2013年10月11日

栴檀の杜國


 “ 颱風過の爽やかさ ” に与れなくなって、何年になるでしょうか。
殊に今秋は異常に暑い。
暑過ぎるッ !! ( … って、夏から言い飽きてるがな )

 昔、颱風過の青空には微妙な ―― もはや滅びの季節へ向かうんだなァ、みたいな ―― 切なさを
感じた気がします。
そんな記憶の中に在ったのが、 『 栴檀 ( センダン ) 』 。
この木を、近ごろとんと見かけません。
嘗ては実家の門脇で、いつも見上げていたモンです。
「 栴檀は双葉より芳し 」 とか云われる割にゃ実質ジミ〜な木で、カミキリムシがよくたかって、
颱風後には乏しい実をパラパラ落としていた …… くらいな印象 ( 苦笑 ) 。

 ところがどっこい、俳聖 『 芭蕉 』 の愛弟子 『 坪井杜國 ( つぼい ・ とこく ) 』 の手に
かかると、

 「 霜の朝せんだんの実のこぼれけり 」

 なァんて、芸術作品へグレードアップされちゃうから不思議 !


 はぃ、美緒ママ、ン十年俳句をカジっていて、けっこー沢山の情報を得ております。
ご存知、芭蕉大先生に関しても、ね ♪
まず “ トリビア その1 ” ―― この先生を 『 松尾芭蕉 』 と呼ぶのはちょっと待って。
『 芭蕉庵桃青 』 或いは 『 芭蕉 』 のみ、が正しいから。

 実はこの先生を、特別好きでも嫌いでもないわたくしメですが、周辺の多彩なことどもの面白さに
目からウロコ〜 ☆
お弟子たちのコアな情報もまたツボッ !

 この杜國さんも芭蕉先生のお弟子中で、なかなかに際立っています。
先生が全国行脚の内、尾張名古屋で 『 蕉風 ( 芭蕉スタイル ) 』 を確立した記念すべき座に、
連なった若き精鋭の一人でした。
 当時知識人やインテリ武士 ・ セレブな豪商たちが支えていた尾張俳壇でも、杜國さんはかなり
格式の高い大だなの若主人だったのです。

 豪壮な商家が軒を連ねた名古屋御園町に、広大な店屋敷を構える米問屋 『 壷屋 』 ―― それが、
杜國 ( = 坪井庄兵衛 ) が父 『 隠斎 』 より託された身代。
受け継いだ若 “ 主人 ” はまだ三十前です。
それでも、斯かる大だなを負う器量と教養を備え、諸芸に通じ、心根も優しい人格者と伝わります。
加えて少年時代より俳諧の才気目覚ましく、京の宗匠にさえ驚かれた、とゆー逸話が残るそうな !
 そんな “ 二ぶつも三ぶつも ? 与えられていた ” 杜國さん、更に極めつけが、何と ! 女と見紛う
美貌ってんですから ( … マジかよッ !? ) …… ヤバい ☆☆☆
へぇ〜〜 ッ ?そんなドラマみたいな筋書きあるんかいな ? ( ムフフ )

 っと、そこで驚くのは早いよッ。 …… “ トリビア その2 ” !!
この輝くばかりの若旦那に一目惚れした、他ならぬ芭蕉先生〜 ☆
勿論句の見どころが上々、と認めたのでしょうし。
まァ、何たって時代は江戸期元禄。
ひとかどの人物が優れた目下男子を寵愛するは、寧ろ美徳。
まして “ 師弟の情は恋に似る ” ってゆーし ♪♪ ( はぁと )

 嗚呼、世にも “ 煩悩な ” お方だったんですね ? 杜國さん !
あんまり煩悩過ぎて、ここじゃ語りたくても語りきれませんって〜 ( 大汗 ) 。


 ところが、そんな杜國さんに予期せぬ過酷な運命が待ち受けていました !!!
突然商売がらみの大罪に問われ、尾張から追放の憂き目を見ます ( 泣 ) 。
当然莫大な身代は全て召し上げ、彼は身ひとつで隣国・三河の伊良胡崎へ隠棲しました ( そこは
一説に 『 壷屋 』 の手代の郷里という ) 。

 むろん芭蕉先生も、 “ 想いびと ” の悲運に驚き心を痛め …… 。
が、おいそれと近付けぬ “ 罪人 ” の定め ( 涙 ) 。
ほとぼり冷ました二年後、漸く訪なうのでした。

 その折の再会、旧交を暖める師弟 …… 。
更にこの時交わした約束を果たし、翌春 “ 吉野〜高野の花見行脚 ” ―― 後に 『 笈の小文 』 と
題される紀行文に至るまで。
煩悩全開な空気感漂うお二方 …… ( 萌え〜☆ ) 。

 それでもこの師弟の精神性は、高い教養に基づく暗黙の了解、言外の共感、打てば響く即興の
応酬、その瞬発力を以て、高度な詩歌文芸 “ 連句 = 俳諧 ” を研鑽していました。
その巻頭の第一句 = “ 発句 ” と呼ばれる “ 五七五 ” を、芭蕉先生が独立させたのが、現今の
『 俳句 』 となります。
お陰で一般ぴーぷる ( って古りィ〜な、この表現 ! ) も、世界一簡潔な詩歌を嗜めるように
なったワケです。

 なぜなら、も〜 判じ物としか言いようのない難解さなんだよね、連句って !
アタシ如き、俳句をチラッとやった程度ではルールが難し過ぎて …… てんで歯が立ちません ( 汗 ) 。
ほとんど 「 なぞかけかッ ? 」 って ( 爆 ) 。

 はぁ〜アタマ良かったんですね 、昔の俳人さんって!!




posted by 美緒ママ at 22:32| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

唐津もの その2


 日本列島を西から、北辺をなぞるように荒らして行った強烈颱風はどんな悪さをしたん
でしょう ?
対馬や九州〜 西日本・山陰の方とか殊に気になってまして …… ( 汗 ) 。
これからもまだまだ、油断なりませんね。
ウチの辺りは幸い、暑さと強風だけで済んでいますが。

 被災されてしまった皆さん、お見舞い申し上げます。
どうかどうか早い復旧を !!

 そんな内、佐賀の唐津は言うまでもなく屈指の陶郷。
昨日から取り上げている、我が家の “ お宝 ” = 『 唐津焼 』 のふるさとです。
窯元さんがた、大丈夫だったかしら !?


              PA037458.JPG

PA037446.JPG

              PA037452.JPG

PA037461.JPG

    ★ 西岡小十 作 『 斑唐津蛤形向付 』



                        PA037430.JPG

               PA037442.JPG

     PA037441.JPG

          ★ 中里隆 作 『 南蛮唐津割山椒向付 』




     PA037429.JPG



        唐津焼水の中なり水の秋          かいう




  
posted by 美緒ママ at 13:02| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

寒露の候 唐津もの


 昨日は、予報に違わぬ季節外れの暑さでした。
明けて今日も真夏並み !!
二十四節気 『 寒露 』 だなんて …… まァご冗談を !? な陽気。
ただでさえ陽暦の今頃をなぞらえるのは無理があるのに、今年は輪をかけて、秋がどこかへ
行ってしまった ?

 なので、せめて数寄心だけ “ 向寒 ” の兆しを求めてみましょうか。
『 唐津 』焼は、そんな移り変わりゆく季節の器かと思う。

 古くは “ 瀬戸モノ ” と並び、陶磁器食器を指す一般的な呼称であったという “ 唐津モノ ” 。
元来が、無造作な普段使いの雑器であったかもしれない。
しかし衒わぬ風趣が寧ろ尊ばれ、茶の湯に取り入れられると、いきおい高級感を纏い始め …… ?
「 イチ … 『 楽 ( ラク ) 』 、二 … 『 萩 ( ハギ ) 』 、サン … 『 唐津 ( カラツ ) 』 」 、
と茶陶 ( 主に抹茶盌 ) に格付けされ持て囃されました。

 その唐津には 『 絵唐津 』 『 朝鮮唐津 』 『 斑唐津 』 『 南蛮唐津 』 他、色々種類が
あります。
美緒ママは浅学にして、数軒の作家さんしか存じませんが …… 。



 眼福と癒やしに与っている日々の “ お宝 ” たちがこちら ↓↓↓


   DSC_7378.JPG

                 DSC_7386.JPG

                       ★ 西岡小十 作 絵唐津輪花鉢


   DSC_7376.JPG

                 DSC_7388_01.JPG

                       ★ 矢野知 作 絵唐津四方向付


   DSC_7375.JPG

                 DSC_7385.JPG

                        ★ 西岡良弘 作 朝鮮唐津四方鉢




posted by 美緒ママ at 14:02| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

金木犀




   金木犀挿したき瓶子宋白磁          かいう



 気付かぬうち、早や 『 金木犀 』 の芳香が立ち初めていた大気に、今年は冷やかさがありません。
むしろ暑い !
それも、秋暑どころか真夏の暑さですッ !!
いったい何ごと ?
金木犀もビックリでしょう。


  PA175801.JPG



 クローゼットに控えるボルドーのチェックや、ちょっぴりグランジなダンガリーも、いつに
なったら出番が来るのか ? …… 首を長くしています。

 四季の歯車が悉く従来の衣食住と食い違っていくのは、俳句学習者ならずも嘆かれる事態で
しょうが。



   キンモクセイ満艦飾に暑の去らず          かいう


 …… なんて、俳句のルール違反も敢行したくなってしまいますね ( 苦笑 ) 。



  PA175810.JPG

                  PA175814.JPG




posted by 美緒ママ at 22:50| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

我が心の 『 モンブラン 』



 過日 『 カフェ・ロマーノ 』 さんの facebook が、 今秋の “ モンブラン ” 解禁を
告げていました。
毎秋恒例の名物、 『 カフェ・ロマーノ 』 の “ 和栗モンブラン ” ♪♪♪
走りの栗は、信州・小布施の契約農場産、『 丹沢 』 とゆー早生の品種です。

 嗚呼、今期はまだ賞味していないよォ〜〜 。
なかなかゆっくり寄れなくって …… ぐやじぃ〜〜 ( 泣 ) 。

 
                120924_1226~020001.jpg
                             先年の撮影



 いや〜、美味そうだ ♪
一般的なスポンジケーキ台を使わず、軽く焼き上げた甘いメレンゲにホイップクリームをたっぷり。
そこへ、洋酒とかで風味付けしない極めてナチュラルな栗そのもののペーストを盛り上げます。
ある種、洗練された和菓子を思わせる味わい …… 。



 そんな “ 和栗 ” の味と言うと、ちょうど思い出すのが 『 すや 』 。
岐阜県中津川の菓匠です。
 過年故あって、初めてご縁に与りました。確かそこの銘品 『 栗きんとん 』 だったと思います。
と言っても、おせち料理の “ きんとん ” を想像してはいけない ! 似て非なるモノ、姿も味も。
ほろほろと繊細で上質な生地、甘みも上品な茶菓。
伝え聞くには、やはり毎年期間限定で販売される商品で、『 カフェ・ロマーノ 』 同様、12月から
1月、素材の栗が尽き次第終わってしまうようですよ。

 浅学にして初めて名を知った美緒ママですが、この 『 すや 』 は随分昔から “ 通好み ” な
名店だったらしい。
驚くべきは創業。何と !! …… 元禄年間 !??
しかも当初は冗談抜きに、本当の “ お酢屋 ” さんだったそうですから。
「 はァ〜 、なるほど ? 」 、と不思議な屋号を納得したのでした ( 笑 ) 。




posted by 美緒ママ at 01:35| Comment(2) | グルメ | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

神無月


 何かしようと庭に出たら、思いがけぬ音色が耳に。
「 パァ〜 プゥ〜〜 」 、と、まぁ〜 懐かしい笛 !
引き売りの豆腐屋さんじゃない !?
遠い昔生まれ育った実家の前の路地には、自転車で来ていた年寄りの豆腐屋さん ……
その姿を、笛の音と共に思い出します。
忘れないモノですね、案外 ( 笑 ) 。
 それにしても引き売り豆腐屋さん、この辺りにもいらしたなんて ?
不思議ね、三十ン年住んでいて初めて聞いたかも !!
今頃は “ 新豆腐 ” を売り歩くんでしょうか。



   新豆腐笛吹いて売るそばえかな          かいう



 折しも明るく陽射しの漏れる空から、さらさらと雨が降り出しました。
神無月 = 十月の最初の日、予報通り不安定な照り降り。
こんな “ そばえ ( 天気雨 ) ” は久しぶりです。

 それはやがて止んで、曇り空。
けれどまた微雨〜曇り。くるくると落ち着かぬ空模様 !
南方にあるダブル颱風のせいですか ?
西の地方の “ 夏陽気 ” が、実際記録的なんだそーで …… びっくり !!
ここらも存外な蒸し暑さに、何と、まだクーラーと手が切れないけど ( 苦笑 ) 。



   豆腐屋の笛角曲がる野分まへ          かいう

   照り降りのよめぬ一日新豆腐                    




posted by 美緒ママ at 21:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする