2016年03月31日

「 水月観音様に会いに行こう !! 」 Gosyuin Traveller 19  その 1 .


 Gosyuin Traveller、2月17日のレポです ――――
午前 11 時、茶緒パパの “ マイナンバー手続き ” に区役所まで出たついで、北鎌倉へ
回ろうとゆーハナシになりました。
で、ふと思い付いた …… 最寄りの 『 栄警察署前 』 停留所から鎌倉街道のバスを使えない
かしら ? って。
時刻表見てみると、何と 11 時 34 分発 ?
ビンゴ〜 !! もうすぐ来るじゃん、 “ 鎌倉行き ” 。
やっぱり呼ばれちゃったかもね〜、なんて ♪

 12 時 5 分、『 建長寺前 』 停留所着。
ただしこの日、 『 建長寺 』 様は門前でご挨拶のみです。
最初の目的地は道向かいの境外塔頭 『 円応寺 』 様なんで〜 。


             臨済宗建長寺派 『 新居山 円応寺 』 様

         P2174168.jpg

P2174170.jpg P2174169.jpg

         P2174171.jpg


 今回の訪拝、実は御朱印再拝受のためで …… 動機がフジュンですかね ?
済みません、閻魔大王様 !!
でも参拝なら何度でもよろしい、って許して〜 ( 汗 ) 。



           山門際にはカワヅザクラが ♪

         P2174172.jpg




 さて次なる目的地は、北鎌倉駅方向へしばし戻った 『 東慶寺 』 様。
実はお正月二日に伺った折、 『 松岡宝蔵 』 が生憎休業日でした。
その 『 宝蔵 』 で毎春催される 『 仏像展 』 が、ちょうど期間中なんです ( 2 月 3 日 〜
4 月 4 日 ) 。
諸仏尊像をはじめ、書画、貴重な 『 駆込み寺法 』 の資料など展覧の由。
さらに目玉は、通常 『 水月堂 』 におわす 『 水月観音 』 様。
期間中はこちらへご出張 …… とか ?
Oh〜〜 ♪♪ なんたって 『 水月 』 様は、かの 『 龍隠庵 』 の遊戯坐 『 聖観音 』 様と
姉妹のごとき美仏 ☆
一度はお目にかからねば、鎌倉 Traveller の名がすたるってもんです !!




 と、意気揚々進んで行ったんですが。
お気楽 Traveller = 茶緒パパ & 美緒ママは生理的欲求に大変正直でもあり ……
おナカすきまして ( 爆 ) 。
道すがら、ヤバい暖簾を発見 ! ―― 『 去来庵 』 ―― ビーフシチューの有名店だよね ?


         P2174187.jpg

   ( 因みにここからカメラの調製ちょっと狂って、レトロ色調になって失礼 …… 大汗 )


         P2174188.jpg


 そう、営業日に訪ね当たらないとか、やっていても長蛇の行列だとか …… 噂は様々。
そ、それがですよ、この日は待ち客ほんの数人 ?
茶緒パパと顔を見合わせ、ソッコーお財布の中身を確認。
「 OK ♪ Let's go !! 」
とゆー次第で、やりました〜 、 『 去来庵 』 デビュー ☆


         P2174182.jpg

         P2174179.jpg

         P2174177.jpg


     いゃ〜、色調狂ったせいで、めっちゃ昭和カラーしてますよねー ( 笑 ) 。
    実際この建物、こちらのとおり ↓↓↓  古建築 ” として市の指定受けてま〜す !!

         P2174186.jpg



 また外観の佇まい共々、内部も純和風。
ほぉ〜 ? 床の間の前の座卓ですか。
しかし和室の趣を味わうよか、次々とお客さんに対応する店員さんの忙しさが印象的で。
さすが人気店 ?


 レギュラーな 『 ビーフシチュー・セット 』 を賞味すると、味付け程よくお肉もボリューム
充分。 なかなか Good ♪ でしたよ。


         160217_1247~010001.jpg



 『 去来庵 』 さん、ご馳走さま〜 ! 予想以上の “ 口福 ” に与れました ♪♪♪



                       ―――― to be continued.




posted by 美緒ママ at 23:50| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

花壇改造計画 2016  チューリップ・シーズン開幕〜〜 ☆


 花壇のチューリップ、第一弾が開き始めました !

 二年目の微妙色八重 『 シルクロード 』 らしいんですが、
なぜか一重っぽい〜〜 ( 汗 ) 。

     160331_1602~020001.jpg   160331_1602~010001.jpg

                      もう一種は紫の一重かな ? ( たぶん新人さん )




      つんつん伸び上がっている蕾は 『 レムズ・フェイバリット 』 のよう ♪
        少しだけ開き始めたスタイリッシュさん。

             160331_1603~010001.jpg




    ムフフフ …… めっちゃワクワクな季節がやって来ましたよォ〜〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 19:28| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

『 梅 かまくら 寺社特別参拝 / 浄光明寺 』 Gosyuin Traveller 18


 またまただいぶ遡って、漸く 2 月 16 日レポ ――――
Gosyuin Traveller , 過日訪ねた鎌倉 『 浄光明寺 』 様のレクチャー付き
拝観 ―― 『 梅 かまくら 寺社特別参拝 』 です。
すっご〜く楽しみにしてました ( はぁと ) 。
 実は何度か伺っているお馴染みの古刹様で、通常公開日の解説も二度拝聴済みですが。
しかしこの日は真にプレミアな “ 特別 ” 参拝 !
なので、初耳情報にも期待ワクワク 〜〜 ♪♪♪


 扇ヶ谷の静かな住宅地を奥へ辿ったロケーション、 12 時半前頃到着。


      真言宗泉湧寺派 準別格本山 『 泉谷山 浄光明寺 』 様


   P2073925.jpg  P2164161.jpg

             P2164162.jpg


            目印の寺号標石、 『 冷泉為相卿旧跡 』 の標石など。


         P2073927.jpg


  突き当たり、小さくも美しい四脚門 ―― 嘗て界隈の尼寺 『 英勝寺 』 様惣門を移築された由。


P2164157.jpg P2164160.jpg

P2164163.jpg P2164158.jpg


   塀の五本定規筋が、京都 『 泉湧寺 』 様下賜の格式 = “ 準別格本山 ” ならでは ?




             簡素な境内は、左手に 『 楊貴妃観音 』 様。


             P2164152.jpg


         こちらも本山 『 泉湧寺 』 様に倣っておられます。
         新しいお作だそうですが、古代中国史を彷彿させる艶麗な面差しでした。




 さて山門から真正面へ向き直ると、突き当たり段上の平場にお堂 ―― 本堂 『 阿弥陀堂 』 。
こちらは後刻参じるので。

 手前右手は 『 鐘楼 』 や 『 不動堂 ( 八坂不動明王 ) 』 ( 除夜の鐘の折のみ開帳 ) 。


   P2164148.jpg

                 P2164131.jpg


     その 『 不動堂 』 際に楚々と白梅 ……


   P2164139.jpg

                 P2164143.jpg

   P2164145.jpg

                 P2164144.jpg



 左手へ目を転じれば 『 客殿 』。
こちらの前が、この日 『 特別参拝 』 の集合場所になっています。


P2164153.jpg P2164155.jpg


 改めて、美しい建物です。入母屋造りの唐様 ( 中国風・禅宗様 ) ―― この様式では
最も古い建築とか !
通常非公開のこちらへ、ご案内いただけるとゆー果報 ♪♪

 時ならず日差しポカポカな戸外より、屋内はひんやり。
暖房のお心遣い有り難く …… 。
十六羅漢図でしょうか、襖絵が重厚な堂内に、応募者の約30名程が収まり、年若く住職を
継がれた『 大三輪龍哉 』 様のご解説に耳を傾けました。
そこでは、貴重な古地図 『 浄光明寺敷地絵図 』 のレプリカ拝見 ( 本物は国の重要文化財 ) 。
参加者にはトレース図のプリントが配られ、当山成り立ち、現在との差違などを学びました。
 殊にこちら非公開の堂内では、安置仏 『 愛染明王 』 様他の由緒がまたとないレアもの !
もとより大本山・京都 『 泉湧寺 』 様との繋がりで、皇室とご縁浅からぬ当山。
嘗て鎌倉に別邸を構えていた 『 山階宮 』 家との交流。そして関東大震災による突然の
悲運から引き受けた仏像 ・ 仏具類 …… 等、胸打たれる秘話をうかがったのです。
小市民にはむろん無縁の世界であれ、寺社の担う役割が尊く伝えられているようです。


 さて続いてはレクチャー内容現地追体験のため、一般公開もされている二段目平場へご案内
いただきました。
住職様には鎌倉の地形と寺院造成の典型的雛壇状構造やら、また同地に祀る 『 鶴岡八幡宮 』
代々神主 『 大伴 』 家の墓所、別当寺住職の墓所など …… etc. の詳細なご解説。
古き時代の在りようを、大変興味深く拝聴しました。

 続いて隣る 『 仏殿 』 = 『 阿弥陀堂 』 については、一部に廃寺旧 『 永福寺 』 の
木材を用いた成り立ち等、古い貴重な建造物とうかがいました。


         P2073951.jpg


 因みに現在祀られている 『 三世仏 』 様は留守を守っていただくための新しいお作
ですが、と笑って仰いました。
トークの所々に差し挟まれる軽いジョークが、若々しさを感じさせるご住職です。

 さて次に向かった当山の極めつけ ―― 『 収蔵庫 』 内のご本尊 『 阿弥陀三尊 』 様は、
世に広く喧伝された超有名な存在ではありますが。
様式美と、往時の鎌倉独特の装飾技法 『 土紋 』 。
さらに脇侍 『 勢至菩薩 』 様の “ 宋風遊戯座 ” の美しさで屈指 ☆
加えて同収蔵庫におわす 『 矢拾地蔵 』 様も、なかなかスタイリッシュで精悍です ♪
 さてそうして名宝の眼福に与りつつ、時の経つのを忘れていた私達。
ご住職のご解説も熱が入り過ぎたのか、気付けば予定の刻限を大幅に超過 !
実際 “ 要解説 ” の文化財はまだ残っていて、 「 どうしましょうか ? 」 とゆー
ハナシになって ( 汗 ) 。
もう一段平場を上がったやぐら内の 『 網引地蔵 』 様は、初見の方には省けぬ存在
ですよね。


 「 では、お時間掛かりますが、ご希望の方はご案内します 」 とご住職。
「 もうご存知の方は、宜しければ飛ばして、庫裡の庭園を学芸員にご案内させますが 」
ああ、そうですね、と私達と数人が頷きました。
はい、私ら二度も伺ってますもの、 『 網引地蔵 』 様。


 とゆーワケで参加者は二手に別れ、ご住職と階上へ向かう一行においとました私達
( 他に三、四人 ) は、件の “ イケメン学芸員 ” さんに非公開の 『 庫裡裏庭園 』
( この日の目玉の一つでもあり ☆ ) へ招じられました。


           垣外から眺めるこの懸崖ビャクシンと切岸。


         DSC_0321.jpg


 Oh 〜 ! いつもは開かぬ裏木戸の向こうに、秘密の花園 !? …… この日は直中で
拝見です。
非公開の庫裡のお庭は池と奥の断崖 …… 切岸と中の大きなやぐらが、 『 瑞泉寺 』 様の
禅の庭 ” を思わせました。
禅宗ならずも、鎌倉仏教のお志は通じるものがあるのでしょう。

 学芸員様にはやぐらの中までご案内いただき、その成り立ち、切岸について、また上々段
から懸崖している件のビャクシンについても色々お話を伺いました。
ご住職のご案内ではなかったのですが、小人数の一行でじっくり拝見出来て良かったかも。
またとない機会に、感謝です。
                       P2164133.jpg


 名残惜しみつつ、 15 時過ぎに境内をあとにしました。
貴重な体験を提供して下さったご住職様、学芸員様、企画の 『 鎌倉十三仏詣実行委員会 』 様、
ありがとうございます !!



  なお、拝受の御朱印はこちらでした。


                『 鎌倉十三仏霊場 』 第九番

              DSC_1232.JPG


                ありがとうございました!!


posted by 美緒ママ at 17:54| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

庭 & 花壇改造計画 2016  キラキラ〜 ☆☆☆


 先日 NIKON で撮影した庭画像、次いで今度は OLYMPUS E − 1 を使って
みました。
植物の接写には、こちらがベターです。
って、ウデ悪くてボケたりしますけど ( 苦笑 ) 。


 塀際に 薔薇 ” 系の新芽がキラキラ〜〜 ☆

                気の早い 『 モッコウバラ 』 がもう蕾を挙って !!

                 P3278677.jpg

   P3278673.jpg



 試しに誘引してみたツル薔薇 『 アルベリック・バルビエ 』 は、節ごとに新芽を蓄え、
どの子もツヤやかな照り葉 ♪♪

   P3278676.jpg

                 P3278675.jpg

                   初夏の花付きが楽しみで〜す !!




 おや ? …… 振り返ればシャクナゲ 『 プレジデント・ルーズベルト 』 がスタンバイ中 ♪

         P3278679.jpg




 寒さの折から咲き継いで来た 『 シラー・シビリカ 』 はすっかり長けています。
やがて種を作って、土中に消えるエフェメラル。
この妙なるインクブルーを、しっかり眼に焼き付けておきましょう。

  P3278667.jpg  P3278669.jpg
 



 寒さの内からと言えば、この 『 ムスカリ・オーシャンマジック 』 、今年はたったひと茎の
花付きでしたが、絶妙なブルー・グラデーションがキラめいてます。

         P3278653.jpg




 隣では、漸くの開花を謳歌する原種チューリップ 『 サファイア・スター ( アルバ・コエルレア
・オキュラータ ) 』 。
二輪のみでしたが、感激再会の ブルー・チューリップ ” さん !

         P3278650.jpg


他の原種 ( たぶん 『 クリサンサ 』 と 『 ペパーミント・スティック 』 )はずいぶん殖えて、
盛んに蕾を掲げてますよ。

         P3278651.jpg



 花壇の大型チューリップの方も、 早咲き組 ” かな ? 抜きん出て来ました。

  P3278663.jpg  P3278666.jpg

 S E ( Single Early ) とすると、新入りの紫かしら ?
それとも二年生の 『 レムズ・フェイバリット 』 ?
二番手もやはり去年の、微妙色八重 『 シルクロード 』 らしく …… 。
めっちゃワクワクします !!




 花壇では、スイセンも楽しませてくれますね。

   『 ジョンキラ 』 …… ?

  P3278664.jpg  P3278660.jpg


           『 ゼラニウム 』 の蕾 ?

         P3278665.jpg




       『 クリスマスローズ 』

      P3278671.jpg




          『 パンジー 』 さんたち ♪♪♪

         P3278654.jpg

         P3278657.jpg

         P3278656.jpg

         P3278658.jpg

         P3278659.jpg


 暖かさに誘われて、このコ達に液肥を撒いたり。
出没し始めた害敵 『 ダンゴムシ 』 君の退治薬剤も撒いたり。
だって、『 パンジー 』 の花齧ってくれちゃうのはご勘弁だからさ〜 ( 汗 ) 。
庭が人間中心に回っていて、申し訳ないけどね …… ( 平身低頭 ) 。


                      Photos by OLYMPUS E−1



 
posted by 美緒ママ at 00:42| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

転ぶ …… ( !!! )


 近年、何やら 転ぶ ” ことが増えています。
特別大きなモノに躓く、ってワケでもないのがいっそうショック〜 ( トホホ ) 。
昨日も駅でコケて、大アザ作りました ( 恥 ) 。
どーやら爪先が上がってないンですね。
踏み越えてるつもりが、越えてなーいッ !? ( ガ〜ン )
偏に トシのせい ” でしょーが。
何とか 爪先上げウォーク ” を心がけ、安全に歩けるよう努力せねば〜〜 !!


 だってだって四月になると、鎌倉じゃ寺院や史跡・文化財の特別公開が目白押し〜 ♪♪♪
初っ端、 『 円覚寺 』 塔頭 『 佛日庵 』 様で 『 北条時宗忌 』。
花どき真っ只中であろうことに加え、当日のみの限定御朱印に超ソソられてま〜す ☆
が、 4 月 4 日 ( 月 ) あいにく出勤 …… 無念 ( 涙 ) 。

 続いて 8 日 ( 金 ) 、『 花祭 』 の日には 『 極楽寺 』 様の “ 本尊ご開帳 &
開山塔公開 ” 。
こちらも ( たぶん ) 見ごろな櫻並木 ♪
そこを潜って 『 東国花の寺百ヶ寺 』 の御朱印をいただきたいのは山々 …… 。


 それでも、 10 日 ( 日 ) に控える第一候補 『 旧華頂宮邸公開 』 が最優先かな。
こちら “ 洋風古建築 ” だから、お寺とまた違った魅力〜 ♪
なかなか癒される空間、とのウワサ。
春の限定公開は 4 月 9 日 ( 土 )と 10日 ( 日 ) ですが、土曜が My 出勤日の
ため、日曜日しかない。
鎌倉自体が思いっ切り混みそうでイヤなんだけど〜、仕方ない ( ため息 ) 。
『 バブリー君 』 出動も見合わせ ? ( 金沢街道の駐車場満杯になるかも ! )
はぃ、バス使いましょ〜。

 そうそう、折しも 10 日 〜 17 日は 『 鎌倉祭 』 !
期間中 『 浄光明寺 』 様で、奥の山中 …… 『 覚賢塔 』 を公開されます。
尤もこちらはかなり “ 山歩き ” 系に近いそうで、お天気や体調と相談ですか ( 苦笑 ) 。
『 浄光明寺 』 様のダブル平場登りの石階をクリアして、更に山道とは !?
自称 “ 石段フェチ ” なれど、 転び癖 ” の脚力ガタガタだしねー ( クワバラ〜 ) 。

 まァ、あれもこれもと欲張っちゃ元の木阿弥 …… また風邪こじらせてぇ〜 ( 泣 ) な
体たらくだけは避けなきゃ !!


 それでもホントは観に行きたいよ〜 ♪ レアもの史跡 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 16:03| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

Gosyuin Traveller 17  その 3 .


 また暖かさが訪れてま〜す ♪
これで 花粉禍 ” さえ無けりゃね …… ( グスン ! ) 。


 Gosyuin Traveller 、『 大雄山 最乗寺 』 最終レポいきます !! ――――
漸くの思いで 『 奥之院 』 参拝を果たした私達、 『 御真殿 』 の屋根をのぞみながら下りて
参りました。

         P2124078.jpg


 『 御真殿 』 向拝にて、もう一度 『 道了尊者 』 様へご挨拶し、傍らの石階をあと一つの
目的地まで下りることにします。

              すると、石段に沿って小流れ ……

             P2124042.jpg


          そしてお堂。

         P2124043.jpg

         P2124044.jpg

     はい、こちら 『 関東三十六不動霊場 』 第二番札所 『 清瀧不動尊 』 様 !!
     『 天祐不動明王 』 様・『 愛染明王 』 様を脇侍にお祀りされています。
     謹んで参拝。


   P2124081.jpg   P2124086.jpg


     さらに下り行くと、『 不動堂 』 より 『 洗心の瀧 』 …… 水の清らかさはさすが
      清瀧 ” 不動様 !!

P2124083.jpg P2124082.jpg

         P2124084.jpg

         P2124027.jpg




 ではでは、もう境内を戻らねばなりません。

     そちこちに素敵な灯篭の造形とか ……

   P2124093.jpg

                 P2124089.jpg


          シーズンの楽しみな 『 シダレザクラ 』 も ♪

         P2124092.jpg

         もーッ、花粉さえ無けりゃ見に来るのに〜〜 !!! ( 涙 )



 いただいた御朱印は、


          『 道了尊 』          『 関東三十六不動霊場 』 第二番

    DSC_1233.JPG   DSC_1234.JPG





 ところで駐車場へと戻り際、うっかり参り忘れたお堂に気づきました。
裏手の急坂の先、ご開山 『 慧明 』 禅師の妹ご 『 慧春尼 』 様の祀堂です。

P2124103.jpg P2124102.jpg

         P2124104.jpg

    多くの伝説を持つ尼僧様、女性の難を救うとゆーそのお志に、今もご参詣が絶えない由。
    紅白の襷が願掛けの証なのだとか。
    謹んでお参り …… 。



 それから更に坂を見上げると、兄上 『 慧明 』 禅師様の御廟堂が。

         P2124106.jpg

         P2124107.jpg

           改めてお参り。



         P2124108.jpg

   こちらはずいぶん高い位置にあるらしく、遥かな山が望めます。
   手前の 『 シダレザクラ 』 も、時期にはさぞかし ! …… 見られませんけど ( シュン ) 。




 斯くして、駐車場を出た 14 時 18 分。 凡そ二時間の参拝となりました。
この日、残すターゲットはもう一箇所。
鉄道での順路 = 伊豆箱根鉄道大雄山線の 『 大雄山 』駅間近な札所寺です。
ちょうど東名高速への道すがらなので幸い ♪
 ところが、付近見回しても駐車スペースが無い ( 汗 ) 。
と思えば、コインパーキングがお隣に〜 ♪
Oh! ミホトケのご加護 !? ( 笑 )

 とゆーワケで、 14 時 35 分着。すぐ隣接のこちらへ。


 臨済宗円覚寺派 『 関雲山 長福寺 』 様

P2124113.jpg P2124119.jpg

         P2124114.jpg

         P2124118.jpg

         P2124117.jpg


 まず向拝でお参りし、庫裏玄関へ御朱印を請いますと、
「 あぁ、どうぞ、上がってったら ? 」
と本堂へ招じて下さった和尚様。
改めてご宝前へお参りし、看経する内、御朱印を認めてみえて、
「 どちらから ? 」
と問われ、横浜より車で 『 道了尊 』 様へお参り帰り、とお答えしました。
「 それはわざわざ。気を付けて ! 」
はい、ありがとうございます。
とっても気さくな和尚様でした〜 ♪♪♪



              『 円覚寺百観音霊場 』 第二十番

             DSC_1235.JPG



 小ぢんまりながら、門から脇の佇まいも素敵なお寺でした。

P2124123.jpg P2124122.jpg



 14 時 55 分 コインパーキングを出て、さぁ帰途へ !
そこからは一路、東名高速 『 大井松田 IC 』 を目指します。
考えてみれば、行きやすいところでしたね。


 15 時 8 分 『 大井松田 IC 』 → → 『 中井 PA 』 15 時 23 分 → →
『 海老名 SA 』 15 時 36 分頃 → → 『 横浜町田 IC 』 → → 保土ヶ谷バイパス
→ → 横浜横須賀道路 『 日野 IC 』 16 時 17 分 に到着。

 なお途中ホームセンターで買い物をし、17 時頃帰宅となりました。




posted by 美緒ママ at 23:55| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

癒やしの春色 〜 ☆


 ハナシだいぶ飛びますが ( 笑 ) 。
去る 18 日 ( 金 ) のこと、ネイルサロン 『 bird 』 へ行ってきました。
実は超々ロング・ブランクでね ( 大汗 ) 。
いゃ〜、いい加減行かないと !! …… って矢先に、風邪で寝込んだもんだから ( トホホ ) 。
漸く回復しかけたこの日、予約が取れて急ぎ駈けつけた次第。

 で、また春の庭草抜きとかやって、ささくれ作っちゃわないウチに、レポしときまッす ♪
マジ 癒やされ色 ” ですよ〜〜 !


        160324_0203~010001.jpg


 微細ラメのスキニーピンク …… ものすごく肌馴染み Good ♪♪♪
そこへクリア・ストーンを一つずつ。


 病み上がりに元気いただけたかも !! ( はぁと )
My ネイリスト 『 ユカ 』 さん、ありがとうございました〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 17:15| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

Gosyuin Traveller 17  その 2 .


 また急に寒い今日です !
昨日は定期的な通院で上大岡へ出掛けて、意外な 櫻度 ” の違いを気付かされた。
へぇ〜 ? まだゼンッゼンだったね、港南区の山。
やっぱ早いんだわ、ウチのエリア !! 駅への道すがら、けっこー咲き出してるもの。


 嗚呼〜、超ピークの 杉花粉 ” が蔓延する 『 道了尊 』 の山にも、 花どきは近付いて
いるでしょうに !
ことさら美しかった 『 シダレザクラ 』 の枝ぶり〜 ☆
でも、まだまだ当分 恐怖の元凶 ” が居座ってるンだろーから …… 悲しいかな、山の花見は
封印ですねぇ ( 泣 ) 。

 とゆー 『 道了尊 』 = 『 大雄山 最乗寺 』 レポ、第二弾です ――――
県内、曹洞宗第二番の格式を誇る当山、修験道・山岳信仰の名流でもあるとのことで、境内を
奥へと進むにつれ、いよいよ厳峻な異世界感が深まって来ます。

 すると、あたかも此岸彼岸を隔てるかに、厳かな結界の橋が現れました。

         P2124028.jpg

    右手の欄干から向うが、閉ざされた 『 御供橋 』 ―― 特別な折にのみ、白装束の修行僧が
    通ります。
    真正面と、 『 御供橋 』 の右外側にある 『 圓通橋 』 が我ら一般人に許された順路。


 橋を渡った厳かな 『 結界門 』 は、左右を 『 大天狗 』 様と 『 烏天狗 』 様に守られ、
…… あ、 『 建長寺 』 の 『 半僧坊 』 だッ !! と思わず。


   P2124029.jpg

                 P2124031.jpg

   P2124032.jpg




        前方の 『 三面殿 』 を謹んで拝し、右手を見ればまた大階段 ( 七十七段 ) 。

         P2124034.jpg


その上にこそ、一山の守護神 『 道了尊者 』 様を祀る祈祷所 『 御真殿 』 = 『 妙覚宝殿 』
が構えているのです。

         P2124036.jpg


    折しも、祈祷の執り行われている最中で、ダンダンダン、と激しい太鼓と勇ましい声明。 
    暫し耳を奪われました。


         P2124037.jpg


      こちらでは日々の修行としての祈祷の他、一般参拝者様の祈祷も授かれるそうで、
      そうした折だったのかもしれません。


         P2124038.jpg

 辺りはハンパない 修験道 ” 感 !!
最高修験者の 『 道了尊者 』 様が入定されつつ、 「 この一山と衆生を永遠に守護するため 」 と
身を 『 天狗 』 変えて山中へ飛びすさった伝説から、象徴的な 葉うちわ ” 。



P2124048.jpg P2124040.jpg

 そして 『 尊者 』 の圧倒的な脚力・身体能力を崇める巨大 鉄下駄 ” !!!




 火焔を背負い白狐に乗った 『 尊者 』 のお姿 …… を模した ? お像。

    P2124051.jpg   P2124050.jpg

                             見守る 『 観音 』 様。




 而して順路は、ついに境内最奥のクライマックスへと向かいます。
霊域最高所に秘された 『 奥之院 』 = 『 観音堂 』 へと急階・三百五十余段の難所 !!

   奥之院参道 ” の標石。

P2124053.jpg P2124055.jpg

                         …… って初っ端からこの急階段 !? ( 汗 )



         くれぐれも無事な参拝成就を願って、 浄財 ” を。

         P2124054.jpg


           それでは参りましょう〜!!

         P2124059.jpg

         P2124060.jpg

         P2124062.jpg

         P2124063.jpg

         P2124064.jpg



     『 天狗 』 様達に励まされて。

    P2124065.jpg   P2124066.jpg



       うぅ、最後のひと頑張り〜〜 ( 実は、もはや脚力ヤバいです …… 泣 ) 。

             P2124067.jpg




       殆ど、足を引きずり上げて …… 着きましたァーッ !!! ( ゼェゼェ )
         観音堂 『 慈雲閣 』 。

         P2124069.jpg


       『 道了尊者 』 に化身したと云われる 『 御本地十一面観音菩薩 』 様。
       有り難くお参りさせていただきました〜 ☆☆☆
       ( って本音は、もう心臓ばくばくで、読経も出来なかったけど …… 涙 )

         P2124070.jpg

         P2124071.jpg

          背後、観音様の安置堂 ?


 二度目、来れるかどうか定かで無い場所。 とにかく辿り着けて良かった !! ( 感涙 )




         帰路はちょっとラクをして、お堂裏からの坂道を降ります。

         P2124075.jpg

             P2124076.jpg

           急坂ですが、舗装路なのでずいぶん助かりました。


         P2124077.jpg

             これより 『 御真殿 』 まで下るコースへ !



                         ―――― to be continued.



posted by 美緒ママ at 14:02| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

庭 & 花壇改造計画 2016  久々に …… 春の庭 ♪♪♪


 今日久しぶりに、ゆっくり庭の写真を撮りました。
柄にもなくせわしく出歩いてたら、挙句に風邪でダウンしたり …… 。
で、なかなかゆとりがありませんでした。

 今朝は風が無く、暖かかったし、それでいてカンカン照ってもなかったから、ちょうど
カメラ日和かな〜って ♪


  そー言えば今期、春の パンジー花壇 ” をまだレポしてない気がして ( 汗 ) 。

    こ〜んな感じ ☆

   DSC_1302.JPG

                 DSC_1277.JPG

   DSC_1275.JPG

                 DSC_1287.JPG

   DSC_1280.JPG

                 DSC_1279.JPG

    今回もなかなかカラフルでっす〜 ♪
   合間に植え込んだ球根、めっちゃバラバラにしちゃったんで、何がどこから出て来るか
   咲いてみないとわッから〜〜ん !!



 品種不明なチューリップの蕾。 何色が咲くの ?

DSC_1288.JPG DSC_1289.JPG

                        超たのしみでは、ある ♪♪♪ ( ルン )




 スイセン達は …… 芳香糸葉系 『 ジョンキラ 』 があっちこっちに ( 苦笑 ) 。

   DSC_1281.JPG 

                  DSC_1283.JPG

                    『 大杯スイセン 』 は隣花壇に勝手に咲いてるし !




       そうそう 『 クリスマスローズ 』 だって、健気に自立しちゃってます。

         DSC_1285.JPG

DSC_1303.JPG DSC_1284.JPG




 気になってた鉢植え ―― 『 原種チューリップ 』 に人知れず蕾がッ !

   DSC_1299.JPG

                 DSC_1301.JPG

   DSC_1298.JPG

もう咲いてた !? 『 サファイア・スター ( アルバ・コエルレア・オキュラータ ) 』 。



         隣の鉢では、一足お先の 『 ムスカリ・アズレウム 』 。

         DSC_1297.JPG



  不振だった 『 ムスカリ・ブルーマジック 』 が、漸くチラチラ見えて来た。

      DSC_1290.JPG
              DSC_1293.JPG

             居候の 『 タチツボスミレ 』 に半ば占領されてるけど〜 ( 苦笑 ) 。



  『 ムスカリ・ホワイトマジック 』 と、

DSC_1296.JPG DSC_1295.JPG

                     『 ムスカリ・オーシャンマジック 』 もひとつだけ。




      庭隅に密かな 『 シラー・シビリカ 』 の群れ。

   DSC_1305.JPG

                 DSC_1304.JPG




     おや ? 去年は見掛けなかったかも ? …… 種零れの 『 サクラソウ 』 さん !

             DSC_1307.JPG


           手を掛けずとも、甦る春はあるのですね〜 ☆☆☆



                        Photos by NIKON D300



posted by 美緒ママ at 22:31| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

「 そうだ、道了尊へ行こう !! 」 Gosyuin Traveller 17  その 1 .     


 四月めく暖かさが 『 櫻 』 の開花を後押しています。


          最寄りの櫻並木では 『 コヒガンザクラ 』 が真っ盛り。

         P3201535.JPG

              110331_0955~010001.jpg

        …… と思えば 『 ソメイヨシノ 』 も次々開花中〜〜 !!

            東京の “ 標本木 ” も今年は早かった ?



 さて Gosyuin Traveller は 2 月 12 日 ( 金 ) のレポ ――――
この日はちょっと遠出です。
行きつけのガソリン・スタンドにて、まず愛車 『 バブリー君 』 の “ お食事 ” を済ませ、
10 時過ぎに出発。
目的地は南足柄市 『 道了尊 』 = 『 大雄山 最乗寺 』 様です !
こちら、長いこと来られずにいた懸案 …… とゆーのも、県内の曹洞宗寺院では 『 総持寺 』 様
の次に伺うべき格式 ( …… と、菩提寺の和尚様に教わったので ) 。


 10 時 15 分、横浜横須賀道路 『 日野 IC 』 より久々の “ プチ遠乗り ” となった
この日。
ワクワクと、厳峻なる古刹を訪う畏怖が綯い交ぜの気分フクザツ〜〜 ( 汗 ) 。
大寺院への参拝は、癒やしのみならず改まった緊張も伴うもの !


 10 時 45 分、 『 海老名SA 』 でブランチ。
『 海鮮三崎港 』 ―― 耳馴染みの回転寿司屋さんが “ 海鮮ファミレス ” で入っていたから
…… はぃ、無難なチョイス ? ( 笑 )
『 鮪尽くし丼 』 をいただき、けっこうでした〜 ♪♪
 と、 “ 腹ごしらえ ” 万全にて 11 時 31 分発。
続いて 『 中井PA 』 もちょいと覗いて、 11 時 56 分発。
けっこー “ 高速道エリア好き ” だから、つい寄っちゃう我々 ( 笑 ) 。

 斯くして、急がないドライブは 12 時に 『 大井松田 IC 』 より78号線、723号線
へと県道を進みました。
『 狩川 』 の広〜い河川敷を 『 大雄橋 』が渡ると、狭まったワインディンク・ロードが
急に勾配を上げて行きます。
この県道沿い、既に 『 大雄山 』 の寺領 ? …… と推すれば “ 朱塗りの門 ” が現れて。
後で知る 『 仁王門 』 ( 最初の門 ) でしたね。
そこから参道は 3 km 坂を上るとか ! …… 『 てんぐのこみち 』 と云うハイキング道も
併設されているそうな。
なるほど、車道は鬱蒼たる杉林に囲まれて、太古の巨杉に覆い尽くされたごとき圧倒的な
景色が、異空間へ誘います !!



         くねくねと順路に導かれ、 12 時 20 分、漸く駐車場に到着。


               曹洞宗 『 大雄山 最乗寺 』 様

         P2123958.jpg


 『 バブリー君 』 を降りるといきなり、息が白いッ !!
うゎ、下界と違うッ …… 。
 加えて停車した 『 バブリー君 』 の真上に、ナンと爛熟の 『 スギの花 』 ? ( オヮ〜ッ )
既に零れ始めた花粉の所為か、茶緒パパいきなりクシャミ連発。 ヒャー !!
でも、せめて今日来れて良かった ?
花粉の早い今年、あと二〜三日も後だったら、花粉大放出だったかも〜〜 !! ( ガーン )
“ 花粉症鼻炎持ち ” にゃ、近づくすらオソロシいエリアじゃん ( 泣 ) 。

 再認識 ―― “ 寺 ” とはとかくこーゆー杉山にあったりするんだ !
ってぇことは “ 札所巡り ” 、花粉シーズンは万事休す !?
 ま〜これからの花どき、市街地も当然 “ 花粉の洗礼 ” が待ってる ( 汗 ) 。
くれぐれも対策万全にて巡拝致しましょう !!

 と、それは兎も角。
“ 花粉蔓延 ” のギリ直前に間に合った我ら一行、辛うじて浄域の大気に恵まれました。
駐車場からはルートを少々戻り、改めて三門 ( 山門 ) 手前から詣でることにします。


 すると、これがまァいきなりの深山幽谷 !

P2123961.jpg P2123959.jpg


          巨杉林立、奇岩奇石の碑文、石塔。

         P2123956.jpg

         P2123962.jpg



          三門を抜けてさらに果てしなく続くような石段 !!

         P2123963.jpg

         P2123967.jpg

         ホントに異次元ワープかッ ? みたいな。
         何て言えばイイのか ? …… 予想を超えたスゴい感覚です !!


         P2123964.jpg

         P2123968.jpg

         P2123969.jpg

         P2123970.jpg



           まずこの石段上るのに、早やクタクタ〜。

         P2123974.jpg

         P2123977.jpg


         P2123978.jpg

         P2123979.jpg



        やっと、伽藍入り口 『 瑠璃門 』 に辿り着いた体たらく …… ハァハァ !



         P2123983.jpg

         うゎ、広ーい ! ( だのに異様にヒト居ないけど …… )
         迷子になりそうなんで、案内を請いましょう。



           総受付 ( 『 白雲閣 』 ) …… 建物デカッ !

         P2123981.jpg

  P2123982.jpg

                 P2123986.jpg


 どこをどう参ればイイのか、窓口のお坊様に略図をいただいて予習。
ほぉ〜、堂塔たくさんありますなー。


           まず右手奥が『 本堂 』 。

         P2124010.jpg

         P2124011.jpg

      堂々と立派な建物に 『 釈迦牟尼仏 』 様と両脇侍様をお祀りしています。



          こちらは、格調高き 『 書院 』 。

         P2123995.jpg

         P2123996.jpg



 また隣接の 『 開山堂 』 には開祖 『 了庵慧明 』 禅師様をはじめ、歴代住持様方の霊牌を
お祀りしている由。




    ひたすら広〜い境内には、参詣者も稀。

   P2123990.jpg

                 P2124009.jpg



 …… 天水桶の水、東屋 『 光明亭 』 の池の水音の他、森閑としています。

  P2123992.jpg

                 P2123999.jpg




    『 宝物館 』 は屋根のシビが特徴的 !

   P2124001.jpg

                 P2124006.jpg

                    古木の 『 鉄拳梅 』 。




     と、突然ホラ貝の音 ! 奥の 『 僧堂 』 で貝を吹く、若い修行僧様のようです。

         P2124008.jpg



 当山は、開祖 『 慧明禅師 』 様を補佐し侍した最高位の修験者 『 相模坊道了 』 尊者 =
『 道了大薩た 』 様を称え祀ることから、修験道・山岳信仰の名流でもある由。
 修行道場 『 僧堂 』 より奥はぐっと神秘性がつのります。




    霊水 『 金剛水堂 』

P2124015.jpg P2124014.jpg
 



 『 鐘楼 』 は、四脚それぞれに端正な彫刻が施されています。 近在に幾例か見掛ける程の、
珍しい様式とも。

P2124020.jpg P2124019.jpg



   『 多宝塔 』

P2124023.jpg P2124025.jpg



 …… と、幾つも堂塔を経ながら、さらに奥へと導かれるのでした。


         P2124017.jpg



                        ―――― to be continued.



posted by 美緒ママ at 00:45| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする