2017年09月24日

金木犀の癒やし


 所用で駅へ向かう途中、はッと足が止まりました。
え ? …… 何処から来るの ? この香り …… もしかして ?
見回せば菩提寺の敷地に、ありましたありました、 『 キンモクセイ 』 の一樹 !
橙色の小花が群れて …… 。



         PA175810.JPG



 いつも驚かされる、この季節。
依然去らぬ暑さを厭う中、そこだけ甘く芳醇な空気。

 路端には、いつの間にか 『 ネコジャラシ = エノコログサ 』 も穂を挙げて。



         PA060328.jpg




 人間界が如何に荒もうと、浮き世が “ 不条理 ” に溢れていようと。
時は絶えず流れ、やがて “ 終わり ” が全てを救ってくれる。


 あ、いゃ、そんなコトもどーでも良くて。
ただただ 『 キンモクセイ 』 いい香りだ〜〜 ♪♪♪
とゆー今日の癒やしでした ( 笑 ) 。



posted by 美緒ママ at 23:49| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

九月の恒例 ?


 秋彼岸の一日。
実家の菩提寺へ墓参中、予報の雨がパラパラ降り出して、急いで引き上げました。
愛車 『 レボちん君 』 で戻る途中、小出川を渡る 『 大庭大橋 』 辺りで本降り。
戻った地元は、一旦止んだ後のようでしたが。

 夕刻また降り出して、大雨 !
明日の午前中は降るらしい。
婚家の墓参予定なので、早く止むとイイなァ〜 。
…… しかし今年は夏以来、ずっと不安定な陽気。
 


 と、そんな九月は毎年恒例の 『 特定健康診査 ( 健診 ) 』 予約シーズンです。
いつもに増して混み合っていた、 『 神奈川県予防医学協会 中央診療所 』 の電話予約 !
やっと取れた 12 月 21 日 ( 木 ) 。 去年とちょうど同時期。
もう一年の締め括りを段取る季節なのか !?
いゃ〜、一年が早いっすねー ( 苦笑 ) 。
って …… 人生、まァそんなに “ 果たすべき ” コトも無いかぁ …… 。

 ウチらみたいに “ 介助要員 ” を持たない人間は、 “ 被介助 ” 状態がなるべく短いように
せいぜい祈るばかり !!
が、そーゆーポイントに限って、一番思うに任せません ( 汗 ) 。


 ハァ〜、身辺の雑多なモノを極力処分して、 “ 終活 ” かなァ〜〜 ? ( トホホ )




posted by 美緒ママ at 23:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

八月の眼福  吉田 博 展


 秋のお彼岸シーズンですね。
毎年お盆からこのお彼岸のスパンは短くて、うかうかしてるとすぐ “ 仏事 ” 。
やれやれ、忙しいもんです ( 笑 ) 。


 さてレポは去る 8 月 17 日 ( 木 ) 、束の間涼しさが訪れている内に、と出掛けた
東京 ・ 新宿。
『 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 』 まで美術鑑賞に ────



        『 生誕 140 年  吉田 博 展  山と水の風景 』


             KIMG1103.JPG



 昨年来、収蔵元の 『 福岡市美術館 』 より国内を巡回し、漸く東京に辿り着いた ( ? )
企画展。
解説文によると、

 ── 「 絵の鬼 」 と呼ばれ、水彩で、油彩で、木版画で世界に挑み続けた画人。
   明治から昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した ──

とゆー間違いなく高名な画伯なのに、浅学にも全くの初耳でした ( 大汗 ) 。
さりながら、昨年メディア紹介された作風は 「 わァ、綺麗〜 ☆ 絶対観たい !! 」 と
目に焼き付いたのです。


 それから凡そ一年、漸くこの日が来ました。
朝 10 時 40 分発 ・ 京浜東北線 〜 11 時 31 分着、品川駅、山手線へ乗り換えて
11 時 57 分、新宿駅着。
徒歩にて 『 都庁 』 方向へ進み、動く歩道に二回乗ってから地上へ出ると、偶然目的地前。
道路を渡って、 12 時 15 分頃 『 損保ジャパン 本社ビル 』 に到着。
その、ナンと 42 階が美術館です。



             KIMG1004.JPG


 はぁ〜〜ッ ?? スゴいなァ、都会は。 見上げると首の痛くなりそうな高層 !!



             KIMG0998.JPG


 林立する副都心のビル群には超個性的な建築も ── 有名な 『 コクーン・タワー 』 ?



             KIMG1002.JPG


 おや ? 隣に思いがけなく 『 SUBARU 』 の文字が。
ここが本社ビル ? …… いや、実はもう移転しちゃって広告塔のみなんですと !
なァんだ ( 苦笑 ) 。



         KIMG1006.JPG


 さぁそれでは 『 損保ジャパン日本興亜美術館 』 へ向かいましょう。
専用の急行エレベーターにて、耳がキィーンとなりかけながら地上 42 階へ。
そこからの展望は、おのぼりさんにはなかなかでしたよ ( 笑 ) 。


 あ、しかしそんなコトの吹っ飛ぶ “ 美世界 ” が待っていたのだ〜 ♪♪♪
美術館、基本 “ 撮影禁止 ” ですから、感想は語るしかないけど ( 汗 ) 。
まず “ 大回顧展 ” と謳っているだけに、広い会場にはさすが大変な作品数 …… ひとわたり
巡るとすごい達成感。
それでもわたくしメは、一度引き返して、気になった作品を鑑賞し直しました。
 かかる大作家ならでは、極く初期よりスケッチ ・ 淡彩画の見事さが “ 美術 ・ 絵画 ” 分野
にさほど明るくない我が眼も魅了しました !

 既に若年の作風から優れた空気感・陰影感 …… ☆☆
更に見進めて、池泉や流水の表現に瞠目 !
空気 ・ 水 ・ 光 ── という “ My ツボ ” が溢れています。


               KIMG1109.JPG

         KIMG1108.JPG

         KIMG1113.JPG

               KIMG1106.JPG



 殊に “ 水彩画 ” と “ 木版画 ” がこの大家の真骨頂なのですね。
長年執心された山岳風景の秀逸。


               KIMG1116.JPG



 一方、対照的な水上の景の表現も、極めて国際的な評価を呼びました。
代表的作、木版画連作 『 瀬戸内海集 』 より第一作 『 光る海 』 の有名エピソード ……
英国の 『 ダイアナ元皇太子妃 』 が自身で入手され、執務室の壁に飾っておられた由。


               KIMG1104.JPG



美意識は洋の東西を問わないのですね !?
日本の西洋画にとって、誇りの一つでもありましょう。

 稀有なるご縁を得て、 『 吉田 博 』 画伯に出逢えて本当に良かった !!




 この日、曇りがちながら結局蒸し暑かった新宿。
14 時過ぎに美術館を出、 JR 新宿駅まで少々迷いましたが、 14 時 45 分発のJR線
湘南新宿ラインに乗ることが出来ました。
ゆっくり座って一時間弱、 15 時 35 分には大船駅に到着。
素晴らしき眼福に癒やされた、美術鑑賞の一日でした〜 ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 01:33| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

芙蓉のころ  その 2 .


 台風一過、急に残暑がつのったり、曇ればまたひや〜ッとしたり …… 不安定この上ない
毎日ですね。


 レポは、日にちがあいてしまいましたが “ フヨウの頃の北鎌倉 『 如意庵茶寮 安寧 』
ランチ ” 後編です。

 年来憧れだった月イチ・第二土曜のみのスペシャル・メニュー …… 『 花むすび膳 』 に
ありつけた日。
食事の膳が引き上げられた後に、もう一つ小さなお盆のもてなしが続きます。
食後のデザート ……



 一、柚子ゼリー
 

         P9099997.jpg



 あッ、ゼリーと思って口に入れたら、ちょっと驚きますよ !
淡〜い柚子風味の、さらさらした繊細な舌ざわり …… これは ? …… 滑らかな白餡が溶かし
込まれている !?
スッと消えてゆく甘味 ( 当然 『 和三盆 』 ですよね ? ) と、初めての食感。
目新しい ♪
締めのデザートまで手を抜かない、和尚様の拘りですね〜 ☆


 精進料理はとかく淡白で満足度が低い ? …… と案じられますが、どーしてそんなコトは
無いのだ ! 偏に味付けのセンスですよ ♪
いゃ〜気に入りました ☆☆☆
 次は是非々々 “ 冬メニュー ” を賞味したいもの。
堂内空調の点からしても、晩秋〜夏前がベター ? 

 しかし何れにせよ、今からじゃ年内予約は既に満席 !? ( 汗 ) 。
早くとも年明けですから ( 苦笑 ) 。
人気ハンパないですよね。
うんうん、是非外さず予約入れよう〜〜 ♪♪♪



 と、そうこうするうち、楽しい “ お寺ランチ ” もおひらき。
ちょうど出ていらした、作務衣姿のご住職 ( ? ) にご挨拶して、 『 如意庵茶寮 』 様の
風雅なお玄関をおいとましました。
ご馳走さま。 ありがとうございました〜〜 ☆☆


 出しなに庭先をちょっと拝見。
本堂の白壁に、簾の陰が素敵 ♪


  P9090001.jpg

                 P9090002.jpg


                    こちらにも白とピンクのフヨウが盛り。




         P9090005.jpg


 後ろ髪引かれつつ山門を …… 。
正面に、開山 『 北条時宗 』 公のご廟所 『 仏日庵 』 様がフォトジェニック !!

 秋暑の中、楓樹の高みを渡る風がさらさら。


         P9090008.jpg



 下りて戻り道に、 『 正統院 』 様の入り口。


         P9090015.jpg



 その先を 『 妙香池 』 に沿って …… 。



         P9090017.jpg



 『 寿徳庵 』 様下へと続く、しっとり苔むした側溝。



   P9090022.jpg

                P9090021.jpg


                     道向かいには、本山 『 方丈 』 の池泉の庭。
                     建築の佇まいも端正。




 そのあたりを過ぎると、有名な座禅堂 = 『 居士林 』 山門。
青楓にせよ紅葉にせよ、撮影スポットとして名高く、カメラ男子がよくレンズを構えています。


         P9090027.jpg

         P9090023.jpg




 復路になりましたが、 『 仏殿 』 前でご本尊様にお参りし、この良き日に感謝〜♪
すると、やがて木の間越しに現れたこちら …… 『 三門 』 。


         P9090026.jpg

             P9090025.jpg


           いつ拝んでも整然と簡素な禅宗建築、好きで〜す ☆彡



 
 また詣でる機会が楽しみな、 『 円覚寺 』 様なのでした ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 19:30| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

芙蓉のころ ── 北鎌倉 “ 精進ランチ ”  その 1 . 


 去る 9 月 9 日 ( 土 ) 、スペシャルな北鎌倉行きを果たしました。
12 時 39 分 大船駅発、 41 分 北鎌倉駅に着けばすぐそこの 『 円覚寺 』 様 !
当大本山の境内塔頭 『 如意庵 』 様にて、噂の “ 精進ランチ ” がいただけるので、
夏前から予約を入れていたんです。

 当庵、一昨年初めて “ カフェ ・ タイム ” に伺って以来、どーしても気になっていた
毎月第二土曜日のみの、精進ランチ 『 花むすび膳 』 。
お初の今回茶緒パパと、元仕事先のオーナー様をお誘いしての三名。
漸く念願叶ったワタクシめは、殊更わくわくドキドキな参上でした。


 秋暑ながらからっと晴れた土曜日、境内には 『 フヨウ 』 の花が盛りです。


  P9090019.jpg

                 P9090020.jpg



              到着した塔頭 『 如意庵 』 様。


             P9090014.jpg



 石段途中の石垣に、花を添えた小さな看板 ──


            『 an ‐ nei 安寧
                         如意庵茶寮 』


         P9090010.jpg

         P9090011.jpg


           “ お品書き ” にも可愛らしい豆柿やらミニ瓜 ?



         P9090009.jpg

         P9090013.jpg


 眼を転ずるに、 『 山門 』 へといざなう石階を鬱蒼と覆う楓と竹林。



             P4044671.jpg



   門内の 『 玄関 』 は、式台のしつらいが目を引き ── 初秋の今は “ 燈籠 ” ですね。


         P9090003.jpg


  傍ら、控えめに生けた 『 木槿 』 も涼やか。 偏にご住職のセンス ?



 呼び鈴を振ると、予約客が順次案内されます。
庵内は庭へ開け放たれた夏座敷。建具の葭戸や半ば下りた簾が、なお残暑の頃の風趣。


         P9099998.jpg


現代の住宅事情では得難い、貴重な季節感に浸れます。
それでも席はテーブルなのでラク。 年輩客にはありがたい。
唯一残念だった室温。 冷房で閉めきるには、さすがに無理な広さなのでしょう。


 ではまず、隣室なるご本尊の祭壇へ合掌・参拝のご挨拶。
── 『 宝冠釈迦如来 』 様、これより山海の植物の命の恵みに与ります冥賀、心より
感謝申し上げます ! ──



 13 時 30 分の定刻を暫し過ぎ、 “ 点案 ( お品書き ? ) ” と “ 焙じ茶 ” が
運ばれて参りました。

         P9099990.jpg

         P9099992.jpg


         Oh ! かの上質な焙じ茶 ── 京都 『 柳櫻園 』 様 ?
         たっぷりいただきます。



 ややあって、お待ちかねの 『 花むすび膳 』 がざんぐりした黒い角盆にて供されました。


         P9099993.jpg


 各お盆には ( 向うはしで見えにくいのですが ) 季節の花が添えてあり、こちら茶緒パパの
には 『 ススキの穂 』 、女性向けには 『 シュウカイドウ 』 のひと茎でした。
和尚様の素敵なお気遣いですね〜 ♪♪



 それではいただきます。

 一、 炊込ごはん
 一、 菜げんちん汁
 一、 胡麻豆腐

 …… お精進らしい朱塗の器に盛られています。
 『 炊込ごはん 』、美味しい。 塩味をさほど感じないのに、この “ こく ” は何処から ?
── 上質な “ 油揚げ ” ?
こーゆー “ こく感 ” 大好き〜 ( はぁと ) 。
 けんちん汁は存外しっかり味。 薬膳な感じ有り。
胡麻豆腐もさすが禅刹、間違い無く滋味深し !!


 加えて陶器 ( 素敵な焼締 ) の向付に、

 一、 車麩のフライ
 一、 里芋の胡麻よごし 青みのオクラ添え。

 こちらも美味しい ♪
メインのフライ、ボリューム有り。
里芋も甘さ控えめな胡麻衣、上品〜 ☆


 そして小付の品々、

 一、 水菜のお浸し
 一、 トマトのレモン・ジュレ
 一、 マスカットの白和え

 …… と、ひんやりあっさり。
お浸しは馴染みある味わいに、隠れた椎茸がツルっとアクセント。
プチ・トマトは意外性。
中就私は、マスカットと白和え衣の相性が発見でしたよ ♪
白和えも、なるほど禅門の得意技 !
んん〜 、結構々々〜 ☆☆☆

 おなかがしっかり満たされたのでした。


                      ──── To be continued.



posted by 美緒ママ at 01:58| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

元気のモト !!!



 不肖わたくしメが “ 永遠のアイドル ” と崇めてやまぬ、 Robben Ford 先生 ♪
その “ インターネット追っかけ ” を続けて行く上で、最良 & たぶん最強のメディアである
『 YouTube 』 様。
嘗て別メディアでの頗る付き “ 名演 ” が、あろうコトか削除されてしまって、も〜メチャクチャ
嘆いていたところへ …… 救いの神が現れました !!
投稿主様、嗚呼、何とお礼申したら良いのでしょう !? ( 目がハート ☆彡 )
地獄に仏とはこのことだ〜〜 !!!

 このまま、また削除とかされませんよーに ( 祈るッ ) 。
だって、二度と観られぬかと諦めていた “ あの快演と雄姿 ” ですもの〜 ☆☆☆



★ Robben Ford & hr Bigband
『 Cut You Loose 』
 https://www.youtube.com/watch?v=c-5qpHJDCyE


https://www.youtube.com/watch?v=ThuAummZ_-0


https://www.youtube.com/watch?v=yXgixgCnii0 


★ 『 Poor Kelly Blues 』
 https://www.youtube.com/watch?v=26YGkyo3lSY


★ 『 Please Set A Date / You Don’t Have To Go 』
 https://www.youtube.com/watch?v=HSznq9psrOQ



 はァ〜〜、この音が聴きたかったのー ♪♪♪
ここんところ何かと疲れてたんだけど、お陰で元気出ました〜 ☆☆☆


            GRP_0986.JPG



          Thanks , Robben!!!  
                 Thanks , YouTube !!!



posted by 美緒ママ at 00:58| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

Gosyuin Traveller 70  その 2 .


 今日も残暑が戻って、更に暑くなりましたね。


 Gosyuin Traveller は引き続き 『 港南区 』 編の第二回目。
上大岡駅周辺を巡ります ♪ ────


 『 港南中央 』 駅より市営地下鉄でひと区間の 『 上大岡 』 駅、 13 時 25 分着。
次の目的地は商業ビル 『 CAMIO 』 脇を真っ直ぐ進み、川向うの繁華街 ( とゆーよか、
盛り場っぽい ? ) を抜けた突き当たり …… 41 分頃到着の、



       真言宗大覚寺派 『 西岸山 千手院 』 様
P2227702.jpg P2227703.jpg



 駐車スペースから階段を上って行くと、左に大きな幼稚園を構え、 隣地に 『 県戦没者慰霊堂 』
が位置するとゆう、門前の町とはガラッと雰囲気が違います。


           正面の本堂はシンプル。


         P2227700.jpg


               向拝にて合掌・読経。



         P2227701.jpg


     お堂脇の 『 弘法大師石碑 』 へも 「 南無大師遍昭金剛〜 」 とお唱え。



 それでは、と庫裏へ御朱印を請えば …… ご住職、ナンと外出間際 !?
ちょっとお困りのご様子で、 「 お忙しい折ですので、出直して参ります 」 と申し上げると、
「 あ〜、そうして貰えると助かりますよ 」 と笑まれて。
「 はい、是非また 」 とご挨拶しておいとましました。
和尚様、次回はアポを入れてから伺いますね〜 ♪♪

 御朱印 『 新四国東国八十八ヶ所霊場 』 第六十五番 ── 今度こそ必ず !!




 13 時 50 分、 『 千手院 』 様前を左手へ。 ぐるりと坂を回って上ります。
ちょうど 14 時頃到着の ……



           高野山真言宗 『 大久保山 自性院 地蔵寺 』 様


             P2227704.jpg



 こちらのロケーションは住宅地の一角。
折しも 『 本堂 』 の工事にかかっていらして、養生に覆われた佇まいのわからないのが残念。
代わりに、と申してはナンですが、正面・階段脇に立派に祀られた 『 勧九郎地蔵 』 様へ
合掌 ・ 読経させていただきました。
P2227706.jpg P2227705.jpg

         P2227709.jpg


     このお地蔵様は或る哀話に因むと云われるそうで、謹んで拝んで参りました。
     傍らに、小さな石仏様や石塔も …… 。


         P2227707.jpg



         P2227708.jpg



 工事中の本堂左手の庫裏を訪ねると、お若い梵妻様より茶菓のご接待です。 感謝〜 ♪♪♪
ご主人の副住職様もちょうど教職勤めからお帰りで、御朱印をお授けいただきました。



          『 新四国東国八十八ヶ所霊場 』 第六十六番

             KIMG1095.JPG


           達筆なるご揮毫、ありがとうございます !!




14 時 23 分頃おいとまするまで、お年の梵妻様ともお話しさせて貰ったり、よもや檀家の
一人と思われたかしら ? とゆー程寛がせていただきました。 恐縮 !
 なおお話の中でご案内下さった境内奥の、 『 弘法大師像 』 様と札所 『 大師像 』 を祀る
『 不動堂 』 へは、帰りしなにお寄りしたのでした。

P2227711.jpg P2227710.jpg




 復路は 『 CAMIO 』 まで戻り、中の 『 ドトール・コーヒー 』 にてひと休み。
ずっと歩いて来て、さすがに疲れた感じです ( 苦笑 ) 。


 15 時予約のペインクリニックへ 5 分ほど遅れで到着。
そして受診後、上大岡よりバスで帰宅。
盛り沢山な半日をこなしたのでした〜 ♪♪♪



posted by 美緒ママ at 00:50| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

「 港南区を巡ろう !! A 」 Gosyuin Traveller 70  その 1 .


 随分久しぶり、カラッと晴れ上がった日でしたね。
夜もぐっと涼しくなって …… 存外今年は秋が早いのでしょうか ?


 Gosyuin Traveller は 『 港南区 』 編、第二回目です。 市営地下鉄・
港南中央駅界隈の、気になるお札所巡り ! ────


 2 月 22 日 ( 水 ) 、美緒ママ恒例の上大岡 “ ペインクリニック ” 通院日。
午後の予約時間まで余裕があるので、界隈を回ってみようかな〜、って ♪
曇って少し寒い日でしたが、歩くには悪くないかもです。

 往路はラッキーにも、車で送って貰えて …… 11 時 20 分に降りた最初の目的地、



       高野山真言宗 『 南光山 福聚院 』 様
P2227684.jpg P2227676.jpg


 境内にお邪魔すると、まず巨木に迎えられました。
市の 『 名木古木指定樹木 』 = 樹齢三百年越えの 『 タブノキ 』 です。
頑丈で巨大な枝張りの許に、小さな石仏石塔 ── お地蔵様 ・ 観音様 ・ 庚申塔 ・ 東国霊場碑が
守られているようでした。


        お堂前の 『 弘法大師 』 様、『 地蔵菩薩 』 様にご挨拶。


    P2227678.jpg   P2227680.jpg



          続いて、本堂向拝へ。


         P2227677.jpg

         P2227679.jpg


          合掌 ・ 読経。 ご当山、漸くお参り叶いました〜 ♪


         P2227682.jpg


    向拝より見上げると、装飾の彫り物も古そうな軒。 古来の由緒が偲ばれます。




 さて本堂の右方、庫裏玄関内ではお寺の方々 ( ? ) が何やら作業中。
お邪魔かなァ、と少々躊躇いつつ御朱印を請えば、ご住職 ( 成田秀之様 ? ) とおぼしき
方が丁寧に応じて下さいました。
曰く 「 筆書きでなく判になりますが 」 とお断りになり、 「 家の者でも常時お請け出来る
ようにしております 」 と。 それもまた “ 配慮 ” ですね。



 お授けいただいたのは ……


  『 金澤三十四観音霊場 』 第二十七番  『 新四国東国八十八ヶ所霊場 』 第六十七番

    KIMG1093.JPG      KIMG1094.JPG


             ご住職様、ありがとうございます !!



   P2227681.jpg    P2227683.jpg


 因みに 『 金澤霊場 』 の印については、今や実動のない霊場ではあるが慣習的に捺している
との由。 …… なるほど ?
ご説明に感謝し、 11 時 53 分頃おいとましました。




 それはそーと、毎度の事ながら家を出るのが遅いせいで、時刻は早もお昼です。
いったん鎌倉街道へ出てランチ・ブレイク。
『 はなまるうどん 』 さん、 “ 中盛り ” がフツーだと思ったのに量多過ぎッ !
おナカ重くなって、再出発です ( 笑 ) 。




 12 時半頃、『 福聚院 』 様脇の道へまた戻り、先へ進んで次の目的地を目指すのですが
…… 恐れた通り迷った〜 !! 道筋と地図が合致しない ( 泣 ) 。
デジャブかァ〜〜 !?

 しばしウロついた結果、路地の細〜い石段を抜けて漸く辿り着いた、お堂背後の墓域 …… 。
何と真裏から参じてしまったンです ( 汗 ) 。
境内を抜け、順路真逆に山門から急階段を降りて、 12 時 50 分、改めて正面より参じ
ました ( 苦笑 ) 。



          浄土宗 『 松本山 法身院 正覚寺 』 様
    P2227686.jpg   P2227689.jpg

         P2227688.jpg


               入口脇に 『 六地蔵 』 様 。



            P2227690.jpg



 長石段の脇には …… 『 金澤観音霊場 』 札所ご本尊 『 十一面観音 』 様の “ お前立ち ”
とのこと。 麗容を拝し、合掌。


            P2227691.jpg
            P2227692.jpg



   更に上がり切って 『 山門 』 。
P2227693.jpg P2227694.jpg



 『 本堂 』 のご本尊様 ( 『 阿弥陀三尊 』 様でしょう、おそらくは ) へも、扉外より
お参りしました。

         P2227695.jpg



 札所ご本尊は、傍らの古色蒼然たる …… “ 霊験あらたか ” そうな 『 観音堂 』 に。
合掌 ・ 読経。
P2227697.jpg P2227699.jpg



 なお御朱印を請うに、ご住職によるとご当山は御朱印でなく “ お札 ” をお授け下さると
いうことで …… 


            『 金澤三十四観音霊場 』 第二十六番

              KIMG1098.JPG


            観音様、ご住職様、ありがとうございます !!



 帰路は先ほどの急階段を下りて、再度御礼。 13時10分、地下鉄の駅を目指します。
あ、気付いたら、こちらの正面サイドは先の 『 福聚院 』 様にも近い住宅街だったのです。
こちら側から来たら良かったのね !?
アハ …… 次にご縁があったらそーしましょう。


                      ──── To be continued.


posted by 美緒ママ at 01:15| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

「 西方寺へ行こう !! 」 Gosyuin Traveller 69


 九月も早や、二十四節気の 『 白露 』 を過ぎました。


 Gosyuin Traveller は未だ二月半ば。 この時期やたらはしょって
出動していて、今度は 『 港北区新羽町 』 へ出没 !! ────

 先回 ( 『 港南区 』 界隈 ) レポ翌日の 2 月 17 日 ( 金 ) 。
この日も “ 助っ人 ” 『 IMPREZA 』 君にご活躍いただいて。
13 時 47 分に出発、 55 分 日野 IC より横横道路 〜 新保土ヶ谷 IC 経由 〜
横浜新道 〜 第三京浜へ。
港北 IC を 14 時 15 分に出、途中やや遠回りしちゃったけど …… ( 汗 ) 。


 14 時 28 分に到着のこちら、 


              真言宗系単立
                  『 補陀洛山 安養院 西方寺 』 様
P2177615.jpg P2177616.jpg


 駐車場から正面へと向かうと、ホームページ等で有名な “ 花の参道 ” が 『 山門 』 へ
真っ直ぐいざないます。


         P2177617.jpg



 当季は生憎、両脇の植栽に花は無かったものの、思いがけぬ春のさきがけが迎えてくれて
……… それは 『 櫻 』 !
参道片側をずらりと占める櫻並木です ♪


  P2177665.jpg

                 P2177660.jpg

  P2177664.jpg


僅かながら咲き出してもいる花容は 『 カワズザクラ 』 と違うし、 『 タマナワザクラ 』 にも
見えず …… 。 
後のネット情報によると、 『 中日櫻 』 と当山で名付けられた、春彼岸の頃に盛りを迎える
品種らしい。
それにしても一ヶ月早いせっかちさん ? ( 笑 )
お陰様で “ ひと足早い春 ” に出逢えました〜 ♪♪



           茅葺きの侘びた山門を潜ると ……


         P2177617.jpg


                  これまた趣きある 『 本堂 』 。


         P2177619.jpg


 そうそう、当山は過年、創建時の姿の復元に尽力し、 本堂修復時に屋根を “ 茅葺き ” に
戻されたそうです !


          P2177624.jpg


 地元で古来親しまれた存在の心意気、また檀家方の奇特なるお力添えの賜物でしょうか !
( 昨今の “ 茅葺き ” 施工のご苦労を偲べば ? )
斯くして甦った古格ゆかしい屋根の佇まい。
P2177647.jpg P2177649.jpg



 本堂共々、市の文化財指定を受けているのがさきの山門、そして 『 鐘楼 』 。


   P2177637.jpg

                 P2177634.jpg



     また奥まって、札所本尊 『 十一面観音 』 様のおわす 『 大悲閣 』 。


         P2177627.jpg




 境内の花々も似つかわしく、名高い 『 ロウバイ 』 の古木、


  P2177620.jpg

         P2177642.jpg

                  P2177641.jpg



                             野趣ある 『 アシビ 』 、


P2177645.jpg P2177644.jpg



  多種とりどりの 『 ツバキ 』 。


P2177653.jpg P2177654.jpg

         P2177655.jpg



      『 クリスマスローズ 』 も沢山植えられて、和やかな “ 花のお寺 ” です。


             P2177657.jpg



 向拝にてゆっくり読経していると、陽射しが背に暖かでした。


 その後、客殿玄関へ声を掛ければお若い副住職 ( ? 伊藤仁海 ) 様のご対応。
幾つも兼ねられている札所中、以下をお授かりしました。


      本尊 『 黒阿弥陀 』 様     『 旧小机領三十三所子歳観音霊場 』 第十五番

   KIMG0992.JPG       KIMG0996.JPG


              『 横浜七福神 恵比寿大神 』 様

              KIMG0994.JPG


               ありがとうございます !!



 なお当山は 『 武相不動尊霊場 』 第九番も兼務し、折しも五月にご開帳、とご案内下さい
ました。 ご縁あれば …… と。
( 因みに 『 関東百八地蔵霊場 』 印は非対応 ? )



 ゆっくり散策し、癒やしの空間をおいとましました。


                P2177668.jpg

  P2177669.jpg


15 時 25 分、駐車場を出た 『 IMPREZA 』 君。
29 分に港北 IC より第三京浜 〜 横浜新道 〜 R 1 〜 原宿信号より 4 号線。
途中、16 時 15 分には超遅い 『 McC 』 ランチ ♪ ( or 早夕食 ? )

 …… とゆー次第で、無事終了のお参りドライブでした〜 ☆☆☆
 



posted by 美緒ママ at 00:07| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

Robben 先生 続々と〜〜 ☆☆☆


6日の未明、件の音楽ライター 『 I 』 君からメール。

── 『 JING CHI 』 の新作が出ます ! ──

 へ ? …… えぇ〜ッ、マジで !?
ヒャ〜お久しぶりッ、 JING CHI 様 ♪♪♪


 『 JING CHI 』 ( ジン・チと読む、中国語由来 ) は我がアイドル Robben 
Ford 先生の音楽活動の一環。
スパルタンな “ ハード・フュージョン ” を求道するトリオ・ユニット。
ちょいかじりのロベン・ファンじゃノーマークな ( アタシも昔はそーだった !! ) ……
ってゆうマニアックな路線なんだよ、コレが。
しかも実動自体がかなりレア ( 汗 ) 。
 何故ならメンバーの Vinnie Colaiuta ( ヴィニー・カリウタ ) 氏は周知の
如く、業界きってのファースト・コール・ドラマー。
ベーシスト、Jimmy Haslip ( ジミー・ハスリップ ) 氏もクロウトさんの評価が
凄いし。 まして彼、確か、国 ( 米国 ) 外居住者だっけ ?
加わるサイドメンも、それぞれに腕利きミュージシャンときては …… 。
そりゃ、なかなか集まれない筈 ( ため息 ) 。

 なので 2002 年の結成以来、 CD はスタジオ版二作とライブ版一作出しただけ。
後は、ほぼ休眠状態 ( ? ) だった。


 ★ 『 CRAZY HOUSE 』 from 1st album 『 JING CHI 』

   https://www.youtube.com/watch?v=dGciyc8OrH8




 それが今年、まるで冬眠から覚めたかのよーに 13 年ぶりのリリース !?
うぅ〜〜、期待せずにゃおれまへんがなー !!! 


 The 4th album 『 SUPREMO 』  by  JING CHI
                  来る 10 月 11 日、リリース ( 予定 )



 さぁ、Robben 先生 & 諸兄がた、存分に暴れまくってくんなまし〜〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 02:24| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする