2012年03月15日

忘れじの名菓


 その昔、日本に進出した初めてのフランス菓子専門店 = 『 A.Lecomte ( ルコント ) 』
をご存知でしょうか。
美緒ママが若かった頃、美食通の某知人から、六本木の名門洋菓子店だと聞いたことがありました。
尤もチョーゼツ “ 田舎モノ ” な我が家は、東京・六本木なんて海外旅行並みに未知なる世界 …
そこへわざわざグルメ・ショッピングなど、夢のまた夢でしたから ( 汗 ) 。

 しかし、人生わからんもんですなァ〜 !
生涯ご縁も無さそうだった “ 花の六本木 ” へ、我ら夫婦が出向こうとは ?
( まァ、ロベンの来日公演が無きゃ、ずぇーったい有り得んですがね ! 冗談抜きに … 笑 )

 で、正真正銘お初の “ 六本木行き ” が一昨年の2月。
地下鉄 『 六本木 』 駅直結の 『 東京ミッドタウン 』 をそぞろ歩きしまして、最奥4階の
『 Billboard Live Tokyo 』 へのルートを確認。
それから “ お登りさん ” のウィンドウ・ショッピング始まり始まり !

 軒並み初見の店にキョロキョロするうち、 『 A.Lecomte 』 という看板に出くわし。
「 えーッ ? もしかして …… “ あの ” 『 ルコント 』 !? 」
昔、この東京ミッドタウンの場所がまだ 『 防衛庁 』 の時代、恐らく路面店だったであろう
伝説の 『 ルコント 』 ?
それが、ここに入ったことすら知りませんでしたけれど。

 とゆーワケで、まず直感任せに求めた 『 フルーツケーキ 』 。
一般的なものの倍値くらいしたと思います ( 苦笑 ) が、賞味して驚きました。
その絶品ぶり ! … “ フツーの二倍 ” 出したって十二分にお釣りが来そうってモノ。
ずっしり緻密な生地にリッチな洋酒の風味、たっぷり入ったドライフルーツ ♪♪♪
こんなフルーツケーキ初めて〜 ☆☆☆
「 さすが名店 ! 看板に偽り無し !! 」と感激した私たちは、次のチャンスにも是非買い求め
ようと話し合ったのでした。


         120316_0202~010001.jpg



 そうして二度目の3月3日 ―― 『 Billboard Live Tokyo 』 公演本番の日。
期待以上にハイ・クォリティーだったライブの余韻と、美味な 『 ルコント 』 のフルーツケーキを
土産に帰路を辿りました。

 ところが以降の “ 六本木行き ” は、ほぼ二年後になってしまったのです。
漸くに 『 ルコント 』 のフルーツケーキと再会を期待したやさき、まさかの予想外な情報が …… 。
何と 「 『 ルコント 』 2011年9月にて閉店、完全撤退 」 。
「 えぇ〜 ッ ? ウッソー ! 」 …… ガーン !!
今や、こんな名店ですら先が読めない時代なんでしょうか ?
残念至極 ! ( 泣 )




 そんな嘆かれる中、失意の私たちを癒やしてくれる味覚は、また現れるもんですね ♪
出会った新手のグルメ ―― 『 Zuckerbackerei Kayanuma ( ツッカ
ベッカライ・カヤヌマ ) 』 。
1987年創業、赤坂のオーストリア菓子専門店です。
 ご存じ、オーストリアは古くよりハプスブルク家の栄華によって発展、隆盛したお菓子の王国。
そのオーストリアの国家公認菓子職人 = コンディトール・マイスター 『 栢沼 稔 』 氏創設の
店との由。

 出会いのきっかけは、他でもないジュエリー 『 Chiku 』 。
お得意様へ暮れのおつかいものに、マダム幸子さんが纏めてお取り寄せされていたらしい。
『 テーベッカライ 』 というクッキー・セットを頂いて、感激しました。
このクッキーの美味しさも、やたら有るもんじゃありません ♪
勿論ジュエリー 『 Chiku 』 さんに相応しいセンスの良さ、そして高品位 !!


          120316_0217~010001.jpg


 折から我が家でも取り寄せたこの極上クッキー、私自身への “ ホワイト・デイ ” に
なったかも …… !?
ラッキー〜〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 04:30| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする