2015年03月31日

庭 & 花壇改造計画 2015  彼岸過ぎ


 タイトルの 『 彼岸過ぎ 』 とゆーより、もう3月が終わる31日ですよ〜 。
だのに、二月の記事もまだ書き終えずにいます ! ( 嗚呼 )
兎に角、手の付けられるトコロから片付けて参りますので …… 。


 3月26日 ――――
昨年春と秋に新規に植え付けた球根たちの、生育状況をチェックしました。
嬉しいことに、徐々に開花中です ♪


 ★ 『 ムスカリ・マジックシリーズ 』
  二年生筆頭は、この団体さんたち。三色の内、『 ホワイト・マジック 』のみ晩生のよう。

    『 ブルー・マジック 』   
   P3268177.jpg

               P3268178.jpg
                 『 オーシャン・マジック 』




 ★ 『 ムスカリ・ラティフォリウム 』
   この二年生も、心配したけど再会出来ました !

     『 タチツボスミレ 』 さんとお揃い色。
   P3268158.jpg  P3268156.jpg

         P3268160.jpg




 ★ 『 ムスカリ・アズレウム 』
   今年初開花のご新規さん。沢山花茎があがってくれて、嬉しい〜〜 ♪

   P3268137.jpg

               P3268139.jpg




 ★ 『 チオノドクサ・ルシリアェ 』
   こちらもけっこーレアもの、かな ?

             P3268153.jpg

『 シラー・シビリカ 』 叢に混植したけれど、球根の乾燥によっては発芽が難しいとか。
故に、僅かしか生き長らえなかったのか …… 健気な2株。




 ★ 原種チューリップ 『 サファイア・スター / アルバ・コエルレア・オキュラータ 』
   これぞレア球根の代表 …… 青いチューリップ。ついに降臨 !!

   P3268136.jpg

               P3268140.jpg




 ★ 原種チューリップ 『 クルシアナ・クリサンサ 』 ( と思われますが ? )
   黄色いビオラとの寄せ植えに出会って、思わず衝動買いしちゃいました〜 !
   余りに小さく華奢な草姿。雨風にすぐ倒されてしまいそう。
   だのにその生態はさにあらず、毎年たゆまず発根発芽を繰り返す優れものとか ?
   開くと中が見事なピュア・イエローです。

   P3268151.jpg  P3268143.jpg



 なお、近似種 『 クルシアナ・レディージェーン 』 …… 『 クリサンサ 』 と色違いのコらも、
青チューリップの鉢に同居中。まだ蕾を育てているようなので、咲いたらまたアップしましょう。



 花壇の大型チューリップたちも、いよいよ蕾をスタンバイです !

   P3268168.jpg

               P3268169.jpg

もうすぐ、春最大のクライマックス = チューリップ・シーズン ” の幕開けですね ☆☆☆


 その株もとでは、折しも 『 パンジー 』 が盛り。

         P3268162.jpg

         P3268173.jpg

         P3268166.jpg

         P3268175.jpg

         P3268174.jpg



 オマケに、花壇の先住組 ―― 芳香種黄ズイセン ( ジョンキラ系 ? ) も早々華を添えて。

         P3268149.jpg



 春だな〜〜 ♪♪♪
これで 花粉シーズン ” さえ去ってくれたらねぇ …… ( グスン ) 。




posted by 美緒ママ at 01:12| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

『 茶緒パパのフォト・ギャラリー / ふじやまの梅 2015 』


 またまた、しつこく過去レポ・シリーズです〜 ( 土下座 ) 。
3月5日、この日も引き続き梅ネタ。
我が家に一本だけある ―― 『 豊後梅 』 とゆーのでしょうか ? ―― 上品な和菓子のように
愛らしく美味しそうな淡紅梅が見頃になっていました。

   P3058017.jpg

                 P3058018.jpg

   P3058021.jpg
                 P3058020.jpg



 それから行って来ました、ご近所の “ 観梅スポット ” ―― 『 本郷ふじやま公園 』 。
こちらは、もうちょっと前が見頃だったんでしょうけど。
実質、一部の早咲きは既に終わっていましたが。
ありがたいことに、梅の盛りには遅速があるから、長く楽しませて貰えるんですよね ♪

 まずは公園の見どころ = 古民家 『 小岩井家住宅 』 の長屋門。

   P3058047.jpg

                 P3058051.jpg

                     門内から外を見て。



           小高くなった梅林に …… 。

         P3058052.jpg

             P3058060.jpg


   陽光に透ける白一重。

  P3058057.jpg  P3058055.jpg

         P3058069.jpg

  P3058068.jpg  P3058059.jpg



         かの 『 常立寺 』 の 『 思のまま 』 にも似た、絶妙な混色の八重。

              P3058063.jpg

          P3058065.jpg



 公園内には、他にも色々春の兆し。

   『 クサボケ 』

  P3058076.jpg  P3058072.jpg

         P3058075.jpg



           まさにもう一息の 『 ヒカンザクラ 』 。

         P3058078.jpg

             P3058077.jpg

         P3058082.jpg



  公園から降りて旧道を行くと、以前から気になっていた 馬頭観音 ” の石碑が。

  P3058084.jpg  P3058087.jpg

             P3058086.jpg



   春風や左よこはま右すぎた          かいう



 いにしえの路標がゆかしいぶらり歩きでした …… 。




posted by 美緒ママ at 22:47| Comment(0) | ギャラリー | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

再びの片瀬界隈  俳句 − ing !!


 巷が 櫻便り ” に盛り上がるこの頃。
とゆーのに今日は一ヶ月近くも遡って、 今更 ” 感たっぷりなおマヌケ 『 梅 』 レポを
させて貰いま〜す ( 笑 ) 。

 去る 『 節分 』 に咲き出していなかった片瀬 『 常立寺 』 の枝垂れ梅を、今度こそ
見尽くしたい、と湘南モノレールに乗った3月3日。
折しも 桃の節句 ” でした ♪



   桃の日や下校の早き女学園          かいう

   春愁ひ知らずセーラー服たむろ

   モノレールより春陰のアマルフィイ

   参詣す上巳すなはち立子の忌          



           毎度ながら良き佇まいの参道〜山門。

         DSC_0121.jpg

         DSC_0123.jpg

         DSC_0125.jpg

         DSC_0128.jpg

          紅い八重椿も優しげ ♪



             DSC_0093.jpg

            山門内で、まず出迎えて下さった六地蔵さま。
            背景には、さっそく枝垂れ梅が満開〜 !
            本堂前も爛漫です。

         DSC_0067.jpg

             DSC_0118.jpg

             DSC_0085.JPG

   DSC_0088.jpg  DSC_0078.jpg

    これが名木 『 思のまま 』 ?
    紅白の咲き分けと思っていたのが、実は白地に薄紅が微妙に滲む、とゆー咲き方
    なんですね ?




               紅枝垂れ共々あでやか〜 ☆

             DSC_0099.jpg

             DSC_0100.jpg

             DSC_0083.JPG




     ところが青軸系の枝垂れのみ、これからの模様。

   DSC_0081.JPG  DSC_0082.jpg

             DSC_0084.jpg



   青軸の枝垂れの遅し常立寺          



 また確かめに来ようかしら ?
その時は、もしかしたら櫻がイイ頃かもね ♪



   囀りや青巾褪せし元使塚         



             DSC_0074.jpg

 この日の 『 元使塚 』 には、モンゴルの青巾が掛かっていました。
ご参詣があったのね。
尊き献身の歴史に合掌 !



             DSC_0108.jpg

 それから、件の蛇口 ( ならず 龍の口 ” ) クンにも会って来ました。



   春の水貰ふ蛇口が龍の口          




          こちらは、立派な鐘楼。

        DSC_0129.jpg

        DSC_0131.jpg




 『 常立寺 』 を出た後は、道沿いの菓子舗で 『 バターどら焼き 』 を初購入しました。
美味しかった〜 ♪
また買いに来たいです ☆


それから帰路に、大船でパスタを頂きました。
まぁまぁでしたけど。



   桃の日を出でて唐墨パスタかな          かいう




posted by 美緒ママ at 23:42| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

春彼岸 2015


 3月21日 = 彼岸の中日は、美緒ママ恒例の実家の菩提寺参りでした。
最寄りの 『 C 』 駅ビルで叔母上と、それから現地で弟クンと合流し、墓参を済ませました。



   ネコヤナギかと問はれたるユキヤナギ          かいう

   庫裡うらの放置花壇や花はこべ



 一方我が家のお義父さんのお参りは、私が出勤の22日、暇な茶緒パパ・母子にお任せ。
それから23日は茶緒パパと二人、 ( 道向かいにお住まいだった ) つい先日亡くなられた
義叔父さんのご霊前にもお参りしたのでした。



   春障子あけて小暗き遺影の間          かいう

   住みなして寡婦とならるる遅日かな



ちょうど咲き始めた 『 ソメイヨシノ 』 や満開の 『 ヨコハマヒザクラ 』 、早や咲き過ぎようと
している 『 カンヒザクラ 』 『 コヒガンザクラ 』 の頃ですね …… 。


 茶緒パパと用件で外出した帰りは早い夕食をして、 春らしいメニューをいただきました。



   たらの芽の苦くてはげ天の夕餉          かいう

   苦きほど山菜天に春長くる
   



posted by 美緒ママ at 00:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

宝塚の旅  俳句 − ing !!  B


 ところでこの 25 日のメイン・イヴェントは、偶さか隣接地・西宮市在住の 音友 ”
『 S 』 君とのディナー・デートでした。
ずっと関西暮らしの彼と稀有にもご縁を得、長く交友が途絶えなかったのは、やはり音楽の
力でしょうか。
これまで、彼が上京の折何度かお会いしましたが、今回初めて、私の方が訪阪のパターンに
なりました。
しかも茶緒パパの初対面、とゆードキドキあり ( 笑 ) 。

 生憎街に不慣れなため ( 当たり前か …… 汗 ) 、ホテル内レストラン 『 シャンゼリゼ 』 で
勘弁して貰いまして。
ロビーでお勤め帰りの 『 S 』 君をお迎えし、三人でゆっくりコースご飯してお喋りして、
和やかなディナー・デートが叶い。
 『 S 』 君、お忙しい平日のお時間割いてくれてありがとう !!
得難い 再会の時 ” を過ごさせて頂きました。
是非またお会いしましょうね〜 ☆

 こうして宝塚の 一日目 ” は更けて行ったのでした。



 翌、2月26日 ( 木 ) 。
ホテルの7階で目を覚ますと、外は何と雨です !
こーゆー 予報的中 ” は恨めしいですよね ( 泣 ) 。
しかし、今日の用件こそ旅の目的。滞り無く遂行せねばなりません !

 その前に、まずは朝食レポ ♪
昨夜ディナーした一階フロアのリバービュー・レストラン 『 シャンゼリゼ 』 で、和洋
チョイス出来る朝定食 ―― 今朝は和風を選んで。
 …… すると( 昨夜も然り ) 、茶緒パパ大絶賛のコスパ度だったのです !!
品数たっぷり、味付け程よく上品で美味しい〜 ☆☆☆
スタッフの雰囲気も良く、すっかり嬉しくなりました。
食べることの納得感って、外出先で一番大事ですからね。
しかも、 ( 昨日は夜でわからなかったけど ) 大ガラス張りの清々しく明るい店内 ♪
生憎の雨にも、川沿いにずらりと櫻並木が見事 !
シーズンにはさぞかし お花見プラン ” に賑わうことでしょう。
櫻を観に、また来たくなりました ( はぁと ) 。

 さて、食後はそれぞれ別行動の日程。
茶緒パパ、一足先に界隈散策にお出掛けです。
こんな雨天の暇つぶし、済みませ〜ん ( 汗 ) 。
適宜切り上げ、ホテルの部屋でご休養下さいまし〜〜 ( 平身低頭 ) 。

 一方わたくしメは、 『 泉田先生 』 宅訪問の午後1時に間に合う時間まで、部屋と下の
『 シャンゼリゼ 』 で過ごしました。
軽食代わりのカフェオレを啜りつつ、昨日の旅吟句稿を推敲したり、 『 角川 俳句 』 を
読んだり。
大ガラスの外の雨降りは、さすが一人居にはちょっとセンチメンタルでしたが。



   宝塚春の靄湧くうしろ山          かいう

   春愁やカフェオレ溢るるにまかす          

   ワシントン・ホテルの椿雨に倦む

   やぶらんの起きぬひと叢恋の猫



 12 時半過ぎにフロントからタクシーを呼んで貰い、一路隣接の 『 逆瀬台 』 へ。
予想を超えた坂の町ですね。住所へ近づけば近づくほど、立派な住宅地が急勾配に !
バスが足なのでしょうけど …… なかなか大変な所、かも( 汗 ) 。
 そうこうするうちタクシーは運よくお宅を見つけ、お約束少し前に到着することが
出来ました。
秋からの念願が遂に叶ったのです。

 洋風のお玄関でお出迎え下さった奥様は、華奢で気さくな方。
数回やり取りしたお電話でのイメージにも遠くなく、何だか嬉しくなりました。
お若い時はさぞかし可愛らしい方だったのでしょう、と思えるチャーミングな物腰 ♪
ご挨拶もそこそこ、つい楽しく話し込んでしまい、慌ててご仏前へ回った次第です ( 苦笑 ) 。



   春旅の供物の小さしご宝前          かいう



 今回我儘を聞いて頂き、漸く叶ったお参り。
古風で落ち着いた佇まいのお仏壇に向かい、奥様から、お線香三ツ折りにてお香炉へ
水平に渡してくゆらす、との浄土真宗のお作法をご教授頂きました。
そうして掌を合わせ、長らくの恩知らずな ご無沙汰 ” をお詫びし、嘗てのご指導と
ご厚情に謝し …… 。
それでも、図らずも 『 角川 俳句 』 初投稿初入選という ビギナーズラック ” を
ご報告し得た果報は、せめてのご恩返しになったやもしれません。

 ―― 先生、 『 苑 』 時代、お作に学ばせて頂いた俳句の楽しさ・面白さ、そして
古格を通じた俳諧の現代ならではの有るべき姿を、これからも末長く志して参ります。
上から、どうぞお叱り・お励ましを賜りますように !! ――

 合掌ののちは、更に奥様とお話が弾み、おもてなし頂き、いとまごいの腰を幾度も戻して
長居になりました。
交わした積もるお話は沢山過ぎて、とても記しきれません。
けれどお気遣い下さった多々のご好意、ずっと忘れず大切に致します。
 帰りは、私が一冊だけ未入手だった先生の句集 『 黄色い風 』 を頂戴し、他、先生の
お部屋からご蔵書の数冊とお土産等、重いほどの賜りものをし、
「 この雨ですから、娘の車を呼んでますので …… 」
と、更にご近所にお住いのお嬢様に、住宅地内の先生の句碑までお連れ頂きました。
この句碑訪問も、今回の大事な目的なのです。


        150226_1532~010001.jpg


 この景色をしっかり脳裏に焼き付け ( 奥様とのお写真も撮って頂きましたけれど ) 、
お二人との句碑参り、良き思い出となりました。
雨の中、本当にありがとうございます。
 加えてお嬢様には、何とそのまま宿泊ホテルまでお送り頂いて。
重ね重ねお世話を掛けました !!

 お父様のようだった先生、お母様のような奥様、そしてスタイリッシュなお嬢様とも
ご縁を得た幸運にただただ感謝です ☆☆☆

 またの再会のご縁が有るや否や …… それはわかりませんが、末長いご多幸を願って
止みません。
沢山の深い感情に浸されて、この日が終わりました。


 ところで、別行動の茶緒パパですが、そちらも色々とあった日のようです。
そのレポは稿を改めることにして。
 この夜は二人ゆっくり、ホテル最上階のレストラン・バー 『 ガスライト 』 で
記念に少々奮発のディナーにしました。


  P2262006.jpg

                 P2262007.jpg


 メニューは最初のアミューズからなかなか凝っています !
味付けがほど良く、サラダもメインのステーキもスープも美味しく、最後の色とりどりな
デザートに至るまで充分楽しませて貰いました ♪♪♪
またまた、茶緒パパの 「 そーとーコスパ高ぇんじゃなぃ !? 」 を獲得したお食事と
なったのです ( 笑 ) 。
う〜む、 『 ワシントンホテル 』 さん、優れモノ〜〜 ( はぁと ) 。

 この旅、もとより部屋とか温泉には重きを置かぬチョイスでしたから、小ざっぱりして
不便が無ければ御の字のつもりでした。
それが、嬉しい誤算のお食事 ☆☆☆
 大浴場は取り敢えず 『 宝塚温泉 』 を引いているとかですが、風情は特に無く、
ただオフシーズンの平日のせいか、完全貸切状態でした。
ちょっと泳いでみましたよ〜 ( 苦笑 ) 。

 よく温まって、静かな夜です。
遅くにやっと雨が上がりました。



   雨止みの春半月を結露越し          かいう

   結露してぬくきホテルのリバー・ビュー

   宝来橋のうねりなまめく春燈



            P2251957.jpg


 7階の眼下には、 『 宝来橋 』 の優美なシルエットが沈んでいます。
このムーディーな夜景も、今夜限りですね …… 。
ちょっと寂しい、宝塚 二日目 ” の夜でした。




 
posted by 美緒ママ at 23:02| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

白罌粟忌




   白罌粟に羽もぐ蝶の形見かな          芭蕉



 俳聖 『 芭蕉 』 を語る上で最もエポック・メイキングなひとつ ―― それは名古屋での
“ 蕉風確立 ” でしょう。
その背景に欠くことの出来ないのが、尾張蕉門の立役者となった名古屋の若手俳人たちの
活躍であります。
後に様々な確執等から、袖を分かつ運命となったりするのですが …… 。

 掲出句は、幾人もの鋭才を輩出した尾張俳壇中で、特別に目を掛けられた一弟子へ、
師 『 芭蕉 』 が送った惜別です。
相手は名古屋の豪商 ―― 米穀問屋 『 壷屋 』 の若当主 『 坪井庄兵衛 』 。
『 杜國 』 と号した彼に、

「 白罌粟 ( のような君 ) に別れがたく、蝶 ( 私 ) は羽を一枚もいで形見において
ゆくから。これを私だと思っておくれ ! 」

…… だなんて …… 何なの ? このただならぬ空気 !? ( だいたい季感だって間違って
るしッ ! )

 片や杜國さんも後に、この時の想いを句に詠んでいるような …… ( たぶん ? ) 。



   このごろの氷ふみ割る名残かな          杜國
 


「 お師匠さまのご出立をお送りし、お別れしてからの淋しさに、虚しく氷を踏み割る
ばかりです 」
と、肩を落とす初々しい若旦那の姿が見えるようではありませんか !

 俊才と器量と、女にしたい程の美貌 ( …… マジかァ !? ) を持ち合わせた若衆に、
忽ち芭蕉が惚れ込んだのは無理からぬこと。
杜國は後年、 「 翁 ( = 芭蕉 ) の 愛弟子なるに …… 云々 」 と高弟たちの間でも公言
される存在となります。
大師匠の “ 愛 ” 弟子という、特別な関係を含めて認められていながら、しかし元禄3年
( 1690年 ) 3月20日、 彼は ( 推定数え三十四歳という若さで ) 世を去って
しまうのでした。
日付は陰暦ですから、或いはきらめく初夏の候だったかもしれませんが …… 。

 豪壮な大だなの若当主の身に罪を得て、 “ 家土地没収・所払い ” という奈落へ一気に
突き落とされた運命。
当時、元禄時代初期の日本で、さぞかし地の果てだったであろう 『 知多半島 』 ――
伊良湖崎・保美にその配所跡が残されているとか。

 晩年、帰ることの許されぬ名古屋を望郷した句の、哀切で美しいこと !!



   春ながら名古屋には似ぬ空の色          野仁 ( 杜國 別号 )



 いつかきっと訪ねてみたい、杜國さんの足跡なのでした。




   初花にあくがれ出づる杜國の忌          かいう

   煩悩の初花寒き白罌粟忌

   鎌倉に柳青める白罌粟忌

   杜國忌や吾には遠き詩のミューズ




posted by 美緒ママ at 01:37| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

初花 2015


 今年は近所の公園の 『 カワズザクラ 』 が、3月5日に咲いていました。


                 P3058102.jpg

         P3058100.jpg

  P3058101.jpg


 その後、時ならぬ暑さや急な寒戻り、大雨 …… と繰り返すうち。
昨夜仕事帰りの櫻並木を 「 まだかなァ〜 ? 」 と見上げて、はからずも小さな白い一点を
〜い枝に見付けたんです。
「 初花 !? 」 …… そう、たぶん間違いない ☆
3月19日とはなかなか良い記録ですな、いつも早咲きなこの 『 ソメイヨシノ 』 にしても。

 うきうき気分で帰宅し、件の 櫻の飯碗 ” を出しました。
今年も無事 お約束 ” が果たせて、嬉しかったデス♪♪♪


            ★ 伊豆蔵幸治 作 『 色絵染付櫻図飯碗 』


  080506_1539~02.jpg  080506_1539~01.jpg


 当節流行りの 和食 ” の基本 = 白いご飯が不自由なく美味しく頂けますように、
これからも季節のご飯茶碗を、大切にしなくてはなりませんね !!!




 
posted by 美緒ママ at 23:34| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

『 茶緒パパのフォト・ギャラリー / 彼岸の入り 2015 』


 3月18日、早や 『 彼岸の入り 』 となりました。
この春は何やら色々たて続いていて、リアルタイムなブログアップが叶っていません。
今後遡りつつ、鋭意励んで参りますので、改めてよろしくお願いします〜 !!


 先月旅から戻ると、庭には伸び過ぎた 『 フキノトウ 』 。

             P3058033.jpg
 
         P3058031.jpg  



   わが庭の無粋に長けし蕗の薹          かいう



 留守の間にも、季節はぐんぐん歩みを進めていましたね。
ここ急に 春真っただ中 ” となった気温で、ウキウキし出した庭の仲間たちを …… 茶緒パパの
ギャラリーに ♪♪♪


         P3058027.jpg


 
   忽然と天降りしひかりクロッカス          かいう



 『 マンサク 』 もますます花盛り !

             P3188128.jpg



 花壇ではスイセン 『 ティータティート 』 がシーズンを。

             P3058039.jpg



    こちらのおふた方は、花壇に超久々に目覚めた球根 !? …… 素性が不明です !!
    不思議なコトもあるもんだ〜 ( 笑 ) 。

  P3188118.jpg  P3188125.jpg



 そんな花壇の茶緒パパ・コーナーは、一段とハデハデ・パンジー ☆

         P3188135.jpg



 一方鉢植えは、今年仲間入りした 『 ムスカリ・アズレウム 』 さんの、憧れの水色ふりふり
ドレスがやっと見られました ♪

  P3188113.jpg  P3188112.jpg



 『 ムスカリ・ラティフォリウム 』 の鉢には、居候の 『 タチツボスミレ 』 さんの方が、
先に賑わってくれましたね。

  P3188116.jpg  P3188117.jpg

 上手く交替になるといいんだけど ( 萌〜 ♪ ) 。



 ベランダ上は 『 ハクレン 』 。
                P3188133.jpg

   P3188103.jpg

                P3188109.jpg

   P3188111.jpg

 去年より数はだいぶ減ったものの、いつも通り清浄な空間を作っています。
ああ、また出会えたね、と思うこの季節です〜 ☆




posted by 美緒ママ at 23:06| Comment(0) | ギャラリー | 更新情報をチェックする

宝塚の旅  俳句 − ing !!  A


 2月25日 ( 水 ) 13時33分、新幹線 『 新大阪 』 駅に定刻で降り立った時、
何だか実感のまるで湧かない虚ろさ ―― なんて気がしたんですが、そんなもんソッコー払拭
してくれたのが、ホームのエスカレーター。
いゃ〜 、まじコレなんですな ? しっかり “ 左追い越し ” ですよ。
さすが関西 !! ( 瞬時に納得 )
も〜、 「 何で ? 」 かを研究したくなるくらい、おみごと真反対 ! ( 別にイイとか
悪いとかじゃなく …… 笑 )
「 え ? えッ !? 」 となっている茶緒パパを促して、 「 だから、そーなんだってば 」
と右へ引っ張って。
 考えてみりゃコレ系カルチャー・ショックに、ナマで接する経験無かった〜 !
この旅で、きっと幾つか出会うンでしょう。

 それは兎も角、ボヤッとしてられません !
次なる段取り ―― 在来線に乗り換えへ。
すると JR 東海道本線 ? …… って、こんだけ “ 異文化圏 ” に乗り入れてなおも
『 東海道線 』 !? と逆の驚き。
東海道、恐るべし ! ( 汗 )
 プラン上の 『 姫路行き 』 39分発を逃して、次の 『 網干行き 』 45分発で
『 尼崎 』 へ。それからもう一度、JR 福知山線へ乗り換えです。
再度予定と違う14時6分発 各停 『 新三田行き 』 に乗車。
途中、後発の快速に追い越されたけれど、最早ここまで来たら急がぬ旅 …… と ( 笑 ) 。



   うららかに福知山線鈍行で          かいう



 とゆーことで、何だかんだの珍道中。
14時32分、記念すべき 『 宝塚 』 駅に到着〜 ♪
今朝ウチを出てからほぼ5時間弱 ―― やっぱし遠いじゃん !?


           JR 線 『 宝塚 』 の駅舎。

         P2251951.jpg



     隣接のおシャレな阪急電鉄線駅。

               P2251948.jpg

   P2251952.jpg



        そして今日から二泊お世話になる 『 宝塚ワシントンホテル 』 さん ♪

         P2272068.jpg




 ところで駅を出た私には、ホテルに入る前にすべきことがありました。
書店を見付けて 『 角川 俳句 』 誌を買うこと。


   150318_0001~010001.jpg


まさしくこの25日発売の三月号分へ、投句のチャレンジを始めていたんです。
無論こんな最大手の総合誌、投句 → → 掲載などおいそれと叶うものではないでしょう。
駄目モト覚悟 !
それでもやってみる以上、 “ 選者 ” の先生方十名のうち誰かしらのお目に留まって
欲しいと願うのは人情 ( 苦笑 ) 。

 恐る恐るめくった 『 雑詠 』 掲載ページ。
…… するとたった一句、発見したではありませんか ☆
『 今井聖 』 先生選の佳作に !!



   もの言ふに犬など欲しき夜長人         かいう



 何と今井先生は、偶然にも横浜市も隣接区 K 区で先取的な俳句結社 『 街 』を主宰
しておられます !! 驚きでした。
尤もある意味では、もし選され得るとしたらこの先生が一番 “ アリ ☆ ” かな、という
希望的観測も ( 爆 ) 。

 思いがけぬ朗報と共に到着したこの宝塚 ―― 敬愛する 『 泉田秋硯 』 先生のお膝元。
明日お参りするご宝前へ、一俳句学習者としてせめてものご恩返しを手土産に出来たのは、
果報と言う他ありません ♪♪♪


 ホテルにチェックインしひと休みした後、夕食まで時間があったので、美緒ママ、独りで
界隈をブラリしました。
初めて見る宝塚駅周辺は、なかなか洗練された佇まいです。

           ホテル7階の部屋からのリバービュー。

         P2251954.jpg



   武庫川や鳩に鴎に日脚伸び

   武庫川の浅み掠めよ春鴎

   武庫川の人に親しや春の禽



   150225_1635~010001.jpg

               150225_1627~010001.jpg

   150225_1628~010001.jpg

               150225_1628~020001.jpg

 駅近くを流れる広々した武庫川畔で、遊歩道に沢山の鴎や鳩を集める人の姿が。
餌付けし慣れているのか、誠に長閑な夕景でした。



 とは言え 見知らぬ街 ” の散策は、美緒ママ的に機会が稀なんです。
そんな旅慣れぬ身に、殊更暮れ方は、ワクワク度よりも “ アウェイ ” 感や心許なさ・
寂しさの方が勝ってしまい …… 。 



   春の汗胸突き坂の宝塚



 坂多き宝塚の佇まいに漂う郷愁 …… ?



   せんせいの在りしこの街春の坂



 ふとメランコリーな気分になったりも ? ( 苦笑 )
この後予定している地元の友人とのディナー・デートまでの間、非日常の時空を漂った
気がしたのでした。




posted by 美緒ママ at 02:17| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

「 そうだ、富山へ行こう !! 」


 My 『 “ 東海道新幹線 ” の 旅 』 レポがやっと始まったばかりとゆーのに、巷では
昨日の “ 北陸新幹線 ” 開業で大盛り上がりですね。
この朝の 『 東京 』 駅と 『 金沢 』 駅からの始発は、切符がたった25秒で売り切れた、
ってフィーバーぶり !
げに凄まじき “ 鉄っちゃん魂 ” かと ( 汗 ) 。

 確かに、一般庶民感覚では無理ないか。
当節 “ 旅行 ” は、国民のかなり重要なお楽しみアイテム ?

 ま〜 ( 旅行で青春してない ) アタイにしてみりゃ、 「 そーねぇ、ずっと時間が経って、
世間のホトボリ冷めてからでエェわ。わざわざ人の群れてるトコ行きたくないし 」 ( 苦笑 ) 。

 でも新幹線には、 “ 乗ってみたい ” 衝動ヤブサカじゃございません ♪
先月の東海道新幹線 N700A 系 = 『 カモちゃん 』 同様、我々は北陸新幹線の E7 系君
にニックネームを進呈しちゃったんで〜す ☆
先頭の形状 = お顔 ” がちょっと蛇さんっぽくないですか ?


   150315_0030~010001.jpg


 それでいて、何となく可愛いでしょ ?
だから 『 ヘビちん 』 とお呼びすることにしました〜 ( 笑 ) 。
金沢行き最速 『 かがやき 』 = 『 ヘビちん 』 号 ♪♪
乗りたいよー !!
( って、早くとも秋から冬頃でしょうか ? …… グスン )

 実は 『 富山 』 に、すっごく気になってるホテルが有る〜 !
マイナーな温泉地の、 “ そこだけ別天地 ” 的な一軒 ―― 『 リバーリトリート雅樂倶 』 さん ♪
館内に多数モダン・アートや美術品を展示したギャラリーみたいな、 リトリート ( = 隠れ家 )
系ホテルとか。
願わくば連泊して、ゆっくりした〜い ☆ …… とゆうミーハーな憧れ ( 爆 ) 。
( いゃ、看板に偽りアリ、かもしれないのが不安ですがね。何たってお高いから …… 汗 )

 ともあれ、いつかプランしてみますか。


 「 そうだ、 『 ヘビちん 』 と富山へ行こう〜 ♪♪♪ 」




posted by 美緒ママ at 02:08| Comment(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする