2012年03月31日

3月31日 惜別と門出


 3月31日の昼、茶緒の抜糸のため、美緒ママ一家は 『 みなとよこはま動物病院 』 へ出向きました。
手術から丸二週間目、折しも年度末。退職される主治医 M 先生の最終勤務日です。

 朝からの強風に、天気予報どおり雨が加わり、まるで二週間前の手術日さながら大嵐 !?
何なんだよ〜 ?この有り難くない偶然 ! ( 汗 )

 当然、駐車場は諦め。最寄りのコイン・パーキングから、覚悟を決めて歩きましたよ。
強風でさせない傘をたたんで ( 怒 ) 。

 そしたら、待合室もまた満杯でぇ〜 ( 泣 ) 。
テラスの、辛うじて雨を避けるベンチで待たされた !
他の患者さんママ達と、 「 今日はずいぶん混んでますね〜 」 なんてボヤき合いつつね (苦笑) 。

 それでも、 M 先生受け持ちの患者さんが少なかったのか ? … 割合早く呼ばれてラッキー ♪♪
多々の患者さんでせわしげな処置スペースで、 M 先生の抜糸処置。
それからお耳の手当ても ( 最近外耳炎が悪化なんです ! … 汗 ) 。

 処置後は、今回の手術の “ 病理検査 ” 結果のご説明。
「 首は “ 良性腫瘍 ” で、尾の付け根は “ 腫瘍 ” になってもいないモノでした 」 とのこと。
報告書の詳細では 「 頚部 ( 首 ) : 毛胞上皮腫、尾根 : 表皮嚢胞。共に “ ケラチン ” という皮膚組織の成分
などが溜まっていて、細胞の異系型性など悪性所見は無かった 」 そうでした。
で、晴れて我々も安堵。
 その上で、茶緒の体質では出来続ける腫瘤だから ( 実際まだ数個は有るので ) 、以降も大きさや状態に
目を配るよう、アドバイスされて … 。

 その点も含め、今後の茶緒の継続的 ( 心臓、耳、泌尿器、皮膚 ) 対応のため、引き継ぐ主治医さんを
( 茶緒パパの希望を入れて ) 『 K先生 』 に決めていただき。

 やがて名残惜しくも、お礼にささやかなお餞別をお渡しし、遂においとまのご挨拶。
先生も 「 元気でね !! 」 と、茶緒を撫でてくれました。


 穏やかで、いつも優しく対処して下さった素敵な M 先生。
お別れはとても残念ですが … 。
これからご実家の動物病院を担って、地域の良き獣医さんとしてご活躍されますよう !!
その門出を、心より応援して止みません ☆



posted by 美緒ママ at 22:59| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

サクラガサイタ !


 昨日見つけたソメイヨシノの “ 初花 ” 、今朝はこんなに開いていました。

120330_0902~010001.jpg


 なので、美緒ママ家のささやかな習慣 ―― 初花を見たらご飯茶碗をチェ〜 ンジ !!

★ 伊豆蔵幸治作 『 色絵櫻文飯碗 』            ★ 『 染付櫻文飯碗 』

080506_1539~02.jpg  080506_1539~01.jpg  



 これから凡そひと月余り、五月の “ 立夏 ” までこのコたちのお世話になりま〜 す ☆




posted by 美緒ママ at 23:41| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

“ 初花 ” の午後


 駅へ続く櫻並木で、 『 ソメイヨシノ 』 の蕾がひとつほころび始めていました !
太幹からじかに生えた蕾群れの中 ( 写真ボケてますが … 汗 ) ―― 思わぬところに “ 初花 ” です ☆

120329_1153~010002.jpg



 この春らしく麗らかな午後、ネイル・サロン 『 bird 』 の予約を入れていたので、通常ケアと亀裂の補修に
出向きました。
カラーリングはいつもの 『 Essie 』 ―― No. 469 “ LIMO - SCENE ” の微妙ピンク味オフホワイトをチョイス ♪

 施術中は毎度ながら、ネイリスト 『 みかさ 』 さんと趣味や音楽のお喋り。
新婚のご夫君が ( 何と ! ) ギタリストさんという彼女と、 “ ロベン談義 ” で女子トーク ☆
いゃ〜 、そんなネタで盛り上がるネイルサロンって、日本中探してもココだけじゃない !? (笑)


 さてその後は、久々にお隣の 『 ゼルコヴァ・カフェ 』 さんに寄ったので、改めてご紹介しましょう。
名前のゼルコヴァ ( Zelkova ) とは “ 欅 ” のこと。
カフェ・オーナーが所有するこの赤煉瓦壁のテナント・ビル 『 Zelkova Terrace ( ゼルコヴァ・テラス ) 』 には、
目の前にシンボルツリーが有るんです。
今はまだ裸木ですが、初夏になれば新緑が萌える欅大樹。
↓↓↓

110830_1556~030003.jpg  110506_1319~010001.jpg


 テラス席のパラソルに、初夏の木漏れ日が爽やかです。

110907_1337~010002.jpg  110506_1321~020001.jpg


 その下で頂いた 『 キャンベル・ブドウのシャーベット 』 は、暑い頃の美味 ♪

110907_1328~020002.jpg


 5月には、煉瓦壁を彩るモッコウバラ。

110506_1315~010001.jpg  110506_1316~010002.jpg


 足下の植栽に、ハツユキカズラも綺麗でした。

110830_1601~020002.jpg  

110830_1602~010002.jpg  110830_1601~010002.jpg


 すっきりシンプルなカフェ店内。

110630_1521~020001.jpg


 木製大テーブルに、季節ごとの花がお洒落 ♪
今はクリスマスローズ、沈丁花 … 。キンシバイは去年初夏の景。

120329_1447~010001.jpg  110630_1520~010001.jpg


 そしてそして、真打ち登場 !!
店長 『 るみ子 』 お姉さんと一緒にお客様をお出迎えしてくれるのは ―― 看板犬のピーター君 ♪
テリア系の Mix ちゃんで、可愛いのよ〜 ☆☆☆

110907_1337~020002.jpg  110407_1342~010001.jpg


 …… とゆーここは本当に不思議世界 !!
春休みでごった返す小町通りからほんの一本入っただけで、空気ががらりと変わります。
私の、掛け替え無い癒やしスポットなんです。



posted by 美緒ママ at 22:02| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

スカパー TV Visual Impression


 『 Miles Davis’ Alumni Super Session 』 スカパー TV 映像 ―― 去る3月1日、 『 Billboard 
Live Tokyo 』 での 1 st ステージ。
当夜 “ 生中継 ” された映像の、恐らく再放送と思しき16日。
我が家も幸い、スカパー契約者さんのご協力を得て、録画していただけました。
そのブルーレイ・ディスクを無事入手し、第一関門クリアでありました !! ( ヤッホー ☆ )

 では、その Visual 鑑賞インプレッション ♪
まず第一印象は …… 2日と ( たぶん ) 同じセット・リストらしく、耳馴染みがあって聴き易かったです。

1. Splatch
2. Blues MD
3. Don’t Stop Me Now
4. So What ?
5. Maze
6. Jean Pierre 〔 encore 〕

by ジョーイ・ディフランチェスコ ( org )
   オマー・ハキム ( ds )
   ダリル・ジョーンズ ( b )
   ウォレス・ルーニー ( tp )
     &
   ロベン・フォード ( g )

 個々のメンバーが、それぞれ十二分に名声を得た強者。
ただし、日頃のステージぶりをそんなに観てないからね …… そう、ロベン以外は (苦笑) 。

 ジョーイは20年も前の記憶からすると、三〜 四倍の巨体になってて本当ビックリ !!!
楽器の向こうに小山のようにそびえて、ハモンドなんてデカいオルガンすら小さく見えるほど ( ヒェ〜ッ ) 。
健康案じなくていいのかしら !?
初見のルーニーさんも貫禄で、グラサンのせいか、暗黒街ちっくなごっつい強面 !!
いかにも機嫌そこねたらヤバそう〜〜 ( 冷や汗 ) 。
オマーさんは昔、映像では拝見してる筈。随分久々のご対面。
ダリジョンは二年前にも観てますが、変わらずエキゾチック大仏さん系渋めファンキー。
従って、最年長のロベンが一番華奢でヤサっぽい !?
 

 そんなロベンに関して気づいたと言えば、何なんでしょう ? いつにないカタさ … とゆーか緊張 ?
いくら “ TV シューティング ” だからって ? ( そー言やコスも、お気に入りのジャケット着込んじゃって〜 ♪
… アハハ、おめかししてみた ? )
って、まさかね ! あれだけのベテランにして ? …… と訝られる程、ノリノリ & リラックスだった2日とは、
明らかに違って ( 見え ) た !!

 尤も、ソロはアグレッシブに弾いてるのよ、実際。
だのに、何かが違う。いつもの自在なフレージングが、滑らかに流れていかない ! ( 汗 )
何故 ???

 なまじ個々が “ マジ名手 ” な集合体は、その事情ゆえ融合し難い事態が生じるンかなァ〜 !?


 そしてまた当然ながら、ライブ・ステージの爆発的迫力とは、たとえどれだけテレビの音量を上げようと
再現し切れるもんじゃない、と改めて確認 … したかも ( ため息 ) 。




posted by 美緒ママ at 20:19| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

忘れじの名菓 2



   「 秋の野の萩の錦をわが宿に鹿の音ながらうつしてしかな 」

 この和歌にちなんだ 『 鹿の音 』 という和菓子があります。
加賀・大聖寺 ( = 現 “ 石川県加賀市大聖寺荒町 ” ) の、知る人ぞ知る菓子司 『 福文 』 の
棹ものです。
淡雪餡に大納言小豆の風味を生かした、簡素で誠に自然な美味しさ。
銘に “ 鹿の音 ( = 鹿の鳴き声 ) ” を冠した季節感は、自ずと “ 秋 ” なのですが … 。
今、どうしても記しておきたいワケがあります。

 それは ―― 加賀の地元で先代来の茶菓匠を継いだ当主ご夫妻が、お二人きりで営み、主に茶席菓子
を提供して来られた ―― この “ 隠れ名店 ” が、何と四月をもって閉店されるから ! ( 泣 )

 遠い関東住まいで、茶道の世界とも縁遠い美緒ママには、フツー出会い難い “ 高嶺の花 ” ながら
…… 希有にも、時折賞味に与れた 『 福文 』 さん。
まして地元の茶道界や富裕層のお得意客方は、さぞかしお嘆きに違いありません。

 勿論、言うまでもなく他にも趣深い銘菓が数々、地元やら古来茶道の由緒正しき加賀のその方面で
愛顧されて来たであろう当店。
ご当主の菓匠・福貞夫さんの高齢と後継ぎ不在によって、致し方の無い決断とは思いますが …… 。


 記念に、以前撮影の 『 鹿の音 』 ↓↓↓

★ 『 福文 』 製棹菓子 『 鹿の音 』 / 川瀬竹秋作 『 青磁銘々皿 』

DSC_60700001.jpg



★ 煎茶 / 川瀬満之作 『 染付蝶紋茶碗 』

DSC_60780001.jpg



 “ 新茶 ” の季節のしつらいで撮りましたが、銘々皿と煎茶碗が偶然、当代磁器作家の名門、
川瀬家の『 満之・竹秋 』 父子競演となりました。
さりながら父君・満之氏は、やはりご高齢のため、既に作陶を辞めておられます。

 斯くて、美しき佳きものが次々現代の文化から失われて行く …… まこと寂しいハナシばかりの、
この頃ではあります ( ため息 ) 。




posted by 美緒ママ at 01:44| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

『 西行の日 』


 そうそう、今年偶然大河ドラマで名が挙がったから、ってワケでもないんだけれど …… 。

   「 花あれば西行の日と思ふべし 」          角川源義

 美緒ママが嘗て俳句を学んでいた頃知った、最も印象的な句の一つです。
『 角川源義 』 はかの有名な 『 角川書店 』 の創設者であり、実業家、俳人。
ご存知 “ お騒がせ ” な 『 角川春樹 』 氏の父君でもあります。

 この句は、西行 = 佐藤義清クンの名歌

   「 願はくば花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ 」

に因む、実質忌の句と受け取れます。
歌がそもそも、釈尊入滅の時にあやかって、陰暦2月15日の頃に浄土へ発ちたいという
西行の願望を詠ったものであることは、あまりに有名ですが。
その “ 忌日 ” を敢えて “ 〜の日 ” とぼやかし、克明な表現を避け … 慎んだと言うか、
逆に洒落たのか。
この作者の句柄、他者に無い独特の捉え方が心に響きます。

 或いは、若くして喪った末娘・真理嬢 ( = 春樹氏の妹 ) への哀悼句、

   「 盆三日あまり短し帰る刻 」          源義

も簡潔にして重い …… 。

 しかしその句の中に、隠された源義自身の人格と行状の恐ろしき衝撃性を、認めることは
困難です。
私どもシロウトは、表面的・またはせいぜい浅く穿つことしか叶いますまい。


 それにしてもこの句を味わうにつけて、悩まされるのが結局 「 西行の日 」 。
つまり 「 西行忌 = 陰暦2月16日 ( 陽暦3月中旬 ? ) 」 に 「 花 ( 櫻 )
あれば 」 … って、有る = 咲いてるのか ? 櫻が !という現実。
『 ソメイヨシノ 』 には到底早過ぎるし、辛うじて 『 ヒガンザクラ 』 が咲き出せば
イイ方。
まして、春の遅い今年は、ヒガンザクラの蕾さえ固く … ( 汗 ) 。

 仕方なく現代人は、 『 カワヅザクラ 』 か 『 タマナワザクラ 』 に肩代わりして貰い、
西行の日を偲ぶ定めかも … ですね ( 苦笑 ) 。


                      120315_1749~020001.jpg





posted by 美緒ママ at 23:15| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

『 茶緒パパのフォト・ギャラリー / 西公園 』


 3月25日 ―― 茶緒の手術から一週間余り。


            P3250201.JPG



 絆創膏の早々剥がれてしまった首筋の患部は、幸い回復が早いようです。
絆創膏がくっついている腰の部分も、気にする様子無く …… 順調 ?

         P3250206.JPG




 お散歩がてらの西公園で、今度は茶緒パパの撮影会です。


         P3250213.JPG

P3250216.JPG P3250215.JPG

P3250210.JPG

                  P3250208.JPG

P3250209.JPG


 …… ん〜、このコたちやっぱし 『 カワズザクラ 』 らしいよ〜 !





posted by 美緒ママ at 21:20| Comment(0) | ギャラリー | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

アナタはだ〜れ ?


 春の彼岸が足早に過ぎようとしています。
雨になる予報に追われつつ、早めの茶緒散歩に出ると …… 。

 近所の西公園の奥まった一角に、まるで山懐にひっそり隠れ咲くかのような櫻が二本。
まだ若くか細く、名前もわかりません。


     120323_0743~010001.jpg  120323_0737~010001.jpg


 けれどこんなに早咲きの、ピンクの色も鮮やかならば …… これを 『 カワヅザクラ 』 と
呼ぶのでしょうか ?
或いは、類い稀なる地元横浜産の 『 ヨコハマヒザクラ 』 !?


 「 いったい、アナタはだ〜れ ? 」



     120323_0746~010001.jpg  120323_0745~010001.jpg

     120323_0739~010001.jpg  120323_0736~020001.jpg

     120323_0738~020001.jpg  120323_0736~010001.jpg





ラベル: 公園
posted by 美緒ママ at 12:50| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

『 茶緒パパのフォト・ギャラリー / 庭の春 』


 今年は、3月20日が 『 春分 』 = 彼岸のお中日。
天気がいいので庭の撮影会でした ♪


★ マンサク
学名 : Hamamelis japonica
科名 : マンサク科マンサク属の落葉小高木
早春に “ まず咲く ” → → “ まんず咲く ” という東北訛りから付いた、とか ?
特異な紐状の花弁をしています。


          P3204241.JPG

  P3204247.JPG  P3204238.JPG

 


★ スイセン 『 ティータティート 』
学名 : Narcissus cyclamineus cv.  “ Tete A Tete ”
科名 : ヒガンバナ科スイセン属
小さな黄花の園芸品種。丈夫な球根で、堀り上げしなくても、毎年花壇や鉢植えの隅に現れます。


          P3204277.JPG

  P3204355.JPG  P3204359.JPG




★ クリスマスローズ ( ヘレボラス・オリエンタリス )
学名 : Helleborus L.
科名 : キンポウゲ科ヘレボルス属の耐寒性常緑宿根草
日本では 『 クリスマスローズ 』 の括りで呼ばれますが、厳密には 『 レンテン・ローズ 』 に
属する種です。


     P3204263.JPG

                     P3204279.JPG




★ ハボタン
学名 : Brassica oleracea L. 
科名 : アブラナ科アブラナ属の多年草
お正月飾りだったのがすっかり薹を立てて、まるで別の植物のごとく … 。


          P3204286.JPG




★ 梅
学名 : Prunus mume
科名 : バラ科サクラ属の落葉高木
ウチの唯一の梅は、遅咲き一重の愛らしい淡紅梅 …… 。


          P3204224.JPG

  P3204298.JPG  P3204315.JPG

          P3204233.JPG

          P3204220.JPG

  P3204321.JPG  P3204335.JPG

          P3204228.JPG

  P3204323.JPG  P3204327.JPG

          P3204311.JPG

          P3204341.JPG

  P3204303.JPG  P3204304.JPG

          P3204219.JPG




posted by 美緒ママ at 23:15| Comment(0) | ギャラリー | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

茶緒の手術レポート


 2012年3月17日 ( 土 ) の茶緒の手術 ( = 『 体表腫瘤切除 』 ) の一日を
レポートします。

 この日は生憎、朝から冷たい雨 !
散歩でトイレを済まさせて四肢を洗い、朝食は無し ( 可哀想だけど仕方ない … ) 。
午前11時前、バブリー君で 『 みなとよこはま動物病院 』 へ出発です。
予定の30分頃着くと、さらに折悪しくドシャ降り〜 !!!
歩かせては茶緒がずぶ濡れになるので、近い所に停車、茶緒パパ頑張って “ 抱っこ運搬 ” ?
( ヤレヤレ、しょっ端からエラいこっちゃー )
美緒ママも必死で傘を翳して、何とか病院内へ。

 それからママが待合室で付き添い、パパは受け付け済ませて、バブリー君の移動です。
( 週末、ましてこんな雨では、病院の駐車場は満杯 ! )
大雨の中、最寄りのコイン・パーキングまで往復ご苦労様でした !!

 その間、待合室の茶緒 & ママは程なく主治医 M 先生に呼ばれ、奥の部屋へ。
過日説明を受けた施術内容や色々、インフォームド・コンセントの書類、治療依頼書等を
お渡しし、正午過ぎ術前点滴が開始されました。
右前肢から点滴輸液しながら、必要な薬を入れます。
 しかし、そもそもの病院嫌い。 ひたすら 「 やだァ〜 、帰る〜〜 」 な茶緒。
何とか宥めてじっとさせておくのが、けっこう大変 ! ( 汗 )
“ ワン・オーナー ” でないと、良くわからないかもしれませんね …… ( 苦笑 ) 。

            DSC_0171.JPG


 それでも幸い大人しくなり、パパママ見守る中、 ( 麻酔代用の ) 鎮静剤と鎮痛剤の
注射を受けました。
これで薬効が現れたら、いよいよ手術に向かいます。
暫しじたばたしていた茶緒も、程なくトロンとし始め …… 行き倒れに ( 苦笑 ) 。

         DSC_0175.JPG



 手術台へ運ばれた後、 M 先生と看護師 ( AHT ) の美人お姉さんが最終準備です。
患部の毛刈りやら入念な消毒、局部麻酔。
毛刈りは、首筋とお尻の上の狭い部分にもかかわらず、その毛量に先生ビックリ〜 。

 斯くして午後2時20分頃、 M 先生の執刀開始 !
単純な外科手術だからか、我々飼い主にもオープンで行われます。
そうは言っても、度胸ナシな美緒ママは 「 あんまし見たくない 」 ので ( 汗 ) 、
ちらっとしか覗きませんでした。

 午後3時少し前、手術終了。
殊に異変無く、茶緒も動いたりせず 「 予定通り順調に済みましたよ 」 と先生。
「 ありがとうございます !! 」 の大感謝と漸く安堵の我々でした。

 なお参考に見せてもらった “ 腫瘤の内容物 ” は、筋の有る脂肪か何かの塊。
今後 “ 病理組織検査 ” へ回されます。

 患部に大きな絆創膏を貼られた茶緒は、奥の部屋へ戻され点滴を続け、鎮静剤が
ある程度抜けるのを待つことになりました。
 と、コレが意外と掛かるんですね〜 !
腹這いのまま、次第にもぞもぞ動き始め、やがて亀さんみたいに四肢だけバタバタして
這い回るものの … 。
立ち上がりたいのに立てない、足腰に力の入らない焦燥ぶり …… 笑っては可哀相だけど、
笑えてしまいました。

 因みに、茶緒が置かれている場所は 『 小動物用 ICU ( = 高濃度酸素集中治療ケージ )
室 』 と超音波エコー検査室を兼ねています。
なので ICU 入院中の患者さん ( 猫ちゃん ) のお世話やら、エコー検査のために、先生や
看護師さんが出入りされていて、その度ごとに気遣っても頂きました。
総じてここのスタッフさん達は、超多忙な職務ながら本当に行き届いたご対応です。
感じの悪い方がいません。毎度感心してしまう !
なかなか覚め切れない茶緒に、 「 いいですよ、ゆっくり休んでって下さい 」 と優しく
お声を掛けてくれました。

 午後6時半頃 ―― 来院から凡そ7時間後、 M 先生がニコニコと 「 もう、おウチに
帰って休んで貰って大丈夫でしょう 」 と許可を下さいました。
意識レベルがしっかりしたから恐らく問題はなかろう、とのご判断です。
 パパが車を回して来た部屋から直ぐの駐車スペースまで、 M 先生と若い先生で茶緒を
運んで下さり、その間ママがお会計。
長かった “ 手術日 ” が、こうして終わったのです。


 依然強い雨降る宵の市街地。家路を辿れば、リアシートで茶緒がお座りの姿勢をしていました。
さっきよりは、体を支えられるようになった ?
ホッと肩の荷を下ろして、道すがらのパティスリー 『 ブルージュの丘 』 でささやかな
お祝いケーキを購入。

         P3180134.JPG


 ここに寄るのは、『 麗生大ねぇさま 』 時代からの “ 術後 ” or “ 退院 ” 記念 !
従って獣医さんからの帰りに寄れたってことは、パパ & ママ的 “ 密かなシアワセ ” だったり
するんですよね〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 04:06| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする