2013年01月31日

Dedicated Blues for Him ……


 スイスの風光明媚な保養地 “ Montreux ( モントルー ) ” を毎夏彩る、世界最大級の
音楽祭 = 『 Montreux Jazz Festival 』 をご存じでしょうか ?
“ Jazz ” と銘打ってはいるものの、今日では、 Jazz を派生としたブルース、ロック、
フージョン、ポップス …… ワールド・ミュージックに至るまで、優れた軽音楽の祭典として
賞賛されるようになりました。
( 成り立ちを語ると長くなるので、ここでは割愛 ! )
 今年で ( たぶん ) 46回目を迎えると思われるこのフェスティバルは勿論、我らがアメリカン
・フュージョン・ブルース・プレイヤー = ロベン・フォードさんにも大変馴染み深いイベントで
あり。
もう何度出演されたことでしょう。
内何回かは素晴らしいライブ演奏が、映像や音源として残されています。

 そんなロベンの 『 Montreux …… 』 アクト ――
私の初見は、旧友ラリー・カールトンのユニットにゲストで出演した、2007年8月のライブ
DVD。
リアル・タイムからは年を経ていましたが、近年のロベンの活き活きした好演を良き音と画像で
目の当たりにし、いたく感激したものです。
今でもそのDVDは、最高にお気に入りのひとつ ☆

 因みに当ライブは演奏も雰囲気も大変良くて ♪
ユニットのフィナーレに飛び入りしたフェスティバル主催者 = Claude Nobs
( クロード・ノブス ) 氏が、興に乗ってマウス・ハープ(ブルース・ハーモニカ)を披露、
即興のブルース・ジャムを繰り広げる …… というオマケまで付いていました。
 むろん、ほぼ “ お馴染みさん ” なアメリカン・アーティストのラリー & ロベンへ、ノブス氏の
親交は浅からず。
すっかりノリノリな微笑ましいひと幕となっています。

 この場面、私も茶緒パパも大好きで、またそのブルース・ジャムセッションが実にイイ味 ♪
ロベンのフレージングもまた超お見事で !!
もはや何度観たか思い出せない程、大好きなシーンです。


 するとこのお気に入りシーン ↓↓↓ がYouTubeにアップされていました。

http://www.youtube.com/watch?v=Z1G7PvCACj4


喜んで観返していると、下のコメントに …… んッ !?

―― クロード・ノブス氏、1月10日に死去 ――

 えぇー !? …… 何と …… そうだったんだ !!!
不思議がることでは無いけれど、名シーンの立役者は、やはり残念ですよねぇ …… ( 涙 ) 。


 数え切れぬ多大な功績を、現代軽音楽の世界に残したクロード・ノブス御大へ、
このブルースを改めて捧げます。

  「 Merci ☆☆☆ Claude !! 」





 
posted by 美緒ママ at 15:15| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

試聴しました〜 ♪ ロベン新譜 ☆


 ネットのレコード会社のサイトで、ロベン新譜の試聴を見つけました。


ロベン新譜.JPG


http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A016741.html 



 尤も試聴だから、数十秒ずつほんのこま切れだったけど …… 。
でも、なかなかに謎めいていた方向性をちらり垣間見せて貰えて、大ラッキー ♪♪♪

 結果は …… ?
「 ほぉ〜 ? … そー来たか !! 」
アコースティック・ベースにトロンボーンを配した楽器編成だとか 、「 ニューオーリンズ・
テイストが全編に流れる … 」 とかロベン自身が introduce していて、想像はして
いたものの …… 。
やはり今日日の “ Music Trend ” には全くおもねらない別世界だったんだね ?
かと言って、所謂 “ Blues ” テイストとも言い切れない。
ん〜、寧ろ “ ジャズ ” 寄りヴォーカル・アルバムか ? … などと妄想 ♪
 そー、このところ随分気にしてたもんね、 「 ヴォーカリストとしてもっと進歩しなけりゃ ! 」
って (苦笑) 。
納得いったかしら ? ロベン先生。

 実質、このほんの試聴でもわかる歌唱の円熟 ―― それが高めのキイで自然に話すような、
彼ならではの歌いまわしで …… 十二分によろしいんじゃないでしょうかァ ?
何とも言えぬ “ シブ甘オトナかっこよさ ” に、いや〜期待盛り上がりますわァ ! ( ムフフ )
良い意味で、アルバム 『 SUPERNATURAL 』 を初聴きした時の驚きにちょっと似てる ?

 でも、その流れでふと察したのが、良くも悪くもある種 “ 浮き世離れ ” 感 … みたいな … ?
最悪、セールスも眼中にナイ !? …… いゃ、さすがにそりゃ違うだろうけど ( 笑 ) 。


 なお例の trailer 中の楽曲は、
“ Bird's Nest Bound ” ( 大好き〜 ♪ ) 。
“ Most Likely You Go Your Way ” 。
“ Everything I Do Gonna Be Funky ” 。


 それから、こちら ↓↓↓ でフルコーラス聴いているのが、 “ Oh,Virginia ” 。

http://www.youtube.com/watch?v=xYNioceWnS0

 これまた激 “ 萌え ” 美バラード〜 ♪♪♪


 他は馴染みの無いタイトルばかりだけど。
ひとつ、嬉しい発見が 、“ Fools Paradise ” !!
―― 先年ライブで聴いていた、コノ ↓↓↓ ぞっこんナンバーだった !?

http://www.youtube.com/watch?v=_Jtki4JDnp0

http://www.youtube.com/watch?v=rYzWTU1tmu0&feature=related


 ヤッホー !!
ここで出会えるとは、何と有り難き幸せ〜 ☆☆☆



 ともあれ、( 某歌詞にはあっても ? ) 総じて見事に Funk しない、珍しいブルース・
プレイヤーだなァ …… と再確認 ( 苦笑 ) 。
そこんとこが、要はアタシの “ ツボ ” なんだけどさ ♪


 でもでも、ギター・フリークなマニアさんたちからは 「 もっとガンガン弾いてくれよ〜 !! 」
なんて、またまた賛否沸騰しそうな気配も …… アリじゃないかしらねぇ ? ( 汗 )




posted by 美緒ママ at 23:03| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

『 2013 バブリー・アマリリス成長記 』 1  枯れなかった古葉


 当ブログの主要シリーズとなっている 『 バブリー・アマリリス成長記 』 。
育て主は未だ、初年度に遡ったレポに右往左往な有様ですが …… ( 苦笑 ) 。

 本体 = アマリリス 『 アフロディーテ 』 の方は、少々変則的な現状を呈しており ( 汗 ) 。
実は年末から、
「 お〜 ぃ、まだ枯れないぞ、古葉がッ ! …… どーすんだよ ? いったい !!! 」
と夫婦で狼狽えるウチ、今年 = 2013年明けには、まだ青々した古葉の中心にお初
( 新葉二枚 ) の “ 芽吹き ” を見つけてしまったのです !
「 ん〜〜 、もう少ししたら枯れるんじゃないの ? 」
「そーかなぁ …… 待ってみる ? 」
と悩みつつ傍観するも、頑丈な古葉の四〜 五枚に萎れる兆しは無く。
遂に先週、覚悟を決めてざっくり切り取りました。
でなけりゃ、新芽の生育に差し障りますから〜 ( 焦ッ ) 。

    130129_1222~010001.jpg  130129_1221~010001.jpg

 球根のアタマあたりから計って16 cm ほどの新葉・一枚目、そして約12 cm の
二枚目クン ♪



 まして新芽の中央には、早や三枚目の新葉まで !

             130129_1223~010001.jpg

 もはや古葉に養分割いてる場合じゃないですよね ?
先年度からは半月遅れ、初年からするとふた月近くも遅れを取った発芽ですもの !
それも、花芽が出ていないし〜 !?(泣) 。


 とゆーワケで、2013年発芽分 『 バブリー・アマリリス成長記 』 、急遽スタート
いたしますッ ♪♪♪



 それにしても、要は去年中にサッサと切り取るべきだったのかしら ? 古葉。
植物 ( とゆーか悉く “ 生き物 ” ) って、付き合い難しいね〜〜 !!
はァ〜〜やっぱり “ 得意 ” じゃないかも …… 園芸 …… ( ガックシ ) 。




posted by 美緒ママ at 12:33| Comment(0) | アマリリス | 更新情報をチェックする

傘がいっぽん




   傘立てに傘がいっぽん風邪ごもり          かいう



 寒くても風邪を押しても、茶緒の散歩の欠かせない毎朝。
昨日は、微かな塵のように舞い始めた束の間の雪に驚き。
今朝は、まだ暗い空に煌々と耀くまん丸月の下へ茶緒パパを送り出して …… 。


 老WANに合わせてゆっくり歩きながら周囲を眺めると、折々連想・妄想が引き
出されるもの。
それら記憶のメモライズに、俳句は誠に恰好なツールかもしれません。


 某家の玄関の傘立てに一本だけある傘を見た時、確か独居である家主へのふとした
連想がフィクションを構築し、連想している主体 = 私自身のノンフィクションと
交錯もし …… 一つのドラマとして浮上する!
う〜ん、俳句の楽しみだなー ♪
上手下手は、この際問わずに …… ね ☆

 WANとの散歩 ―― それは、人間さまだけで暮らしていたなら縁もなかった風景を、
垣間見させてくれるものだったりするのです。



   朝六時花壇の凍るイタメシ屋          かいう



posted by 美緒ママ at 11:33| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

『 2010 バブリー・アマリリス成長記 』  4


 “ 初バブリー・アマリリス ” レポ、続けます。


2011年1月13日

 バブリー・アマリリス 『 アフロディーテ 』 嬢、今朝も径20 cm 越えの巨大花を
掲げています。

110113_0706~010003.jpg



 次の蕾たちや、二番花芽もこぞって !

110113_0711~010002.jpg  110113_0708~010002.jpg

110113_0713~010001.jpg




1月15日

 14日深夜から開き始めた next 『 アフロディーテ 』 。

110115_0008~010001.jpg

110115_0004~010002.jpg

110115_0006~010002.jpg



 結果、まる一日で …… やりました ! “ ダブル・バブリー・アマリリス ” 〜 ☆☆

110115_2042~010001.jpg

110115_2039~010002.jpg

110115_2038~010001.jpg


 二番花芽も順調 ♪

110115_0009~010002.jpg




1月16日

 もう 「 すげー !! 」 とゆーしか … ?


110116_1830~010001.jpg  110116_1829~010001.jpg

110116_1829~020001.jpg




1月18日

 何と “ トリプル・バブリー・アマリリス ” ☆☆☆
あんたはエラいッ !
色々手を焼かせるワンと違って、あまり世話も掛けずこんなに元気満点 !?

110118_1348~010001.jpg

110118_1340~010001.jpg

110118_1350~010001.jpg




1月19日

 初バブリー・アマリリス …… IMPREZA 『 バブリー君 』 と記念撮影してみました ♪

110119_1504~020001.jpg

110119_1502~020001.jpg  110119_1510~010001.jpg



posted by 美緒ママ at 13:59| Comment(0) | 初アマリリス | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

『 麗生 』 の日 2013


 予報通りの晴天で明るい陽は射したものの、朝から冷たい強風 !
干したばかりの洗濯物が飛んで、慌てて引っ込める始末となりました。

 十六年前の今朝は、確か小雪ちらつく厳しい寒波。
我が家の初代ムク犬 MIX 『 麗生 ( れお ) 』 が旅立った日です。
その日は傍らに妹分 = ビアディーの 『 美緒 』 が控えていました。


 今は三代目 = 『 茶緒 』 が家族に居ります。
この茶緒は意図せずして、毛色も佇まいも何やら “ 麗生の生まれ変わり ” のごとく似た
雰囲気になって来ました。
春に十三歳を迎えますが、元々弱かった後ろ脚の筋肉がトシのため衰え、蹴り上がる
動作に支障を来しています。
なので階段の上りや、框や車への飛び乗りは見守りが必要。
そのせいか、以前冬には必ず潜り込んで来たベッドへ、入って来ません。

 それが数日前、寒かったのか、珍しく 「 入れて〜 」 と、寝ている茶緒パパにすり
寄って来たのです。
「 いいよ、お入り 」 と布団を捲ると、今度は何故か私の方に来ます。
大抵そうなのです。入る時は私の側から。
で、その晩は手を借りつつ何とか自力で上がり、いつものようにママの枕を半分 ( 以上 ? )
占領して一緒に寝ていました。
暫くして暖まって喉が渇くと、水を飲みに自分で降りて行きます。
 また昨晩も 「 入れて 」 と来ましたが、今度は自分で蹴り上がれません。きっと怖い
気がするのでしょう。
可哀想なので抱き上げてやりました。
するとやはり私の枕で頭をくっつけ暫く寝てから、降りたがったので、また抱き下ろす
羽目に。
跳び降りるのは、確かに以前から躊躇いがちだったし、怪我 …… まして骨折でもされては
却って大ごとになります。

 “ 麗生の身代わり ” のようなコであっても、似た運命は辿って欲しくない …… それは
看取る側のエゴかもしれません。
が、嘗て何年か寝たきりになった麗生のように “ 歩けない・食べられない身の上 ” を、
犬という “ 動物 ” に味わわせたくないのです。
一度でも “ 寝たきりの動物 ” を看た体験者なら、共感されるでしょう。


 麗生の熟年を迎えて初めて、 “ 脚の立たなくなった犬 ” というのを知った思い。
それでも慕い甘えて来る眼差しは、他の誰でもない麗生だったのです。
「 たとえ障害を得ても、それがそのコの個性として受け止めてあげましょう 」 とゆー
考え方を、身を持って体験した日々でした。
本当に数多くの事を学んだ “ 麗生との暮らし ” だった、と毎年懐かしく思い出すこの
季節です。


                       100204_1228~020001.jpg





posted by 美緒ママ at 21:33| Comment(0) | ペット | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

降って湧いたよ、Robben 来日〜 ☆☆☆


 今年三度目の雪予報も回避され …… 昼間の陽射しがすごく明るい今日。
昨夜来のニュー・サプライズが 「 夢じゃないのかな ? 」 、ってまだ半信半疑です〜 。
だってこの前の YouTube “ D’Addario ” インタビューが、いきなし実現し
ちゃったんだものー !!
…… とゆーか、 「 5月初旬 New York の 『 Blue Note 』 でやった後
日本へ 」 ってロベンのコメントは既に確定スケジュールだったのね ?
あーヒッタマガッタァ〜 ! ( って何故か突然宮崎弁 ? … 爆 ) 。



★ Robben Ford  
   − Bringing It Back Home − Japan Tour 2013

2013年5月10日 ( 金 ) 〜 11日 ( 土 )
   at 南青山 『 Blue Note Tokyo 』

2013年5月12日 ( 日 ) 〜 13日 ( 月 )
   at 丸の内 『 COTTON CLUB 』


 コレを知ったのは、ロベン友ブログさんの情報 ☆
いゃいゃ早〜ぃ 、脱帽ですな !!


 と、こーなるとソッコー “ ライブ臨戦計画 ” でございます。
今から5月のハナシじゃ ( 鬼も笑うんでしょーかね ? ) 、調整する日程もわからないけど。
兎に角予定入れとかないと !


 因みに今回のツボは、勿論新作アルバム ♪
未聴ながら、例の trailer に流れる数曲の端々に伺える、素朴な明るい哀調 ――
たぶんロベンがアピールしていた “ 故郷に帰ったような ” = ニューオリンズ風テイスト
( たとえ彼自身が北カリフォルニアの生まれで、南部の血を受けていないとしても ) は、
即ちアメリカンが漠然と抱く郷愁みたいなものかも ?
それが古いカントリー 〜 ブルースの根底を貫くエッセンス ?
 言うまでもなく、ブルースは彼の “ 我が心の音楽 ” 。
伝え伝えられ時の流れに磨かれたその “ 魂の声 ” が、現代に醸し出した芳醇なる美酒 ☆
その杯を、ロベンは 「 さぁ干したまえ ! 」 と差し出してくれてるんでしょうか ?
…… trailer の中に輝くあの笑顔で。

 今、新譜にも来日ライブにも、 「 ワクワク 」 とか簡単な言葉では表しきれない気分で
います。



 唯一言えることは ―― どういうワケかアタシって、ご褒美の方が先にやって来る !
まさに “ 馬のニンジン ” ? …… とゆ〜か寧ろ “ お尻叩かれてる ” んだろーね ( 苦笑 ) 。





posted by 美緒ママ at 10:41| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

犬にも部屋干し


 …… タイトルのこの意味、わかりませんよね ? ( 笑 )

そりゃ、美緒ママ流 “ 桶屋論理 ” ですから ( 爆 ) 。

 もとよりこの季節、 「 乾燥、乾燥 ! 」 と騒がれ、ミス & ミセス方々がお部屋
( とお肌 ? ) の “ 加湿 ” に躍起になっておいでですよね。
 ところが、アタクシはあんまり自覚が無かったんですよォ ( 鈍感 !? … 苦笑 ) 。
だけど、どーせなら、と洗濯物は加湿器代わりに部屋干ししてました。
暖房のお陰で良く乾くし ♪
 … って ? … それこそが “ 強乾燥 ” の証拠じゃん !? ( 焦ッ )

 そんな折、予想外な “ イエローカード ” 食らったのは、何と獣医さんから !
茶緒の主治医 K 先生のアドバイス ―― 即ち 「 茶緒ちゃんのようにお水をあまり
飲まないコは、冬場の脱水気味に気をつけてあげて下さい ! 」

 え゛ぇ〜ッ ? … そーなんだ ?
つまり、夏なら暑くて水を欲しがるし、湿気が高い。
それが冬じゃ寒くて水を飲まず、加えて乾燥で水分はいっそう奪われる。なるほど !?
故に泌尿器系トラブルを抱え、飲水と排泄のスムーズな機能を逸したコは、積極的な対応を
要する、と。
「 どういう方法で ? 」
「 加湿器とか 」 と先生。
はァ〜 ? … さすがにそこまでは …… ( 汗 ) 。

 じゃぁやっぱり ?
まァ、ママの風邪対策もあることだし ?
はぃ、引き続き “ 洗濯部屋干し ” 確定ですねッ !!




posted by 美緒ママ at 17:35| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする

梅を見ないね〜!


 「 梅が咲いてないね。蕾ばっかりだよ 」
茶緒パパが言いました。

 この前の日曜日、 “ どんど焼き ” に行けなかった 『 子ノ神日枝神社 』 へ、週遅れで
“ 飾り納め ” だけして来たパパ。
帰りがけ、近所の観梅スポット = 『 本郷ふじやま公園 』 を覗いてみたそうです。
するとやっぱり梅が見あたらない、と。
去年同様遅れてるんでしょーか ?

 年末までは案外 “ 雨がち ” に思われたのに、年明け来の乾燥のせい ?
そんな今季はスイセンも遅くて、戸外じゃ蕾も疎ら !
早い年には、お義母さんが暮れの花壇から正月花に剪ってたのにねぇ …… 。
 そう言えば、花屋さんもスイセンの不作を嘆いている、とか。
今くらいになって、漸く日本水仙やら春の花で賑やかな花舗の店先。



 一方、色も乏しいウチの庭が、春へ動き出すのはまだ先のようです。

昨日二度目の雪を免れてなお寒さの中、辛うじて脹らんだスイセンの蕾。

              130123_1235~010001.jpg




 ひっそり花をつけたロウバイたち。

         130123_1234~010001.jpg 

      130123_1232~010001.jpg  130123_1231~010001.jpg

         130123_1231~020001.jpg



 僅かに芽吹いた春球根も愛おしみつつ。
風邪籠もりの身をやしなう美緒ママでありました。
  


 
posted by 美緒ママ at 16:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

Robben から …… ☆☆  続報


 ロベンからの新譜ご案内、こんなのも見つけましたよォ !
この前の “ ひと言 ” の、本編なのかも ?
いゃ〜すげースタイリッシュ !!!
めっちゃオッシャレ〜〜 ♪♪♪
まるで映画の予告編 !?
BGM 渋いけど、ギター・トーンは誠にブライト & クリアー ☆☆☆

★ Robben Ford − Bringing It Back Home trailer

http://www.youtube.com/watch?v=_-o2y0L8_Gc




 それから、ギター弦ブランド 『 D’Addario 』 のインタビューでも新譜を語ってますね。

★ Robben Ford on His New Record & Tour

http://www.youtube.com/watch?v=22SRxUNdTYc


 こちらじゃプロモ・ツアーにも話が及んで …… なんか … 「 五月以降には日本へ 」 みたいな
コメント聞こえたんですけど〜 。
マジかぁ〜〜 !? ( 笑 )



posted by 美緒ママ at 16:10| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする