水堂 』 …… その眼下の 『 放生池 』 、


         DSC_2290.JPG

             DSC_2249.JPG



          麗々しく囲われた大きな 『 井戸 』 も拝見。


         DSC_2294.JPG



    そうして再び本堂向拝へご挨拶の後、庫裏玄関へ御朱印をお願いに伺ったのでした。


                        ──── to be continued.



posted by 美緒ママ at 01:23| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

『 レボちん君 』 ようこそ〜〜 ♪♪♪


 11 月 3 日 ( 木 ) 、『 文化の日 』 ですね。
ここ意外と冷え込みが増して、 12 月並の気温とか言われたり !
今日もけっこう冷たい風〜 。
北海道の美瑛が大雪のニュースを見て、はぁ〜北国は大変だな !! …… と偲んだり。
取り敢えずはスノータイヤも要らない南関東ですが。


 とゆー本日は、新入り 『 LEVORG 』 君お披露目レポ〜〜 ☆

 我が家にお迎えした 『 LEVORG 1.6 STI SPORT EyeSight 』 =
名付けて 『 レボちん君 』 。
10 月 23 日 ( 日 ) 13 時予約の 『 神奈川スバル 鎌倉営業所 』 にて、既レポ通り
恙なく納車完了しました ♪


 それに先んじた 22 日、朝の散歩でスバル営業所の駐車場に “ ウチのコ ” らしき一台を
見掛けた茶緒パパ。
まだナンバープレートの付いていない、大変レアな画像を Get しましたよ〜 ☆


1477089178324.JPG 1477089189875.JPG


★ レボちん君
車種 : SUBARU LEVORG 1.6 STI SPORT EyeSight

養子縁組 ( 納車 ) 日 : 2016 年 10 月 23 日

 当家 SUBARU 車兄弟の、五男坊になりました。
ボディサイズから言うと、My Car 史上何と一番大型かも !?
ホント時流に逆らってるよ、ウチら ( 苦笑 ) 。
時代はどんどんコンパクト化へ、殊さら高齢へ向かう世代はラクな取り回しを志向するのに !
 ってっても、先代 『 バブリー君 』 の全長より 10 cm だけ延長ですが。
( 存外コレが、我が家の狭い車庫入れのネックだったり …… 茶緒パパの精進を祈るッ !! )
本音はね、長くないのがベターだったけど、仕方ないですね〜。

 そもそも二年前デビューの 『 LEVORG 』 、誕生はある思惑からなんですって。
まず車名 『 LEVORG 』 とは、 SUBARU きっての花形ステーションワゴン
『 LEGACY 』 の後継たれとした意図が込められたそうで ──
即ち 『 LE gacy 』 、 re VO lution ” 、 tou R in G ” とゆー
単語を合成したとか。

 SUBARU 車ラインアップ中で輝かしい業績を誇って来た名車 『 LEGACY 』 、
時流とゆーのか、新モデルチェンジからかなりサイズアップされ、欧米向きバージョン
となった由。
それに代替するため、やや小振りに設定した 『 LEVORG 』 登場となった次第 ?

 ま、その成り行きはともあれ、既存のベーシック車 『 IMPREZA 』 をも土台に、
性能・装備・安全性・居住性をより磨かれた新コンセプトと思いたい、アタシは ♪♪♪


 とゆーところで、新人さんのスペックなどご紹介しておきましょう。
( SUBARU社販促パンフレット受け売りですが …… )

SPECIFICATIONS ;
 エンジン : FB16 水平対向4気筒 1.6L DOHC 16バルブ デュアルAVCS
       直噴ターボ DIT ”
 総排気量 : 1599 cc 
 最高出力 : 170 ps / 4800 − 5600 rpm
 最大トルク : 25.5 kgf・m / 1800 − 4800 rpm
 トランスミッション : リニアトロニック ( マニュアルモード付き ) 前進無段 後退1速


EQUIPMENTS ;
 ステアリング形式 : ラック & ピニオン式
 AWD システム : アクティブトルクスプリット AWD [ 電子制御 AWD ]
 サスペンション : ストラット式独立懸架 / ダブルウィッシュボーン独立懸架
          専用チューニング・ビルシュタイン・フロントストラット
          ( DampMatic U 、倒立式 ) & コイルスプリング
          専用チューニング・ビルシュタイン・リアダンパー & コイルスプリング 
 ブレーキシステム : フロント 17インチ2ポット・ベンチレーテッドディスクブレーキ /
          リヤ 17インチ・ベンチレーテッドディスクブレーキ


 あ〜、詳しいコトぜんッぜんわかんなーい !!
でも 走る、曲がる、止まる ” がどれも気持ちイイ ♪
殊に 1.6L ” 小排気量バージョンは走りと燃費の両立を目指す ダウンサイジング・
ターボ ” という方向性。
レギュラー・ガソリン使用のメリットも大きい ♪
 茶緒パパ = ドライバーは 「 ブレーキ効くなぁ、ブレンボじゃないのに ! 」 と。
片やアタクシ = 助手席評論家的 イチ推し ” は、やっぱりサスペンションかな ?
試乗時即座に体感したアノ 乗り味 ” !!
 当車種、そもそも SUBARU のモータースポーツ部門 = 『 STI ( SUBARU 
TECNICA INTERNATIONAL ) 』 ブランドを背負ってるから、スプリングは
基本硬めです。
けど、所謂コンプリートカーと異なり、ロード・ツーリングで快適性を保つ調整が巧みで、
無用に跳ねません !
路面からのショックに極力振られないよう、バネが絶妙に吸収するんです。
理想のフラットな乗り味 ” にと〜っても近いよォ ♪♪
( さすが、往年の 『 LEGACY 』 にお約束だった 『 ビルシュタイン 』 ? )


 と、そんなこんなで、これから末長く宜しくお願いします、の 『 レボちん君 』 でした ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 23:53| Comment(0) | | 更新情報をチェックする