2012年04月08日

『 茶緒パパのフォト・ギャラリー / 会いたかった櫻 』


 この日夕方は、また違う方面の櫻を訪ねました。
以前は歩けた距離なんだけど、 『 茶緒おババ 』 ちゃんには難儀そうなので 『 バブリー君 』 を
駆り出して。
最寄りの駐車場所に停めた後、 『 県立警察学校 』 正門前からグランド脇へ、川沿いの櫻並木を
愛でつつ 『 いたち川プロムナード 』 を西に向かいます。
次の橋 = 『 海里橋 』 の界隈が、殊に見応えある “ お花見スポット ” だからです。

 まずは橋の先まで行って、毎年恒例の “ ご対面 ” 。それは一本の枝垂れ櫻。
散歩コースの休憩所として設けられた、お洒落な石ベンチを覆うように茂っていて …… 。
シーズンには、紅桃色の大天蓋を見せてくれるんです !!


★ ヤエベニシダレ
学名 : Cerasus spahiana “Pleno-rosea”
科名 : バラ科サクラ属
エドヒガンの枝垂れ型、濃色八重の最も豪華な品種。

 最もゴージャスだった2008年の満開 ↓↓↓

P4052594.JPG

P4052587.JPG

P4052584.JPG



 今日はちょっと早め …… 下見のつもりだから、蕾の付き具合などを確認。
実は近年、樹の老化か病害虫のせいか ? … ひと頃ほどの眼福に与れなくなっているのです ( 涙 ) 。
年々案じながら、通っています。

P4080606.JPG

P4080607.JPG

P4080612.JPG

P4080614.JPG

P4080595.JPG

 会いたかった貴方に会えました ♪♪♪
夕日に染まる姿も、また格別 !
今年の花付きは …… まぁまぁですかね。
満開の頃、また参りますよ。

P4080601.JPG


 

 それから 『 海里橋 』 へ戻って。

P4080627.JPG



 今度は見事なソメイヨシノの懸崖を楽しみます。

P4080623.JPG

P4080626.JPG

P4080620.JPG

 どうです ? 近所の “ フツーの二級河川 ” とは思えないでしょ !?




P4080638.JPG

 さぁて、そろそろ帰るとしましょうか。

P4080641.JPG

 「 バブリー君、お待たせ〜〜 」




posted by 美緒ママ at 23:12| Comment(0) | ギャラリー | 更新情報をチェックする

『 茶緒パパのフォト・ギャラリー / サトザクラ ? 』


 4月8日、 『 花祭り 』 。
日曜の朝散歩は、茶緒パパ & 美緒ママとゆっくり。
昨日は長道中 ( ? ) を踏破した茶緒ですが、案外元気に歩いたよ、とパパ談。
“ 歩き ” のコンディションは、その日その日でずいぶん違います。

 で、今朝は坂の上の 『 日野南公園 』 まで、やや長めコース。

P4080494.JPG



 ここの櫻 ―― ソメイヨシノは多くなくて、次期を待つ八重櫻や、ちょうど見頃へ向かう白い櫻が
主なようでした。
その幹に 『 サトザクラ 』 の名札あり。
品種名なのかな ? と思えば …… 。

 検索するに、 『 サトザクラ 』 とは単独の品種名に非ず !
山野に自生する原種系ではなく、人工的に栽培・改良を為された種々の総称、ということです。
非常に沢山の種類の中で、 この 緑葉を伴う緑萼白花 ” であるならば 『 オオシマザクラ 』 に
該当しそうな …… ?

★ オオシマザクラ
学名 : Cerasus speciosa  ( Koizdumi )  H. Ohba
科名 : バラ科サクラ属
大きめ一重に芳香あり。白花緑萼緑葉の爽やかさ。

P4080562.JPG

P4080497.JPG

P4080558.JPG

P4080495.JPG

P4080559.JPG



★ ソメイヨシノ
学名 : Cerasus × yedoensis “ Somei - yoshino ”
科名 : バラ科サクラ属
こちらは、淡いピンクが殊更あでやか。

P4080566.JPG

P4080565.JPG

P4080567.JPG

P4080569.JPG



 背景は白 ( オオシマザクラ ) と薄桃 ( ソメイヨシノ ) の競演。

P4080522.JPG

P4080503.JPG




 春の花壇へ、陽射しは案外強かったね。

P4080571.JPG



posted by 美緒ママ at 22:08| Comment(0) | ギャラリー | 更新情報をチェックする