2016年08月28日


 昨夜から急に涼しい。 夜中は肌寒いくらいだ〜 !
引き続き今日も ?
へぇ〜〜ッ ? 今ごろ稀有な “ リアル新涼 ” ☆☆
毎日こんなだったら、イイのにね〜〜 ( 笑 ) 。
しかし、異例な颱風連鎖の仕業だったりするんでしょうか ?



 今朝の庭にふと見つけたもの ……

             P8289039.jpg



              『 シュウメイギク 』 咲いた〜 !!


             P8289024.jpg


            お初 Get でーす ♪♪♪


         P8289026.jpg


         P8289023.jpg

            これからの蕾が沢山〜〜 ♪♪




           『 ホトトギス 』 も ?


         P8289041.jpg




             『 シュウカイドウ 』 は庭やら花壇に群がって。


                 P8289031.jpg

   P8289036.jpg

                 P8289034.jpg




         『 ルリマツリ 』 も …… 少しづつ咲き出してます。


         P8289035.jpg



 秋さきがけの庭ですよ。 




posted by 美緒ママ at 13:04| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

『 俳句大賞 』 シーズン


 今日は二十四節気の 『 処暑 』 ── 毎度 「 ウッソォー ? 」 な暑さ。
そして今年もやって参りましたか、このシーズン …… 。
やって来た ” にも程があるぞ、 颱風 ” !!
一つ来て、それが異例の北海道直撃 …… 更に来て、北海道上陸 ?
続けて関東地方上陸〜東北地方総ナメの、東海海上をも西行 ?
ナンなんだ、このラ〜ッシュ !??
 幸い別条無かったウチの辺でしたが …… 被災の皆様、心よりお見舞申し上げます。
どうか一日も早い復旧を !!



 そんな折恐縮ながら、今どきは俳句界の 『 大賞 』 シーズンでもあります。
あ、もちろんアタクシ、 “ 受賞 ” にゃ無縁ですけれど ( 苦笑 ) 。

 現在受講中の 『 ランドマーク・プラザ 』 俳句教室では、結社 『 鷹 』 で恒例になって
いるらしき 『 毎日俳句大賞 』 への参加を奨励しておられます。
( 主宰の 『 小川軽舟 』 先生が選者の一人故 ? ) 。
 かいう個人的にはずっと前に関わりがあって、毎年応募用紙が送られて来てました。
それを長いこと放っていて、昨年挑戦を再開したのです。
 締切は 8 月 26 日で、 “ 自由題部門 ” と “ 題詠部門 ( 今年のテーマは 『 大地の
俳句 』 ) ” 。
投句数は自由です。

 またもうひとつ、毎月購読中の誼 …… でもないけど ( 笑 ) 、 『 角川俳句 』 社主催の
『 角川全国俳句大賞 』 にも、昨年応募を始めました。
締切は 9 月 30 日。
“ 自由題部門 ” へ 2 句 & “ 題詠部門 ( テーマは 『 生 』 ) ” 1 句でひと組。

 忘れないよう、心掛けましょう。
昨年は奇しくも一句のみが、 『 角川 ……… 』 の予選通過を果たしたような ♪




   夏の詩をキャラメル箱の裏にかな          かいう



一応記念として、覚えておきます。

 果たして今年は ?
── 何れにせよ、出さなきゃ始まりません。
参加するコトに意義あり、でしょう ( オリンピック精神だァ〜 ) 。
精進いたしまする〜〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 10:15| Comment(2) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

秋花




   盆過ぎの供花あらたむる和命忌          かいう


   蓼折れば雨の降りさう和命忌



 去る 8 月 18 日はジャズ・プレイヤー 『 武田和命 』 氏のお命日でした。
お盆過ぎに入れ替えた供花は、ひとしりきり庭の 『 ジンジャー 』 が主役。


             P9065205.JPG



 そこへ添えたのが、隣花壇の 『 シュウカイドウ 』 。         


                P9125332.JPG

    P8317771.jpg


 文字通り秋の花。
でも今年は総体的に、秋花が早いみたい。
ジンジャーもシュウカイドウも、いつもは九月に入ってからのような気がしてたけど。



 庭のあちこちに花茎を伸ばし始めた 『 シュウメイギク 』 も、九月を待たず咲くのかしら ?


             P8044901.JPG



 シュウメイギクと言えば、箱根・仙石原の 『 長安寺 』 様が見どころだそうで。
『 東国花の寺百ヶ寺 』 札所に入っておられます。
箱根はこの辺よりどこそこ寒いでしょうから、花の見頃が早いのか遅いのか ?

 9 月 19 日までの河口湖 『 久保田一竹美術館 』 の企画展に間に合えば、兼ねて
回りたいんだけどな〜〜 。
さぁて、タイミングは如何でしょう ?




posted by 美緒ママ at 00:28| Comment(4) | 植物 | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

梨賜わる 2016


 昨日、豪雨注意報のあった南関東。
この辺りは雷鳴だけ届いて、雨は未明に降ったのでしょうか。
朝の草木がびっしょりでした。
今日も全国では、すごく暑くて不安定な陽気だった …… かも ?
 
 けれど真っ暗な雨雲は、降って必ずや去るのです。



   黒雲は雨落とし去る呉羽梨          かいう



豊かに実った梨畑の、乾きを癒すものでありますように !


 呉羽梨は北陸富山の名産。
先日、たくさんご贈答いただきました〜 ☆


    KIMG0059.JPG


                KIMG0055.JPG


    KIMG0053.JPG

        器:清水焼 古川利男作 『 青磁輪花鉢 』



 富山在住の友人 ── 音友 『 M 』 君からです。
度々お気遣い済みませ〜ん。
甘く瑞々しい 『 幸水 』 、ご馳走さまでした〜 !!
みんなで堪能しましたよ ♪♪♪


 しかし、取り敢えずお返し出来る “ 音友情報 ” が無くて申し訳ない …… 。
今年は 『 ロベン・フォード 』 大先生も、新譜やご来駕情報が無いし〜 ( 泣 ) 。
まァ、大先生も本国や欧米ツアーに勤しんでおいでのようだから。
焦らずお待ちしましょう。


 『 M 』 君、音ネタ無いけど、そのうち何か送りますね〜 ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 23:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

茶碗蓮


 ご近所のお宅の入り口に水鉢があって、ちょうど 『 ハス 』 が見頃です。
小ぶりの品種 『 チャワンバス ( 茶碗蓮 ) 』 の 『 爪紅茶碗蓮 』 とゆーのだろうと
推測します。
先日ひとしきり盛りがあって、昨日通ったらまた蕾が幾つも伸び上っていました。
Oh , ラブリ〜〜 ☆☆☆


             P71808580002.jpg

           数年前 『 本覚寺 』 様で撮った ( たぶん ? ) 同品種




 壮大な蓮池に広がる 『 大賀ハス 』 は優雅ですが、この茶碗蓮の可愛らしさには、
一般家庭人の近寄れる親しさが嬉しい〜 ♪


 ダメよ、ダメダメ〜〜 ! ( 古いかッ !? ) って警鐘を鳴らしつつも、何となく
育ててみたがっている自分がいます ( 笑 ) 。
だ〜か〜ら駄目だってばー、ワタシ !!
ただでさえ世話し切れない夏庭だのにッ ( 爆 ) 。

 ご近所様のを眺めて満足すべしッ !!
…… と自分に言い聞かせているところなんですがねぇ ( ため息 ) 。



         P71808500001.jpg
                      ( 同 『 本覚寺 』 様画像 )





ラベル:ハス 植物
posted by 美緒ママ at 01:34| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

先月の俳句学習  7 月第二週 ・ 第四週


 8 月ももう半ば。
早くしないと月が終わってしまいそうなので、先月の纏めを急ぎます。
『 ランドマーク・プラザ 』 俳句教室、 7 月の首尾 ――


第二週目 7 月 12 日 ( 火 )

《 型・その 4 》
「 上五〜中七 」 + 「 下五 ( 〜切れ字・けり ) 」
一物 or 取り合わせ、どちらでも可。


 いつものように、結社 『 鷹 』 同人 『 志田千惠 』 先生と 『 加藤静夫 』先生の
選評をいただきます。

 この回の成績は、 〇 △ ✕ の全部網羅 !
良い方から挙げると、



   曖昧屋日盛りに嬰泣かせけり          かいう



 旧体験をフィクションに乗っけてみました ( 笑 ) 。
ちょっと妖しげな空気を感知して貰えれば成功〜 ♪♪
静夫先生は面白がっておわかり下さったようです。ビンゴ〜ッ !!
 千恵先生は暑さの温度感に 〇 を下さいましたが、 “ 曖昧屋 ” とゆードラマ仕立に評価が
分かれる ? とのご指摘でした。

 続いて少し手直しにて 〇 なのが、



   どしゃぶりの今宵の硯洗ひけり          かいう



季節感は納得出来る、と千惠先生。
一応 ☓ ではないのだが、措辞がいまひとつ惜しい ?

 で、添削例 ↓↓↓


   どしゃぶりの今宵硯を洗ひけり 


とゆーことでした。
ほぉ〜 ? 微妙ですねッ !
この差に気付くべく、以後良く留意いたしましょう。


 なお “ ボツ句 ” は、



   夜の秋寂庵にバーありにけり          かいう



私的には好きな句でしたが、実感と具体的な景の無さにダメ出しでした〜 ( 泣 ) 。
自分で納得して酔っていても、独りよがりじゃ俳句にならんのだ !!



 続いて第四週目 7 月 23 日 ( 火 )

《 型・その 4 》 続き
「 上五〜中七 」 + 「 下五 ( 〜けり ) 」
一物の形で。

 この回の首尾は、 All △ でしたね。



   住職の上布の肩の痩せにけり          かいう



テーマはよろしいが、下五の “ けり ” が似合わない、と。

添削例 ↓↓↓


   住職の上布の肩の痩せをりぬ



 また、



   青ざめしゆふぐれに蝉生まれけり          かいう



 実景ではあるのですが、 “ 蝉の羽化 “ が朝のものである、とご指摘を受けました。
へぇぇ ? そーゆー限定されているンでしょうか ? …… 疑問 !


 さてお仕舞いに、 並列 ” の工夫を試みまして、



   ゴム長と胡瓜の午と打ち寄せぬ          かいう



  ゴム長 ” に妙な面白みはあるが、 打ち寄せぬ ” とゆー措辞が “ 海辺・川辺 ” を
しっかり想像させ得るか ? が問題とか。
う〜ん、そーかなァ。
じゃ、それ以外の何処に “ 打ち寄せ ” るんだろ〜か ?
ハハハ、難しいなー、俳句 !


 ビールでも飲んで、残暑にメゲず精進あるのみ …… 。




         P9260081.JPG





posted by 美緒ママ at 06:40| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

実家のお盆


 8 月 13 日 ( 土 ) ―― お盆に入りましたね。
美緒ママの生まれ育った湘南の地域では、この旧暦で修すならわしです。
その辺りから鎌倉の北限 〜 横浜市西端 ( 茶緒パパんちの地元 ) は、同じく “ 旧盆 ” 圏
であるらしく。
さらに菩提寺のご宗旨・曹洞宗まで一緒で …… ご縁を覚えずにはいられません。
まァ、お宗旨如何でどーと言うコトもないんですが、 “ お寺好き ” 美緒ママにはちょっとした
“ 萌えネタ ” ? ( 笑 )


 さて、 13 日午前中婚家 ( 及び同墓地内の親戚筋 ) の墓参りを済ませて、午後は実家の
方へ。
今年から弟クンと二人行動となったお寺のしきたりごと。
半ば “ 道楽な ” 御朱印巡りと違い、粛々となぞって行くだけです。
敬虔な信心とかは、正直持ってませんから、ケッコー後ろめたいけど ( 汗 ) 。
毎度 「 済みません …… 」 とゆう気分で手を合わせます ( 土下座 ) 。

 そんな有り様ながら、この日弟クンの車と待ち合わせて向かった菩提寺。
15 時からの旧盆法要 ―― だいぶ早目に着いたので、先に墓参を済ませ、本堂の檀家席の
イイ場所を確保 ! ( 扇風機がしっかり当たる椅子席で〜す ♪ )

 やがて参列の檀家様で満席になると、ご住職を導師に法会の開始。
檀家席の先頭には老和尚・正允様も控え、読経をコラボしておられました。
ご長男の住職様の声明が朗々と、亡きお祖父様 『 黙善禅師 』 様そっくりになられた、とは
弟クンの感慨で。
それに比し、お父上・正允様のお声が掠れているのはやはり寂しい気が …… 。
それでもせっかくなのでお二人に和して、私も小声でご一緒させてもらいました。
『 修證義 』 とゆーお経です。
開祖 『 道元禅師 』 様が著された 『 正法眼蔵 』 より引用した教えで、経本には珍しく
漢文でなく、日本語の文体で記されています。

 美緒ママ常備の “ My ポケットお経本 ” に載っているので、初めてお唱えしてみたんです。
( 第一章 『 総序 』 〜 第二章 『 懺悔滅罪 』 )
ん〜なかなか良い気分 ☆☆
聴くや聴かずでボーッとしているより、遥かにヨイ !!
これからも機会があったら、お唱えしてみよ〜 ♪
もの事は、丁寧にあたる方が心地イイかもね。 



 と、そんなこんなで、ほぼ一時間の法要が終了。
それから檀家様がたは三々五々、ご先祖様を迎えて帰られます。
私達も、弟クンの自宅まで “ 祖父母や母 ” をお連れする …… と言うべきなんでしょうが。
そーゆーファンタジーは苦手なため、やめときます ( 平身低頭 ) 。
 そもそも集合住宅暮らしの弟クンは、 “ 迎え火 ” とかは控えておいた方が安全、とゆーこと
にしているので。
お仏壇のお線香で代用です。
直会の献杯して、ご供養しました。



 心の有りようは時代によって、表現を変えていきますしね。
何をしても自由、とゆー意味ではありませんが、柔軟にフレキシブルに対応して参りましょう !!





posted by 美緒ママ at 23:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

盆前




         P9065218.JPG



 庭隅の 『 ジンジャー ( 花縮砂 ) 』 がひと房咲き出していました。
えぇ〜〜 ? ちょっと早過ぎねぇ !?
ふつーは秋口からの花なのにね、暑さもあまりにつのると、早々秋だと思うのかしら ?



   盆の供の滅法早き花縮砂          かいう



 せっかくなので、盆花にいただきました。
先日の砥部焼の花瓶に、同じく 『 ラヴェンダー・セイジ 』 と 『 コエビソウ 』 も合わせて。
過日の『 アジサイ 』 が “ 超名残 ” なら、今回のジンジャーは “ 超ハシリ ” な取り合わせ
ですね。
 またジンジャーは何より、芳香が嬉しい〜 ♪
キッチンで生けながら、清々しい香りに癒されました。



 さて、今朝は婚家のお墓掃除。
茶緒パパ兄弟と一緒に、菩提寺 『 正翁寺 』 様へ。
歩いてン ? 分。まことに助かります ( はぁと ) 。



               曹洞宗 『 本郷山 正翁寺 』 様


    P4084877.jpg  DSC_0629_01.JPG




 お義父さんの墓所の玉砂利は、除草剤を施したおかげで、雑草が僅かでした。
重畳々々〜 !!
なので墓石を丁寧に拭って、お線香をあげて終了。
供花は傷みやすいから、明日の当日にします。


 ではお義父さん、また明日〜〜 ♪♪♪



         DSC_0624_01.JPG





posted by 美緒ママ at 22:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

施食会 2016  Gosyuin Traveller 45


 今週初めの猛暑は、スゴ過ぎでしたねーッ !
38 ℃ って …… 何なんだそりゃ〜〜 ?
今年も高知がキョーレツみたいです。 数年前に 『 四万十市 』 で 40 ℃ ” 越えって
聞いたのが、忘れられない記憶に残ってます。
その後高温ランキング上位は西日本 ! 四国・九州・中国・近畿。
結局、南と西は暑いってコトでしょう ?
ここらはまだ …… マシ …… か。



 でもやっぱし暑かった 7 月 31 日 ( 日 )、このシーズンなので お寺レポ ”
いっときま〜す !! ――――

 この日、毎年恒例なのが実家菩提寺の 『 施食会 ( = 施餓鬼会 ) 』。
偶々宗派の同じだった婚家のお寺は、日が違うので助かるんだけど。

 毎回慣習的に出向いている、曹洞宗 『 恵日山 善谷寺 』 様。


141228_1223~010001.jpg  141228_1222~010001.jpg  





本堂前の檀家席に連なり堂内の法話・法要を遠くから窺がい、お焼香後、お塔婆を受け取って
墓所へ供えます。
で、墓石を拭い香華を手向け、恙なくお参りを終了。

 それが今回、去年と違う二点 ―― 『 弟クン 』 と二人の参列となったコト。
加えて ……


 実はこの日から一週間遡りますが、24 日の日曜日、気になっていたお墓周りの草取りを
しておこうか、と、『 バブリー君 』 で向かったのでした。
なぜなら夏場の墓参はとかく、いきなり行ったら 草ボーボー ” に閉口、のパターン !
これまで、弟クンが事前の草取りに出向いてくれたりしてましたが、彼にも色々あるし …… 。
時間と機動力のある身が動けばイイかな、と。
 ところが、ですよ !! …… 雑草がナイ ?
見回せば周囲のエリアごと、キレイに草取りが済んだ感じです。
あれぇ〜 ? お掃除を手配して貰ったのかしら ?
そーゆーコト、今まで無かった気がするんだけど。
まー、ともあれ労働が無くて、ラク〜なお墓参りになったのですッ ♪


 そこで、ご本尊様と和尚様へご挨拶 …… と思うも、ご法要らしき檀家様が来ていらっしゃる。
なので本堂参拝は失礼し、庫裏玄関で大和尚・正允様にお会いしまいした。
お墓掃除に参じた挨拶と、清掃されていたことへお礼。
 それともう一つ、ワタクシ・美緒ママには胸に期するところありまして …… 。
御朱印 ” です !!
曹洞宗ご本山の朱印帳へと、予てより憧れていた当山の御朱印。
先年来の正允様とのお付き合いを経て癒やしをいただき、我儘も聞いていただいて、
「 お時間のあるときに …… 」
と、翌週の 『 施食会 』 まで朱印帳をお預けすることにしました。



 斯くして 『 施食会 』 当日、法要の後、偶然梵妻様がお声を掛けて下さり、正允様へ
お取次下さったのです。
そして直々お手渡しいただいた朱印帳。
そこには、なかなか拝受の稀と思われる御朱印。
ご本尊様と、当地の 『 小出七福神 』 札所を受け持たれる 『 福禄寿 』 様も併せて。


           大和尚様、ありがとうございました !!


      ご本尊 『 釈迦牟尼仏 』 様         『 福禄寿 』 様

     KIMG0035.JPG     KIMG0040.JPG 
                          ( 昨年いただいたお書置き )
                      『 小出七福神 』 様は地元に点在する札所寺社を
                      巡るもの。いつか回ってみたい気がします。




 こうして、特別なご縁を得た今回の 『 施食会 』 。
弟クンの車で直会へ回って帰途につく間、二度も急な驟雨の見舞う不安定な蒸し暑さながら、
ひとまず無事済ませて、ありがたいことでした。




posted by 美緒ママ at 23:35| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

残暑 …… ?


 7 日、 『 立秋 』 が訪れ、 「 残暑お見舞い 」 の候となりました。
と言ったって、実質こっからが “ 猛暑 ” ‟ 酷暑 ” の真っ盛り〜 ( 大汗 ) 。
残暑なんてナマやさしいもんじゃござんせんッ !!!


 少しでも涼を取り入れたくて、お約束のご飯茶碗チェ〜ンジ ♪♪
せめて器を替え、美味しくいただいて身を養わなければ …… ですよね〜 。



        ★ 豊場惺也 作 『 美濃古染付飯碗 』


    DSC_56130001.jpg


               DSC_7391.JPG


                ★ 小林東五 作 『 堅手粉引 小盌 』




         どーぞ皆様、くれぐれもおいとい下さいませ〜〜 。



posted by 美緒ママ at 20:49| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする