2012年05月18日

『 芳宣白磁の四季 / 皐月 』  初 “ バルビエ ”


 お気に入りのツル薔薇 『 アルベリック・バルビエ 』 の蕾が漸く、あと一息 ! ってとこまで
膨らみました。

     120516_0937~010001.jpg  120516_0938~010001.jpg


 フェンスを覆う濃いグリーンの照り葉を探って、蕾が一つだけの枝を探します。
房咲き性のこのコらは、複雑に絡んだ枝の先にたいてい二つ三つ以上の蕾を掲げているから。
一つ開いただけじゃ、剪るのは可哀相でしょ?

 なので、珍しく蕾一つだけの枝を見つけて、芳宣先生の白磁花瓶に頂いた次第。


             120518_0800~010001.jpg

【器】  高橋芳宣作  『 白磁面取花生 』 
【花材】 ランブラー・ローズ 『 アルベリック・バルビエ 』
     ツルニチニチソウの葉



     120518_0749~010001.jpg  120518_0758~010001.jpg


 今年お初の “ 切り花 ” バルビエ。
この純白をありの儘に写し取るのは、芳宣先生の白磁共々、なかなかに難しい !
我が携帯カメラ搭載の 『 CASIO EXILIM 』 は、どうも “ 青み ” 癖が強いん
ですよね ( 苦笑 ) 。




posted by 美緒ママ at 22:53| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする