2012年02月29日

『 今日のロマーノさん 』 4


 神奈川県西部に珍しく “ 大雪注意報 ” なんて出てしまった今日、午後の鎌倉にも雪が横殴って
いました。
そんな中、ネイルの予約入れていたため、頑張ってサロン 『 bird 』 へ出向いたワケですが … 。
落ち着いた癒やしの空気に浸り、おもての荒天も忘れて和んだひと時 ♪

 今日のポリッシュは、明後日のライブ行きのために選んだ 『 Essie 』 No.448 
“ EAST HAMPTON COTTAGE ” ―― 微かなピンク味のホワイト・パール。
白いシャープな光が華やぎます。
都会の Jazzy Night に寄せて … ☆☆☆



 それから 『 カフェ・ロマーノ 』 さんで一服。


           120229_1411~010001.jpg

     止まない風雪に寒そうな窓外のパンジー。
120229_1356~010001.jpg  120229_1359~010001.jpg

★ カップ : Wedgewood  “ CAVENDISH ”



           120229_1355~010001.jpg

★ プレート / 苺のレアチーズ・タルト 苺ジャム & 生クリーム添え


 いつもながらゴージャスなフルーツとチーズ、クリーム。
加えてベースの薄いタルト生地まで何とも滋味深い …… 口福 ☆☆☆



posted by 美緒ママ at 21:20| Comment(2) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

『 茶緒パパのフォト・ギャラリー / ふじやまの梅 2 』


 今年の春といったら、実は “ 櫻 ” なんてとてもとても !
超早咲きで有名な 『 カワヅザクラ 』 でさえ、出足遅いっていうじゃありませんか !?
だいたい “ 梅 ” すら、未だ満足に愛でていません ( 汗 ) 。
メディアでもさんざん語られる異例の遅さ ?
 例年ならこんな2月の末にゃ、満開も過ぎていように …… 実態は今なおチラホラの樹。
かと思えばチラホラを飛び越してイッキ咲きの樹 !?
そもそも梅は櫻と違って、 「 ほつほつと一輪一輪 」 の風情を尊ぶもんでしょ ?
高浜虚子に 「 老梅の穢き迄に花多し 」 と詠まれたごとく、咲き過ぎた梅林に情緒なんか
無いってば …… 。
 と、人間サマは勝手なことばかり申しますな ( 苦笑 ) 。



 とりあえずご近所観梅スポット = 『 本郷ふじやま公園 』 “ 見頃一歩手前 ” の2月10日。

P2107464.JPG

P2107501.JPG

P2104192.JPG

P2107539.JPG

P2104208.JPG

P2107488.JPG

P2104198.JPG




 続いて、急激に咲きあふれた先週末、25日。
味気も無いので、折からの “ 雨後の佇まい ” を特集〜 ♪♪♪

P2254142.JPG

P2254250.JPG

P2254209.JPG

P2254232.JPG

P2254157.JPG

P2254168.JPG

P2254171.JPG

P2254199.JPG




posted by 美緒ママ at 03:18| Comment(0) | ギャラリー | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

『 2011 バブリー・アマリリス成長記 』 10


2月26日
 第二の茎で六代目が見頃を迎え、七代目が開花して。
計三輪の花を掲げたバブリー・アマリリス 『 アフロディーテ 』 。
今日は相棒のバブリー IMPREZA 君と “ バブリー・コンビ ” 記念撮影 !!


    DSC_7902.JPG  120226_1153~010001.jpg

         DSC_7941.JPG

         DSC_7945.JPG

         DSC_7911.JPG  



 早や盛りを過ぎた五代目と、次の開花候補 = 八代・九代目の蕾たち。


    120226_1148~010001.jpg  120226_1154~010001.jpg



 それから更に、先輩バブリー = 『 茶緒 』 も交えて、 “ ザ・バブリー・トリオ ” 集合写真に
なりました♪♪♪

        DSC_7914.JPG




posted by 美緒ママ at 17:04| Comment(0) | アマリリス | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

『 石への想い 』 3  櫻


 鎌倉の小町通りを北へ上り、二つ目の十字路を右へ折れると、道が 『 若宮大路 』 へ抜け出ます。
そのちょうど左角が、ジュエリー 『 Chiku 』 です。
 前を過ぎて、私は久しぶりに 『 段葛 』 を歩いてみました。
そこは鶴岡八幡宮へ真っ直ぐ向かう参道 『 若宮大路 』 中央の、一段高い歩道。
両脇に従う 『 ソメイヨシノ 』 の櫻並木の、花時はきっと大変な賑わいでしょう。
けれど未だ春の芽吹きは遠く …… ましてこんな寒い二月の夕刻、人影も疎らです。
 それでも私、実は “ 櫻 ” を探しに来たのです。ちょうど去年のこの頃、思いがけない “ 初花 ” に
出会ったから。
この段葛、 『 カトリック雪ノ下教会 』 手前あたりに数本だけ植えられている、 『 タマナワザクラ
( 玉縄櫻 ) 』 でした。


★ タマナワザクラ
 学名 : Cerasus × yedoensis “ Tamanawa - zakura ”
 科名 : バラ科サクラ属

 『 玉縄 』 という鎌倉の地名を冠されたのは、文字通り市内玉縄近隣にある 『 神奈川県立
フラワーセンター・大船植物園 』 に由来するため。
そこで、ポピュラーなソメイヨシノの中から極く早咲きだけを選抜繁殖させ、平成2年に品種登録
なった新顔なのです。
どうりで !? … 姿かたちがソメイヨシノ ♪
そして少しだけピンクの色が濃い。
…… という情報は、後日入手したものでありますが ( 笑 ) 。

 当初、タマナワザクラなど知らなかった私は、 「 こんなに早く … 何で ? 何で ? 」 と大騒ぎ
してしまいました。
早速携帯カメラに収め、 「 お気付きですか ? 」 と、すぐ近い 『 Chiku 』 のマダム幸子さん
へ写メールしたのです。


     110226_1305~010001.jpg  110226_1306~010001.jpg

              110226_1305~020001.jpg


 この画像は、マダムの携帯データフォルダに未だ残されているかもしれません。


 けれど今、 「 幸子さん、今年のタマナワザクラは遅いようです。まだ蕾すら見えません 」 って
メール差し上げられないのは、本当に本当に寂しいことです …… 。





posted by 美緒ママ at 22:36| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

鎌倉ランチ開拓 !!


 五日ぶりの出勤、鎌倉ランチです。
用件がてらたまたま通りかかったカフェ・レストラン …… おや ? いつもは満席 or 外待ちまで
居たりして、入ったこと無かったけど。
珍しく空いてる〜 !?

 ならば、と初体験の cafe 『 Vivement Dimanche ( ヴィヴモン・
ディモンシュ ) 』 。
… って何国料理 ? ( 調べたらブラジルだそうで ! … ただし店名はフランス語 ? )


          120225_1251~010001.jpg


 取り敢えず、無難そうな 『 オムライス w / ミニ・サラダ 』 を注文。
オプションのスープを頼むと、マグたっぷりのコーン・ポタージュが … 。
主役の 『 オムライス 』 は思いがけなく、傾向として美緒ママ好み ♪
トマトライスも酸味あるドミグラス・ソースにも、甘味が無くて Good !!
美味しかったでーす ♪ リピート確定〜 ☆☆☆
見た目よりボリューム有り、スープと一緒でおナカいっぱいになりました。
コンディションによっては、小盛りで充分かも ? ( 笑 )


          120225_1258~010001.jpg


 ともあれご馳走さま〜〜 !!

 では、午後のお仕事へ …… 。




posted by 美緒ママ at 19:47| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

『 2011 バブリー・アマリリス成長記 』 9


2月21日
 アマリリス 『 アフロディーテ 』 の三代・四代目 “ Twins ” ―― うなだれ始めてしまった
彼らの上に、五代目さんが目出度く 「 開花宣言 ! 」 です。
このコは第二の茎の一番花 ☆
後から六代目候補もスタンバイ !!
初代の茎のラスト = 五番目蕾と、順位争い … かな ? (笑)

120221_2112~010001.jpg  120221_2119~010001.jpg

120221_2117~010001.jpg



2月22日
 堂々と花開いた五代目さ〜ん ☆
くっきりした赤い斑が華やかでゴージャス !!

120222_2307~010001.jpg  120222_2302~010001.jpg

120222_2308~010001.jpg



posted by 美緒ママ at 23:07| Comment(0) | アマリリス | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

『 石への想い 』 2


 その昔、美緒ママがまだ大学生だった頃、鎌倉は時たまのお出掛けスポットでした。
中で 『 小町通り 』 はレトロな洒落気の中に、なお “ 古都の老舗商店街 ” の格と落ち着きを
誇示しているように見えました。

 ある日のデート、茶緒パパ ( 当時は勿論ボーイフレンド ♪ ) とファッション・ビル
『 小町プラザ 』 に入ってみると …… 尤もビルと呼ぶには随分こぢんまりして、スパニッシュ
な屋根瓦や外装が個性的で、中のテナントさんも皆こぢんまりで。
内一軒の小さくお洒落なアクセサリー店がジュエリー 『 Chiku 』 。
この時が、オーナー知久夫妻との出会いだったのです。

 生憎詳細な記憶は失いました。
が、手持ちのペンダント・ヘッドに合わせて、切り売りのシルバーチェーンを求めたのを覚えて
います。
茶緒パパも、 「 何となく思い出せる 」 と言っていました。


 あの若かった日を振り返ると、時の流れは驚くばかり !!
折しも一生懸命背伸びして、大人ぶっていた大学後期。タイトスカートにハイヒールを履き。
白いモヘアのセーターに、叔母譲りのペンダントを提げたくて …… 。


120130_0342~010001.jpg

 所謂 “ 銀線細工 ” にパールひと粒の素朴なもので、それに専用チェーンを誂えるとは、
お洒落初心者にはさぞかし優越的な体験だったんじゃないかしら ?( 苦笑 )

 次に 『 Chiku 』 さんを訪ねたのは、いつだったか忘れました。
ジュエリー・リフォームを得意とする店と知って、何やら貰い物のターコイズ & 銀ビーズ・
チョーカーのリメイクをお願いしたような …… 。
その品はブレスレットとドロップピアスに変身し、長く美緒ママを楽しませてくれました ♪

 他には切れたチェーンの直しとか、イヤリングをピアスにとか …… 細々したお定まりの注文。
たかが小娘の儲からない依頼にも丁寧に応じて頂き、漸くジュエリー・リフォームらしい注文に
漕ぎ着けたのは、たぶん十ン年も後だった …… ? ( 汗 )


 以来細く長く、断続的に足を運んだ年月。
主に対応して下さったマダム幸子さんと、お付き合いが深まるごと話題も増え、リメイク注文の
ご相談を脱線してばかり !
というのも彼女が、稀有なる偶然に私の中学校の先輩であり、ご夫妻が大の愛犬家で、現在も
二頭飼いのベテラン飼い主さんだったり。
ワン談義にも花が咲いたってワケです。
 ご夫妻のお人柄はもとより、スタイリッシュで居心地の良い空間が、伺えばついつい長居して
しまう “ 癒やしスポット ” になりました。



 そうしてマダム幸子さんに三点、お蔵入りアクセサリーの “ 再生 ” を発注した旧臘。
内一つが “ ネフライト ” のピアス。
旅好きだった母が昔、カナダ旅行の土産に寄越したもの。
カナダの産出地に因んで “ B.C. ( British Columbia ) Jade ” とも
呼ばれます。
が、しかし “ Jade ( 翡翠 ) ” になぞらえるには鈍なグリーン …… 。
しかも捻りも無い丸玉のスタッド・ピアスでは、ついぞ出番無く、抽斗に眠ったまま。
 が、そこに不意と降りて来たアイディア ! ―― 「 艶消しめのゴールドをあしらっては如何 ? 」 。
さっそく幸子さんにデザインを打診、角柱パーツに提げよう、と決定 ♪


120215_1132~010001.jpg




 また “ シルバー & ターコイズ ” のインディアン・ジュエリー・キィホルダーは、ターコイズ
四石の内ひとつを紛失 ( 涙 ) 。
なので、敢えて違うティストに …… と幸子さんのヒントから、 “ アメジスト ” の紫をチョイス。
燻しを磨いた銀の明るい輝きと共に、ぐっと華やかなペンダントへ変身を遂る手筈でした。


120215_1144~010001.jpg





 それらの仕上がりを待ちながら、私の身の回りには格別何ごとも無かった一月半ば。
ジュエリー 『 Chiku 』 さんだけが、大き過ぎる変貌を遂げておられようとは !?
何と …… 幸子さん突然の早世 !!!
驚きのあまり涙も出ず、とても実感が湧きませんでした …… 。


 しかし時間は止まってくれません。
やがてジュエリー 『 Chiku 』 は果敢にも、新たな体制で船出をされました。
これからも、そこを愛する私ども = ファン達とともに、また美しきプロダクトを追求して
下さること願って止みません。

 そしてマダム幸子さんの美意識よ、どうか永遠なれ !!




#
posted by 美緒ママ at 22:43| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

『 2011 バブリー・アマリリス成長記 』 8


2月17日
 バブリー・アマリリス 『 アフロディーテ 』、萎れた二代目さんを一昨日剪った後、暫く
寂しかったのですが … 。
今朝から、三代・四代目の蕾が開花準備に入った模様。
夜には、二輪がほぼシンクロで開き始めました。従ってこのコらは、恐らく区別つけがたく
なりそうなので、 “ Twins ” ってことで ♪
 片や第二の茎も 43 cm と、お初の丈に迫りつつ、四つの蕾を掲げています !!


     120217_2257~010001.jpg  120217_2300~010001.jpg

     120217_2302~010001.jpg  120217_2301~010001.jpg

     120217_2303~010001.jpg  120217_2309~010001.jpg
    



2月19日
 アマリリス “ Twins ” ( 三代 & 四代目 ) が、46 cm にもなった茎の上で
開きました !!
一挙とは豪気なモンです (笑) 。
 なお、五代目の蕾はまだ小さく … 。
むしろ第二の茎の一番花が、蕾を膨らませています。
従ってこのコが、五代目さんかも ? ( 笑 )


     120219_2216~010001.jpg  120219_2217~010001.jpg

     120219_2219~010001.jpg  120219_2218~010001.jpg





posted by 美緒ママ at 22:24| Comment(0) | アマリリス | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

『 Cold Gold 』 聴き比べ


 『 ラリー・カールトン 』 をご存知でしょうか ?
往年のクロスオーヴァー = フュージョン・ギターの一大旗手。
且つ今なおフュージョン界の大御所として君臨する彼が、まだ若かった頃のエピソードです。

 1977年のある晩、ロサンゼルスの某クラブに出演中、彼は見知らぬ若いギタリストに遭遇
しました。
その演奏には店中が大喝采、ラリーもいきなり心を奪われてしまったのです。
今まで聴いたことも無いようなフュージョン・ブルース !
「 何だ ? コイツ ! … いったい誰なんだ !? 」
それが 『 ロベン・フォード 』 を知った瞬間だ、と彼は後述しています。
 「 嗚呼、こんなブルースを、俺は弾きたかったんだッ !! 」
忽ちロベンに惚れ込んだラリーはすぐ意気投合し、親交を深め、互いのフュージョン・ブルースを
磨き合うことになります。

 やがて、またそれぞれの方向へと道を別かった二人。
以来ラリーが常々 「 最も影響を受けたギタリスト 」 と呼んで憚らぬロベンでしたが、再共演の
機を得たのは実に三十年近くを経た、2006年のことでした。

 さて、そんなラリーさんに 『 Cold Gold 』 という代表曲があります。
かの 2006 〜 2007 年、旧友ロベンとのワールド・ツアーでも好んで演奏していました。
 そのジャパン・ツアーで、ラリーさんのハシャギっぷりったらハンパなくて !
「 My dear dear friend !! 」 「 世界一好きなギタリスト 」 と紹介する
など、旧友ロベンとの共演がよほど嬉しかったのか、はたまたギタリストのサガ ? … ギター同士
の “ 応酬 ” に猛然と血が騒いだか ? ( 笑 )
同様にロベンもご機嫌で、招聘してくれたラリーへの気遣いを怠らず、且つ見事な競演を果たして
います。

 就中この曲のソロ・パートは、 “ ロベン・ライブの真骨頂 ” とも呼ぶべき名演じゃないかしら !?
三編ご紹介しますので、是非聴き比べてみてみて〜〜 ♪♪♪



★ その1

 『 Cold Gold 』 聴くなら、絶対コレ ☆☆☆
こんなロベン・ソロを、私初めて聴きました !!
舞台は今無き名門ライブ・スポット 『 Osaka Blue Note 』 。
2006年9月のステージです。
 使用ギターは、これまでのエレキギター史上で恐らく最高傑作の誉れ高き = Gibson 
『 Les Paul model 』 !
殊にこの gold top の一本は曰わく付きで … 1957年製ヴィンテージの名品と言われ、
実はラリーさんの所有品なのです。
それが、現在メイン・ギターに使われなくなったのを惜しまれて ――
「 仕舞っておくのはあまりに勿体無いギターだから使って欲しい、って言われたんだ。勿論
大歓迎だよ、とても素晴らしい楽器だからね。しかも無期限貸与だって ! … ラリーって本当に
良いヒトだよね〜 ☆ 」
とご満悦のロベン ♪ ( 笑 )
さぞかし “ 凄い一本 ” なんでしょう。

 しかしどんな名器と言えど、技量無くして結果はあり得ません !
1st ソロを取ったラリーのバックで、まず過不足無い見事なリズム・カッティングを滑り込ませる
センス ☆
続くソロ・パートでは喋るようにユーモラスに、またソウルフルにギターそのものを歌わせる豊かな
表現力 !
―― ぞっくりハート奪われました〜 ☆☆☆

( ↓↓↓ タイトル、スペルがちょっと間違ってますが … 苦笑 )

http://www.youtube.com/watch?v=2vgR1BQcaxo&feature=related



★ その2

 同ツアー、9日3日の東京公演 ―― 『 TOKYO JAZZ FESTIVAL 』 at 
『 東京国際フォーラム 』 のステージ。
相方ギターは同 Gibson 『 Les Paul 』 gold top 。
こちらのロベン・ソロは、ワイルド且つゴージャスに聴こえます !
キラキラとまばゆい音選びが特徴でしょうか ♪♪♪

http://www.youtube.com/watch?v=P3NnRN6rO1A&feature=related



★ その3

 2006年ワールド・ツアーの延長線 ? ―― 翌2007年7月24日、イタリア Salerno
のフェスティバル。

        100428_1411~010001.jpg

 ここでは、先手を切ってソロを取るロベン。
相方を Sakashta 『 Noupaul RF model 』 に持ち替え。
打って変わってクール & 洗練の音使いではありませんか !
ここでのロベンも、優るとも劣らぬ名手ぶりですよね〜 ☆☆☆

( ↓↓↓ タイトル、完全に間違ってますね … 汗 )

http://www.youtube.com/watch?v=ChU_-uQykRk&feature=related


 というところで …… 果たして貴方はどのソロが一番お好き ?




posted by 美緒ママ at 21:52| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

2月16日 寒戻り


 とうとう風邪を引きました ( 泣 ) 。
寒戻りの今朝、茶緒散歩がめっちゃサビィかったー !
チラチラと雪のようなものまで舞って、手袋の中で指が痛いようで …… 。

 だけど、今朝の星占いは 『 射手座 』 がトップ ♪♪♪
「 ステップアップへ押し上げてくれる運気強し 」みたいな ?

 おぉ ! … そーか ♪
来る3月2日の 『 Billboad Live Tokyo 』 、 『 ロベン・フォード
etc. ライブ 』 に向けて、準備怠るな ! っつーことか ? ( 笑 )

 よっしゃー !!
風邪薬とドリンク剤飲んで、ビタミン C もしっかり摂って、頑張んべ〜〜 ッ ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 22:08| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする