2014年09月04日

新茗荷




   新茗荷ふたカケ得たり定年期          かいう



 まだ時期尚早とは思いながらも、塀際の 『 ミョウガの子 』 をお初に摘んでみました。
…… ほんの二つあまり、 “ 冷や奴 ” の薬味に。


         P9065214.JPG


 沢山穫れるのは暫く先 ―― 過年のブログ記事では今月後半だったような ?
次々と頭を伸び上げて来る “ 子 ” = “ 花芽 ” が一気に、採り切れない程になって。
摘み残したものは、程なく淡黄色の風雅な花を開き、虚ろとなるのでした。

 この強靭なる宿根草の、年々歳々いつ果てるとも知れぬ営み。
はたまた、並び棲み着いている 『 ジンジャー 』 然り !
( こちらの収穫は花のみなので、専ら 『 茶緒 』 の祭壇へ ♪ )

            P9065205.JPG


        ジンジャーを供花に賜る日照雨かな          かいう



 不肖住人が生を終え、よし住み替わられたとしても、植物は変わることのないルーティンを
繰り返すでしょう。
…… 斯くも尊く不可思議な摂理。

 ヒトの世はほんとチッセぇな …… ( 爆 ) 。



   物忘れ多発茗荷のせいにして          かいう




posted by 美緒ママ at 22:55| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする