2012年05月13日

レアなる櫻


 世の中、偶然開いた冊子のページから、どんな思いがけぬ情報を得るかわからんもんです。
今日目にしたのもそんな一つ ♪
時期をだいぶ過ぎましたが …… 櫻の話題 ( 苦笑 ) 。
中でも “ 絶滅危惧種 ” 系の貴重な櫻らしい !?
おぉ、ビンゴ〜〜 ☆

 そのページに曰わく ―― 鎌倉の日蓮宗寺院 『 安国論寺 』 で、日蓮上人の “ 杖付き伝説 ” に
もとづくサトザクラの一種 『 妙法櫻 』 が老衰・枯死の危機にあったところ、三年掛かりで目出度く
後継苗の育成に成功した ―― というもの。
仔細は知らずながら、ホッと胸を撫で下ろしますよね ? こーゆーハナシは。

 何でも2007年にご住職が決断され、 『 住友林業 』 筑波研究所へ助けを求めたとか。
同研究所は、過去において 『 醍醐寺 』 の枝垂れ櫻・『 仁和寺 』 の 『 御室櫻 』 を増殖し
救済し仰せた “ 救いの神 ” らしい !
なので、策に窮したご住職、 “ 最後の手段 ” に掛けられたのでしょう。

 幸い、去る4月12日『安国論寺』にて、命繋がった “ 増殖苗 ( つまりクローン ? ) ” が
公開されました。
ご住職、さぞかし感激されたことでしょう。
 苗木はこの冬、境内に植えられるとのこと。
無事根付けば、三年程で花を見られるそうですから、いゃ、楽しみですな〜 ♪
寺院の新たな名物として、是非貴重な由緒を守って行っていただきたいもんですよ !!

 それにしても、斯様にレア感満載な 『 妙法櫻 』 = 正式品種名 『 イチハラトラノオ
( 市原虎の尾 ) 』 たぁどんな花じゃ〜 !? 早速調べなアカン !!
って、不明なモノがネットで検索〜解明されるプロセス、ワクワクしてしまう美緒ママです。

 そうそう、ちょうど “ 身元不明 ” な櫻があって …… 。
散歩の道すがら見かけた、稀有にも遅れ咲きの櫻なんですが。


★ 調査中の櫻

P5124468.JPG

P5124469.JPG

 花は半八重、脈の目立つ白色。咲き終わりの故か淡くピンクが滲む。
縁のギザギザや、長く垂れる花柄も印象的です。
ざっと調べた限り、 『 コトヒラ ( 琴平 ) 』 ではないか ? と。
さぁて、いかがなもんでしょう ?




posted by 美緒ママ at 22:38| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする