2016年01月13日

「 そうだ、宝戒寺へ行こう !! 」  Gosyuin Traveller 7  その 1.


 遂に ちゃんと ” 寒い日がやって来ました〜 !
例年ならフツーの寒さでしょうけど。
こんな程度でも、今期、暖冬でナマりまくってる身にゃ正直キツい ( 爆 ) 。

 なので、ゼンッゼン暖かかった 1 月6 日 ( 水 ) をレポ ――――
Gosyuin Traveller ” スタートは 『 鎌倉 』 駅、10 時半過ぎ。
徒歩で小町三丁目の 『 宝戒寺 』 へ向かいました。
勿論、大混雑の小町通りや若宮大路回避のため裏道回り。
『 大巧寺 ( おんめさま ) 』 をちょっと失礼してショートカット。
小町大路へ抜けたら、北へ上ります。このルートならガラガラで〜す ♪

 道なりに、 『 鶴岡八幡宮 』 前からの道が突き当たる右手が入り口。
雰囲気の良い参道を行くと、


             P1063226.jpg

             天台宗 『 金龍山 釈満院 円頓宝戒寺 』 様。


         P1063227.jpg

        定紋の提灯とか松明とか、新年のプレミアム感を醸しています。


         P1063228.jpg

            本堂の紫の小幔幕には、北条氏の三つ鱗を白抜き。


 まず向拝で参拝、そして外陣から内陣の畳へ上がって、本尊 『 子育て地蔵尊 』 様をはじめ
札所本尊 『 観音 』 様、諸仏へ直々まみえることが出来ました。
こんなに近くからなんて、知らなかったなァ〜 。 驚き !!
お正月だから、特別なのかしら ?
しかも壁面に、沢山の仏画が展覧されています ( こちらは 特別公開 ” っぽい ? ) 。

 お堂内は参詣者も多くなく、じっくりお参り。
しかし一画の御朱印所には、けっこう長い列が出来ていました ( 畳の間だけに皆さん腰を下ろして
います。こちらもやはり 七福神巡り ” の方が多い ? ) 。
なので、祭壇の方へ向かって 『 般若心経 』 を黙読したりして待ちました。


        この日の御朱印は ↓↓↓ 『 鎌倉三十三観音霊場 』 第二番札所

             DSC_1175.JPG



 あ、そうそう、こちらは前日の 『 杉本寺 』 様と共に鎌倉で二つだけの天台宗寺院
なのですって。しかも、同じご住職が兼務しておられるそーな !!
どーりでお堂内の雰囲気 …… 美意識が何となく似てる〜〜 ☆
豊かな美しさを感じました。
是非また伺いたい素敵なお寺ですね。



       さて境内は、広からぬ敷地ながら幾つもお堂を祀っておられます。

         P1063229.jpg
           『 得崇大権現堂 』

         P1063230.jpg
           『 聖徳太子堂 』

         P1063233.jpg
           『 大聖歓喜天堂 』



 この地に、いにしえは悲劇の歴史を刻んだのですが、その鎮魂供養のための浄域が遺り、
今日へ継がれました。
そこへこうして、祈りと癒やしの心で触れられる、不思議なご縁ですね。




 さて、名残惜しみつつ次へ向かった私たちは、小町大路を戻って一本細道へ折れました。
道すがら、日蓮宗 『 常栄寺 ( ぼたもち寺 ) 』 へ通りかかって、お参りしました。


         P1063236.jpg

         門松やらお正月ならではのしつらいを見られて、目出度し ♪♪




 大町の通りへ左折してからは、次の目的地 = 第三番札所 『 安養院 』 へ向かうのですが、
この道界隈には、小規模なお寺や札所様が数軒集まっています。
ただし皆、第十数番目以降のお寺なので、後日に回させて貰いました。




到着した 浄土宗 『 祇園山 安養院 田代寺 』


P1063249.jpg P1063248.jpg

         P1063240.jpg

  本堂の奥の 『 阿弥陀如来 』 様、 『 千手観音 ( 田代観音 ) 』 様にお参りします。



 寺務所で拝受した御朱印、

   『 鎌倉三十三観音霊場 』 札所第三番    『 坂東三十三観音霊場 』 札所第三番

   DSC_1176.JPG   DSC_1185.JPG



     本堂を裏へ回ると、前身の寺の開基と伝わる 『 尼将軍 = 北条政子 』 様の供養塔、

         P1063243.jpg


         そして、開山 『 尊乗上人 』 様の塔が祀られています。

         P1063242.jpg

          共に長い時の流れを偲ばせていました。




         また、十三重の塔も深い 『 サツキ 』 の茂みに埋もれて。

         P1063246.jpg



 もとより有名な当山の花の季節 ―― 四月にもなれば、豪華な 『 サツキ 』 『 ツツジ 』の
マッスに彩られることでしょう。
その頃是非また、と再訪を期したのでした。




 この日予定したのは、次の第四番札所 『 長谷寺 』 様までです。
『 江ノ電 』 を使うため、鎌倉駅へ戻りました。
鎌倉駅 12 時 36 分発 → → 長谷駅 12 時 41 分着。
近いんですね〜 ? びっくり !


     『 江ノ電・藤沢行き 』

   P1063302.jpg




 長谷駅からの途上、日蓮宗 『 収玄寺 』 様へちょっとお参りしてから、 『 長谷寺 』 を
目指しました。


                       ―――― to be continued .




posted by 美緒ママ at 00:34| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

Gosyuin Traveller 6  その 2.  報国寺


 1 月 5 日のレポ続きます ――――
臨済宗建長寺派 『 功臣山 報国寺 』 様へ到着した我々。
超有名な 竹の寺 ” ですね。
しかしこちらにも、嘗て伺った記憶が曖昧です。随分昔でしょうか ?


   P1053185.jpg


 落ち着きある 『 薬医門 』 に迎えられ、本堂までの入山は自由です。
しっとりした佇まいの順路を進み、本堂の 『 釈迦如来 』 様にお参りさせていただきました。


         P1053189.jpg



   『 鐘楼 』         

P1053190.jpg P1053188.jpg

                        『 迦葉堂 』



 参拝済ませたら、やっぱり 竹の庭 ” がお約束 ?
寺務所の受付で入園券 ( ¥ 200 @ ) を買います …… と、その隣に御朱印窓口 ♪

 それではお頼みしておき、その間に 竹の庭散策 ” をいたしましょう。


    …… なるほど …… やっぱり …… イイ感じ〜 ☆

   P1053197.jpg   P1053198.jpg

                        抜け出た先には、未だ残る紅葉・紅葉 !!


      真っ赤に燃えて ……

P1053203.jpg P1053207.jpg


    薮椿にも野趣あり。

P1053208.jpg

                   P1053204.jpg

                        歴史を弔うやぐらの石塔群。



                      一回りして戻ると、ちょうど本堂の裏手。

P1053217.jpg P1053215.jpg

       白砂の庭園が静か…… 。


           可愛らしい 『 フユサンゴ 』 の実。

         P1053211.jpg


 寺院は、様々な栄華と滅亡の時代を目撃して来たのですね。




 さてさて、散策の後に受け取った御朱印は三種。

     『 鎌倉三十三観音霊場 』 第十番        『 鎌倉十三仏霊場 』 第八番

    DSC_1181.JPG   DSC_1182.JPG


   それから特に、今季初めてこちらの 『 ウメ 』 を見つけたので、 花の寺 ” も ♪

         P1053187.jpg


           『 東国花ノ寺百ヶ寺 ( 鎌倉十一ヶ寺 ) 』 第五番

             DSC_1183.JPG



                   遠き昔にもこんな青空はあったのかな ?

                  P1053224.jpg

P1053222.jpg





 『 報国寺 』 を出てからは、茶緒パパの案内で道奥の 『 旧華頂宮邸 』 を覗きました。
古建築で有名な登録指定文化財です。

                       ( 以前の茶緒パパ撮影 )
         DSC_2083.JPG

   ( フェンスの隙間から …… )
DSC_2080.JPG
                  DSC_2078.JPG



 この日は閉館でしたが、来る 4 月 9 〜 10 日には館内を含めた公開が予定されている由。
では、是非その時に参りましょう !



 斯くして、コイン・パーキングに戻った15 時過ぎ、我々は 『 バブリー君 』 と帰途に
着いたのでした。





posted by 美緒ママ at 23:18| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

「 そうだ、杉本寺へ行こう !! 」  Gosyuin Traveller 6  その 1.  


 漸くとゆーか遂にとゆーか、冬らしい寒さがやって来る …… ってな予報だったけど。
それでも、日中は穏やかなお日和じゃないですか ?


 そんな今日、ちょっと 1 月 5 日へ遡りまして ――――
今日よりさらに “ 春真っ盛り ” 陽気だった中、 “ Gosyuin Traveller ” が
鎌倉 『 金沢街道 』 界隈へ出没です ♪♪♪
懸案の 『 杉本寺 』 参りがメイン。
とゆーのもこちら、三十三観音札所の 板東 ” も 鎌倉 ” も共に第一番札所。
ちゃっちゃとクリアしとかんと、アトが支えまるし ( 汗 ) 。
まァ、何が何でも “ 一番 ” さんから、ってルールは無いらしいけど。
やっぱりスッキリするし。
殊に、一番所で “ 御朱印帳 ” を入手したい場合は仕方ない …… か ?

 で、目出度く参拝ののち、

    こちら ↓↓↓ を 鎌倉観音 ” 用に新調し、

    DSC_1173.JPG


    『 板東三十三観音霊場 』 札所第一番    『 鎌倉三十三観音霊場 』 札所第一番

    DSC_1184.JPG   DSC_1174.JPG

     念願叶って重畳重畳〜〜 ☆☆




 因みにこの日のアシは 『 バブリー君 』 。
13時過ぎに出ても、朝比奈越えは近いモンです …… 渋滞さえ無ければ ♪
不安を裏切って空いてました、金沢街道 ( ラッキ〜 ☆ ) 。
ほぉ〜 、 『 鶴ヶ岡八幡宮 』 狙いの観光客は全く流れて来ないのかィ ?
そーか ? ヨイこと知った ♪
来年から 『 北鎌倉と金沢街道 』 は正月の狙い目 ? ( 笑 )

 さて、付近のコイン・パーキングに 『 バブリー君 』 を預けて ( 空き二台分のみって ?
茶緒パパ、目算ビンゴッ !! ) 、早速向かった目的地。

 天台宗 『 大蔵山 杉本寺 』 様 ―― 鎌倉でも最古の由緒を誇る名刹です。
こんな風にきちんと意識した参詣は、私史上もしや初めて ?
金沢街道からの上り口で、まず 「 Oh 〜 !! 」 と嘆息。


   P1053135.jpg   P1053143.jpg

            ガイドブックで超超有名なこの佇まい ( はぁと ) 。



 急な石段 ( 堪らないツボですわァ〜 ♪ ) 、はためく幟群 ―― 画像ならぬリアル素朴さと
緊張感がただものじゃない !

         P1053150.jpg


         P1053147.jpg

   P1053148.jpg   P1053149.jpg

                          『 仁王門 』 のイケてる仁王様 ♪




 脇の 『 弁財天 』 様へ参りつつ、 『 仁王門 』 の屋根に沿う大木の椿を愛で。

                 P1053159.jpg

   P1053157.jpg


珍しい椿 …… 『 月光 ( ガッコウ ) 』 と呼ばれる品種 ?

   P1053181.jpg

                 P1053180.jpg

                       こちらは不詳。

   艶やかに色濃い葉群の中、椿と山茶花が印象的でした。




 ここが有名な 苔の石段 ” ( 磨り減り過ぎて、通れません ! ) 。

P1053154.jpg P1053167.jpg



代わりの迂回路も門前からの石段も、“ 石段フェチ ” ( ? ) にゃ嬉しい危うさ、削れっぷり。
オタオタ、且つ萌え〜 ッ ♪♪♪




 しかし上りきった境内の古風な本堂にこそ、予想を超えたスゴさがあったのです !


               P1053163.jpg

   P1053165.jpg

    ( 堂内は撮影禁止のため、以下ご想像を …… )


 いゃいゃ、ネット上で 仏像マニア ” さんたちが 「 仏様ワンダーランドだ ♪ 」 と
賞賛されるワケ、納得ですッ ☆

 外陣で一旦 『 般若心経 』 を唱え内陣へ上がると、そこの御前立 『 十一面観音 』 様や
『 毘沙門天 』 様をはじめ数多の仏様に改めて瞠目。
無意識に掌の合わさる空気感でした。
極め付けは最奥のご本尊 ―― 三体の 『 観音菩薩 』 様。
暗闇に淡い照明を受けたお姿、と言うかそのヴィジュアルは丸ごと ( 入山料僅か ¥ 200 @
でまみえたとは信じられぬ ) 実に神秘の異空間 …… 仏様ワンダーランドと言い得て妙 !!
すっかり魅了されてしまいました〜 ☆
( またきっと参りま〜す ♪ )
厳しく簡素な禅門と異なり、どこか華やかな雰囲気は密教系の特徴 ?
その辺は、今後私の学ぶべきポイントになるかも。



 堂外の 『 六地蔵 』 様 ・ 『 身代地蔵 』 様にもご挨拶。


         P1053169.jpg




 名残の冬紅葉の中を下ります。


   P1053174.jpg
                 P1053177.jpg




 奇しき 仏像ワンダーランド ” の余韻に癒やされながら、次なる目的地 『 報国寺 』 様へ
向かったのでした。


                        ―――― to be continued.




posted by 美緒ママ at 23:44| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

飾納


 一昨日、一月七日は 『 人日 』 、 『 七種粥 』 の日でもありますね。
我が家はいただきませんけど ( 苦笑 ) 。

 一方、今年忘れずちゃんと実行したのは 『 飾納 』 ―― 正月飾りを外すこと。
『 松納 』 と同義の言葉だと思ってたんですが、所謂 松飾 ” と他の 正月飾 ” 類が
厳密には別とか ?
外す日も ( 殊に地方ごと ) 異なったり、説はイロイロ。
ただ、実家では 「 七日に外しなさい 」 みたいに言われてきたため、美緒ママ家はそーやって
まして。 …… まァ、よく忘れるけどね ( 汗 ) 。

 って、それはともかく、この日は美緒ママの 医通い ” 始めでした。
それが定期的な通院と違って、初めての病院 ―― 隣接区の大きな総合病院。
『 眼科 』 専門医への紹介状を持って行ったのです。
 病名自体は、今どきにしちゃ 小恙 ” の 『 白 〇 障 』 で、狼狽えるに能わず。
それでも、人並みの社会体験疎い美緒ママ家、病院・入院・手術等 …… への免疫が薄い !
( 実は昨年末、 茶緒パパ ” にプチ入院有りましたが )
手術を前提の医師面談なんて、初めてですよー !! ( 焦々ッ )
いいトシをして ! …… と嗤われますかね ?

 結論は幸い、さほど緊急性は無く、だいぶ先の手術予約に組み込んで貰った次第。
即ち、 順調なる ” 老化 = 何ら別条無い生命現象を辿っているようなので、取り敢えず
胸をなでおろした …… のかな ?
ホント、茶緒パパ共々 小恙 ” ですから、感謝しないとなりませんね。
これからの年代は、多々発生し得る 入院・手術 ” を覚悟の暮らしでしょうから。
諸心掛けを新たにした、年明けとなりました。




posted by 美緒ママ at 23:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

Gosyuin Traveller 5  その 3.  浄智寺


 今年は年明けからあんまり暖かくって、すっかり忘れてましたよ〜、 『 寒の入 』 。
今日だったんですかァ !? ( 焦々ッ ) 。



 時ならぬ 春真っ盛り ” めいていた二日のこと、三番目に訪れた 『 金宝山 浄智寺 』 様は
臨済宗 『 円覚寺百観音霊場 』 第八番札所に当たります。
こちらもまた、山門 ( 惣門 ) へと実に魅力的な石段のしつらい。
長い時間の流れに、自然風化がすり減らした如き風情 …… 。

             P1023088.jpg

         見上げた門は 『 高麗門 』 という様式であるそーな。



             先へ上ると、今度はちょっと異国風な建物、

             P1023093.jpg


          『 鐘楼門 』 と呼ばれ、二層の上階に鐘を提げる由。

         P1023095.jpg




      さて、本堂の仏殿 『 曇華殿 』 にはご本尊 『 三世仏 』 様がおられます。
      謹んでお参りしました。

         P1023100.jpg

         P1023098.jpg

 


 お堂の背後に、小ぢんまりと 『 聖観音菩薩 』 様。
『 鎌倉三十三観音霊場 』 札所第三十二番のご本尊なので、今回は拝観のみ。

P1023110.jpg P1023102.jpg

              御朱印拝受はまたとゆーことに。




          お堂には瀟洒な回廊がめぐらされ …… 苔に散り椿が。

             P1023107.jpg




         さらに進むと、藁葺きの庫裡書院 …… いい雰囲気〜 ♪

         P1023106.jpg




                          その先に竹林 …… 冬紅葉 …… 椿 ……

P1023115.jpg P1023114.jpg

         P1023121.jpg



               ここにもレトロな手押しポンプ ♪

             P1023117.jpg




 境内を一巡しかけた所に洞窟、その向こうに 『 七福神 』 の 『 布袋尊 』 像がお祀り
されています。

   P1023119.jpg   P1023122.jpg

おなか ” を撫でると福をいただける縁起だそうで、どうやらこちらが、ご参詣の方々の
眼目のようでした。

 その証拠には、順路を戻った庫裡裏の御朱印所が混雑〜〜 !
               ↓↓↓
         P1023130.jpg


          この扁額の下に入り口。

         P1023127.jpg




 御朱印希望者は手に手に 『 七福神 』 の色紙をお持ちです。
いやァ〜、そーゆーことがあるんですね !? 存じませず ( 大汗 ) 。
どんどん伸びていく行列のため、御朱印揮毫の梵妻様 ( たぶん ? ) がお一人で大車輪 !!
御朱印は 「 混雑時、お一人一点 」 となっていて、仕方なくこちらのみにしたのでした。


             『 円覚寺百観音霊場 』 札所第八番

             DSC_1160.JPG





 とゆーワケで、本日の教訓 ―― 正月に 『 七福神 』 札所寺はなるべく避けるべし。
御朱印所がめっちゃ混みますから〜 !! ( 爆 )





posted by 美緒ママ at 23:56| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

Gosyuin Traveller 5  その 2.  東慶寺


 ちょっと飛びましたが、二日の北鎌倉レポ続けます ――――

 『 円覚寺 』 を出た私たちは、間近な 『 東慶寺 』 様へ向かいました。
『 円覚寺百観音霊場 』 札所第七番に当たるからです。
鎌倉では 『 明月院 』 と並ぶ、一般的知名度の高いお寺ですね。
“ 駆け込み寺 ” たる尼寺であった来歴は、誰もが日本史の授業で周知でしょう。
なのでその辺はトばして ( 笑 ) 、現地レポを〜 ♪


           まず、山門へ続く石段がワクワクさせてくれます。

             P1023037.jpg

         P1023038.jpg

その先に見知らぬ景色 ―― 世界観の待ち受ける期待 ?
非日常との遭遇がどんなに心踊らせるか、新たな石段を前にするたび嬉しくてなりません !!
( 石段フェチ ” かぃッ !? )

 当然 『 東慶寺 』 くらいの観光名所となれば、過去に一度ならず伺っています。
だのにドキドキ ! 
ミーハーですわ〜ン ☆


                で …… ん〜、この空気感 !

P1023084.jpg P1023077.jpg

古梅の優雅な枝ぶりに、蕾は未だ目覚めていないものの …… 参拝客ほんのちらほら、静かさを
破られないのが嬉しい ♪



 言わずもがな尼寺であられた佇まいの優しさと、丹精な植栽の美しさが見所 ( たぶん ? ) 。
参拝路と堂宇をさり気なく分ける黒塀に、寒木瓜の朱が映えて。

         P1023039.jpg



               鐘楼の藁屋根がおおどか。

             P1023081.jpg 



         まずは本堂 …… ご本尊 『 釈迦如来 』 様へお参りします。

         P1023043.jpg

     『 水月堂 』 ↑↑↑ ( 限定公開の 『 水月観音 』 様はこちらに ? )




                 その先へ進めば『 ロウバイ 』 が盛り。

                 P1023047.jpg

   P1023048.jpg

                 P1023049.jpg

先刻のストイックな禅院の 『 マンゲツロウバイ 』 と異なり、花芯に濃色の差さない
単色の艶やかな 『 ソシンロウバイ 』 ですか ?
共に芳香は出色〜 ☆



 有名な寺宝庫 『 松ヶ岡宝蔵 』 ( 今日は休館 …… のため中の 『 聖観音 』 様には
 お会い出来ず ) 。

         P1023050.jpg

             P1023056.jpg

               白壁には、竹藪の影。


 と、目の下に昔懐かしい手押し井戸が〜 ♪
ホッと和ませて貰いました。所謂 “ 昭和テイスト ” って好きじゃないけど、こーした
佇まいなら別 ♪♪♪

   P1023059.jpg   P1023058.jpg

                         石仏様も優しげ。




     遅咲きの 『 冬櫻 』 はあまりに小さく可憐 …… 。

   P1023051.jpg

                 P1023054.jpg



 茶室 『 寒雲亭 』 ( ? ) 前のグランドカヴァーに可愛い 『 ヤブコウジ 』 の実。

P1023065.jpg P1023066.jpg


 品位ある癒やしに満ちた浄域でした。



           帰路に庫裡の玄関へお声掛けして、いただいた御朱印。

              『 円覚寺百観音霊場 』 札所第七番

             DSC_1158.JPG



 お取り次ぎの若いお坊様を待つ間、庫裡の高みに広がる空 ―― 『 コブシ 』 でしょうか ?

   P1023073.jpg

                 P1023074.jpg

                 花芽の見事にこぞる大木の背景に静謐なアートを繰り広げて
                 いました !!




         P1023075.jpg


                         ―――― to be continued.



 
posted by 美緒ママ at 22:55| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

四日


 昨一月四日 ――
世間一般的 ご用始 ” の日、美緒ママも文字通り 仕事始 ” となりました。


 また恒例の 初炊ぎ ” 、恙なく迎えさせていただき、今年も 白いご飯 ” に恵まれて
有難いことでございます ♪
ついては、こちらもお馴染みの ご飯茶碗チェンジ ” 。



           ★ 須田菁華窯製 『 染付笹紋飯碗 』


         110104_1455~010001.jpg

         110104_1453~010001.jpg


          さぁ、一年間きちんと食べて頑張りましょう !!!




posted by 美緒ママ at 21:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

「 そうだ、舎利殿へ行こう !! 」   Gosyuin Traveller 5  その 1.


 新年 二日 ” 、初っ端から Gosyuin Traveller ” モードに突入
してしまいました〜 ♪
お気に入りの北鎌倉 『 円覚寺 』 で、なかなか公開しない 『 舎利殿 』 がお正月三が日
拝観可能とゆー情報を得て、茶緒パパと 「 行ってみようか ? 」 ってなって〜 ☆
今年はたまたま、二日・三日とも予定が無かったしね。

 家を出れば、お天気も味方してくれて、コレがまた飛びっきりの冬日和 …… とゆーよか
マジ 行楽日和 ” なポカポカ陽気 ♪♪♪
Thank you , お陽さま !!!
 まずはいつもの 『 お薬師 』 様へ新年のご挨拶を済ませ …… 11 時過ぎの京浜東北線
〜 横須賀線を乗り継いで北鎌倉へ。
あ、予想外に空いてたよなァ、 JR ( 笑 ) 。



  さて、早速向かった 『 円覚寺 』 は総門のしつらいが見事に お正月 ” 。 素敵〜 ☆

         P1023036.jpg



     さらに、通常入れない塔頭 『 萬年山 正続院 』 様 ―― こちらもお正月らしく。

         P1023011.jpg



       そうして遂に拝観しましたよ〜、神奈川県随一の国宝建造物 『 舎利殿 』 !
                何て贅沢な 初詣 ” !?

         P1022987.jpg

         P1022986.jpg

この期間の公開は生憎内門まで ( スペシャル御朱印は無し ) でしたが、禅宗建築の
黄金プロポーションたる雄姿に近々対面出来ました。
いにしえの 仏舎利 ” を安置している謂れや詳細については、解説書に言い尽くされて
いましょうから、そちらに譲るとして。
実感したのは、普段は修行僧の厳しい道場たる塔頭内の簡素でストイックな佇まい …… 。
この空気感こそ 極めて高い美意識 ” である、と賛した外国人がおられたとか !


    時代を遥かに遡った如き 『 正続院 』 様の本堂。

   P1022994.jpg

                  P1022991.jpg
                       ↑↑↑
           左奥の祭壇にはご本尊 『 文殊菩薩 』 様が鎮座されていると思われます。
           遠くよりお参り〜〜 ( 合掌 ) 。


     御朱印は 『 鎌倉二十四地蔵霊場 』 札所第十四番 本尊 『 手引地蔵 』 様
     ( 拝受は総門の御朱印所です )

             DSC_1157.JPG


    傍らの蔵にも、古色のみならず深い趣き。

   P1023000.jpg

                  P1022997.jpg



         この空間にいかにも似つかわしく 『 マンゲツロウバイ 』 がシブ美しい〜〜。

                  P1023003.jpg

   P1023007.jpg


     まことに新年らしい清浄な心地にさせていただきました。



 その後、時間が早かったので、円覚寺山内を散策。
先日拝観出来なかった名鐘 = 国宝 『 洪鐘 ( おおがね ) 』 へ向かいます。
そこはかなりの石階を登りつめた高台。 鎮守 『 弁財天 』 の傍らにありました。
ここでも 初詣 ” ♪


         P1023019.jpg

   しかし 国宝 ” にしちゃ、何かコンディション悪過ぎやしな〜 い ?
  国の宝ならお国が力入れて、もっとメンテしてあげないと可哀想〜〜 !!


 それにしても、この高さは素晴らしい眺望。向うの谷戸には 『 東慶寺 』 。

   P1023015.jpg

                  角度を変えれば薄っすらと富士山まで見晴るかせました !!

                  P1023022.jpg


               御朱印はこちら ↓↓↓

             DSC_1156.JPG



 急な石階をそろそろ降りてから、名残の冬紅葉に誘われまた次の坂を上りました。


P1023027.jpg P1023034.jpg


      すると、こちらにも塔頭が …… 。 おぉ、そーだった、有名な 『 帰源院 』 !?

         P1023032.jpg


          夏目漱石センセイが参禅された庵ですね。

         P1023030.jpg


確か一般公開は、通常されていなかった筈。 お正月スペシャルの開門 ?
でも何となく遠慮して、門外から拝見しました ( 笑 ) 。


 こうして新年初の円覚寺参りが終了。
図らずも ダブル国宝 ” にまみえた、何ともゼータクな 初詣 ” となりました〜〜 ☆


                         ―――― to be continued.



posted by 美緒ママ at 18:40| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

新年のご挨拶  2016



                  ☆ 2016 年 ☆
                      元旦
               明けましておめでとうございます !!


         P1022979.jpg


       本年もお目汚しながら、この のーてんきブログ ” を頑張って参ります。
             引き続きよろしくお願い申し上げま〜す ♪♪♪


                                     美緒ママ


ラベル:正月 挨拶
posted by 美緒ママ at 12:12| Comment(0) | ごあいさつ | 更新情報をチェックする