2014年10月31日

神無月   俳句 − ing !!


 神無月 = 十月がもう終わります。
早いですね〜 。
毎年ながらこの時期は、あまりに飛ぶように過ぎていくので慌てますよ !( 汗 )

 そうそう今年は、柿が当たり年みたいですね。
ウチの柿も美味しく実りました。



   垣外へはみ出せし柿宝前に          かいう

   柿朱し柿の葉寿司を思ひ出す



 ところで昨日は、遅い午後茶緒パパと出て、いたち川を 『 川辺の道 』 から遡る方向へ
長目のお散歩をしました。
遊びながらの 吟行 = 俳句 − ing ” ってカンジねッ ☆
 まず手始めに界隈の園芸店をチラッと覗いて、秋植えパンジー苗の入荷状況をチェック。
すると ……



   隣客も下見パンジー素見かしぬ          



同じような目論見のお客さんが店主に、今後のパンジー苗の入荷予定を訊ねていたので、
横からこっそり、情報 Get ! しちゃいました〜 ♪

 さぁて、それでは目的の お散歩 ” へ Go 〜〜 !!!
山の中の抜け道を使って、途中の公園を目指します。
椎や樫の木でしょうか、団栗を落とす大木が鬱蒼と頭上を覆っていました。
いつかの春、花吹雪と散り敷く薄もも色の絨毯を茶緒と歩いた場所です。



   団栗の殻斗を踏んでたじろぎぬ

   団栗や左近公園へと下りつ


 
 急階段を降りた 『 左近公園 』 から先はいたち川沿いに出て、



   荻荒るる辺渕橋より青葉橋



 青葉橋まで進み、近くの古刹をお参りしました。
『 五峯山 一心院 證菩提寺 』 ―― こちらは何と鎌倉時代、鎌倉幕府の北東の鬼門鎮護として
広大な規模を誇る大寺院であったそうな !!
他ならぬ 『 源頼朝 』 が、己が身代わりとして落命した配下の若武者 『 佐那田与一義忠 』
を悼み、祀ったと伝えられます。



   五峯山桜紅葉のみ寺なり

   秋落暉扁額下に参りゐて

   空海師尊像桜落葉かな

   石蕗の花固まってゐる寺縁起

   身に入むや旧無量寺の武功譚

   月細しプリウスを出す若住持



 早い夕暮れの月が細く掛かる下、『 證菩提寺 』 をおいとまです。



   川沿ひは寂しき刻ぞ残る虫

   山際に月の滲めば帰心急

   けふよりは凋落の季寒からむ



 枯れ色に寂びた晩秋のいたち川畔を、散策しつつ帰途に。
ひと時 俳句 − ing ” を楽しませて頂いたのでした。



 
posted by 美緒ママ at 01:57| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

五位さん


 暫く前になりますが …… 。
いたち川に沿って 『 いたち川プロムナード 』 をお散歩しました。
H 駅前から回って 『 警察学校 』 先までのルート。
つまり 『 茶緒 』 生前の お花見コース ” です。


 いたち川の美しい流れ。

  DSC_3184.JPG


 シラサギさんやゴイサギさんに会ったりもしました。



   白鷺と動かぬ五位と荻の絮          かいう



 こちら ↓↓↓ は茶緒パパが以前撮影したものですが。

  DSC_3187.JPG

                DSC_3189.JPG

                ゴイさんカッコイイです ♪♪♪
                とゆーか、鳥類の造形って素晴らしィ〜 ☆
                これからも時々、鳥さん達の姿をピックアップしてみたい
                と思います !!



posted by 美緒ママ at 11:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

…… 処置室にピアノ・ジャズ


 引き続き、毎日高下激しい気温変化 !
今日はまたエラくいいお天気ですが ……。
しかし照り降り・寒暖の極端な気圧差のせいか、頭痛・悪心の症状少なからず ( 泣 ) 。

 本日上大岡の “ ペインクリニック ” 予約日に、出向きましたが。
ん〜、一進一退ですかねぇ …… 。

 ただ、ここで “ トリガー・ポイント注射 ” 処置後暫し安静にしている間に、意外なご褒美
―― BGM に洒落たジャズを楽しめるんです。
以前も 「 おや ? 」 と気付いたんだけど、今日は殊に垢抜けた上質なピアノ・ジャズが
ずっと流れていました。
ふと意識した時は生憎知らないナンバーでしたが、続いて、

『 All The Things You Are 』
『 One Note Samba 』
『 Stardust 』
『 ’ Round Midnight 』
『 Over The Rainbow 』

…… と誠に典型的なスタンダード・ナンバーながら、演奏レベルはかなり達者なピアノ・
トリオと見受けました。
一体誰のコンボだろう ?
欧米人か日本人か、いずれにしてもリーダーは多分手練れのピアニストだわ !

…… なぁんて、すっかり楽しませて頂きました〜 ♪♪♪



   爽やかや処置室に聴くピアノ・ジャズ          かいう



 う〜ん、耳福耳福ッ ☆☆☆



posted by 美緒ママ at 22:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

霜降 2014


 10月23日、二十四節気の 『 霜降 』 です。
まさしく今年一番、11 月下旬の冷え込みだそーで !?

 テレビによれば、北海道の 『 弟子屈 』 あたりなど “ 霜 ” どころじゃない冬並の寒さと
凍結に見舞われた由。
因みにこの弟子屈、美緒ママ的に、幼少時に親戚の方が在住していたとゆー記憶があって、
微妙な耳馴染みなんですがね ♪



   霜降のまざまざ弟子屈町凍る          かいう



   P1262447.JPG

                P1262449.JPG


 我が家も応急の、初エアコン暖房ですよ〜 !!!



   雨冷えの暖房稼働初めかな          かいう

   冬めくや立ち読みのごと書架に寄り




 
posted by 美緒ママ at 23:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

秋色


 この頃 …… 流石に “ 秋モード ” の進行を実感 !!
昼間そこそこ暑くても、夜は秋寒がつのる〜 ( ヒャ〜 ) 。

 そんな先週末の土曜日・18日、驚きの二ヶ月越えブランクだった ( !? ) 美容院。
いつもの美容師さんの手で、漸くすっきりカット ♪♪♪ ( ホッと癒やし〜 )

 出勤の昨日・20日は雨が降り出し、夜の冷え込みが一段と堪えて ( 泣 ) 。
雨はそのまま今日まで降っていました。
崖の葛が散り尽くし、道々の金木犀も終わりかけ、それでも紅葉は未だ …… なショボい気配。

 何となく “ 美 ” への意欲も低下してしまったのかな ?
今回驚異的に持っていたネイルが一本剥がれ、もう一本は横亀裂を来したため、急ぎリニューアルに。
お馴染みのサロン 『 bird 』 に出向いてみれば、これまた ( 何と ! ) 一ヶ月と五日目
だった !?


     折からの秋色狙いで ――

    141026_0329~010001.jpg  141026_0328~010001.jpg

   “ 微細ラメ入ブラウン ” ワンカラーに、左右一本ずつのゴールド・スタッズ ☆☆☆

   …… で癒やされつつ、 美意識 ” を充填したかも〜〜 ♪♪♪ ( 笑 )





posted by 美緒ママ at 22:13| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

俳書買う その4  泉田秋硯ワールド @


 前回のレポからだいぶ空きましたが、先月ネット通販で購入した4冊の句集。
『 犬猫大臣 』 さんのを除くと、後3冊は全部同じ一人の作になります。
兵庫県宝塚市を拠点に活躍された俳人 『 泉田秋硯 』 氏 ―― 美緒ママが二番目に所属した
結社 『 苑 』 の主宰 = 我が直々の恩師 ( 人生で師と呼べる、数少ないお一人 ) です。

 その句集、

 『 月に逢ふ 』
 『 鳥への進化 』
 『 サハラの星座 』


 届いた日から早速、飽かずに読み通しました。
その句柄は、先生自身の恰幅ある佇まいさながら堂々と姿良く、且つ闊達でユーモアと
ペーソスに溢れ、メリハリ・輪郭のはっきりした、「 あんな風に詠んでみたいなァ 」 と
常に私を憧れさせるスタイルです。

 ご縁を得て 『 苑 』 の末席に参じたのは、今から20年も昔になります。
その後 ( 義父・実母の介護がらみで ) 心ならずも休会を余儀なくされるまで、5〜6年
の間大変お世話になりました。

 かの先生ご自身の俳句キャリアというのは、披露すれば大変長くなるので割愛しますが。
『 苑 』 の俳誌に毎月記された句作品の数々、俳人としてまた主宰として “ 現代人の俳句 ” を
目指したポリシーと気構えは、私のような新米作句者をも絶えず激励し、志高く叱咤して
下さるものでした。
 そんな俳風と姿勢に惹かれ、見ず知らずの私が怖いもの無しに飛び込んでしまったのも、
自ずから先生の引力のお陰でしょう。

 もっとも本拠地 ( & 主宰居住地 ) を宝塚市に置かれる 『 苑 』 故、横浜からの参加は、
排誌 『 苑 』 への毎月の投稿、及び主宰直々の “ 添削指導 ” に限られました。
 従って、大前提は結社が毎月開く “ 句会 ( = 俳諧本来の座 ) ” への参加がスジながら、
それを果たせぬ私を、先生は大変寛容に、遠方の事情と我が儘をお許し下さったのです !
偏にそのご厚情のお陰で途中休吟もせず、投句を続けることが出来ました。
心より感謝しております。

 なお秋硯先生は 『 苑 』 主宰としてのご指導、結社の運営はもとより、ご本分の “ 俳人 ”
として、11冊の句集その多著書を上梓されました。


 初期 〜 中期の句集 6冊 ――

 『 春の輪舞 』
 『 梨の球形 』
 『 苑 』
 『 劉喨 』
 『 薔薇の緊張 』
 『 宝塚より 』

 これらは私が 『 苑 』 現役中に入手・読了したものです。
絶えずワクワクさせて下さる、スマートな諧謔味 !
こんな句柄の作家は、なかなかお見かけしません !!

 一番好きな句を挙げよと言われたら真剣に苦しんでしまう、 “ 秋硯節 ” 百花繚乱 ☆☆☆


   冷蔵庫開陳したる静物画          秋硯

   亭主関白キャンプの鍋を洗ひけり

   岐阜提灯吊らせてをりし肩車

   風紋は夜の遺書なりや雁渡

   障子張って中山道と紙一重

   気功てふ恍惚境のかげろへる

   こころざし娶りて挫折花うぐひ

   鍵付きの鞄に夏をしまひ込む

   なほ癌を養ふ死者や流れ星



 無論、後期の句柄も優劣付けがたく魅力的です。


   蛸まさか蛸壺などと知らず寝る          秋硯

   夕焼へエイホと走るサッカー部

   大罪を犯せしものか鵙の贄

   刻々の新たなる過去大旦

   標的でなくてよかりし弓始

   校名を言ふには忸怩卒業す

   青春の日にも仰げり寒昴

   なにゆゑの蛇の決心河わたる

   まぼろしの防人立てり夏怒涛

   朝掘りの筍なんと重かりし

   万緑のそこひに鬱と延暦寺

   麦踏に歩調合はせて道を尋く



 常に平明且つ格調が崩れず、俳諧味の鮮度を失いません。
拙い私の目からではありますが、本当に高品位な作家だと信じています。


                     ――― to be continued.




posted by 美緒ママ at 01:12| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

初冠雪


 昨日、 「 富士山の初冠雪を見ればもう颱風は来ない 」 とゆー言い伝えを、テレビで
聞きました。
統計を取ってみても、実際かなりの高確率らしい。
へぇ〜 ! そーなんだ ?

 斯くして、今年の初冠雪を確認された富士山。
本当に 「 颱風は打ち止め !! 」 ってなってくれるのかしら ?

 なぜなら、近頃の颱風過はハンパないですからねー ! ( 恐 )
その余波ですら甚大な災害を招きます …… 。
そのただ中の皆さんへ深くお見舞いを念じつつ、先の颱風 18 号共々、短時間で過ぎた
19 号に、ホッと胸をなで下ろした横浜です。

 しかし当日の、颱風とも思えぬ秋冷えと後の急な夏日 !!
日毎目まぐるしい気温差に、人間界はあたふたオロオロ …… 油断もなりません。
偏に 「 用心用心 ! 」 でございますなァ ( 焦々 ) 。



タグ:冠雪 颱風 日記
posted by 美緒ママ at 22:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

文房女子 !?


 15日は、上大岡の “ ペイン・クリニック ” 予約日でした。
打って変わって、雨冷えのつのった一日。
急激な気温差にマジ翻弄されますねぇ 〜 ( …… オロオロ )。



   こんなにも冷えたる雨の通院か          かいう

   エレベータ前秋霖の傘雫

   看護士ら秋の寒さを嘆きあふ

   雨冷えや高齢患者いたはられ

   先生の注射しどほし身に入むよ



 治療後、今日は 『 京急デパート 』 の文房具売り場デートになりました ♪
何を隠そう美緒ママ、けっこー “ 文房具女子 ” なんですよォ ( 笑 ) 。
( 茶緒パパは “ 調理具男子 ” ですけど ? )



   燈下親し文房女子でありし吾          



 そもそも、昔女子のあるタイプは “ 文房具好き ” でしたよね ?
殊に便箋・封筒、それから筆記具。
 小学生の頃はまず可愛いらしいノートで友達との交換日記とか、中学では綺麗な便箋に拘り
手紙を書き捲って。
その枚数がやがて十枚越えに高じ、料金が嵩むと、軽い航空便箋に切り替えて …… 。

 また筆記具も可愛いカラー・ボールペンだったり、大人ぶって渋い万年筆になったり。
ところが万年筆は、惜しむらく “ 和紙便箋 ” に滲むので挫折。
挙げ句は、書きたい文字量に手書きが追いつかなくなって、ワープロ打ちに !
これには少々顰蹙をかったりもし …… ( 汗 ) 。

 斯かる成り行きで、短い手紙は “ 和紙便箋 + ボールペン ” に落ち着いたひと頃。
実質俳句会への投句稿以外では、万年筆レスに陥っていました。

 ところで、諸々の経緯から一旦休吟してしまった “ 句作 ” でしたが。
満を持して ( … なのか ? ) 再開を期した今、抽斗の奥の万年筆が気になり始め …… 。
万年筆でまた句を記したい ! と。

 とは言え万年筆は ―― ご存じのごとく、長く放置すると ―― 忽ち書き辛くなりますね ?
筆記という行為がコンスタントに続かぬ限り、万年筆の本分は果たせかない !!
そこのハードルがなかなか越えられないのよね、素人には ( 苦笑 ) 。

 なので、道楽でも “ 常に句稿を記す ” のならば、万年筆使用の資格をクリア …… か ?

 さしあたって、長年封印されていた万年筆のリカバリーです !
手始めに 『 プラチナ 』 製と 『 セーラー 』 製の、コンディションを診て貰うべく
“ 万年筆売り場 ” へ出向きました。
 結果、店頭の洗浄処置だけで 『 セーラー 』 製が無事復活したんですよ !!
( 『 プラチナ 』 は生憎問題が生じ、要再チェックとなりましたけどね )

 ついでは茶緒パパが 『 カランダッシュ 』 と 『 クロス 』 のボールペン・レフィルを
求めて、秋の日の “ 文房具デート ” は終了したのでした〜 ♪



   蘭の香を焚くか売り場の鳩居堂          

   秋草の箋が目を引く鳩居堂



 なお隣の和文具コーナーには 『 鳩居堂 』 さんが入っていて、風雅なお香を燻らして
いました。
昔から有名な美しい和紙製品に、暫し目の保養〜〜 ☆
今度はもっとゆっくり、品定めしたいものですネ。




posted by 美緒ママ at 00:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

イイっすね〜 ♪♪♪


 昨日、もうそろそろ涼しくなったか、とずっとサボり続けていた場所を掃除しました。
ところがどうして、いつになく真面目に動けば Hot Flush の洗礼ですワ〜 !
汗が顔から床に滴り、スウェットのウエストもびっしょり冷たくなりました …… 。
そこで、エーィッとお風呂に飛び込んだワケ。

 はァ〜〜イイっすねぇ、明るい時間のお風呂って ♪♪♪
しかも湯上りに、遅ランチの 『 おでん & 発泡酒 』 と来りゃ …… も〜極楽ゴクラク ☆
 いや、実は茶緒パパ 十八番 ” レパートリーの 『 おでん 』 が、三日目の超絶良い
煮え加減だったもんで ( はぁと ) 。
実際カレの おでん奉行 ” っぷりったら、大したモンです。
「 えー ? 簡単だよ 」 と言いながら夜遅くいったん煮上げ、冷ますことで味を含ませ、
翌日〜翌々日と煮返してはどんどん美味しくするんだから ☆
決して濃い味付けじゃないのに絶妙に出汁が染みて、しかもつゆが濁らない !!!
コレは茶緒パパ絶対の自負なんですね。

 やっぱり料理もセンスなのよね〜、と ( 悪妻自分を振り返って …… 反省ッ !! ) 。



   薄味におでんを煮いて寝たりけり          かいう

   知らざりき関東煮きがおでんとは

   出色のおでん奉行に添ひ来たり

   悪妻を養ひおでん奉行かな

   濁り無きつゆが矜持のおでんかな

   諾なひぬ東男のおでん論

   おでん論ちくわぶ派なりハマ育ち

   ちくわぶの謗られてゐるおでんかな

   江戸好み上方好みおでんにも

   おでん酒東をんなもよかりしや



 ( なお俳句で 『 おでん 』 は冬の季語ですが、ここはお目こぼし下さいますように ! )




 
posted by 美緒ママ at 23:10| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

『 芳宣白磁の四季 2014 / 神無月 』  寒露


 10月8日。
二十四節気の 『 寒露 』 。
「 寒冷次第につのり、露凝んで霜とならんとするゆゑ、寒露と名付く 」 と古書にあるそうです。

 …… が、その実態は颱風後の晴れ曇り。
「 露が霜になる 」などというのとは大違い !
気候は、最早昔の基準からはすっかりズレてるってことですね。
尤も植物はその変化にも耐え、健気に花を付けてくれます。

 巨大颱風との警戒警報で、直前に庭の 『 ジンジャー 』 を剪りました。
せっかくの花時を傷めてしまうのが惜しまれて。


          P9307827.JPG



   野分より命拾ひの供花一壷          かいう



   P9307832.JPG

                P9307833.JPG

   P9307831.JPG

         P9307837.JPG

                P9307836.JPG


             P9307841.JPG


             【 器 】 高橋芳宣作 『 白磁面取花生 』
             【 花材 】ジンジャー
                  by OLYMPUS E−1



posted by 美緒ママ at 14:15| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする