2012年03月20日

『 コレを聴かずにロベンを語るな !! 』 3


 今回は一段と美緒ママの “ 独断と偏見 ” 的、 YouTubeロベン 『 萌え萌え三態 』
ですよ〜 !! ( はぁと )

★ 『 Little Red Rooster 』

http://www.youtube.com/watch?v=PuAGtJItvHI&feature=related

兄のパトリック ( ds )、弟マーク ( harm ) らによる 2003 年 『 The Ford 
Blues Band 』 のステージ。
ロベンは 51 歳くらいの …… カワイイ ( ? ) おじちゃん。
相方は、この頃オリジナルを発注していた個人ビルダー 『 Baker 』 のロベン・フォード・
モデルらしい。
アンニュイなスロー・ブルースを、レス・ノートに徹して渋くクールに ☆
2 nd ギタリストの 『 ヴォルカー・ストリフラー 』 さんも達者ですね。



★ 『 Crosscut Saw 』

https://www.youtube.com/watch?v=mwsqOidNjIQ

 1999 年 『 モントルー・ジャズ・フェスティバル 』 にて。
おじちゃんとゆーよか “ おばちゃん ” な ( !? …… 笑 ) ソバージュ・ロベン、 47 歳。
めちゃくちゃトラディショナル・テイストな老巧者達の中で、一見 “ 浮いちゃってる ” 的な ?
ところがどーして !!
立派にバンド・リーダー勤めておりますよ〜 ☆
愛器の 『 Fender 』 “ テレキャスター ” も小粋に歌ってくれてます ♪



★ 『 Bad Intentions 』

http://www.youtube.com/watch?v=Bqc7lCsNZYg&feature=related

 同 『 モントルー・ジャズ・フェスティバル 』 1988 年。
既に 36 歳だってのに、 依然 “ 背伸びしてる坊や ” みたいに胸キュンなロベン ♪
青い未成熟ちっくなソプラノ・ヴォイスとギター・ブルースの “ 粋 ” !
そのギャップが却ってゾクゾクさせる !!
相方は、この時期壊れる程に弾き尽くした 『 Fender 』 “ エスプリ ( ? ) RF
モデル ” 。
この美音に中毒するファン多し ♪♪♪

 ん〜〜 アタクシとて、何度聴いても “ 萌え ” まする ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 02:36| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

街の櫻


 3月3日、気になって偵察に行った 『 段葛 』 のタマナワザクラ。
未だ、色づいた蕾がチラホラ、辛うじて開きかけた花が高いところにたった一つ。
漸く “ 初花 ” 観測 ! ……でしょうか ?



 その後15日には幾らか開花が見られ、タマナワザクラの季節が到来しました。

120315_1752~010001.jpg  120315_1753~020001.jpg

120315_1753~010001.jpg



 以降、暫く足を向けられずにいたところ、今日19日にはすっかり花が増え …。
まだ薄明るい街の夕刻、そこだけ華やかな一角に、漫ろ歩きの観光客らも珍しがってカメラを向けて
いました。

120319_1700~020001.jpg  120319_1700~010001.jpg

120319_1652~020001.jpg  120319_1652~010001.jpg

120319_1701~010001.jpg  120319_1655~010001.jpg

120319_1656~010001.jpg  120319_1655~020001.jpg  



posted by 美緒ママ at 23:10| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

『 Aurex 』 の伝説 !?


 私、美緒ママが、永遠のアイドル = 『 ロベン・フォード 』 さんに初めてまみえたのは、
30年以上も昔。
忘れもしない、1980年 『 Aurex Jazz Festival 』 のテレビ放送です。

 狭いリビングのテレビの前。
傍らには、美緒ママなんぞ嫁に貰ったばっかりに “ ジャズやフュージョンの世界に否応もなく
引きずり込まれた ( 笑 ) ” 茶緒パパが居りました。
二人は、当時流行っていたハード・フュージョンの立役者 = 『 ブレッカー・ブラザーズ・バンド 』
日本ライブに熱中していたのです。
ジャズからより新しいフュージョンへ橋渡しするスパルタンな、誠に男子度99 % の音世界 ――
トランペッター 『 ランディー・ブレッカー 』 とテナー・サックス奏者 『 マイケル・ブレッカー 』
兄弟率いるユニットです。

 そのイカツい兄さん達の中に一人混ざっていたのが、ぐっと若そうなギタリスト。
少年っぽい髪の下には、あどけない程の笑顔 ―― それが『ロベン・フォード』28歳、日本デビュー
の映像でした。
 着実なバッキングにずっと徹していた彼は、やがて持ち曲が回って来るや、裏腹な “ どブルース ”
を歌い始めたではありませんか !?


★ 『 Love Me or Leave Me ( Robben's Blues ) 』

http://www.youtube.com/watch?v=l56fEzKtl8g&feature=related


 歌唱は未熟で荒削りながら、抱えた黒い Fender Stratcasterからは実に堂に
入ったブルース・フレージング !!
客席のギター・フリークたちの度肝を抜いた、というまさに “ 伝説のプレイ ” です。

 そしてテレビの前の私も釘付け !!
「 何て私好みなブルース弾くんだろー !? この坊や 」 と ☆☆☆



 「 へ〜 ? 『 ロベン・フォード 』 って子なんだ ? 」
そう、記憶は刻み込まれたのですが、生憎以降の情報があまりに稀薄。
以来長いこと、ロベンとの接点は見つからぬままでした …(泣) 。


 ところで、ここでのブルース・ソロ・フレージングを聴き返していると、どことなく記憶をかすめる
モノがあり …… 。

 辿り着いたのは、こちらでした ↓↓↓

★ From “ LA Session ” w / Michiya Haruhata ( 春畑道哉 ) 
                             California,1993年4月11日

http://www.youtube.com/watch?v=6v2JPksJaKY&feature=related


 そうそう、コレだよ !
Fender Esprit /ロベン・フォード・モデル ( ? ) の美音が歌い上げる、めッちゃ
カッコいいフレーズ ♪

 当時自身のトリオ・ユニット 『 The Blue Line 』 で精力的に活動していたロベンに、
春畑道哉なる日本人ギタリストがラブコールを送ったとか … 。
彼は日本のグループ 『 Tube 』 のメンバーで、ロベンの大ファン。
たっての望みで、ロサンゼルスのスタジオ・セッションに漕ぎ着けたようでした。

 そうして共演した憧れの美形ブルース・ロッカーは41歳 …… まさに円熟の極み。
まだ若かった春畑クンは、さぞやどきどきバクバクしまくってたんじゃ ? …… って映像
ですね〜 ( 笑 ) 。




posted by 美緒ママ at 05:16| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

忘れじの名菓


 その昔、日本に進出した初めてのフランス菓子専門店 = 『 A.Lecomte ( ルコント ) 』
をご存知でしょうか。
美緒ママが若かった頃、美食通の某知人から、六本木の名門洋菓子店だと聞いたことがありました。
尤もチョーゼツ “ 田舎モノ ” な我が家は、東京・六本木なんて海外旅行並みに未知なる世界 …
そこへわざわざグルメ・ショッピングなど、夢のまた夢でしたから ( 汗 ) 。

 しかし、人生わからんもんですなァ〜 !
生涯ご縁も無さそうだった “ 花の六本木 ” へ、我ら夫婦が出向こうとは ?
( まァ、ロベンの来日公演が無きゃ、ずぇーったい有り得んですがね ! 冗談抜きに … 笑 )

 で、正真正銘お初の “ 六本木行き ” が一昨年の2月。
地下鉄 『 六本木 』 駅直結の 『 東京ミッドタウン 』 をそぞろ歩きしまして、最奥4階の
『 Billboard Live Tokyo 』 へのルートを確認。
それから “ お登りさん ” のウィンドウ・ショッピング始まり始まり !

 軒並み初見の店にキョロキョロするうち、 『 A.Lecomte 』 という看板に出くわし。
「 えーッ ? もしかして …… “ あの ” 『 ルコント 』 !? 」
昔、この東京ミッドタウンの場所がまだ 『 防衛庁 』 の時代、恐らく路面店だったであろう
伝説の 『 ルコント 』 ?
それが、ここに入ったことすら知りませんでしたけれど。

 とゆーワケで、まず直感任せに求めた 『 フルーツケーキ 』 。
一般的なものの倍値くらいしたと思います ( 苦笑 ) が、賞味して驚きました。
その絶品ぶり ! … “ フツーの二倍 ” 出したって十二分にお釣りが来そうってモノ。
ずっしり緻密な生地にリッチな洋酒の風味、たっぷり入ったドライフルーツ ♪♪♪
こんなフルーツケーキ初めて〜 ☆☆☆
「 さすが名店 ! 看板に偽り無し !! 」と感激した私たちは、次のチャンスにも是非買い求め
ようと話し合ったのでした。


         120316_0202~010001.jpg



 そうして二度目の3月3日 ―― 『 Billboard Live Tokyo 』 公演本番の日。
期待以上にハイ・クォリティーだったライブの余韻と、美味な 『 ルコント 』 のフルーツケーキを
土産に帰路を辿りました。

 ところが以降の “ 六本木行き ” は、ほぼ二年後になってしまったのです。
漸くに 『 ルコント 』 のフルーツケーキと再会を期待したやさき、まさかの予想外な情報が …… 。
何と 「 『 ルコント 』 2011年9月にて閉店、完全撤退 」 。
「 えぇ〜 ッ ? ウッソー ! 」 …… ガーン !!
今や、こんな名店ですら先が読めない時代なんでしょうか ?
残念至極 ! ( 泣 )




 そんな嘆かれる中、失意の私たちを癒やしてくれる味覚は、また現れるもんですね ♪
出会った新手のグルメ ―― 『 Zuckerbackerei Kayanuma ( ツッカ
ベッカライ・カヤヌマ ) 』 。
1987年創業、赤坂のオーストリア菓子専門店です。
 ご存じ、オーストリアは古くよりハプスブルク家の栄華によって発展、隆盛したお菓子の王国。
そのオーストリアの国家公認菓子職人 = コンディトール・マイスター 『 栢沼 稔 』 氏創設の
店との由。

 出会いのきっかけは、他でもないジュエリー 『 Chiku 』 。
お得意様へ暮れのおつかいものに、マダム幸子さんが纏めてお取り寄せされていたらしい。
『 テーベッカライ 』 というクッキー・セットを頂いて、感激しました。
このクッキーの美味しさも、やたら有るもんじゃありません ♪
勿論ジュエリー 『 Chiku 』 さんに相応しいセンスの良さ、そして高品位 !!


          120316_0217~010001.jpg


 折から我が家でも取り寄せたこの極上クッキー、私自身への “ ホワイト・デイ ” に
なったかも …… !?
ラッキー〜〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 04:30| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

『 2011 バブリー・アマリリス成長記 』 13


3月12日

 ラスト・アマリリス=九代目、早くも俯いてきました … 。

120312_0817~010001.jpg  120312_0816~010001.jpg




3月14日

 首が折れてしまったラスト・アマリリス。今日を名残といたしましょうか … 。
今期もおよそ一ヶ月余の間、バブリー & ゴージャスな花たちで魅了してくれました。感謝 !!
来年、また会える日を楽しみに ♪♪♪

120314_1711~010001.jpg  120314_1711~020001.jpg




posted by 美緒ママ at 23:14| Comment(0) | アマリリス | 更新情報をチェックする

息吹


 昨日テレビで気象予報士さんが、 『 大船フラワーセンター 』 のタマナワザクラに
“ 初花 ” が認められた、と伝えていました。
あぁ、ようやく … ね ♪
今度鎌倉へ出勤したら、是非 『 段葛 』 を確認しなきゃ !
遅々とした今年の春も、やっと歩みを早めていきそうです。


 拙宅の庭にも、ささやかな春の “ 息吹 ” たちが … ?



★ シラタマツバキ
学名 : Camellia japonica “ Shiratama ”
科名 : ツバキ科ツバキ属

 庭隅にひっそり、しかしコロコロと丸く可愛らしい蕾を沢山蓄えていました。

P3204349.JPG




★ ジンチョウゲ
学名 : Daphne odora Thunb. ( 1784 )
科名 : ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属

 例年なら雛祭り頃には、芳しい香気のマッスがあまた咲き溢れる筈なのに、今年はやっと ?
未だ春の寒さの去らぬ中、淡いクリーム色の花弁が小さくぽつぽつ開き始めています。

P3204266.JPG




posted by 美緒ママ at 13:12| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

『 2011 バブリー・アマリリス成長記 』 12


3月8日

 アマリリス 『 アフロディーテ 』 、九代目 = 最後の一輪が遂に開花を迎えました !
有終の美を飾る二輪 ?

120308_0827~020001.jpg  120308_0825~010001.jpg

120308_0826~010001.jpg  120308_0823~010001.jpg

120308_0831~010001.jpg




3月10日

 九代目、全開 !!

DSC_7975.JPG

DSC_7977.JPG




3月11日

 八代目が萎れ、切り取られた後。
全開を過ぎたラスト一輪の美麗 !!

120311_2136~010001.jpg  120311_2141~010001.jpg

120311_2134~010001.jpg




posted by 美緒ママ at 22:45| Comment(0) | アマリリス | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

3月9日 検診日


 今日は茶緒の定期検診日でした。
“ 春なお寒き雨 ” の中、午前8半時に 『 みなとよこはま動物病院 』 へ。
夜来の “ しっかり雨 ” なせいか、駐車場も待合室も珍しく空いていました。

091209_1556~01.jpg


 主治医 M 先生の診察では、まず全身的コンディションの問診・触診。
たまに起こる吐き気についてのアドバイスとか。
 また、毎月定期的な “ 小 ” 検査の結果 ―― 先月の 『 膀胱炎 』 もどきは解消されていましたが
―― 体質的な 『 スツルバイト尿石症 』 のやや要注意状態への移行を告げられ、少々緊張。

 さらにこの日は、よりシリアスなハナシも詰めねばならず …… それは年頭の検診時から相談を
始めていた手術の件。
 犬とゆーのも人間サマ同様、老化と共に多様な変調をきたします。
いゃ … 「 生き物を世話する 」 とは 「 常に傷病と付き合う 」 ことだからね。勿論十二分に承知
しています。驚きはしません。
が、やはり “ 患者さん ” 本体の負担は軽い方がイイ !
お世話役の心労も然り !!

 尤も手術自体は大したモンじゃなく、首筋皮下の徐々に大きくなってるできもの ( 脂肪腫か ? )
を切除するだけ。
「 たぶん30分もあれば済みますよ 」 と M 先生。
ところが問題は “ 麻酔 ” 。ここが、茶緒の場合必ずネックになる〜 ( 泣 ) 。
元凶は、彼女が心臓に抱える “ 不整脈 ” なんです。それも薬治療を一生止められぬようなレベル
( 人間なら “ ペースメーカー ” もの !? ) のため、麻酔の危険度大とか ! ( 焦ッ )

 発端は2008年2月。
瞼のできもの ( 病理では 『 脂腺上皮腫 Sebaceous Epithelioma 』 と診断 )
の手術前検査。
…… って、何か “ できもの ” 多いですよね、茶緒。
この手術だって、既に二度目だったんです ( 汗 ) 。
 初回では、何ら別状無かったのに …… 。
その二度目の術前に見つかってしまった不整脈 ―― 『 心室性期外収縮 』 及び 『 房室ブロック
( 第二度 ) モービッツ U 型 』 。
これら耳慣れぬ二種の “ くせ者 ” 達によって、当時手術は延期され、症状軽減への投薬がなされ
ました。
結果一種は改善、もう一方へは、点滴投薬ながらの手術が決行された次第。

 経過は、幸い良好に済みましたが。それでも M 先生はなお案じられます …… 最悪術中心停止
の危険性 !
かと言って、時期的には涼しい内が望ましく。
さらに急ぐべくは、肝心の M 先生が3月一杯で退職・独立されるから。
その前に何とかせねば … ( 焦ッ ) 。

 M 先生案としては、麻酔の代わりに鎮静剤・鎮痛剤を強めに使う方法。
その方針に沿って、結果、来週末・17日 ( 土 ) に手術が決まりました。
( 術前の心電図 & 血液検査は概ね良好。唯一数値高めだった肝臓へのみ、薬が処方されて )


            P1051991(サイズ変更200ピクセル).jpg



 それにしても M 先生のご退職とは残念 !!
ご実家の動物病院を継がれるためなら仕方ないけど …… 。
う〜 ん、近ければそちらへも通えるのになァ。
そうするには、些か遠い場所のようです ( 泣 ) 。

 因みにこの病院で世話になった我が家の “ お嬢ワン ” 三頭、それぞれ色々な先生に主治医を
務めて頂きました。
どの先生も、若いけれど頼りがいのある方々でした。そして皆優しくてイケメンで !!
 されど、そうした先生方に限って、次々独立して行かれるのです。
きっと皆さん、優秀だからなんでしょうけれど …… 。




posted by 美緒ママ at 22:58| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

続々々報 「 マジかァ〜〜 !? 」


 『 Billboard ―― 』 ライブ情報、なおもしつこく “ ネット追っかけ ” していたら、
すごいモノに出くわしました !
衛星テレビ放送の番組表 !?

 スカパー HD ( or e2 ) 『 フジテレビ NEXT・HD 』
 3月16日 ( 金 ) 2:00 〜 3:30 及び 16:30 〜 18:00
 
『 Robben Ford,Joey DeFrancesco,Omar Hakim,
Darryl Jones,Wallace Roney
 〜 Miles Davis’ Alumni Super Session 〜 LIVE 
                              at ビルボードライブ東京 』


 マジかァ〜〜 ッ !?
紛うことなくコレじゃん !!
恐らくは私が観た前日 = 3月1日のものと思われます。
なぜなら 『 Billboard ―― 』 のオフィシャル・サイトに、1日当日の中継生放送の
情報があったから。
 でもそれは後で知ったため、諦めるしか無かったんですが。
それが再放送されるってコト !?
ならば、どーにかして手を打ちたいもの ♪

 ところが美緒ママん家、生憎衛星放送無いんで … ( 大汗 ) 。
『 スカパー 』 契約者さんへ、お願い大作戦中で〜 す ☆☆☆ ( 笑 )



★ こちら ↓↓↓ 早々 YouTube アップされたオープニング・ナンバー !

 http://www.youtube.com/watch?v=K9MUlwF8jO0





posted by 美緒ママ at 23:38| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

ふじやまの浅春


 啓蟄を過ぎた7日は、予報に違わぬ穏やかな陽気になりました。
曇り空から薄日が射して、風も柔らかです。

 用件に出たついで、 『 本郷ふじやま公園 』 へ ( なんかココばっかだな ? ) 梅の咲き具合を
確認に行きました。

              120307_1237~010001.jpg


 咲き満ちた紅梅。

     120307_1224~010001.jpg  120307_1204~010001.jpg

              120307_1203~010001.jpg



 まだこれからの淡紅梅。

     120307_1200~010001.jpg  120307_1208~010001.jpg



 白梅は、それぞれがまァ色々な段階で …… 。

              120307_1216~010001.jpg

 
 あんまり面白いショットは無し ( 汗 ) 。




 他にも春めいた花々を期待して来たのに、存外気配がさびさびと、まるで冬ざれたまま !
唯一 『 クサボケ 』 とゆー植物に出会いました ♪


     120307_1227~010001.jpg  120307_1230~010001.jpg

              120307_1226~010001.jpg

★ クサボケ ( 草木瓜 )
学名 : Chaenomeles japonica
科名 : バラ科ボケ属
別名 : シドミ、ジナシ ( 地梨 ) 、ノボケ、コボケ
原産 : 日本固有種
樹形 : 落葉低木
特徴 : 中国原産の 『 ボケ 』 より丈が低く、最下部の枝は地面を這う。雌性花と雄性花が同株に        混生している。




posted by 美緒ママ at 22:11| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする