2012年06月02日

まぼろしの …… ?


 幼時からの “ 珈琲大好き人間 ” が、何とも結構な情報を得ました。
珈琲を毎日二杯以上飲む人は、飲まない人に比べて “ シミ・ソバカス ” を発生する確率が
かなり低い ! ―― とゆうものです。
へぇ〜 ? マジかいッ !? …… そいつァ助かるね〜 ♪♪♪

 って、しかし実際、長年毎日何杯も珈琲を飲んで来た美緒ママにして、この肌コンディション ?
それじゃぁ、もしも飲んでいなかったとしたら !?
…… あな恐ろしや〜〜〜 ( 大汗 ) 。


 と、そんな “ 正義の味方 ” なる珈琲が実質手放せないワケは ―― 嗜好品としての “ 味 ” は
もとより。
さらに意外なクスリになっていることに、気付いたこの頃 …… 。
例えば嬉しくないこと・気の進まぬこと・嫌なこと …… そんな作業・任に当たる直前、それを厭う
己が気持ちを宥めてくれる安定剤。
コレで喉もととアタマをリセットして …… と、体が無意識に働いて手を伸ばすんじゃないかな ?
“ 一杯の珈琲 ” に。


 というクスリは、クスリでよろしいのだけど。
珈琲好きモードには、一つ足りないモノがあります。
ずっと欲しがっていながら、手に入れていないカップ ↓↓↓


          ★ Richard Ginori  “ MUSEO CLASSICO ”

         101120_1214~020001.jpg

         101120_1238~010001.jpg

         101120_1218~010001.jpg

              101120_1233~010001.jpg



 お気に入り 『 カフェ・ロマーノ 』 さんがご所有で、一度供して下さいました。
洋食器なのに、あたかも日本の染付磁器のごときこの文様。
そして透明感ある白磁質に滲む藍色 …… その品位と繊細な美しさ !!
生活に余裕の無かった若い日に出会って以来、脳裏を離れませんでした。

 尤も、当初より購入への踏ん切りを躊躇わせてきた理由がそのお値段と、それに引き替え、
本場の洋食器にも拘わらず、ハンドルの持ちにくさでした。
指を掛けるには隙間が狭過ぎ、指先でつまんで持つには重過ぎるってー !! ( 泣 )
ちょっとちょっと Ginori さん ! これは如何なモンですかねぇ ?
日に何杯も …… きっと私などの比では無く、珈琲を欠かせぬ国の製品には思えません ( 怒 ) 。
この使いにくさは、残念ながら私の基準には合致しないんだなァ〜〜〜 。

 嗚呼、まぼろしの “ 我が愛用品 ” よ …… ( ため息 ) 。




posted by 美緒ママ at 22:48| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする