2015年04月23日

『 茶緒パパのフォト・ギャラリー / 卯月 鎌倉 2015 』  B




   井戸遺りスズメノヤリの蓬々と          かいう



 『 浄光明寺 』 の先、『 鎌倉十井 』の一つ 『 泉の井 』 ですが ―― こんな住宅地に
ぽつねんとしてるとは ?
看板無けりゃ、ヨソさまの風流なエクステリアかと思うワ〜 !

 そこを過ぎて、さて迷ったのが件の “ 『 多宝寺 』 跡 ” のありかです。
「 左奥の方に …… 」 と聞いていても、寺社の案内標識なんて無いし。
当てずっぽうに曲がった小径から、木の間に銅屋根らしき見え隠れを気付かなければ、訪ね
当たらなかったかもしれません ( 汗 ) 。

 それにしても、開けたままのアコーディオン門扉にも表札や標しは皆無。
“ 失礼します …… ” と恐る恐る立ち入れば、草深い石段が。
その雰囲気と大屋根の影で、漸く確信。
石段を上り切ると、急に開けた視界 !


        DSC_0345.jpg

         広々した草萌えの正面にお堂がどっしり……




        DSC_0344.jpg

 『 多宝谷山 』 と山号の扁額を掲げる他、文字は無いのだけれど。
ここがきっと、廃寺 『 多宝寺 』 址なんでしょうね ?

 左方の庫裡風な建物と背後の墓地の他には何も見当たらないけれど、敷地内に荒れた
気配はありません。
静かで、明るく寂しい …… そんな佇まいでした。



   ハルジョヲン地圖に見えても識らぬ寺          かいう




 後情報ですが、現在こちらは日蓮宗 『 多宝谷山 妙伝寺 』 と仰います。
元来、東京都文京区におられたのが、道路拡張工事の影響で当地に移転された由。
嘗ての寺史を知ろうとすると、紀州徳川頼房の祈願所として17世紀に創建されたと
伝えるも、詳細も旧本尊も戦災等で消失していました。
 更には引っ越しまで余儀なくされて、気の毒なお寺ですね。
でもこれからは鎌倉の、この静かな地で長らえて行かれますように。



 しばし歴史のメランコリーに浸った後は、生身の悲しさ!
正直な要求に応えることに。
ハィ、おナカすいちゃいました〜 ( 超遅ランチですよォ …… 苦笑 ) 。

 で、小町通りへ Go !!
目指したイタリアン 『 Rans Kamakura 』 さん ―― まだ休憩時間中 ( ガク ) 。
ディナー・タイムは17時からか ?
「 まだ4時20分だよー。待つのもなァ …… 」
と茶緒パパ。
それでは、と他を当たる。
思いついて、最近小町にオープンした 『 AMALFI Kitchen 』 を試すことに。
 時間的には “ カフェ・タイム ” 。
ただし軽食は OK ♪ なので、二人でそれぞれ味違いのパスタを注文しました。

 茶緒パパ → → 『 青菜と白身魚のトマトソース・スパゲッティ 』

 美緒ママ → → 『 三浦の春キャベツとしらすのスパゲッティーニ 〜レモン風味〜 』

 感想は、茶緒パパ …… 「 まあまあ 」 。
ワタクシ …… 取り敢えず過不足無いしっかり味。結構です。
が、ナンを言えば、 “ レモン風味 ” と謳うには …… レモン味トンでるで ( 怒 ) 。
櫛形切りの一カケでも添えとくれ〜 !!

 とゆー感じで、かの噂に名高い 『 アマルフィイ 』 を、図らずも初体験した次第です。


     150409_1702~010001.jpg

        食後のコーヒー。


 次にまた 鎌倉ぶらり ” のチャンスがあれば、ランチ・コースなんぞも頂いて
みたいと思いますが ♪
さぁて、いつ実現するんでしょーか ???




 
posted by 美緒ママ at 00:14| Comment(0) | ギャラリー | 更新情報をチェックする