2012年06月07日

歴史の萌えネタ 7  独善の報酬


 先日の大河ドラマ第22話。
『 保元の乱 』 があっけなく鎮圧され、 “ 山本 ” 頼長クンに悲劇が !
ファンなら知らぬ者の無い有名なくだりなのに、あんまりリアルな映像に …… どーんと重い
衝撃を食らってしまい、感想が数日間書けませんでした〜 ( 泣 ) 。


 “ 己れがルール ” に溺れ、周囲の見えなくなってしまった人の失墜。
それは当然の報い … ではあるかもしれないけれど。
就中、最後の最後に “ 立場や理 ” と “ 情 ” のはざまに揺れ動く父子の描出には、想定外に
ヤられましたァ〜 !
いみじく苛烈に 「 ヤり過ぎ 」 てしまった愛息が、 “ 空気読めないシンドローム ” のせいで
転落し、抗えぬ時勢の怒濤に押し流されて行くのに、心引き裂かれる思いで息を潜める父・
藤原忠実。
 その隠遁地 = 宇治の館へ、果たして悲惨に尾羽打ち枯らした手負いの子息一行が落ちのびて
来ます。
必ず来る、と父は予見していたものの …… 受け入れられぬこともまた明白なる “ 道理 ” 。
―― 謀反の咎を着た罪人に堕するとは ! …… まして貴族が戦火の中に深手を負うなど、由緒正しき
摂関家にあるまじきこと ! 斯く忌まわしき者に会うては、神仏の御怒りに触れる。そのような
ことがあってはならぬ。吾は、何としても摂関家を守らねばならぬのだ。斯様におぞましき者は
我が子に非ず ! ――
「 去らせよ !! 」 と家人に伝え、対面もしなかった。
と、そこまでは記録に残されています。

 が、同時に内心で、父が如何なる苦恨に苛まれていたか ?
彼が表に見せなかった存念を、具現化した演出。
 そこで使われた、例の “ 白い鸚鵡 ” クンにはオドロキ!!
も〜激ツボっちゃいましたよ ( 泣 ) 。
敗走のさ中、主の頼ちゃんに放り出されて迷って ( ? or 天の差配か ) 、忠実邸に紛れ
込んだ鸚鵡クン。
“ 父上 ” に目通り叶わず逝った主の魂に憑かれたか、 「 ちちうえ、ちちうえ 」 と呼び
続けます。
驚いた忠実が駆け寄り、手に取り上げようとした瞬間、しかし鸚鵡はこと切れたのでした。
…… というアレは余りに非現実的では ? と思われるけど。
そもそも時代ドラマは、ある意味伝説であり、ファンタジーだからね ☆

 だって現代人は、誰も知らないじゃない ? 真実なんて。
そこに如何に “ 命 ” を吹き込むか、が芝居の脚本・演出の力とゆーもんで。
そのファンタジー性 = 虚構に酔わせて貰うのもまた味わい方かな ? …… フとそんな気もして。

 また言うならばさらに、頼長が実際日記に残した子息らへの教訓 …… その回想シーンのあまりの
美しさ !!
父 “ 山本 ” 頼長と、子息ら ( 師長と兼長なのでしょうか ? ) 。
子らを愛し、然るべく訓導しようと努める執政者・左大臣藤原頼長の颯爽たる姿。
それが改めて映し出された時は、 山本 ” 頼長のこの姿こそ真実の有りようなんじゃないか ?
と信じたくなってしまいました。





posted by 美緒ママ at 14:07| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

花壇 ? はァ〜〜 !??


 6月3日・日曜日。
突然の成り行きで、庭 ( 義母所有 ) に二つ有る花壇の片方 ( 内のり・180 cm ×
125 cm 程 ) を任されてしまいました。
むろん高齢の義母は、たとえ望んだところで庭をきちんと世話するなど能わず。
まして実質やる意志が無い。
故に、いずれ引き受けるというなら吝かではございません。
しかしそれが、薮から棒では慌てますって ( 大汗 ) 。
“ 花壇作り ” なんてさらさら 「 No Idea ! 」 だったもん、アタイ ! ( 爆 )

 けどそーゆーことなら、週明けには私も茶緒パパも出勤。
二人動員の作業にゃ、時間の有るこの日こそちょうどチャンス ? …… と、 “ 雑草園 ” と
化していた現状から不要な草を抜きまくり、土耕しを急遽決行 !
突貫工事で ( 笑 ) 、何とかここまで仕上げましたデス ☆


     120603_1723~010001.jpg  120603_1745~010001.jpg


 残したのはチェリー・セイジ、小さい薔薇、エビネ、カラー。



 さらに昨日は、あくまでも当座ながら、場所塞ぎの草花 ―― 『 ニチニチソウ 』 二色を
仕入れて来ました。
だって半分 “ 坊主 ” じゃ、カッコ悪いじゃ〜 ん !! ( 怒 )

     120605_1734~010001.jpg  120605_1733~010001.jpg


 それにしても本来 “ 花壇作り ” なんて、下手すりゃ2〜3シーズンも前から丹念に土作り・
花選びを計画し、準備すべきモンだけどね〜 !
果たして草花栽培の超基本 ―― “ 苦土石灰 ” による土壌改良 ―― をサボってました ( 汗 ) 。
あ〜やっぱしソコだったかァ ! ( 焦ッ )
知らぬコトでは無かったから、園芸屋の店員さんに訊かれて慌てました。
でも 「 ご無理なら、腐葉土だけでも混ぜて頂けば … 」 とのアドバイスに救われて。
ヤレヤレな “ 花壇作り ” 初心者ですよ〜〜 ( 恥 ) 。




 あ、そうそう !
日曜日の茶緒パパ’ s 作業・その2 ♪
これも唐突な義母の 「 殖やしたい 」 との要望で、 『 カシワバアジサイ 』 を5本
挿し木しました。


             120603_1727~010001.jpg

 新枝を剪って一時間水に浸し、鹿沼土に挿してます。
茶緒パパのこととて、 “ 仕事 ” がキチンと丁寧です ☆

 さぁて、どれだけ根づいてくれるでしょうね ?

 120603_1720~010001.jpg  120603_1721~010001.jpg

    ★ カシワバアジサイ
      学名 : Hydrangea quercifolia
      科名 : ユキノシタ科アジサイ属





posted by 美緒ママ at 13:50| Comment(2) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

『 BULLET 』 情報〜 ♪


 リリース遅れていたロベン ' s 『 RENEGADE CREATION 』 の新作 CD 『 BULLET 』 !!

         ( 仮ジャケット ? )

             120605_0323~010001.jpg



 漸く明後日あたりに …… との情報を得ました ♪
予約注文中の Amazon さん、万事抜かりなく頼んまっせ〜〜 ☆



posted by 美緒ママ at 23:09| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

まぼろしの …… ?


 幼時からの “ 珈琲大好き人間 ” が、何とも結構な情報を得ました。
珈琲を毎日二杯以上飲む人は、飲まない人に比べて “ シミ・ソバカス ” を発生する確率が
かなり低い ! ―― とゆうものです。
へぇ〜 ? マジかいッ !? …… そいつァ助かるね〜 ♪♪♪

 って、しかし実際、長年毎日何杯も珈琲を飲んで来た美緒ママにして、この肌コンディション ?
それじゃぁ、もしも飲んでいなかったとしたら !?
…… あな恐ろしや〜〜〜 ( 大汗 ) 。


 と、そんな “ 正義の味方 ” なる珈琲が実質手放せないワケは ―― 嗜好品としての “ 味 ” は
もとより。
さらに意外なクスリになっていることに、気付いたこの頃 …… 。
例えば嬉しくないこと・気の進まぬこと・嫌なこと …… そんな作業・任に当たる直前、それを厭う
己が気持ちを宥めてくれる安定剤。
コレで喉もととアタマをリセットして …… と、体が無意識に働いて手を伸ばすんじゃないかな ?
“ 一杯の珈琲 ” に。


 というクスリは、クスリでよろしいのだけど。
珈琲好きモードには、一つ足りないモノがあります。
ずっと欲しがっていながら、手に入れていないカップ ↓↓↓


          ★ Richard Ginori  “ MUSEO CLASSICO ”

         101120_1214~020001.jpg

         101120_1238~010001.jpg

         101120_1218~010001.jpg

              101120_1233~010001.jpg



 お気に入り 『 カフェ・ロマーノ 』 さんがご所有で、一度供して下さいました。
洋食器なのに、あたかも日本の染付磁器のごときこの文様。
そして透明感ある白磁質に滲む藍色 …… その品位と繊細な美しさ !!
生活に余裕の無かった若い日に出会って以来、脳裏を離れませんでした。

 尤も、当初より購入への踏ん切りを躊躇わせてきた理由がそのお値段と、それに引き替え、
本場の洋食器にも拘わらず、ハンドルの持ちにくさでした。
指を掛けるには隙間が狭過ぎ、指先でつまんで持つには重過ぎるってー !! ( 泣 )
ちょっとちょっと Ginori さん ! これは如何なモンですかねぇ ?
日に何杯も …… きっと私などの比では無く、珈琲を欠かせぬ国の製品には思えません ( 怒 ) 。
この使いにくさは、残念ながら私の基準には合致しないんだなァ〜〜〜 。

 嗚呼、まぼろしの “ 我が愛用品 ” よ …… ( ため息 ) 。




posted by 美緒ママ at 22:48| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする