2012年06月15日

SUBARU 『 BRZ 』 試乗インプレッション


 この頃の不景気と云うコトが如何に厳しいか、世情に甚だ疎いわたくしメも実感させられた、
車の開発があります。

 TOYOTA 『 86( ハチロク ) 』 ≠  SUBARU 『 BRZ 』


         DSC_0229.JPG


 メカニズムや技術の専門的要素はわかりません。
が、かの “ 押しも押されもせぬ ” TOYOTA さんが何とまァ、小規模企業 ( 失礼ッ !! )
SUBARU と手を組んで ( とゆーより、心臓部 “ 水平対向エンジン 『 BOXER 』 ”
及び中心機能部を SUBARU に恃んで ? ) 共同開発だなんて ?
TOYOTA 自身では手がけていない水平対向エンジンを新たな “ 目玉に ” 、顧客の目を引こう
など、好景気のさ中じゃ有り得ンことではないかぃ !?

 勿論我ら SUBARU ファンとしては、御大 TOYOTA に 「 水平対向エンジンの性能を
高評価させ、提供して差し上げた 」 みたいなスタンスは、と〜ってもお鼻が高い ! ンです
けどね〜 ( 笑 ) 。

 尤も今春の正式発売日を前にして、TOYOTA バージョン 『 86 』 には既に予約が殺到。
忽ち納車長待ちの山となったそうな。
そら、そーだろ ! … “ 世界の TOYOTA さん ” だし。

 ところが伝え聞くには、 『 86 』 も我が SUBARU バージョンと共に、一括して
SUBARU 工場でしか製造出来ないため、 “ 納車長時間待ち ” に拍車がかかっているとか !
要するに TOYOTA は、 『 86 』 のボディとインテリア・デザインしか手がけてない
みたいで。
従って、SUBARU の生産ラインがさぞかしてんてこ舞いなんでしょう。
それが大増収に繋がるなら、よろしいけどね〜 。


 それは兎も角、SUBARU ファンの茶緒パパは ( 買わないのに …… スンマセン ! )、
『 BRZ 』 を一度は体感してみたい、と折しもの 『 バブリー君 』 定期点検がてら、
試乗を申し込んじゃいました。


 去る6月10日 ( 日 ) 午後2時。
いつもの 『 神奈川 SUBARU 』 鎌倉営業所でバブリー君の点検整備を待つ間、我ら・
茶緒パパ & 美緒ママは( 担当営業マンの S 君同乗にて ) 試乗に臨んだのです。
 

                 DSC_0225.JPG

  DSC_0227.JPG

  120610_1455~010001.jpg


★ SUBARU 『 BRZ 』
グレード : 『 S 』
カラー : クリスタルブラック・シリカ
エンジン : FA20 水平対向4気筒 2.0L DOHC 16バルブ デュアル AVCS
最高出力 : 200PS / 7000rpm
最大トルク : 20.9kg・m / 6400 〜 6600rpm
トランス・ミッション : E-6AT 6速オートマチック


  まず ―― おゃッ ? ―― と意外な印象を受けたのが、今どき珍しい “ 2ドア ” 。
リアシートに乗り込む S 君、フロントの背もたれ倒さなければならんのね ?
ほォ〜 、往年のクーペちっく ♪
その昔、アタイらが若かりし頃だよねー、気の利いたスポーツ車が大抵2ドアだったのは ( 笑 ) 。
でも現在、殊に SUBARU 車では『 IMPREZA 』 程のスタイリッシュ・スポーツ・
クーペすら4ドア。リアシートへの乗り込みに不自由を掛けないのに。
 また乗り込んだ感じは ―― いみじくも S 君指摘の、運転席から左後方の視認性が悪い ――
開放部の狭さ。
シートの着座位置が低いせいも ?
概して SUBARU 車のポイント高い “ 広い窓、優れた視界 ” とは、うらはらです。
聞けば、ボディ・デザインは TOYOTA サイドの仕事とか ?
なるほど ! ( 苦笑 )

 とは言え、価格的にはコスパばっちし ☆ らしき当車。
運転席の茶緒パパは、まぁまぁの様子。いつものプチ試走コースをふた回りしました。
山坂とカーブを、TOYOTA が食指を伸ばした自慢の低重心 “ 水平対向エンジン BOXER ”
を唸らせ ( 笑 ) 。
そのエンジン音 ( 吸気音 ) については、従来のの BOXER サウンド ( 排気音 ) と
違いますけど。

 そもそも 『 BRZ 』 という名称の由来をひもとくに、まず 『 B 』 が BOXER
エンジンであり、次の 『 R 』 は “ Rear Wheel Drive = 後輪駆動 ” の
頭文字。
SUBARU がお家芸たる “ All Wheel Drive = 全輪駆動 ”を、ここでは
封印してのチャレンジなワケです。

 喩えて言うなら、 “ TOYOTA 風トレンド・ファッションに身を包む、スパルタンな
SUBARU ボディー ” !!
双方の自動車ブランドが勝ち得るメリット・収益は如何なるものか ?
美緒ママは、高みの見物といきましょう。

 だって、到底 『 バブリー君 』 の敵じゃありませんって〜〜 ( 笑 ) 。
唯一 “ 燃費 ” 以外はね !!




ラベル:TOYOTA SUBARU Brz 試乗
posted by 美緒ママ at 23:08| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

『 今日のロマーノさん 』 バックナンバー  3


 『 カフェ・ロマーノ 』 のバックナンバー、3 回目です ♪


 2011年6月14日撮影 ↓↓↓

  ★ カップ : Royal Copenhagen  “ ブルーフルーテッド・プレーン ”

     110614_1509~010001.jpg   
                     110614_1424~010001.jpg

                   ★ カップ : Wedgwood  “ BLUE PLUM ”



  ★ プレート : Wedgwood  “ CURZON ” / ガトー・ショコラ 
                  生クリーム & 山桜桃 ( ユスラウメ ) の実添え

     110614_1421~010002.jpg   110614_1420~020001.jpg


       おぉ、ユスラウメか ! 大昔、子供時代に実家の庭で摘んで食べたっけ。
      懐かしい〜、癒やされるわ〜〜 ♪♪
      何と、マスター宅のお庭で収穫されたそうですよ !





posted by 美緒ママ at 22:01| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

34th Anniversary !?


 あれッ ? もしかして昨日6月13日って、ウチら “ 茶緒パパ & 美緒ママ ” の記念日
= 34 th アニバーサリーだったんじゃないだろうか ?
やっぱり〜 !?
…… 忘れた〜〜 !! ( ガーン )

 毎年、大抵そうなのよね … ( 汗 ) 。
数日前までは覚えてるのに、肝心のその日は記憶が飛んでいる !
そして翌日、不思議と思い出したりして ? ( 苦笑 )
今回もまさにソレだったー !!

 言うまでもなく、昨夜はサプライズのひとつもありません。
今日も、何か記念品を買う ? …… とか考えても、浮かばないし〜 ( トホホ ) 。


 ん〜 、であるならば、現在進行形な二人の共同作業 ( “ 花壇造り ” とこの “ ブログ ” )
があるってことを、今年の記念にしときましょーかね ?
…… なぁんて ( 笑 ) 。





posted by 美緒ママ at 21:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

『 BULLET 』 降臨〜〜 ☆☆☆


 ご報告遅れましたが …… 。
去る6月8日、リリースから二日遅れで、待望の 『 RENEGADE CREATION 』 2nd CD
『 BULLET 』 が降臨致しました〜 !!!


        120612_1732~010001.jpg


 この日、偶々出がけだったバブリー君のカー・オーディオで、スタートしたオープニング
『 All Over Again 』 。
ほぉ〜 ? いつもクリーンなロベン・フォード君にしては、けっこー頑張ってみたかも ? な
ワイルド・ブルース。
まァ、コレも有りですか ? ( 笑 )
 …… が、しかしワクワク感は、聴き進むにつれて微妙になって行きました。
どうも、さらっと耳馴染んでくれない “ 障り ” を感じたんです。上手く説明出来ないけど。
殊にロベン作品のメロディー・ライン。それから彼自身の唱法。
「 コレほんとにロベンちゃん !? 」 と、茶緒パパがマジ訝った程でした ( 苦笑 ) 。

 いゃ、勿論その後、時間の有る時、 ( 新作 CD では大抵するんですが ) 家事中ずっと
スピーカーから ( or 深夜はヘッドホンで ) エンドレスに流し続け、慣れるまで聴き捲って。

 結果、聴き馴染むと意外なことが見えて来ましてね ♪
総体的には “ 大人のギター・ロック ” で決まり。
また、二人目のギタリスト = マイケル・ランドウさんが、作品もプレイも存外良かったりして ☆
前作 『 RENEGADE CREATION 』 の彼の、異質なサイケ感と難解度 ―― 美緒ママ的にかなり
のネックだった ! ―― が良い意味で影を潜め、随分ストレートで歯切れ良し ♪
今回、彼には駄作が無い !!! …… かも ♪♪♪

 では、マイケル作とロベン作を分けて、チェックしていきましょう。
まずはマイケルさんメインのナンバーから。
2曲目のタイトル・ナンバー 『 BULLET 』 。シンプルさと疾走感が Good 〜 ☆

 3曲目 『 On A Mountain 』 はまるで、サザン・ブルースロックの大御所 『 ZZ TOP 』
だわさ ♪
ダーティーな引き擦り感がめっちゃツボ〜 ☆☆

 また7曲目の 『 Greedy Life 』 も、スローでダルでクールで、粋だねッ ♪♪♪

 そして最後のマイケル作が、8曲目 『 High And Low 』 。
美緒ママが昔ファンだったロック・グループ “ CHICAGO ” の往年 … ビル・チャンプリン色を
全面に出していた 『 Stone Of Sisyphus 』 あたりのハード路線を彷彿と〜 ♪

 何かどれもカッコいいよ〜 、マイケルさん ☆☆☆ ( 拍手 )


        120612_1727~010001.jpg


 それに引き替えロベンは …… ちょっと “ 不思議ちゃん ” ( 苦笑 ) 。
この新作を一年以上も暖めていて、イジりまわし過ぎちゃったのかな ?
メロディーやソロの、彼ならではの “ 予定調和 ” 的美しさが見つからない !
とゆーか、そこから脱したいの ?
シンプルな割に、ストンと納まらない …… 。

 まず1曲目 『 All Over Again 』 、これは ( 先にも書きましたが ) けっこう頑張って
みたワイルドめブルース ♪
ヴォーカルも、彼にしちゃちょっぴり “ 投げやり ” ちっくで ( 笑 ) 。
アルバムの “ ロック味 ” をアピールしてます ?

 次の4曲目 『 Nazareth 』 は、打って変わってスローでフォーキーなワルツ。
伸びやかでありながら、やはりロベンらしくない発声。
サウンドの広がりと湿り気の無い空気感は、アメリカ西南部の雄大な山や自然を連想させる
ようだけど … 。
もしも昔にこの曲があったなら、絶対、映画 『 Brokeback Mountain 』 のテーマだッ !! …
って思ったろうな〜 ( ご存じの方には納得していただける ? ) 。
ロベンは怒るかもしれないけどね ( 苦笑 ) 。

 それからまた5曲目 『 People Like Me 』 もフォーキー色が続くものの、西海岸調
フォーク・ロック =『 Eagles 』 かぃッ !? … みたいな ( 笑 ) 。
勿論ギターは遥かにキレイだけどね ♪
そう、つまりギター・トーンのものすご〜〜く美しいロック ☆

 次いで6曲目 『 Too Much Of Nothin' 』 もフォーキー・カラー。
って、これはロベン作ではなく、 『 Bob Dylan 』 作のカヴァーなんです !
あ〜 ロベン結構好きよね ? Dylan さん。以前 『 Jing Chi 』 ライブでもカヴァー曲
あったし。
なので、フォーキーとゆーか独特ですな。

 因みに、アコースティック・ギター入りがこう続くと、ふと YouTube の 「 僕の新しい
Gibson B25 ご紹介 」 映像思い出しました。


http://www.youtube.com/watch?v=N8dycpR6f34&feature=related


 このロベン、キュートでしょ ? 大好きなんです〜 ♪♪♪ ( はぁと )


 さてさて “ アコースティックが隠し味 ” ってロック、次の9曲目 『 Older Today 』 も。
ここのギターは “ Blind Faith ” の何かを思い出した ! ( 古りィ〜 ッ )
別にクラプトンのファンじゃないけど。
あ〜 あの時代は、子供が聴ける音楽決まってたからね ( 笑 ) 。

 そうしてラスト、10曲目 『 Saint And Satan 』 。
曲調は基本ロックなんだけど、歌詞にまつわる特異な要素。
チベット仏教信仰者であるロベンが匿名の某師 ―― もしや自身の師 ( Meditation Master )
のでしょうか ? ―― の言葉を詞にしたそうです。
エンディングのギター・ソロがエキゾチックに煌めきます。

 以上、ざっとこんなふうに聞こえたニュー 『 RENEGADE …… 』 。
前作とは明らかに違ったアプローチが進歩なのか ? …… わかりませんが。
ファンの皆さんは、いかが感じられたでしょうか ?





posted by 美緒ママ at 22:21| Comment(1) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

『 今日のロマーノさん 』 バックナンバー  2


 『 今日のロマーノさん 』 バックナンバー、二回目です。

     ちょうど一年前の今日 …… 2011年6月11日撮影。

     ★ カップ : Wedgwood  “ INDIA ”

     110611_1318~010001.jpg   110611_1318~020001.jpg




     ★ プレート : Wedgwood  “ MARCASITE ” /
                    林檎のタルト バニラアイスクリーム添え

     110611_1320~010002.jpg   110611_1319~010001.jpg




posted by 美緒ママ at 21:13| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

花壇改造計画 第3弾 花苗の選択


 日曜日、茶緒パパ & 美緒ママがまた二人で動ける日です。
ただし今日の花壇は、苦土石灰を撒いた土を依然寝かせ中なので、作業はお休み。
それでその間に園芸店へ、植える花苗や必要な園芸用品の調達に出ることにしました。

 午前中、開店時間に合わせて、少し離れた S 区の大型園芸店 『 グリーン・ファーム 』 へ。
きっと賑わうだろうと予想されたそこは、さもありなん開店直後の駐車場がどんどん塞がって
いきます。
さすがなガーデニング・ブーム ! …… みんなホント好きなんだね〜 ? と感心。
危ない危ない !! …… ちょっと遅くなってたら、車も停められなかったわ ( 焦ッ ) 。

 さて、そこでの買い物は厳密に決まっていなかったから、広い敷地内を端から物色。
まず屋外スペースは、花木や大きな観葉植物、薔薇の鉢苗などのコーナー。
何と 『 David Austin 』 や、今ブーム真っ直中のフレンチ・ローズ 『 Delbard 』 社モノ
も見かけ …… 嗚呼、もしも今薔薇栽培を許されるならさぞ楽しめたろうに、とため息。
 でも、自粛自粛 !!
取り敢えず、最も簡単そうな草花を扱うことさえ、始める前から不安なんだし( 汗 ) 。
実際、ポット苗が無数に広がる屋内コーナーをぐるぐる回り続けるうち、全然決められぬ
美緒ママは、次第にストレスを感じて来ました。
真夏めく暑さも手伝ってか、だんだん、もう庭なんか止めたい ! と内心の嫌気が …… 。
 しかし、乗りかかった舟だよね ? … と気を取り直し。
ハーブのポット苗コーナーから、漸く 『 マロウ 』 2種 ( コモン、ムスク・ホワイト )を
選んだのでした。
正直のところ、気持ちはゼンゼン盛り下がってたけど。

 結局ここでの買い物は、苗二株と薬剤、ガーデン・グローブ、茶緒パパ選の草花用培養土で
終わり。
花苗がこれでは全く足りないので、午後にもう一軒見てみます。



 夕方、用事帰りのバブリー君で、最寄りの中規模園芸店 『 ニーズランド 』 へ回りました。
先日 『 ニチニチソウ 』 を買った店です。
ハーブ苗はこちらが存外豊富で、この前気になっていた 『 ラヴェンダー・セイジ 』 を2株決定。
また一番苦慮していた花壇中央のポイントには、店長さんに『 デンタータ・ラヴェンダー 』 を
勧めていただきました。この辺りの気候なら、概ね “ 常緑 ” を保てる品種とのこと。
以前 『 ストエカス 』 というフレンチ系を鉢植えにしてみたんだけれど、より強いんだわね ?
梅雨時の多雨と蒸れに耐えてくれることを、切に祈る〜 !!
そこさえクリアすれば、暑さ寒さ・病害虫に強く、多肥も要らないデンタータ・ラヴェンダーは、
ホント優等生と言えますよ ♪

 ところで、時にお馬鹿ミーハーになる美緒ママ ( 苦笑 ) 、唯一 “ 形から入りたい ”
園芸ツールが有りました。
それは “ ジョウロ ” !!
大昔庭いじりに凝った時知った英国の老舗ブランド 『 Haws ( ホーズ ) 』 社のトレードマーク、
濃い緑の “ Watering Can ” がず〜っと憧れで ( 萌えッ ) 。
たかがジョウロとも言えぬハイソなお値段ですが、今どきのことで Amazon しっかり扱ってるん
ですね !
「 え〜ぃ、買ってしまえ!! 」 とワン・クリック・オーダーする直前だったのが、何と奇しき
運命 !?

 『 ニーズランド 』 の屋内売り場から、茶緒パパが呼びました。
「 良さそうなジョウロがあるよ ! 」
いくつか廉価品が並ぶ中、そのひと種類だけしっかりした独特の形態です。
色は 『 Haws 』 に似た深緑。
そしてそして ! …… 丈夫そうなボディーに張られたシールには 『 Italian Pot Ciao ! 』 。
ん〜 ? … 『 Ciao ( チャオ ) 』 !? 、他でもない 『 ちゃお 』 じゃぁ見過ごすワケに
いかないか ? 茶緒パパ ( 笑 ) 。

          120619_1151~010001.jpg

 すると店長さんが、 「 それお勧めですよ ! 当店でも使ってますから 」 とイチ押し ☆ 
「 そーなんですか !? … いゃ、実はウチの犬と同じ名前なんで 」
「 なるほど ! 」
 とゆー次第で、 Haws の半値以下でジョウロを調達 ♪
ただし、“ Haws のジョウロを所有する夢 ” はついえたのだった〜〜 ( 涙 ) 。


 と、何だかんだで、持ち帰った花苗たちを並べて眺めると …… 幼葉や少し咲き出している
花の初々しさが、間違いなく癒してくれます。
それでも …… 世話する手間ヒマは、やっぱり億劫なんですがねぇ ( 大汗 ) 。





posted by 美緒ママ at 22:11| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

花壇改造計画 第2弾


 昨日 = 6月8日 ( 金 ) の庭作業をレポします。
夕方少し時間が有ったので、思い切って花壇中央のエビネを、茶緒パパに花壇外へ移植して
貰いました。
理由は、やはりその位置が、どうしても花壇プランの妨げになりそうで。
もとより花壇作りには 「 No idea ! 」 だったから、素材のチョイスには依然窮している
実情です。
“ 好きな ” 花材と “ 環境に合った ” 花材のギャップが、重く立ちはだかってて。
…… ならばスタート地点は、出来る限り白紙であって欲しいよね。


  ( 9日撮影の画像。雨に濡れて )
  P6094569.JPG P6094581.JPG



         ★ ニチニチソウ
           学名 : Catharanthus roseus
           科名 : キョウチクトウ科ニチニチソウ属

         P6094589.JPG

             P6094605.JPG

         P6094612.JPG

         P6094577.JPG

         P6094575.JPG



         ★ カラー
           学名 : Zantedeschia aethiopica
           科名 : サトイモ科オランダカイウ属

         P6094574.JPG

         P6094599.JPG

         P6094596.JPG



 煉瓦の縁取りのすぐ内側は、取り敢えず植え込んだニチニチソウや、既存のチェリー・セイジ、
カラー、薔薇などなどで恰好をつけるつもり。
ならばその中心部を如何に仕上げるか ?
花材のチョイスと配置によって、居間からベランダ越しの景観はがらりと変わるでしょうから。


 とゆーワケで、改めて耕した中央部の土には抜かりなく、お約束の “ 苦土石灰 ” を混ぜ込んで
おきました。
約一週間置けば、ばっちり植えどきだそうですよ ♪
ヨシヨシ !!

 …… って、だ〜か〜ら〜何を植えりゃイイんだよぉ ?
真夏の午後の直射日光に耐えて、且つ手の掛からない洒落た草花なんて。
う〜〜難題じゃぁーッ !!!




posted by 美緒ママ at 23:00| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

『 今日のロマーノさん 』  9


 ついに梅雨入りした大雨 !
それにしても、梅雨の頃にしちゃ随分冷える夜風 …… 。

 そんな今日が、思いがけぬ “ 良き日 ” になりました ♪
朝の星占いはサイテーだったのにね〜 ( 笑 ) 。

 たまたまランチに入った 『 カフェ・ロマーノ 』 さん。
何と、飛びきりのご馳走が待っていたんですよ〜 ☆
だいぶ以前、通常ランチセットに出しておられた “ トマトソース・パスタ ” 。
この絶品濃厚トマトの味つけは、界隈のイタリアン・レストランを探しても何処にも無かった
独特の風味なんです !
美緒ママ一番のお気に入りでした ♪♪♪

 このメニューの予期せぬ再開 …… 突然の邂逅はホントに感慨無量 !!


       【 特製ランチセット 】

          ★ プレート : オリジナル・トマトソース・パスタ

         120609_1242~010001.jpg



      ★ カップ : Wedgwood “ OSBORNE ”

     120609_1255~020001.jpg   120609_1258~010001.jpg



      ★ グラス / プチ・デザート ( シナモン・シフォンケーキにホイップクリーム、
                        チョコレートソース、アイスクリーム添え )

             120609_1254~010001.jpg



 このランチセットは、惜しくも休止になって久しく、美緒ママには忘れられない “ グルメ ”
だったのです。

 Buono  Buono〜〜 ☆☆☆
やっぱり、めっちゃ美味しゅうございました ♪♪♪
今後また、不定期にでも続けて下さるのを願って止みません !!




posted by 美緒ママ at 22:59| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

『 芳宣白磁の四季 / 皐月 3 』


 大雨の今朝 …… フェンスのランブラー・ローズ 『 アルベリック・バルビエ 』 の花が、
早や乏しくなっていました。

 なので、5月29日に撮った盛りの 『 …… バルビエ 』 。
沢山剪って花瓶にいただいた贅沢 ☆


             120529_1809~010001.jpg

         【器】 高橋芳宣作  『 白磁面取花生 』
         【花材】ランブラー・ローズ 『 アルベリック・バルビエ 』
            十薬 ( ドクダミ )



 盛りの頃の 『 …… バルビエ 』 たち。

    120529_1807~020001.jpg  120521_0906~010001.jpg

    120529_1812~010001.jpg  120521_0905~010001.jpg




 花瓶の画像ではよく見えなかった ( 苦笑 ) 『 十薬 ( ドクダミ ) 』 たち。

    120603_0829~010001.jpg  120603_0828~010001.jpg

             120603_1722~010001.jpg




posted by 美緒ママ at 12:33| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

6月8日 検診日


 今日は茶緒の、6月最初の検診日でした。
予約の午後2時より30分程早く、 『 みなとよこはま動物病院 』 に到着。
駐車場にも運良く入れたし、もしや早めに済むか ? と期待したものの …… 。
実際には主治医 K 先生に緊急が入り、逆に遅くなりました ( ガク〜 ! ) 。
ホントやれやれ …… 。
仕方無いけどね。

 診察では、 “ 小 ” 検査結果が存外良好 ( ホッ ! ) 。
前回急に悪化したスツルバイト症が、また快方へ向かったのか ?
わからないモンです ( 苦笑 ) 。
一方外耳炎はまだまだながら、その他併せて色々診て頂き、ひとまず安堵致しました。

 なお、次回の予約は6月30日 ( 土 ) の午後3時です。


 ところでこの日、何とまた “ 待合室のサプライズ ☆ ” を体験した我らパパ & ママ ( 笑 ) 。
待合室の入り口を入って来たふんわりベージュのクリクリ・ウェービー犬 ♪
茶緒パパが気付き、あッ ! と声を上げました。
「 まるで 『 麗生 ( れお ) ちゃん 』 だ〜 ! 」
それはビアとは別の気になる犬種 『 Soft−coated Wheaten Terrier
( ソフトコーテッド・ホィートンテリア ) 』 。
3歳程の女のコ 『 ニコル 』 ちゃんです。

 むろん我々には、初対面の “ 生ホィートン ” !!
テリア・カットをする前とかで、ホィートン ( 小麦色 ) のセミロングが、超ラブリーでした〜 ☆☆

 実は、嘗て初代犬テリア MIX 『 麗生 』 を迎えた折、犬種図鑑の中で一番似て見えた純血種
がコレだったんですよ。
ところが、国内にはブリーダーさえ居ないという超レアもの。
“ 野良さん ” 上がりの麗生が、まかり間違ってもそこらで掛け合わされる可能性は無く …… 。

 なので麗生は、 “ ホィートンテリア ” ならぬ “ 麗生ちゃんテリア ” と呼ばれたワケ ( 笑 ) 。

             100204_1228~020001.jpg


 そーゆー麗生との出会いは、22年も昔。
彼女が晩年、この 『 みなとよこはま動物病院 ( 旧称 『 永岡犬猫病院 』 ) 』 にお世話に
なってからも、20年近く経ちました。
以来、美緒や茶緒を連れて通った間には、ホィートンテリアに出会うこと無く …… 。

 この日の対面は何だか麗生に再会したように、ほのぼの和ませて貰えたのでした。
『 ニコル 』 ちゃん、お会い出来て嬉しかったですよ〜 ♪♪♪





posted by 美緒ママ at 23:36| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする