2015年02月28日

風生忌




   雨折れの水仙庇ふ風生忌           かいう



 去る2月22日は 『 高浜虚子 』 の高弟であった俳人 = 『 富安風生 』 の忌日。
ワタクシ ・ 美緒ママの拙き俳句学習において、 心の師 ” のお一人と敬愛する往年の
大家です !
昭和54年 ( 1979年 ) のこの日、満 九十三歳の天寿を全うされました。
私が24歳の時だったんですね。
将来俳句を学ぶことになろうとは、まるで知る由もない時代でした。

 のちに、偶さかの縁を得て俳句の世界に導かれたワケですが、そのきっかけとなった一句が、
この先生の、



   街の雨鶯餅がもう出たか          風生



…… であったと言って過言ではありません。

 まだ肌寒い春雨のそぼ降る街角、ふと目に入った和菓子屋のガラスケースに 『 鶯餅 』 が。
そこで無意識に零れた言葉 …… 胸の裡にだけだったかもしれない …… けれど。
「 ほぉ、もうそんな季節か ! 」 と細身の品の良い老紳士の口元が、微かに綻んだのでは
ないかしら ? ―― 忽ちにその情景が見えた気がして !!
また、こんな親しみやすい口語表現によっても俳句が完成する、と初めて知った瞬間でした。

 以降風生先生の句に触れられるだけ触れ、ぐんぐん心惹かれて行った初学時代。
鶯餅を目にする度、この句の世界は褪せることなく甦ります。




   春昼といふ大いなる虚空の中          風生



 具象につけ抽象につけ、風生先生の句は自由闊達に普遍の空間を翔けり続けてゆかれる
のですね。




posted by 美緒ママ at 21:44| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

慎み色


 去る2月18日のこと ――

 気の早い 『 タマナワザクラ 』 が鎌倉・若宮大路に春を告げていました。
去年は確か22日頃、咲き始めを目撃しましたっけ ?

 そんな “ 今年お初 ” の櫻を見つけた日、ネイル・リニューアルに参りました。
今回は少々ワケありで慎み系 ―― 肌に馴染む 『 カフェオレ 』 色のワンカラー。


            150222_0309~010001.jpg


 アクセントにゴールド・ストーンで、ちょっとお洒落しちゃいましたけどね …… ☆
実はこの先、或る “ 追悼の旅 ” が控えているからです。
まァ “ 法事 ” とゆーほど堅苦しくはないので、 “ よそ行き ” 感覚でイイかな ? と。

 サロン 『 bird 』 のネイリスト 『 ユカ 』 さん、癒やしの “ お出かけネイル ” を
ありがとうございました〜 ♪


 それからこの午後は “ ペイン・クリニック ” の予約も入っていたので、 “ 鎌倉 → 横須賀線
→ 戸塚 → 横浜市営地下鉄 『 ブルーライン 』 → 上大岡 ” と電車移動しましたよ !
春荒れの風雨が冷たく霙めいていました。



   春の風冷たかるべし車掌帽          かいう

   寺内駅真昼の梅に灯ともして          

   踏切に人に車に梅が散る

   兆したるストレス頭痛春霙           

   営業の電話待つ人カフェに雪

   冴え返る市営地下鉄地上駅





posted by 美緒ママ at 23:30| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

ROBBEN 先生 追加情報〜 ♪


 一身上少々慌てふためいていたコトがあって、こちらがしばしお留守になっておりました。
その間、浅い春も 『 雨水 ( うすい ) 』 を過ぎましたね。
レポ、追々遡って参ります ♪

 さて、先日の Album Trailer に続き、ロベン先生の 新譜 CD 『 Into 
The Sun 』 より ( オーディオのみですが )一曲フルコーラス試聴が登場しました !!


★ 『 High Heels And Throwing Things 』
  Robben Ford ft. Warren Haynes 

http://zumic.com/music-videos/157242/high-heels-throwing-things-robben-ford-ft-warren-haynes-soundcloud-audio-stream/


 いつになく Funk めな Rock tune ですね。
他のナンバーもこーゆー路線なのかしら ? …… と想像しつつ、まずは期待しております ♪




 また別に、 YouTube を彷徨っていて出くわした珍しい動画 !


★ 『 Nothing’s Changed 』
  Jimmy Witherspoon with Robben Ford
https://www.youtube.com/watch?v=9oJuiMrNmew


 1972 〜 3年、何と二十歳そこそこのロベンが憧れのブルース・シンガー 『 ジミー・
ウィザースプーン 』 に認められ、そのバックバンドへ参加した時代。
歌番テレビのスタジオ・ライブですかね ?
雄々しくシャウトするスプーン御大の背後で、憑かれたようにギターをかき鳴らす若者 ……
彼はどんな未来を胸に描いていたのでしょう。

 こうした超絶貴重な動画がこのほどネットに上がって、目にさせて貰えたのは、幸運としか
言えません !!
実に感慨深いことです。
世界中におられるコアなロベン・ファンの皆さんに、心よりお礼申し上げます ☆☆☆
末永く彼を応援して行きたいですね〜 ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 23:48| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

片瀬界隈  俳句 − ing !! B


 大変延び延びになりましたが、 “ 片瀬 ぶらりレポ ” 続けましょう。

 『 常立寺 』 の次に向かったのは、モノレール駅へ戻った先の 『 寂光山總寺院 龍口寺 』 。
色々と前出の、こちらです ↓↓↓


         DSC_0036.jpg


 と、ここに来て初めて気付いたんですよッ …… えぇ ? … 『 節分会 』 ッ !?
うゎ〜、そーだったんだァ、この日は節分 !!
こちら 『 龍口寺 』 さんの節分法要が済んで、参列の方々もすっかり捌け終わった現場なの
でした。
いゃはゃ …… このあり得ない 俳諧人失格 ” 度は棚上げさせて貰って …… ( 苦笑 ) 。

 やや静まった境内を本堂へ進み、お参りさせて頂きました。



   節分会済みたる伽藍拝しけり          かいう

   節分会善男善女吾ならず

   節分会のちの一宇や外陣掃く

   くれなひの外陣の床に年の豆



それから、辺りを拝見。
DSC_0031.jpg DSC_0038.jpg

      『 日蓮上人 』 御尊像。              堂宇の向こうには塔の姿。


    信徒会館 ” とでもいう風なこの建物は、三連の切妻の重なりがとても美しい !

         DSC_0035.jpg



   節分や空紺青に突きぬけし

   節分や信徒会館麗々と

   節分の信徒見送る寺執事

   節分会汁粉片付けられをりぬ

   東風めきて揺する定紋小幔幕



  DSC_0040.jpg

                 DSC_0041.jpg




 当山を出からはすぐ帰るのも芸が無いので、門前から 『 江ノ島 』 ( の弁天様 ) への参道
= 『 江ノ島みち 』 を再び 『 常立寺 』 の方向へ散策しました。
庶民的な生活道でしたが、時に見かける古い日本建築やら日蓮宗由来の旧跡碑に、この界隈
ならではの佇まいがあるようです。

 そんな中の極めつけが、道すがらにふと見つけた冠木門と奥まった総門 ―― 同じく日蓮宗の
『 龍口山 本蓮寺 』 でした。
嘗ては 『 常立寺 』 と共に、 “ 輪番寺 ” を務めた古刹とのこと。
すっきり整った参道を進み、ご門前でお参り致しました。


         DSC_0045.jpg

  DSC_0044.jpg



 実は後で気づきましたが …… ( 大ボケですね !! ) 、この寺院は格式ある 学問寺 ”
として姿勢を保って、基本的に無断の入山・撮影等を禁じておられたのです ( ガーンンッ ) 。
御免なさ〜い、知らずにお邪魔してしまいましたー !! ( 汗 )
写真も …… 撮らせて貰ってました …… ご勘弁を〜( 土下座 ) 。

 だって、あんまり美しかったんですもの …… ( うるうる ) 。
総門脇の松をはじめ植え込みの手入れの見事さも、隅々まで気を配られた整然と清浄な佇まいにも、
圧倒されるようでした。
ご住職共々ご一同の、お志の高さに頭が下がります。
 さらにこの一刹は、往時の徳川幕府から朱印を賜り 御朱印寺 ” となった由。
それだけの格式を備えておられるのでしょう。
                        DSC_0046.jpg



   葵紋しるきみ寺や春隣

   松手入れかく抜かりなしみ寺晴れ

   冬珊瑚結界さらに迷はする

   冬麗やみ寺のさざれ塵もなし



  DSC_0050.jpg





 ところで 『 龍口寺 』 さんでは、かの有名な 『 恵方巻 』 の露天が残り少ない品物を
売らんと、声を挙げていて。
我が家、『 恵方巻 』 にはこれまで関わり無かったのですが、この日は折角の縁起物だし
…… と初挑戦した次第。
オマケに “ 開運御守 ” とゆーのも付いて来ました ♪
( 因みに、美緒ママの選んだ 海鮮恵方巻 ” はなかなか美味しかったよン ☆ )



   太巻きの売り子に恵方尋ねけり

   節分の初体験や恵方巻

   開運の護符よ追儺の太巻きに

   恵方巻に黙し夫婦の冬終はる



posted by 美緒ママ at 21:58| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

速報 !! Album Trailer 出た〜ッ ☆☆☆


 この度、ロベン先生自身のサイトに、新譜 CD 『 INTO THE SUN 』 Album 
Trailer がアップされました〜 !

 レコーディング・セッション風景と、何と、プライヴェートな おクルマ運転中トーク ” とで
構成された、ひと味違ったオッサレ〜〜な映像ですよ ♪♪♪  


  ★ http://robbenford.com/?p=896


 これまで無かったコトではありませんが、 キレイどころ ” もご参加で、ご機嫌な先生じゃ
ございませんこと ? ( ムフフ )


 CD ジャケット・コスチュームは生憎お召しでなかったですねー。
ちょっと『 S. R. V. 』寄りを期待したんだけど。
ギターに Gibson SG 系とか ? いつものテリーとか ?
けっこうロックめな曲調、楽しみにしときましょう ☆
( リリースまであまりに長いのが、ナンだわなァ …… )


 あ、それはそーと、思いがけないおクルマ ( 車内のみだが ) ショット拝見しちゃって、
妄想の病がイロイロと〜〜 !! ( 萌ッ )
あらァ〜、サンルーフ付き、ホワイト・レザー・シート !?
なに ? なに ? 何乗ってんの〜 ???

 めちゃめちゃ気になるよ …… ねぇ ?  ファン友 『 S 』 ” くん ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 01:26| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

片瀬界隈  俳句 − ing !! A


  俳句 − ing !! ” 、続きです !

 『 常立寺 』 レポに追記させて頂きます。
撮影はしませんでしたが、境内に他にも主要な旧蹟があり ―― それは 『 元使塚 』 と
呼ばれる石碑。

 遠い昔この寺院が、元 “ 刑場 ” たる 『 龍口寺 』 で処刑された人々を葬り供養する
場所であったゆえですが。
所謂 『 元寇 』 の折、執権 『 北条時宗 』 によって断罪された大陸 “ 元の使者 ”
五名を、後の世に弔い祀った供養塔とのこと。
かの有名な 『 日蓮上人 』 の “ 龍ノ口法難 ” の伝説も然り ―― 歴史は血腥い事件を
積み重ねて来ました。
( 尤も日蓮上人のみ、唯一人 “ 龍ノ口 ” の刑場から生還されたと伝わりますが )


 宗教というもの、権力の弾圧や教義の差異によって多々苦難を凌いで来ていますね。
( いつの時代も変わらない !? )
それが本来人心を救うためであり、不幸にすべきものであって欲しくない、と “ 素人考え ”
には願うばかりですけれど。

 その 『 元使塚 』 には幸いにして、和平国交の成った現代、嘗て 『 元 』 であった
『 モンゴル 』 の元首や大使、日本で活躍中の力士方々が供養に訪問する機会を
得られたとか。
歴史の中の不幸なる関係が見直され、改めて “ 心 ” の部分でやり取りが叶う ……
兆しが見えただけでも、せめてもの救いではないでしょうか。

 なおそうした折、モンゴルの方々は塚の墓石に青い布を巻いて行かれました。
というのも “ 青 ” がモンゴルの雄大な天空に因んだ、民族の “ 英雄 ” の象徴だから
だそうです。

 件の青い布、先日は巻かれていませんでした。
雨風に傷みでもして、外されたのかもしれませんね。



   そら色の襟巻やなし元使塚          かいう


   元使塚掌をあはせても春未だ




  DSC_0025.jpg





posted by 美緒ママ at 23:39| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

立春 2015


 さてさて、一昨日の 『 節分 』 を経て、勿論昨日は 『 立春 』 !
だのに、リアルタイムを逸しました ( 汗 ) 。
引き続き 俳諧人 ” 失格ですな …… ( 泣 ) 。
『 節分 』 レポが途中ですけど、取り敢えず先に駄句を記しておきましょうか ( 平身低頭 ) 。



   カフェラテの泡頼りなき二月かな          かいう

   寒明けや天地無用の荷を解いて

   春立つと鳩が駅舎の高みより

   立春や土鳩のありくコンコース



 しかし 春 ” がどーのと言いながら、今日また 雪予報 ” に脅かされた南関東だし。
まァ、降り出したのが雨に戻ってくれて、積もらずマジ助かったけど〜 ( 焦々ッ ) 。



   幾度目の雪と問ひけり右近の忌

   まんさくの未だ目覚めぬ斑雪雨

   カフェあればまたカフェ春の傘に雪

   春寒し読めぬフィン語のウェブ・ニュース



  春の寒さ ” は実質、まだ始まったばかりですもんね ………… ( ため息 ) 。





   
posted by 美緒ママ at 23:22| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

片瀬界隈  俳句 − ing !! @


 少々間があきましたが …… 今年も早や二つ目の月となりましたね。
一昨日 2月3日は 『 節分 』 でしたが、な、なんと朝から全く忘れてたんでーす !
俳句学ぶ人間として、如何なもんでしょ〜か ?( 爆 )

 午後、茶緒パパと大船まで ( 超珍しいことに ! “ 旅 ” の切符を買いに ―― って
この話はまた詳述しますが ) 出たついで、 “ ぶらり散歩 ” に回ってました。

 目的地は藤沢片瀬の古刹 『 龍口山 常立寺 』 さん。
湘南では “ 枝垂れ梅 ” の名所なのだ ♪
そーゆーネタに詳しい茶緒パパをナビゲイターに、 「 さすがまだじゃない ? 」 とは思い
つつ、 探梅プチ吟行 ” と洒落てみた次第。

 まず JR 『 大船 』 駅に乗り入れる 『 湘南モノレール 』 で、終点の 『 湘南江ノ島 』 駅
へと向かいます。
界隈の大切な “ 足 ” となっているモノレール路線。朝晩はさぞかし混み合うんだろーな ?
と想像。
しかし平日の午後は、がらがらで長閑な車内でしたけどネ。



   モノレール腰越沖がやや霞む          かいう



 ほぼ高台 ( or 一部山中のトンネル ) を通る沿線に海への眺望が開けてくると、終点が
近付きます。
駅名の 『 … 江ノ島 』 へも無論最寄りですが、片瀬と言えば ! の名刹日蓮宗 『 龍口寺 』
の裏手に降りるこのモノレール、周辺には関連寺院が多数点在 !!
同じくモノレールに間近な 『 常立寺 』 さんもそうした一刹のようで、詳しくは 龍口寺
輪番八ヶ寺 ” と言い、嘗て無住であった 『 龍口寺 』 の住持を交代でつとめていたとか。

 境内のゆったり穏やかな雰囲気は、梅の評判のみならず、地元の “ お寺さん ” と親し
まれている感あり ♪
通りに面した門前は幼稚園バスの停留所になっているらしく、数組の出迎えで賑やかでした。



   門前に通園バスや日脚伸ぶ



                 DSC_9996.jpg

   DSC_9998.jpg

 正面から入っていくと趣ある参道の先に早梅と山門。
梅の紅と屋根の緑青が 予定調和の美 ” ―― 当たり前かもですが、 和の良さ ” じゃ
ないですかね ? ホッとさせてくれるような。


          門内には愛らしい 六地蔵様 ” 。

         DSC_0018.jpg


          本堂の美しい屋根、飾瓦の端正な意匠、橘の定紋。

         DSC_0027.jpg

         DSC_0006.jpg

         DSC_0028.jpg

         DSC_0030.jpg


          風格ある鐘楼。

         DSC_0029.jpg


     また目を惹いたのが水場の造り ! 龍の蛇口との取り合わせがお洒落ですね ♪♪♪

    DSC_0015.jpg  DSC_0016.jpg



   探梅やレトロ水場に龍の口



 なお、肝心の枝垂れ梅は果たして 「 早過ぎ〜〜 !! 」 でしたけど ( 苦笑 ) 。

             DSC_0010.jpg

    DSC_0022.jpg  DSC_0023.jpg  


 紅梅の賑やかさの手前で、幾重にも下がる枝にこれからの蕾が無数 !
あまりに見事な枝ぶりのラインアップに、 「 是非また来たいね ♪ 」 の我々でした ☆



   み寺澄む枝垂れ梅には早すぎて




 因みに、茶緒パパが過去二度ほど訪ねた内、2008年2月17日の開花画像 ――


         P2171608.jpg

         P2171639.jpg

         P2171623.jpg

         P2171617.jpg

         P2171618.jpg


       この時期でも、本堂前に並ぶ枝垂れ数株の内、一部は蕾でした。残念 !!




posted by 美緒ママ at 18:13| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする