2012年06月15日

SUBARU 『 BRZ 』 試乗インプレッション


 この頃の不景気と云うコトが如何に厳しいか、世情に甚だ疎いわたくしメも実感させられた、
車の開発があります。

 TOYOTA 『 86( ハチロク ) 』 ≠  SUBARU 『 BRZ 』


         DSC_0229.JPG


 メカニズムや技術の専門的要素はわかりません。
が、かの “ 押しも押されもせぬ ” TOYOTA さんが何とまァ、小規模企業 ( 失礼ッ !! )
SUBARU と手を組んで ( とゆーより、心臓部 “ 水平対向エンジン 『 BOXER 』 ”
及び中心機能部を SUBARU に恃んで ? ) 共同開発だなんて ?
TOYOTA 自身では手がけていない水平対向エンジンを新たな “ 目玉に ” 、顧客の目を引こう
など、好景気のさ中じゃ有り得ンことではないかぃ !?

 勿論我ら SUBARU ファンとしては、御大 TOYOTA に 「 水平対向エンジンの性能を
高評価させ、提供して差し上げた 」 みたいなスタンスは、と〜ってもお鼻が高い ! ンです
けどね〜 ( 笑 ) 。

 尤も今春の正式発売日を前にして、TOYOTA バージョン 『 86 』 には既に予約が殺到。
忽ち納車長待ちの山となったそうな。
そら、そーだろ ! … “ 世界の TOYOTA さん ” だし。

 ところが伝え聞くには、 『 86 』 も我が SUBARU バージョンと共に、一括して
SUBARU 工場でしか製造出来ないため、 “ 納車長時間待ち ” に拍車がかかっているとか !
要するに TOYOTA は、 『 86 』 のボディとインテリア・デザインしか手がけてない
みたいで。
従って、SUBARU の生産ラインがさぞかしてんてこ舞いなんでしょう。
それが大増収に繋がるなら、よろしいけどね〜 。


 それは兎も角、SUBARU ファンの茶緒パパは ( 買わないのに …… スンマセン ! )、
『 BRZ 』 を一度は体感してみたい、と折しもの 『 バブリー君 』 定期点検がてら、
試乗を申し込んじゃいました。


 去る6月10日 ( 日 ) 午後2時。
いつもの 『 神奈川 SUBARU 』 鎌倉営業所でバブリー君の点検整備を待つ間、我ら・
茶緒パパ & 美緒ママは( 担当営業マンの S 君同乗にて ) 試乗に臨んだのです。
 

                 DSC_0225.JPG

  DSC_0227.JPG

  120610_1455~010001.jpg


★ SUBARU 『 BRZ 』
グレード : 『 S 』
カラー : クリスタルブラック・シリカ
エンジン : FA20 水平対向4気筒 2.0L DOHC 16バルブ デュアル AVCS
最高出力 : 200PS / 7000rpm
最大トルク : 20.9kg・m / 6400 〜 6600rpm
トランス・ミッション : E-6AT 6速オートマチック


  まず ―― おゃッ ? ―― と意外な印象を受けたのが、今どき珍しい “ 2ドア ” 。
リアシートに乗り込む S 君、フロントの背もたれ倒さなければならんのね ?
ほォ〜 、往年のクーペちっく ♪
その昔、アタイらが若かりし頃だよねー、気の利いたスポーツ車が大抵2ドアだったのは ( 笑 ) 。
でも現在、殊に SUBARU 車では『 IMPREZA 』 程のスタイリッシュ・スポーツ・
クーペすら4ドア。リアシートへの乗り込みに不自由を掛けないのに。
 また乗り込んだ感じは ―― いみじくも S 君指摘の、運転席から左後方の視認性が悪い ――
開放部の狭さ。
シートの着座位置が低いせいも ?
概して SUBARU 車のポイント高い “ 広い窓、優れた視界 ” とは、うらはらです。
聞けば、ボディ・デザインは TOYOTA サイドの仕事とか ?
なるほど ! ( 苦笑 )

 とは言え、価格的にはコスパばっちし ☆ らしき当車。
運転席の茶緒パパは、まぁまぁの様子。いつものプチ試走コースをふた回りしました。
山坂とカーブを、TOYOTA が食指を伸ばした自慢の低重心 “ 水平対向エンジン BOXER ”
を唸らせ ( 笑 ) 。
そのエンジン音 ( 吸気音 ) については、従来のの BOXER サウンド ( 排気音 ) と
違いますけど。

 そもそも 『 BRZ 』 という名称の由来をひもとくに、まず 『 B 』 が BOXER
エンジンであり、次の 『 R 』 は “ Rear Wheel Drive = 後輪駆動 ” の
頭文字。
SUBARU がお家芸たる “ All Wheel Drive = 全輪駆動 ”を、ここでは
封印してのチャレンジなワケです。

 喩えて言うなら、 “ TOYOTA 風トレンド・ファッションに身を包む、スパルタンな
SUBARU ボディー ” !!
双方の自動車ブランドが勝ち得るメリット・収益は如何なるものか ?
美緒ママは、高みの見物といきましょう。

 だって、到底 『 バブリー君 』 の敵じゃありませんって〜〜 ( 笑 ) 。
唯一 “ 燃費 ” 以外はね !!




ラベル:TOYOTA SUBARU Brz 試乗
posted by 美緒ママ at 23:08| Comment(0) | | 更新情報をチェックする