2014年05月31日

『 茶緒 』 その後 2  動物病院、ありがとう !!


 5月初旬の記録、続きます ――――


5月9日 ( 金 )

 昼間夏めくも、依然寒暖差大 !!
五月の夜って、ふつーこんなに冷えたっけ ? …… と疑問。
そのせいでも無いでしょうけど …… 美緒ママ、風邪引きました ( 焦〜ッ ) 。

 昨日からの “ 壁塗り替え ” 工事 ―― 今朝は準備の水洗い。
予てより懸案の、天窓周りを調べて貰って。
すると、やはり要修理 !?

 …… とゆーワケで業者さんを待つため、茶緒パパ在宅となり、仕方なく美緒ママ一人で
JR の磯子まで獣医さんのお支払いに。
『 茶緒 』 が診て頂いて、かれこれ十四年弱。
とうとう最後の日が来てしまいました。
尤もお振り込みでもよいのでしょうが、私はどーしても先生方やスタッフの皆さんに挨拶が
したくて、直に出向きました。
病院をしっかり目に焼き付けておきたい、とも思ったからです。


 ウチの二代目ビアディー 『 茶緒 』 が ↓↓↓ こ〜んなちっちゃな頃から ……


  AUT10478.JPG
                 AUT10497.JPG



 …… お世話になってきた 『 みなとよこはま動物病院 』 ――


 140509_1423~010001.jpg 140509_1421~010001.jpg

                              旧称 『 永岡犬猫病院 』



 実は今日、茶緒が存命なら五月の検診日だったのです。
なので、ちょうど主治医 T 先生に、加えて一番馴染み深い受付の Nさん ( 大先生のご親戚 ? )
ともお会いできました ♪
お礼とご挨拶させて頂けて、嬉しかったです !
思えば初代 WAN の 『 麗生 』 以来凡そ二十年、三頭合わせて何人の先生方、どれほどの
スタッフの皆さんに良くして頂いたでしょう ?
本当にありがとうございました !!
この先、万一またご縁がありましたら、よろしくお願いします。
 …… とてもとても名残惜しい、 『 みなとよこはま動物病院 』 でした。



 ところで今日は、いずれご挨拶となる近所の愛 WAN さん ―― お隣の 『 シーズー 』 =
『 N 木マロン & ショコラ 』 兄弟のパパさん、それと 『 美緒 』 を殊に可愛がってくれた
おじさま、のお二人にご報告して寂しがられました。
更に夜には、 『 マロン & ショコラ 』 ママさんが花束をお持ち下さって。
お気持ち傷み入ります ( 涙 ) 。
ありがとうございました〜〜 !!!





5月10日 ( 土 )

 『 茶緒 』 後、早々出勤モードに戻った美緒ママでしたが、やはり無自覚の 痛手 ” を
負っているらしく ( !? ) 。
風邪から来たのか、体調不良をきたしました ( 焦〜ッ ) 。

 仕事帰りの駅前カフェ 『 BECK’S 』 。
ひと休みのつもりが、突然気分が悪くなってしまったんです !!
 すると事情を聞いた店員さん方が何かと気遣って下さり、幾度もお水を運んで頂いたり、
お世話になりました。
平日夜の割と空いた店内とは言え、ゆっくり休ませて頂いて助かりました。
感謝してます !!!




posted by 美緒ママ at 23:33| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする

『 茶緒 』 その後 1  端午


 5月初旬の記録、続きます ――――


5月5日 ( 月 )

 『 立夏 』 『 端午の節句 』 『 こどもの日 』 …… 。
早朝、5時18分の地震で起こされました !
伊豆大島近海が震源地とのこと。

 曇って肌寒く、常の 『 立夏 』 には似ず。
美緒ママ、早くも通常の出勤モードに戻っていました。
 日中、茶緒パパよりメール、茶緒へお悔やみのお花が届いたとのこと !
まぁ、早速にもどちらさま ? …… と思えば、 My ビア友 ” であり ブログの先生 ” でも
ある 『 じ〇〜まま 』 さんでした ♪
えー ? こんなにお早く ?
大変恐縮〜〜、済みません !!
写メールで見させて貰えば、とーーってもエレガントな白いアレンジメント ☆☆☆
ありがとうございま〜す ♪♪♪

 夜、漸くゆっくり 『 茶緒 』 にお参り。
供えられた白い美しいブーケに、ふわりと気持ちが和みました。
『 じ〇〜まま 』 さん、お心遣い痛み入ります …… 。


 ところで、我が家の お見送り ” 流儀 ―― WANの 遺髪 ” を必ずとっておきます。
茶緒のものも少量房にして数束、白の木綿糸で結わえ、梳き整え。
そして、万年筆の空き木箱に納めました。

 また 『 麗生 』 & 『 美緒 』 両先輩 WAN の写真を納めたこの ロケット ” には ……


                P1242044.JPG

  P1242041.JPG

( 三枚目の写真スペースが生憎無かったので ) 被毛を一本挟み込んでおきました。

いつも身に着けていられるようにね。





5月7日 ( 水 )

 朝晩冷え、昼間は晴れて暑い !
茶緒パパ & 美緒ママ、散歩がてら保健所へ、 『 茶緒 』 の “ 登録抹消 ” 届けのため。
そこから 『 いたち川 』 沿いを散歩の予定が、 JR の H 駅から大船行きに変わりました。
界隈を何となく ぶらり ” です。

 帰路 H 駅前では、何と ビア友 ” の 『 N 崎ワイ君 』 ママに遭遇 !
『 茶緒 』 のご報告をさせて貰いました。
お手紙を出さなねば、と気になっていたから、助かった〜 ♪
茶緒のお引き合わせかも ?
すると、先代 『 ハイ君 』 ( = 茶緒の異母兄ビアディー ) を思い出して、お優しいママを
すっかりウルウルさせちゃった ! ごめんなさいッ。
こちら・美緒ママは殆どキてないんですけどね〜 ( 大汗 ) 。
 嘗て 『 ハイ兄ちゃん 』 時代にはお宅で遊ばせて貰ったこともあり、可愛がって頂きました。
ワイ君ママ & パパ、どうもありがとうございました〜 ♪♪♪





5月8日 ( 木 )

 晴れると暑く、されど朝晩の冷え込みただならず !!
我が家では、今日から家の “ 壁塗り替え ” 工事が始まります。
手始めに “ 足場組み ”。
やや遅出勤の時間まで、周りの片付けをしていて “ 蚊 ” に刺された〜 !!
あッ、 初蚊 ” だったかも ?

 茶緒の居ないこの季節が、どんどん進んで行きますね …… 。


              P5235076.JPG





posted by 美緒ママ at 22:23| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

『 茶緒 』 のこと 4  柿若葉の空 


5月4日 ( 日 ) の記録です ――――


 『 茶緒 』 に付き添ってひと晩寝ずの夜明かしをするつもりが、前夜からの起き続けが
祟って美緒ママ、流石に Give up !!
明け方短い仮眠を取りました ( ため息 ) 。

 起きて窓を開けると、ひんやり清々しい朝 !
やむを得ぬ急なせわしさに追われていて、数日ぶりに庭に出たら、柿若葉の空が何と美しい
五月晴れ !?
こんな気持ちのいい日でよかった〜 ♪
茶緒にお線香を継ぎ、水を替えながら、またと無い麗日に感謝します。
大切大切な貴女を送るのに、どんより暗い日なんて絶対嫌ですもの ! …… ねぇ ?

 朝の雑事を済ませ、あとは茶緒と過ごす。
見れば見るほど綺麗 ―― 14歳の高齢とはとても思えぬ被毛だよね !!
タカが犬とも侮れません ☆
嘗てのビアディーらしさが戻ったようだわ。
本来の茶緒に立ち返ったのよ ♪
この最晩年、しっかりした視覚・聴覚・知覚を失い、認知度を深めていた 貴女 ” ……
その 見知らぬ犬 ” のようだった有様から、貴女は立ち戻って来たんだ !!
手を差し伸べれば、危害を加える敵と過ち、牙を剥き威嚇するようになってしまった
悲しい心 ” から目覚めた如く ♪♪♪

 先日、点滴されながら抗う気力の無いのをイイことに ( ごめんね〜 ) 、ママは “ おとかし ”
に命懸けましたよ !
ふつーなら絶対触らせない手先・足先・口もと・喉もと、耳もと …… そして殆ど全身。
朝から一日の長い点滴中、全身全霊を込めてお梳かしに専念しましたよね ―― なぜなら、
そーさせて貰えるコトこそママ自身の喜び、至福 ♪
まして “ ビアディー ” とゆー生き物をあるべき美毛に保てず、 ( よし、貴女自身の反発から
ではあったとしても ) 悲しき “ 毛玉女王 ” に貶めてしまった “ 悔恨 ” は、 “ 懺悔 ” 以外の
術もなく …… 。
間に合って良かった、命あるうちこのコを甦らすのが !!

 傍目にも驚きでしたでしょう、たった一本の金櫛で犬が生まれ変わったのですから ☆☆☆

 …… ただ、たった一つ私に叶えられぬことが有りました。
それは、何日もの寝たきり、且つそれ以前から無理を強いられずシャンプーしてやれなかった
“ 下半身 ” 。
 ところがその部分を、 ( 眠りについた後ながら ) T 先生が洗って下さったのです !!
それはもしかしたらこの病院で、 「 見送った患者さんをおウチにお帰しする、最後の手向け 」
なのかもしれませんが …… 。
その様子を茶緒パパが見つけ、私たちは感動しました。
亡き子を引き取る飼い主への、何よりのお心遣いと感じました。

 帰宅した茶緒は、おシ〇も後ろ脚もサッパリ綺麗で臭いすら有りません。
改めてその部分も梳かしてやりながら、 T 先生と 『 みなとよこはま動物病院 』 の皆さんへ、
私は胸の内でお礼を繰り返していました。

 この4日の朝までに、四脚の指間、パッド ( 足のひら ) の毛玉や汚れをすっかり取り除き、
足先の毛先も綺麗に整えました。
そうしながら、本当に涙は出ませんでした。
なぜって、この、最早 今 ” しか残されていない貴重な瞬間瞬間を、泣いて有耶無耶にして
しまうなんて !?
勿体なさ過ぎるーーッ !!!


 ところで、我が家の初代 WAN 『 麗生姉さま 』 の時から恒例のように、市営斎場へ発つ
まで、茶緒の枕もとも、何やら アイドルの楽屋 ” みたいな賑々しさでした ( 笑 ) 。
私たち = 茶緒パパと美緒ママ、それぞれの好みに合わせた供花をひと束づつ。


         DSC_9645.JPG


 それから、パパの叔母さんが急遽お庭から摘み集めて来て下さった、素敵な季節の花束も
爽やかに供えられました。


         DSC_9631.JPG


 みんなの想いに囲まれて、茶緒は穏やかに眠っているようでした。



 この日12時30分頃、お花畑のような花々に埋もれ、パパ & ママや思い出の愛車たちとの
写真、大好物のご飯やおヤツと一緒に、茶緒は我が家を後にしました。

 そうして14時頃、白い包みを抱えて 『 バブリー君 』 の助手席に美緒ママ。
そのたった一つの心意気 ! ―― 本来 “ 慎みの証し ” のパール・ネックレス。


              131120_1506~010001.jpg


 けれど今日は “ 悲しみの証し ” にあらず ! 美しかった貴女を 讃える証し ” ☆
この麗らかな皐月晴れの日、私たちを苦しませることも少なく、穏やかに見送りを全うさせてくれた
世にも 飼い主孝行な娘 ” !!
そんな貴女へ 感謝の証し ” ☆☆☆


   131120_1505~010001.jpg

              131120_1503~010001.jpg




 ちょうど14歳1ヶ月目の今日、茶緒はお空へ帰ったのでしょうか?
とゆーか、もう昨日帰っちゃったのかな ? それともまだ暫く居るの ? ―― 実のところ
よくわかりません …… ( 苦笑 ) 。

 尤も、我が家で “ 娘 ” たちはずーっとウチに居ります。
余所へ行くことは無い、と考えているんですけどね。





posted by 美緒ママ at 21:10| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする

『 茶緒 』 のこと 3


 5月3日 ( 土 ) の記録です ――――

 晴れ。
茶緒の呼吸異変が続いたため、朝7時過ぎ 『 みなとよこはま動物病院 』 へ急行。
夜中に電話相談させて貰った KD 先生、そして主治医 T 先生に受診しました。
聴診の結果、『 心不全 』 から重篤な段階 = 『 肺水腫 』 に至っていることがわかり …… 。
即ち、胸水が肺の中まで浸潤した状態。
夜中の呼吸の軽い “ ゴロゴロ ” 音の、まさに下手人です。
ド素人は 『 誤嚥性肺炎 』 にばかり、ビビッてたんだけれど …… 。

 しかし何れにせよ、至ってしまった段階は仕方のないこと。
“ 出来るだけ辛くない状態へ改善 ” の手立てを講じて頂くばかりです。
 直ちに呼吸改善 ( 鼻詰まりの解消・酸素吸入等 ) 、強心剤・水分補給の点滴がなされました。
その上で、午後に落ち着いたら 「 “ 胸水を抜く ” 処置 ( = 最終の手段 ) をしましょう 」
と T先生からお話がありました。
この “ 胸水を抜く ” 処置は、少し前にも検討されたのですが、その処置自体の危険度を案じて
保留になっていました。
確かに体調の如何では、致命的な結果を招く恐れがあったからです。
 が、このことも、先にやっておけば良かったのか ? …… と悩ましいところでしたが ( 汗 ) 。
それは結果論。

 と、そんな風に人間サイドが揺れ動く間、当の茶緒はしだいに呼吸が楽になったのか、少し
元気を取り戻して見えました。
点滴をされながら、顔の前に被された “ 酸素吸入 ” マスクを、うるさそうにのけ、床に
敷いたマットの上を這い動き出したのです。
私たち・パパ & ママが交代で、裏山のウッドデッキへブランチしに ( 今朝はご飯どころじゃ
なかったからね … ) 行っている間も、けっこう動いていたようで。
パパのご飯中には、しきりと立ちたがるので、トイレか ? と、ママが支えてあげていました。
はァ〜重いよー ( 苦笑 ) 。
 ただ前に点滴した折のように、実際の排泄がスムーズに為されず …… よもやソレも機能低下 !?
しかし格別辛そうにも見えず、うとうとし始めたのはちょっと疲れてひと眠り、かなァ ? 、と
チラ見しつつ、隣のソファーの 『 柴犬 MIX 』 オーナーさんとお喋りしていました。
 その朝 “ 点滴サロン ” には、数頭の患 WANS と飼い主さんたち ―― その 『 MIX 』
連れ、小型 WAN & パパさん、途中で退出した大型 WAN 『 サモエド 』 二頭連れのご夫婦が
おられました。

 先生方は通常の外来対応の忙しさの中、折々点滴の状態を確認にいらしていましたが、よもや
そこに居た誰にも、次に起こる事態は予測し得なかったでしょう。

 12時40分か45分頃、茶緒パパがいきなり気付きました !!
「 なんか、息してないんじゃない !? 」
「 えッ ? 」
咄嗟のリアクションに困じました。
すやすや見えていた茶緒の、シンと動かない体 …… 。
―― あぁ、そうか、そうなんだね ? 茶緒 ――

 急いで T 先生を呼ぶと、驚かれつつ確認して下さいました。
茶緒は眠ったまま、何の衝撃も無く終息していたようです。

 涙はありませんでした。
引き留めたいとも思いませんでした。
―― 良かったね、茶緒 ――
と身体を撫でてやりました。
それが最高のねぎらいです。
彼女が強いられていた “ 病苦 ” より、漸く解き放たれたからです。

 茶緒パパは “ 涙々 …… ” でしたけど …… ね …… 。



 「 点滴を外しますね 」 と T 先生。
「 おウチへ帰るお仕度をしますから、暫くお待ち下さい 」
優しそうな T 先生をお辛くして、こちらが申し訳ないようです。
「 大丈夫ですから 」
と答えて、荷物を纏め、周りの飼い主さんたちに挨拶をしました。
皆さんこそ、さぞかし驚かれたでしょう …… 申し訳ありません !!


 茶緒の身体はストレッチャーに乗り、奥のエレベーターで通用口へ出ました。
そこから駐車場の 『 バブリー君 』 まで、 T 先生が押して運んで下さいました。
 別れ際、「 短い間で、何もしてあげられなくて …… 」 と先生。
いぇいぇ、そんなことはありませんよ !!
先生に巡り会えたのも、きっと幸せの一つでしょう。
ありがとうございます。
お世話になりました。




 帰り道には、顔見知りの花屋さんでお花を沢山買いました。
15時頃、茶緒帰宅。
リビングにタオルケットを敷いて寝かせ、保冷剤をあてがい、今年お初のクーラー稼働です。
私たちには、少々寒かったけれど …… ね。





posted by 美緒ママ at 17:47| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

『 茶緒 』 のこと 2


 5月初めの記録です ――――


5月1日 ( 木 )

 雨後の晴れ〜曇り、強風。予報の割にやや暑くなりました。
今朝も8時半過ぎに病院入り、いつもの 点滴サロン ” で三回目の点滴です。
『 心不全 』 治療薬 = 強心剤 『 ミルリーラ 』 、栄養液 『 ビーフリード 』 。
21時まで点滴で、帰宅が22時近くなりました ( 汗 ) 。

 この日、茶緒は終始ぐったり寝ているだけ。
点滴で多少とも改善がはかられてる、と信じたいけれど。
乃至は、せめて現状維持されていることを祈る!!

 唯一の収穫が、あまりに暇な “ 点滴付き添い ” のため、美緒ママの一案。
茶緒がおとなしい ( とゆーか、抵抗する気力も無い ? ) のをコレ幸いと、このところゼンゼン
やらせて貰えなかった “ 美緒ママ美容院 ( 毛玉ほぐし + おとかし ) ” を敢行することに
したのです !
昼前から、点滴中ずっと休みなく徹底的に梳きほぐしました。
使うのは愛用のステンレス櫛たった一本。
まず ( 一部毛板と化した !? ) ぶ厚い毛玉を丹念に小分けして、櫛の歯先でキレイな毛の方を
根元から拾って梳き抜く ―― 手首のスナップを利かせた 美緒ママ流グルーミング・メソッド ” ♪
現 全身毛玉女王 ” 茶緒と対決するのは、実質途方もない根気作業なのだけれど。
でも出来るンです、この超不精モノの美緒ママにして、 WAN のおとかし ” だけは別 !!
それはまたとないストレス解消・サイコーの癒やし ☆☆☆
…… そう、少なくとも WAN がおとなしく、自由にさせてくれれば幾らでも。
近頃の茶緒のようにひと櫛入れれば嫌がって抵抗し、歯を剥き威嚇したりしなければね ( 汗 ) 。
それ程、悲しくてやりきれぬことは無かった ( 涙 )。
だからやり遂げましたよ〜〜、夜まで掛かって !!
ゴミ入れのスーパー袋に毛玉が一杯、クッション出来そうに溜まって。
完成〜〜、すっごい感動ーーーッ !!!
一年ぶり ( ? ) の “ サラッフワッ・ビアディー ” 復活で〜す ♪♪

その変貌ぶりには、 T 先生もビックリ !
「 …… キレイになるんですね〜 ? 」 と。
( そー言ゃ T 先生、キレイな茶緒をご存じナイ…… ) 。
「 えぇ、そーなんです、とかせば光るンですよッ 」 ( 笑 ) 。

 その時 点滴サロン ” に同室の患 WANS’ 飼い主さんたちも、犬の被毛とゆーモノが
こんなに豹変するのを見たことも無かったでしょう ( 爆 ) 。

 けれど、つまりそのせいだよーー !
美緒ママ、腕と手首の筋肉痛は〜〜 ( 泣 ) 。




5月2日 ( 金 )

 晴れて暑く、夏日。
昨日の “ 茶緒全身おとかし ” 中、ズーッと変な姿勢だったせいか足腰までの筋肉痛に、鞭打って
美緒ママ一日出勤です ( 汗 ) 。

 一方付き添い看護の茶緒パパは、昨日、在宅対応に指示された 『 治療薬 』 『 栄養液 』
『 水 』 をシリンジで含ませる方法を頑張っていました。
しかし残念ながら、茶緒自身の消耗度は否めません。
 夜になって、 “ 咳き込む ” さまは依然見られないながら、呼吸が明らかに変でした。
実は私は、処方された液体をシリンジで飲ませる手際 ―― それが最悪の “ 誤嚥 ” に繋がる恐怖感を、
どうしても拭えなかったのです。

 それから深夜、寝室に上がる茶緒パパがふつー抱いて行く茶緒を、動かすのが辛そうで、下の
居間に置くことにしました。
従って、美緒ママ寝ずの番 !
すると、茶緒の呼吸は苦しそうになったり、一時落ち着いたり、を繰り返すのです。
呼吸の荒さと 誤嚥性肺炎 ” への恐れに思い余って、ついに深夜2時頃、病院の夜間電話へ連絡。
当直の先生に “ 危険度 ” をお訊きしました。
結果、最緊急の チアノーゼ ” が見られなかったため、
「 朝一番の来院でよいでしょう。ただし悪化したら、すぐにいらして下さい 」
とご指示頂きました。
夜間救急 ” は現在基本的に謳っていない病院ですが、イザという時のご配慮にはついつい甘えて
しまいます ( 汗 ) 。

 斯くして明けた早朝、急ぎ通院となったのでした。





posted by 美緒ママ at 16:32| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

青葉冷え


 4月30日の記録です――――


 今年の一大イベント = “ ロベン・フォード来日週間 ” が過ぎようとする頃、 My 花壇は
『 シラー・カンパニュラータ 』 の薄青い茂りにきっと満ち溢れているだろう ―― 今年こそ !!
そう期待して疑わなかった。
ところが …… 開けてびっくり玉手箱 !?
青葉冷えの雨にしょげた花壇には、数本の花茎が辛うじて立ち上がり、とぼしい青花を震わせて
いるばかり。
元気良く茂った葉叢はゆうに十株を越えているのに ?
一体どうした事態 !?


  P4304989.JPG P4304988.JPG

         P4304987.JPG

         P4304983.JPG

         P4304984.JPG

         P4304985.JPG

           次の年こそ、切に花盛りを祈ります!!!




 それに引き換え、薔薇たちは頑張る ♪
隣り花壇に、花付き目覚ましい 『 スカーレットちゃん 』 ☆
こんな房咲きに伸び広がるなんて ? …… 想像もしていませんでした。つくづくも 名無し ” が
惜しい〜 !!
 

             P4304992.JPG

  P4304991.JPG P4304990.JPG




     鉢植えの 『 Love ( もどき ) 』 にも、なかなかアーティステックな蕾が ♪

         P4304995.JPG

             P4304994.JPG




 こちら …… 随分と案じられた『長崎ラヴェンダー』さんも、漸く蕾のモトを覗かせています。

             P4304993.JPG



    茶緒の看取りの疲れを、ほんの束の間ながら癒やしてくれる庭でした …… 。




 
posted by 美緒ママ at 02:40| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

『 茶緒 』 のこと 1


 再び4月下旬の記録です ――――


 美緒ママ' s 今年一番の大イベント = “ ロベン・フォード来日ライブ週間 ” が始まる
ほんの少し前から、我が家の 『 茶緒おばば 』 ちゃんの体調に異変が見え始めました。

 もともと問題の心臓 『 不整脈 』 と進行中の 『 認知症状 』 には慣れてたんですが …… 。
それ以外の致命的なトラブルの発症が、あんまり急で驚きました。
所謂 “ 咳き込み ” ―― 先代主治医 K 先生から毎月執拗な程 「 咳は出ませんか ? 」 と
聞きただされていた、決定的な症状だったようです。
後から思い返すと 「 軽く出ていたかもしれない 」 という兆候が、急に激しい繰り返しとなり、
食欲と体力を失くして、自力で起き臥しもならなくなりました ( 泣 ) 。




4月25日 ( 金 )

 前日からの咳の連続が悪化、急遽夕刻の予約を取った 『 みなとよこはま動物病院 』 へ。
指定時間の16時前着。
主治医 T 先生に受診するも、かなり混んでいて、対応の点滴が18時からでした。

 見立ては以前からの心臓肥大、元凶たる心房の収縮不全と僧房弁の閉鎖不全による胸水〜腹水。
『 急性心不全 』 ―― 老 WAN 典型の心臓トラブルのようでした。
嗚呼、コレですね ? 嘗て K 先生が恐れておられたのね !!
「 やっぱり来ましたか …… 」 とゆー感じ ?

 メカニズムの詳細は略しますが、この溜まった余剰な水分 ( 肺を圧迫する、染み出た血液や体液 )
を排出させるため、矛盾のようですが点滴が必須でした。
兼ねて大切な水分補給と、同時に強心剤 『 ミルリーラ 』 や ( 口から摂る食事代わりの ) 栄養液
『 ビーフリード 』 の注入。
兎に角こうして、胸水・腹水を流し出すのが先決 !
…… とゆーことで、夜まで点滴が続きました。

 結局、帰宅は21時過ぎ。
予想も経験知もあまり無かったことで、付き添いに疲れました …… ( ため息 ) 。
当の茶緒は、幾らかでも良くなったのかしら !?
 そう信じたい …… けど ( 汗 ) 。




4月28日 ( 月 )

 前回の点滴以降、あれほど酷かった咳込みが治まって見えました。
朝早起きして、病院へ。
午前8時に出向いてまた夜まで、前回同様、院内の広いソファー室 ( 点滴サロン ” ? ) にて
10時間近い点滴となりました。

 『 急性心不全 』 とゆー状態では、最早 ダメもと ” なのかもですが ( グスン ) ……
まァ、兎に角試せる治療を先生に委ねる他ありません。

 それにしてもずーっと病院で付き添ってると、パパ・ママさすがにシンド〜〜 !! ( 大汗 )




posted by 美緒ママ at 02:24| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

毎度お馴染み 『 関内 』 詣で ”


 5月も早や21日、二十四節気の 『 小満 』 です。
このところ夏日が続いていたのに、今日は急な涼しさ。夜来の雨風が冷たく感じられます。

 細かに吹き降る雨の中、恒例の 『 関内 』 詣で。
N癌 ” の六ヶ月検診のため、 『 神奈川県予防医学協会中央診療所 』 へ行って参りました。


         140521_1515~010001.jpg





  幸い無罪放免の帰り道には、 『 横浜公園 』 の噴水際にフレンチ・ラヴェンダーが賑やか ♪


      140521_1518~010001.jpg  140521_1520~010001.jpg




          止みかけた雨の、雫を纏う鉢薔薇にも目を惹かれて ☆


              140521_1516~010001.jpg

          ブームの 『 ピエール・ド・ロンサール 』 に似ているけれど?





posted by 美緒ママ at 22:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

ROBBEN FORD ― A DAY IN NASHVILLE ― ライブ観戦記 ☆ 続


 4月27日 ( 日 ) の記録、続きます ――――


『 ROBBEN FORD ― A DAY IN NASHVILLE ― 』 “ 観戦第三夜 ”

 この “ ロベン来日ライブ ” レポは、ワタクシ・美緒ママにとっての或る大きな満願成就を記して、
終えたいと思います。

 ラスト・ステージのハネた後、私にはまだし残したことがありました。
生憎サイン会の無かった当夜、ロベンとの個人的な面会を取り付けなければなりません。
半ば諦めていたところへ 「 OK ! 」 の返事。
運に見放されなくて良かった〜〜 ♪♪♪

 ほぼ一年前 = 昨年の来日に当たって始まった、私の “ 分不相応なる ( ? ) 企て ” ――
ロベンへの特別なアプローチ = “ こころの分野 ” に関する贈り物。
尤もその贈り物がロベン自身に辿り着くには、 ( 有名人であるが故 ? ) 長い時間を要しましたが。

 成果は今年になって、ロベンからの “ お礼メール ” がもたらしてくれました。
その上で、“ 受け止めていただいた ” お礼を直接伝えたいと願ったのです。

 『 Robben Ford 』 なる若いギタリストと三十余年前に出会い惹かれ、長い時空を
隔ててなお “ 音と存在 ” が心を離れず、よりいっそう強固となった来し方。
その存在への感謝を、いちファンとして表したかった。
するとその顛末は、殊更 “ こころの分野 ” に踏み入ることとなり、徒疎かには扱えなくなって
いました。
今、経緯を書き留めておくのは、私自身の気持ちの整理のため、確認のためでもあります。

 かの贈り物 ―― “ 唯一無二のサプライズ ” とまでは申しませんが ( 笑 ) 、しかし勿論特別に
誂えた Only One。
私が或る関わりでお近づきになれた陶芸家 『 小林東五 』 師の “ 書軸 ” です。
この老師が書家・篆刻家としても名を馳せていることは、お茶や数寄の世界では周知。
禅僧を父とし幼時より薫陶を受け、禅道への造詣深さで敬われておられます。
というのも茶室で床に掛ける最高位の書軸は、禅僧の直筆ないしは “ 禅語 ” !
 そうした東五師の、優れた “ 書 ” を親しく頂戴したりするうち、突然閃いたのです !! ――
“ 禅語の書 ” ほど、ロベンへ Special なプレゼントって無いんじゃない ?
敬虔な仏教徒であり東洋や日本にも通じると聞く彼なら、驚き喜んでくれるかも ?

 斯くして、選ばせて頂いた禅語 『 健 如 石 』 ―― 健やかなること石 ( = ダイヤモンド
= この世の最も尊い宝玉 ) の如し ―― 何とよき言葉 !?
直々東五師にご解釈頂いた時、私の心は定まりました。
これぞまさしくロベンへ捧げる願い、 祈りの形代 ” !!



  P5186839.JPG  P5186844.JPG

         軸装は東五師ご推奨の京表具師 『 土橋芳華堂 』 さま。
    “ 三段表具 ” という本格的な様式にて、昨年5月16日に仕上げて下さいました。


         P5186843.JPG

           用いた布地も非常に貴重な織物、とのこと!

             P5186841.JPG

       実物は誠に美しい金茶色です ( 画像で再現しきれないのが涙 …… ) 。
       ましてロベン好みの “ Brown ” だったという、サプライズ !?



 Robben Ford という “ アーティスト ” 且つ “ 信仰者 ” 、そして伴侶 ( おそらくは
信仰の同士でもある ? ) ご愛妻 Anne Kerry 夫人 ―― お二人の人生の全てが、
「 この地上の最も美しく尊く堅固なダイヤモンドのように、健やかで確かでありますように !! 」。

 なぜって、夫人と共に在る信仰の日々が健やかでなければ、ロベンの素晴らしき音世界は生まれ
続けない気がするから。
だって私、困るんですッ、彼の輝かしき音楽が失われるのは !!!

 って ? …… 嗚呼、結局はアタシのエゴじゃん !? …… ( 冷や汗 ) 。


 それにしても、そもそもは私自身が “ 老い先 ” を意識し出したせいです。
来し方の “ やり残した悔い ” に苛まれぬためには、何をするべきか ?
今動ける内に !!

 無論、躊躇いも小さからぬ企てでした。
最後の最後まで自問しました ―― こんな烏滸がましいアプローチ、世界的な有名人にしちゃって
イイの !?
 そんな中、まず背中を押して下さる方がおられ、踏み出す勇気を貰いました。
浅学だったお茶や禅の知識へご助言、複雑な表現の英語訳にも多大なお力添えを得ました。
まして縁もゆかりも無いアメリカのその筋へ、仲立ちを引き受けてくれた友人 『 I 君 』 に
感謝は尽きません !
どれだけのお力が私を導いてくれたか ? …… 本当に数え切れないのです !!


 斯く数知れぬご尽力の結果、私はこの夜、楽屋前でロベンに再会しました。
去る23日にご挨拶だけはしていたからか、彼は名前ですぐ思い出して下さり、ふわりと握手。
「 あの “ calligraphy ( 書 ) ” は …… 」
と切り出されたもんだから ―― Amazing !!
「 僕の “ 礼拝室 ( shrine room ) ” にありますよ 」
と言って下さったようです、メールの通り。
…… おぉ、そーなんだ ! 夢じゃないのね ? あの尊い禅の心が美しい 掛け物 ” の姿で、
貴方に伝わったんですね ?

 すると、ファンはも〜ダメッ ( 汗 ) 。
瞬時に正気は吹っ飛び、 『 ロベン・フォード氏 』 はたちまちソフト・フォーカスに包まれた
『 ロベン観世音菩薩 』 となって後光が射していました ( 笑 ) 。

 それでも過去の轍を踏むまい、と頑張ったんですよ〜、ワタシ !!
何とか、お礼を、そしてまたの来日をずっと待ち続けます、とお伝えしました。

 最後にサインをひとつとツーショット、極上の笑顔を頂いて、楽屋へ見送った彼 ――
『 二十世紀のトップ 100 ギタリスト 』 の栄誉に連なる、世界的な Blues Fusion 
Virtuoso ☆☆☆ Robben Ford ☆☆☆

 生きていて良かった !! …… と心から思えたひと夜でした。




posted by 美緒ママ at 23:11| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

ROBBEN FORD ― A DAY IN NASHVILLE ― ライブ観戦記 ☆ No.3


 4月27日 ( 日 ) の記録です ――――



 『 ROBBEN FORD ― A DAY IN NASHVILLE ― 』 観戦第三夜 ”

 花の “ ロベン・フォード週間 ” も、遂に遂に “ 最終日 ” を迎えてしまいました〜 ( 涙 ) 。


         『 COTTON CLUB 』 2nd set
                       開場 18時30分
                       開演 20時
                       終演 21時25分

         140427_1850~010001.jpg

              140427_1847~010001.jpg

              どちらもボケボケですね …… ( 汗 ) 。




 この夜は、また 『 I 君 』 がご同伴 ( お忙しいのに度々スミマセン !! ) 。
彼を通じて、今夜何とか、ロベンとの最後のコンタクト・チャンスを ! とゆー目論見です。

 ちなみに席は、少々遅く並んだせいで、ロベン側 ( ステージ左 ) を逃しました。
が、右端二列目 = オルガンの 『 リッキー・ピーターソン 』 さんドまん前な、それなり良い席
でしょう ♪
音場が昨夜より遥かに良くて、結果的にはラッキーだったかも ?

 当のステージは、 “ 東京ライブ ” のまさしく最終だっただけに、すっかり馴染んだメンバーの
リラックス感と、且つ “ ラスト・スパート ! ” 感も満喫出来たし。

 ロベンのコスチュームはとゆーと、こちら ↓↓↓ の通り初日と同じで、無造作感満載 ♪ ( 笑 )

 http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/robben-ford/



 では、映像と共に セットリスト ” ( だいぶアイマイながら …… 泣 )

 1.FAIR CHILD

 2.MIDNIGHT COMES TOO SOON

 3.TOP DOWN BLUES

 4.OH,VIRGINIA

  http://www.youtube.com/watch?v=QD8wiXdU43E


 5.ON THAT MORNING

  http://www.youtube.com/watch?v=GC1vQYc8JLU


 6.PEACE ( 違ったかも !! )

 7.FREEDOM

  http://www.youtube.com/watch?v=ROqP9LOb-ms


 8.CHEVROLET

 9.THUMP AND BUMP


[ encore ] 超ウレシい2曲〜 !!

10.FOOLS PARADISE

  http://www.youtube.com/watch?v=BFxekg8glwU


11.JUST ANOTHER COUNTRY ROAD


 アンコールに二曲持ってくるなんざちょっとニクいし、殊にしっとりジャジーでアダルトな
『 FOOL’S PARADISE 』 から 『 JUST ANOTHER COUNTRY 
ROAD 』 のファンキー・ノリへアゲたとこも粋だわさ ♪

 ヤりましたねッ、ロベン・バンド !!
ファンにはまたと無いフィナーレ ?
いゃ …… そりゃァ何十曲聴いたって、充分な長さなんて無いのだけれど ( 苦笑 ) 。
取り敢えず気分のいいピリオド、ってことで今夜のおいとまを交わせた、ファン & アーティスト。
勿論、必ずやまたの逢瀬を念じて !!!

 スタンディング・オベイションの後は切ない空虚 …… 。
しかし性急にステージで始まった機材撤収に、忽ち色めくマニアたち !
ギターや運搬用に解体されるロベンのアンプ・セッティングに、カメラが群がります。
おツレの 『 I君 』 も近寄って見物。
「 アンプはレンタルなのかな ? 」
すると作業中の女性従業員が、 「 いいえ〜、全部ご自分のです ! 」 。

 おぉ〜、やっぱそーなんだよね、ロベン !
かの伝説的な自前アンプ ―― 時価数百万円は下らぬと伝わる ( ? ) 『 DUMBLE OVER
DRIVE SPECIAL 』 を、ほぼ毎回運んで来る ! 誠におっそろしい事情なのだ ( 汗 ) 。
受け入れ Venue の関係者はさぞ肝の冷えるコトだろう ( 爆 ) 。

 が、ココにこそロベン美音の秘術〜〜 ☆☆☆
ファンを魅了する魔法のミナモト ♪♪♪


 ところで今宵のステージに酔うさなか、一抹の寂しさに捕らわれました …… この夢のような
ロベンの姿は、煌めく音世界と共にやがては失われて行くのだな、と。
それは道理。
されど何らかの術がどうか末永く、記録し留めてくれますように …… と。


                        ………… to be continued.




posted by 美緒ママ at 13:10| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする