2013年09月30日

〇 〇 デビュー !!!


 最近とかく、 “ 未知とのソーグー ” が続いています。
つい先日は、ちょっとした訳ありで我が家にやって来た “ 新入り ” さん ―― 衛星放送。
世間じゃゼンッゼン珍しくもないのに、ウチはまだ …… とゆーか依然必要としてもいないん
だけど ( 汗 ) 。
それが、成り行きで暫くの “ お試し契約 ” となってしもた !

 祝 「 スカパー ・ デビュー〜〜 ☆☆☆ 」


 ふ〜ん ? …… コレが “ スカパー ” かァ ! …… と今さらの初受信 ( 笑 ) 。
確かにチャンネルむやみとギョーサンで、すげーッ …… 目が点 !!
海外のジャズ・ライブとか、取り敢えずアタシが観られそーなのも有るか ♪


 Ohh〜 ! キャノンボール・アダレィ ? ナット・アダレィ ? ユーセフ・ラティーフ ?
―― いきなり往年の名ジャズ・セッションだよ ♪♪♪
一応ヤりますな〜 ( ムフッ ) 。


 しかーし、そんなことやってるチャンネル、結局その一つだけじゃん ?
何だそりゃ !! ( 爆 )

 そーボヤいてたら、 “ 海外ドラマ ” チャンネルの一つが 『 サンダーバード 』 クラシック版
を始めた。
こらオドロキだ〜 !!

 探せば幾らか、ニーズはあるのかな ?
せめて、まちょーなジャズ・ライブやってくれーッ …… と願うばかりの美緒ママでした ( 苦笑 ) 。




posted by 美緒ママ at 00:17| Comment(0) | 新入り | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

ストレスの解放


 幾つか気塞ぎだった “ ストレスのモト ” から、漸く解放されました。 ハァ〜〜〜ッ !!
まァそーいったコトは、生きてる限り次々と発生して来るんだけどね ( 汗 ) 。

 それでも、束の間とて解放は嬉しい ♪
昨日の仕事帰り、予約を入れたネイルサロン 『 bird 』 へ 。
なぜなら存外持ちの良かった前回 の“ tie dye ” 柄が、生憎一本剥がれてしまい、急遽
「 SOS ! 」 。
永久なる “ 持ち ” は無いモノだし。

 で、本日のデザインは …… コチラ ↓↓↓


     130929_1635~010001.jpg   130929_1638~010001.jpg


 My アイデア ―― ホワイト × オフホワイト の斜めツートン + 淡グレイ・パープル × オフ
ホワイトを左右一本ずつ ☆
オマケに、左右一ヶ所に付け加えていただいた “ スクェア ・ スタッズ ” も …… 実際見ると
ちゃんと利いてる ♪
総体的に 「 So Cool !! 」 。

 ウォーム・トーンの欲しくなる季節の前に、ひと呼吸おいて。
シャープな “ 秋ネイル ” …… かも。
ほぉ、 予想以上に良かったみたい ( ムフフ ) 。

 こーゆーのもまた眼の潤し、癒やし〜 ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 23:08| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

9月27日 検診日


 こんばんは、茶緒でーす ♪
昨日は九月の検診日。
バブリー君で、 『 みなとよこはま動物病院 』 へ行きました。



            DSC_0586.JPG

    待合室にいると、時間の経つの遅いな〜 。 早く終えて、早く帰りたいのに ( 泣 ) 。


 さて主治医 K 先生の診察は今日も熱心で長かったので、アタイ診察室の中を散々徘徊しまくっ
ちゃった !
尤もその様子を見てもらうことも大事な診察だし。
もしも状態が悪化し、部屋の隅っことかに頭を突っ込んだまま下がれなくなったり( プッシング ) 、
自分の足を追い掛けてグルグル回るよーになったなら、積極的治療が要る …… らしい。
WAN に起こる “ ボケ ” 的症状のようです ( クワバラクワバラ ! ) 。
後期高齢犬も大変なんですよー !!

 で、その対策には “ 水の摂取 ” が大切 !! って、 K 先生は強調されます。
人間サマ同様、血液濃度や脳の老化防止のため、 WAN も 「 お水をしっかり飲みましょう ! 」
なのね。
殊に、アタイみたいに “ お水飲みたがらないコ ” は要注意 ( 爆 ) 。
パパママ、先生から工夫を色々レクチャーされてました。
 とゆーのも、実は今日の “ 小 ” 検査結果が良くなかった ( ドキ ) 。
何とこの秋から冬に向かってが、一番のネックなんだって !
なぜなら、喉が渇く夏のよーには、水を欲しがらなくなるから。
はァ〜 、なるほど ?
せっかく涼しく過ごしやすくなったのに、油断は禁物なんですね。

 でも幸い、心臓と耳のコンディションは良好でしたっ ☆☆☆




 ではでは、待ち時間恒例の “ ウッドデッキ ” へ ♪


 最初の階段を上がったら、


   えぇっと、あっちじゃなくて ………            こっちこっち !

  DSC_0587.JPG   DSC_0588.JPG

             DSC_0589.JPG


             あへ〜〜 、こんなとこでコケたァ〜 ( 汗 ) 。

             DSC_0590.JPG


            しょっぱな、あそこでツブれたくは無かったな …… 。

             DSC_0592.JPG


             この先がよっぽど難所なんだからさ〜 ( 焦ッ ) 。

             DSC_0591.JPG

   

      滑るッ …… ( コワッ ) 。          いゃ、頑張れるかな ?

  DSC_0593.JPG   DSC_0594.JPG


            嗚呼、やっぱし撃沈〜〜 !!!

         DSC_0595.JPG


                動けません …… ( 泣 ) 。

             DSC_0596.JPG



    パパに救出されて、漸く自力のぼり。

  DSC_0597.JPG   DSC_0598.JPG


                    と思いきや、どーゆーわけかコースアウト !?

 DSC_0599.JPG   DSC_0600.JPG



              とうとう、パパに担ぎ上げられてしまった。

             DSC_0601.JPG



            ウケ狙ったつもり無いんですけど。

         DSC_0602.JPG



             何だか、めっちゃ疲れたよォ …… 。

         DSC_0604.JPG



 
posted by 美緒ママ at 23:27| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

茶緒、駈ける !!!


 乱高下を繰り返す陽気が、またグッと季節を進めたようです。
朝には、十月半ばほどに冷え込むとか !?
そりゃ大変だッ !

 …… と、慌てる人間サマを後目に、 『 茶緒おババ 』 ちゃん急に元気です。
このところ夜のおト〇レ散歩では、急に走り出したりして、ビックリしますよ ( 爆 ) 。
 殊に今夜は突然ダッシュ〜〜、そして駈ける駈ける !!
寒いほど元気になるのは、もちろん WAN の習性。

 それにしたって、こんなに走れるんじゃん !
どーなってるの ? いつものヨロヨロが嘘みたい。
ふつーに歩きづらいのは、いったい何が悪いのかねぇ ?
疑問です …… 。


 
posted by 美緒ママ at 01:26| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

『 石への想い 』 13  匣底のものたち 3  『 Cazzaniga 』 の雫


 いつだったか朝のテレビ占いで 「 ラッキー・アイテムはパールのネックレス 」 と出たことが
ありました。
へぇ ? パールの ? …… ん〜 そんなん普段使いにあったかしら ?
パールは概してフォーマル、或いはよそ行きだからね。

 でも、あまり着けていない小さなペンダントがあったっけ …… と思い出した母の遺品。
それは、もともと抽斗の匣に忘れられていた、グレイのバロック・パール。雫のような形が素敵で、
生かせぬものか ? と考え倦ね、仕上げられた一点です。


         PC232578.JPG



 折しもジュエラー 『 カッツァニーガ 』 の美意識に侵食されていた頃でした。
私の脳味噌は偉大なるそのマスターピースのほんの細部のディテールをも、知らず吸収していたのか
…… 思いがけぬヒントに気付いたのです。
密かに憧れつつ叶わなかった夢 ( = ジュエリー・デザイナーへの妄想 ) が、私の中でアタマを
擡げた ? ( 笑 )

 それはブランドの初代アンジェロ・ジョルジョ・カッツァニーガの名品 『 微笑む月 』 ――
特徴的な黄金のマスクを珊瑚と翡翠で贅沢に飾った、大胆なネックレス。

              130926_1216~010001.jpg


そのヘッドから雫状に提がったパール三粒、提げ部のホワイト・ゴールド …… に私は目を見張り、
―― コレッ ! コレじゃない ? ――
生かせなかったひと粒のバロック・パールの、完成形がそこに !?

         130926_1214~010001.jpg



 そういえば嘗て、ルースや使えない装身具を持て余していると、ジュエリー 『 Chiku 』 の
『 マダム幸子 』 さんが仰ったものです。
「 焦らずゆっくりお待ちになったら?そのうち不意に思い付いたりするものよ 」 と。

 実際 アイディアとの巡り会いには驚きました。
早速 『 カッツァニーガ回顧展 』 図録を 『 Chiku 』 へ持参した私は、 “ 雫型グレイ・パール ”
のペンダント・ヘッドをオーダーに至ったというわけです。


         PC232575.JPG




posted by 美緒ママ at 22:11| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

『 石への想い 』 12  美意識の継承?  


 ある夏、 「 今秋はパープルとタータンチエックが主流 」 って、テレビが姦しかった。
またの年は 「 前シーズンからキているネイビーが依然人気 」 とか ?
ふ〜ん ? …… と私は気のない返事。
シーズンごとに目まぐるしいファッション・流行色にいちいち追従 ?
いゃいゃ、ご苦労さま ( 苦笑 ) 。

 だからメンドくせっつーの、女はッ !
そりゃぁ坂東モンの心意気 ―― お江戸の “ 粋 ” は “ 季節先取り ” だからって、実際問題
ついこの間までの残暑は激烈〜( 大汗 ) 。
もう秋冬物を、って言われても、見るも堪らんアリサマでした !!

 ったく流行ってヤツ、真夏にロング・ブーツ、首にストール巻かせ、真冬とゆーに腹見せ半袖
ニット、上にツンツルのファー・ベスト、ボトムがナマ足ショート・パンツときたもんだ !!
…… いゃはゃ、何とかならねぇもんか ? そーゆーハチャメチャな季節感は …… なァんて眉を
顰めれば、「 古ーッ ! 」 と笑われる ( 汗 ) 。

 けど、わからんモンはわからんッ、その感覚 ( 怒 ) 。
暑けりゃ涼しく、寒けりゃあったかく、とゆー “ 当たり前 ” が通らん !?
そうさ、こちとらガキの頃から、雨が降りゃカッパ着て長靴履いて、冬は襟巻き・手袋するンだよ。
てやんでぃ、伊達の薄着で震えるなんざ、粋の風上にも置けやしねぇッ ! …… そう口の中で
啖呵切ってみはするが。

 嗚呼、本当の “ 粋 ” とは ?
伝統の “ 美意識 ” とは ?
その継承とは如何に ?


 そーゆー当節日本の美とはかけ離れているけれど …… ある種 “ 全うされた美学 ” のお手本を、
垣間見たことがあります。
『 Cazzaniga ( カッツァニーガ ) 』 ―― 現代イタリアにおいて “ 至高 ” と呼ばれる
宝飾ブランドです。
生まれて初めて聞く名前、初めて見る豊饒の具象 ☆☆☆


             130926_1216~010001.jpg



 『 カッツァニーガ 』 は六本木の某ジュエリー・メゾンが専売する、極く特別級ブランドらしい。
ある時婦人雑誌に掲載された特集グラビアが、私の目を射抜きました !!

 1929年、イタリアはローマに産声を上げたジュエラー 『 カッツァニーガ 』 。
創始者 = 先代 『 アンジェロ・ジョルジョ・カッツァニーガ 』 がその卓越したセンスとエネルギー
と情熱を噴出させた、美とアートの融合。
それは後の比類無き業績へと、アンジェロ・ジョルジョの信念によって導かれるのですが。

 けれどそんな能書き以前に、瞬時私を引き付けたのは何だろう ?
正直、その要因はわからぬままながら …… 。

 が、一つにはまず、存在感ではないかしら ?
その迫力 !
何よりも豊富な色石の混在 ―― 原色のとりどりが生み出す絢爛豪華。
またそれらをいだく地金のニュアンス …… イエロー、ホワイト、レッド、グリーン等ゴールドの
えもいわれぬ多彩・豊穣。


    130927_0212~010001.jpg   130927_0211~010001.jpg

              130927_0208~010001.jpg
                   and many more and more ……


 こんな色彩の魔法を、見たことがありません !!!
それでいながら重苦しさやケバケバしさの無い、この空気感はいったい何故 ?
それがもしかしたら、アンジェロ・ジョルジョの育った幼時環境によるものかもしれない、と
私は解説書より推察するのです。

 …… 真の美しさ・豊かさを空気のように吸収して育った感性 ―― 即ちアンジェロ・ジョルジョ
の生い立ちがそれを物語っています。
本格的美意識を植え付けられた環境とそれを培い得た本能的体質 ―― その奇跡に、賞賛を禁じ得
ません !
 1908 年のローマ、アンジェロ・ジョルジョが生まれた頃、父ルイージは、当時バチカンに
隣接する広大な敷地を占めた 『 アバメリック伯爵 』 家の住み込み家僕でした。
従ってその子 = アンジェロ・ジョルジョも物心ついてより、伯爵家の贅沢な環境に身を置いたの
です。
このアバメリック伯爵とは、何と帝政ロシア皇帝ニコライ二世の従兄弟だというから凄い !
没落直前のロマノフ王朝文化の豪奢は、筆舌に尽くし難かったと言われますもの。
斯様な文化圏 = 至高の美の宝箱の如き伯爵邸を日常空間として、呼吸していた子供とは ?
…… 嗚呼どれほど、 “ 成金趣味 ” と対極に居たことでしょう !?

 『 ハリー・ウィンストン 』 や 『 グラフ 』 、石の大きさを ( 勿論石質も ) 競う
ジュエリー・メゾンの中、それらとはどこか異なる姿勢が 『 カッツァニーガ 』 には貫かれて
いるのかも。

 私如きしがないド素人には、高品位の歴史的美術品とさえ見紛う …… 。
しかしあくまでも人間の身に添い、その日常を癒やし潤し自信を与える ―― という宝飾品の使命 !

 眼福に浸りつつ、瀟洒な作品の丹念なディテール ―― 失われず継承し得た美意識に、嘆息させ
られるばかりでした。




posted by 美緒ママ at 21:57| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

秋の彼岸


 9月23日 = 『 秋分 』 〜 24日 〜 秋彼岸が過ぎつつあり、急に朝寒夜寒を覚えました。
九月って、毎年こんなに冷え込んだっけ〜?
思い出せない。

 でもひんやり陽気は、熱い珈琲の美味しい季節 ♪
って、美緒ママ的には、真夏もホット珈琲派だけど ( 笑 ) 。


 これは現在愛用中の珈琲マグを、手に入れた四年ほど前 ―― 愛聴の CD と記念撮影 ☆


     ★ CD 『 Truth 』 by Robben Ford

         091104_1319~02.jpg

         ★ 豊場惺也 作 美濃古染付麦藁手マグカップ



 惺也先生の “ 美濃古染付 ” は半磁半陶だから、四年近く使った今はシッカリ貫入 !
なかなかの貫録です。
和陶磁にしては大変使い良いハンドルもの。珈琲が実に美味しくいただけまーす ♪♪♪

 あ … この頃はまだ白っぽくウブだったけどね〜〜( 笑 ) 。




posted by 美緒ママ at 12:31| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

十五夜


 昨日、“ 十五夜 = 仲秋の名月 ” の夜中、2時半に福島で地震がありました !
“ 震度5 ” にしては取り敢えず被害が少なそうで、良かったけど …… 。
まァ、ここらもけっこー揺れて、びっくらこいた〜〜( 汗 ) 。

 さて、明けると、彼岸とゆーのにぶり返しの真夏日 !!
豪壮な入道雲が ?
あまり大々と見せつけられると、今度はいつぞやの “ 竜巻被害 ” を思い出してしまう …… 。
また 『 スーパー・セル 』 になったりしませんよーに !! ( ハラハラどきどき )


 一方人間界じゃ、この日 『 iPhone 5 』 とかの発売で大騒ぎの都会。
無縁な美緒ママは、 TV で外野。
スマホは好きじゃないも〜ン ( 苦笑 ) 。
 “ 新入り ” パソコンでも、最新式タッチパネルが反応するため、ディスプレイの埃をうっかり
払ってイキナリ変わった画面にたまげたし〜〜ッ ( 大汗 ) 。
もォ〜、未知とのソーグーは嫌ぇだァー !! ( 泣 )

 自然の脅威にも文明の利器にも、オタオタな美緒ママでしたッ ( 爆 ) 。




posted by 美緒ママ at 22:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

初めての葡萄


 先日、初めてのブドウを頂きました。
『 ナガノパープル 』 とゆう長野県オリジナルの新品種だそーです。
見たとこ 『 巨峰 』 っぽい、交配種らしい。


         P9167389.JPG



 んで、その謳い文句がスゴい !!
何たって 「 皮ごと食べられて種もない 」 ―― ってマジですかァ〜 !?
そ〜んな、横着モノ ( そりゃアタイか !? ) にぴったりなブドウがあったん ? ( ワハハハ )

 とゆーワケで、お食後に ♪



         P9167366.JPG

         P9167374.JPG

         P9167380.JPG

               ★ ナガノパープル / ガラス鉢

 もしかしたら昭和初〜中期のガラス鉢。私が物心ついた頃には既に、実家のお勝手にあった気が
します。
まぁ、ごくごく庶民の家庭でしたので、安物に違いありません (笑) 。
でも、レトロな感じがイイでしょ ? …… けっこうお気に入りです ♪




         P9167388.JPG

         P9167392.JPG

            ★ ナガノパープル / 星正幸 作 備前火襷皿



 ただし 「 皮ごと 」 ってゆーと、イマイチ感触が …… ねぇ ( 汗 ) 。
やっぱり皮は無い方がイイですな〜〜、 『 JA須高 』 さん ( 爆 ) 。

 なので ( なまじ剥け易くないから ) 半分ほど剥いて頂くと 、ちょっとシャキシャキし過ぎ
でした。
甘みは 『 巨峰 』 程でなく、スッキリですね ♪




posted by 美緒ママ at 00:09| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

ロベン先生、見つけ損ねた〜〜!! ( 汗 )


 当節ギター・フリーク向けの音楽月刊誌 = 『 YOUNG GUITAR 』 。
ネット検索に浮上したバックナンバー 7月号の記事に、ナンとゆーこと ? ロベン先生インタビュー
でご登上されてたじゃ〜ん ?
だってだって、表紙に名前が無いンだもの、わかんないってばー ! ( 汗 )
( 立ち読み防止の紐掛け雑誌だし …… )
見つけ損ねちゃって、ロベン先生〜ごめんなさーい ( 泣 ) 。

 そこで早速 Amazon さんの出番となり、しかもメッチャお早いお着きーッ ♪
よーこそロベ〜ン ☆
あの超高品位だった5月のジャパン・ライブの、取材記事が何で見あたらないの ? って、内心
ヒジョーに不審・不満だったのよー ( 怒 ) 。
そりゃぁ、インタビューくらいするよねぇ ? 『 YOUNG GUITAR 』 さん。

 とゆーワケで、Let’s 解読 !!

 まず嬉しかったのは、記事の取材セットが美緒ママ臨席の 5月13日 ・ 1st 。
前夜 ・12日の感激を抱いて臨んだ、当ツアーでの二度目のステージでした。
 このツアーにロベンが携えて来た新譜 『 BRINGING IT BACK HOME 』 が
“ オーガニックなサウンド ” と評されていて …… 上手い表現だなと感心。
取り敢えず何と例えてイイか、美緒ママ的に悩んでましたから ( 笑 ) 。
どちらかと言うとアコースティックでナチュラルで、肩の力の抜けた …… 。
シンプルに見せつつ、それでいて各 “ 名手 ” たちの生み出す歌ごころの豊かさったら !?
それは、すぐれた画家のデッサン力のようなもの。
衒わずして、聴衆のハートを揺るがせてしまうのです。

 この作品にロベンが拘り人選した、名手たち相互の暗黙の信頼 ―― 言葉の要らぬフィーリング
の疎通。斯の各パートへのリスペクトが溢れた 10曲 !!
その楽曲の完成度、ライブでは荒さは有るものの、ロベン自身が歌うようないつもながらのギター
・フレージング、最小、且つ絶妙なるエフェクト。
問題は “ 音数 ” なんかじゃない ! …… 削ぎ落とされた言葉の “ 言外の余白 ” にも、色と香気を
漂わすのだよ、ロベンは ♪♪♪ ( 萌えッ )
その上でツアー・メンバーのクォリティーも相俟って、ステージは生き生きと輝いた !!

 さらに解けた、ベーシックな謎 …… 。
即ち、彼が今作 『 BRINGING IT BACK HOME 』 の “ Home ” に籠めた
意味は、ミュージシャンたる “ ルーツ ” とゆー壮大なテーマに非ず、友人を自宅に招いたような
気の置けない “ 寛ぎ ” 感なのだと。

 レコーディングメンバーの一人、トロンボーンの 『 スティーヴン・バクスター 』 がニュー
オリンズ音楽の素朴な懐かしさを匂わせたステージ、やはりロベンはロベン自身でしかあり得ない
“ ブルースの美学 ” を吐露する。例えばジャズ、ロック、フュージョンの姿を借りたとしても。
腕に抱いた 『 Epiphon / RIVIERA 』 を甘く深く、また 『 Gibson / SG 』
は鋭くシャープに歌わせて。

 どこかで聴いた懐かしさと、同時に何処にもないオリジナリティー。
―― そうだよ ! それこそファンがいつも恋焦がれる “ Robben Ford Music ”
なんだ、ってコトなのでしたッ ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 22:39| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする