2018年07月15日

薔薇は薔薇でも …… 名花たち !!  @


 毎年初夏から夏に一度は発症する “ 病い ” ── 好みの薔薇を育ててみたい !!
その “ 煩悩 ” 捨てがたく、脳内をグルグルしているので、去る五月、ひとまず 「 見るだけ〜 」
に出掛けました ♪
県内随一の薔薇揃えを誇る ( と評判の ? ) 、 『 神奈川県立花と緑のふれあいセンター 
花菜ガーデン  』 !!


 5 月 17 日 ( 木 ) 、時まさに初夏の “ 薔薇シーズン ” !
R1 〜新湘南バイパス〜圏央道〜小田原厚木道路 ・ 平塚 IC を 12 時 53 分に降り、
県道 62 号線から程無く 12 時 55 分着。


 『 花菜ガーデン 』 ── 三年前に初めて訪れ、今回二回目です。
けっこー夏めく暑さがナンでしたが ( 苦笑 ) 、気分はワクワク〜 ♪♪♪



 広大な敷地の中、十二分なスペースを取った薔薇園。
そのエリアへ導かれるアプローチに、既にとりどりな鉢薔薇がお出迎え ♪
目移りしながら、惹かれる花色にちょくちょく足が止まってしまいます ( 笑 ) 。


 蕾の濃色から魅惑的だったのが、


☆ Grafin Diana ( グレーフィン ・ ディアナ )
 ハイブリッド ・ ティー系 2012 年 独 Kordes 作出。 


             DSC_3940.JPG





 それでは目眩く薔薇の世界 = 『 薔薇の轍 』 の始まり始まり !!
薔薇の皆さん、三年ぶりのご無沙汰ですよ〜 ☆☆


 まず最初の区画のアーチに、


☆ Mme .Hardy ( マダム ・ アルディー )
オールド ・ ローズ / ダマスク系 1832 年 仏 Hardy 作出。


             DSC_3942.JPG


 『 アルディー夫人 』 、またお会い出来ましたね ♪
オールド ・ ローズでも随一の名花。香りは “ ダマスク系 ” の象徴。
パリ、マルメゾン宮殿の庭師で育種家であった 『 Hardy 』 氏が夫人に捧げたという、
ロマンティックな逸話があります。
僅かに “ 一季咲き ” というデメリットさえ無ければ、我が家の主役ともなろうに …… ( 涙 ) 。



 そこで、


☆ Sophie ’ s Perpetual ( ソフィーズ ・ パーペチュアル )
オールド ・ ローズ / チャイナ系。


             DSC_3946.JPG


 この別嬪さん、意外とタフな “ 四季咲き ” ♪ 庭の候補に加えようか ( はぁと ) 。




 さて、この薔薇園の展示は薔薇の進化 ・ 育種 ・ 改良の歴史に沿って工夫されています。
『 原種 』 に始まり 『 モダン 』 『 クライミング 』 『 フロリバンダ 』 『 シュラブ 』 etc .
大変な株数の薔薇の海〜 ☆
あんまり沢山なので割愛しつつ ……


☆ Eureka ( ユリイカ )
 フロリバンダ系 2002 年 Kordes 作出。


         DSC_3964.JPG



☆ About Face ( アバウト ・ フェイス )
 グランディ ・ フローラ系 2005 年 米 Carruth 作出。


         DSC_3966.JPG

         DSC_3967.JPG



☆ Sahara ( サハラ )
 シュラブ系 1996 年 Kordes 作出。
 咲き始めから色がどんどん変わって行くらしいですよ !!


         DSC_3972.JPG

         DSC_3973.JPG



☆ Raubritter ( ラウプリッター )
 シュラブ系 1936 年 Kordes 作出。 可愛い〜〜 ☆


             DSC_3976.JPG

         DSC_3979.JPG




 …… と拾い見て、『 イングリッシュ ・ ローズ 』 区画へ急行 !!
ご存じ、英国のカリスマ育種家 『 David Austin 』 氏のブランド ・ ローズ。


 就中、長く名花と謳われた、


☆ Engrish Heritage ( イングリッシュ ・ ヘリテイジ )
 シュラブ系 1984年 英 Austin 作出。
 “ 花持ちの短さ ” を除けば、誠にパーフェクトな花容と芳香 !


   DSC_3983.JPG

                DSC_3982.JPG



☆ Queen Of Sweden ( クイーン ・ オブ ・ スウェーデン )
 シュラブ系 2004 Austin作出。
 並んで植わるこちらもよく似た美花で、より多い重弁が華やか。 コレもイイな〜 ♪
 惜しむらくは香りが軽い ?


   DSC_3985.JPG

                DSC_3987.JPG




 ところで今回、現物を見てより惹かれたのが “ ビタミン ・ カラー ” = 黄 〜 オレンジ
〜 アプリコット の複色 ♪♪♪ 三年前の画像 ↓↓↓ は、


          P1018224.jpg


 このコ ↓↓↓ だったんですね ?


☆ Lady Emma Hamilton( レディ ・ エマ ・ ハミルトン )
 シュラブ系 2005 年 Austin 作出。
 樹勢 ・ 耐病性等強く、初心者にも向く ! → → Oh〜 , My 候補に決定 ☆☆☆


  DSC_3990.JPG
          DSC_3989.JPG
                 DSC_3991.JPG



☆ Molineux (モリニュー)
 シュラブ系 1994 年 Austin 作出。英王室バラ会の品評会で最優秀を受賞。
 定評ある芳香バラ。 イエロー寄りがかなりソソる〜 !


   DSC_3998.JPG

                DSC_4014.JPG



☆ Grace ( グレイス )
 シュラブ系 Austin 2001年 Austin 作出。
 こちらの淡アプリコット寄りも魅力 ( はぁと ) 。 細弁のこまかな八重が個性的 ♪


         DSC_4029.JPG

         DSC_4030.JPG



☆ Tamora ( タモラ )
 シュラブ系 1983 年 Austin 作出。 こちらも芳香種の逸品。
 早速、茶緒パパが一目惚れ〜〜 ☆☆☆


         DSC_4025.JPG

         DSC_4026.JPG



 とまァ、煩悩全開で駆け巡って来た後、引き続き美形ブランド薔薇に出会います !!



                    ──── To be continued .




posted by 美緒ママ at 01:38| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

庭 & 花壇改造計画 2018   “ 名無しの薔薇 ” とか ……    


 今日は Le Quatorze Juillet ── 『 パリ祭 』 。
例年この頃に花をつけていた隣花壇の 『 ユリ / カサブランカ 』 、今年は残念ながら
咲いてません。
衰えていく株は仕方ないですね …… 。


 一方、先月来の猛暑や荒天に耐えた同じ花壇の “ 名無しの薔薇 ” = 愛称 『 スカーレット
ちゃん 』 は二番花を掲げています。
花持ちが良いとは言え、早い花はすでに終盤 ?



             P7070111.jpg

         P7070139.jpg

         P7070106.jpg



 このお方、素性を突き止めるべく捜索して来ましたが、未だ確たる結論を得ず ( 汗 ) 。


 まかり間違って 『 世界薔薇の殿堂 』 入りを果たした名花 『 Ingrid Bergman 』
だったりとか、あり得るのかしら ? 

 ── 1984 年デンマーク、 Poulesen 作出のハイブリッド・ティー系。
言うまでもなき名女優の名を戴き、緋赤色の半剣弁高芯咲の弁質良く、雨に打たれても花形が
崩れない。花持ち・耐病性・耐寒性にも優れるが、微香 ──
との特徴はほぼ該当するものの、花容に少々違いが ?



 乃至は 『 Orympic Fire 』 ?
1992 年ドイツ、 Tantau 作出のフロリバンダ系。
“ 聖火 ” と名付けられた花容に極似するが ↓↓↓


             P7070112.jpg             


     “ 朱赤 ” とされる色味に少々違和感 …… “ 朱 ” は入っていない気がするけど ?

 嗚呼、また出だしに戻ったか〜〜 !! ( 泣 )




 片や、 My 花壇では 『 ニチニチソウ 』 の花盛り。梅雨の短かった今年は、わりと傷まず
茂ってくれてますね。


         P7070121.jpg

  P7070124.jpg  P7070127.jpg

         P7070122.jpg




 種零れを鉢上げした 『 イソトマ 』 も無事育って、紫系とピンク系が咲き分けて。


         P7070120.jpg

         P7070130.jpg




        そう言えば、早くも秋の兆しの 『 シュウカイドウ 』 が蕾を付けました。


             P7070115.jpg





posted by 美緒ママ at 15:33| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

『 essie 』 的な  ……


 だいぶ経ってしまいましたが、去る 7 月 1 日のネイル・レポです。
テーマは “ 白 = 涼感 ” ── 連日暑くなるって予報だったし。
はぃ、マジ猛暑 ・ 強風 ・ 大雨 …… と来て、さらに炎暑が続く !?
あー、せいぜい自己責任で保身だわ〜〜 ( 汗 ) 。


 さて、サロン 『 bird 』 。
ポリッシュ ・ ブランド 『 essie 』 のお気に入りラインアップみたいに、ピックアップ
された “ ホワイト系 ” 五、六色 ──
ネイリスト 『 みかさ 』 さん、良〜くご存じです、 My Taste !

 その内、微かにピンク寄りをチョイス ♪


     KIMG2760.JPG    KIMG2766.JPG



 そうね、『 essie 』 なら No .452 『 SOUTH OF THE HI WAY 』
といったところ ?
パールやラメの無いシンプル・ホワイトに、クール・ピンクが微かに潜む。
夏色 Turquoise に似合うかも。


              KIMG2765.JPG



 このひと月、指先だけでもひんやりと〜 ☆☆☆


 …… って、またもケイタイ ・ カメラに捉えきれぬ微妙過ぎるニュアンスだよォ〜〜 ( 泣 ) 。




posted by 美緒ママ at 10:48| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

美緒の日の …… “ スグレモノ ” 2018


 図らずも “ So Much スグレモノ ☆ ” だった ─── 北鎌倉 『 円覚寺 』 様 オリジナル
お線香 ♪


                『 瑞鹿 』 大本山 円覚寺


               KIMG2770.JPG



 何よりまず馥郁たる香気 ♪ ( もしかして、かの 『 龍隠庵 』 様のご本尊へ奉られている ? ) 
さらに何故か …… 燃えさしが巧く香炉の中へ落ちてくれるようです。
いゃ、めっちゃ有り難い !
とゆーか超絶 “ 画期的 ” ではないかぃ ?

 なぜなら、これまでどのお線香も香炉の外へ零れ、祭壇に散るのが悩みだった。
それが、今はとってもラク〜 ♪♪


 はぃ、決定、 今後御用達はコレッ ! ── 『 円覚寺 』 様 オリジナル 『 瑞鹿 』 〜〜 ☆☆


             P7050092.jpg




 ちなみに昨日 7 月 5 日は我が家の二代目 WAN = 『 美緒ねぇちゃん 』 の祥月命日でした。
季節のお約束、 『 ムクゲ 』 を庭からいただいて …… 。


   P7050079.jpg

                 P7050095.jpg

   P7050078.jpg

                 P7050081.jpg


            『 小林東五 』 先生の 『 天目扁壺 』 に生け、祭壇へ供えました。


 この美しい八重品種 ── 『 プルチェリマス 』 か 『 ピンク ・ デライト 』 か未だ突き止め
られずにいますが。
花の麗容に違いはありません。


 毎年の変わらぬこの趣き …… 。



 今年で十一年忌を迎えた 『 美緒ねぇちゃん 』 も、変わること無き私達のファミリーで居て
くれますね。



             美緒STI帽子.jpg




posted by 美緒ママ at 23:51| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

先月の俳句学習  6 月 第二週 & 第四週  2018


 The Fourth of July ── 『 独立祭 』 のアメリカ合衆国では大層
お祝いに盛り上がっているでしょうね ♪♪♪


 うかうかしていたら、もう 7 月 4 日 だワ !
急ぎ、六月分の 『 ランドマーク ・ プラザ 』 俳句教室をさらいます。
結果から言えば、かなり “ 不調 ” な月でしたねぇ …… 。



第二週 6 月 12 日 

《 型 ・ その 3 》
「 上五〜中七 ( 季語と関わりの無いひと繋がりのフレーズ ) 」 + 「 下五 ( 季語・体言 )
 〜かな 」
※ 一句全体を包み込む 「 かな 」


 この回は、なかなか無い “ ALL ボツ ” って体たらくでしたッ ( ため息〜 ) 。

 
  一句目、



   念珠屋を訪はむと出でて夕立かな          かいう



 「 お念珠 」 に個人的に執着していて、似非 “ 私小説 ” 書いちゃいましたね〜。
根底にある “ 作者 ” の心理を読み取る “ 共感性 ” → “ 伝達力 ” を欠き、独りよがりに
なった典型でしょうか。
「 夕立降るような中、ワザワザ出掛けた ? そんな急いで数珠を買う必要があったん
ですか ? …… 葬式とか !? 」
と、『 志田千惠 』 『 加藤静夫 』 両先生に訝られてしまいました ( 苦笑 ) 。
「 念珠屋 」 というイメージ ・ 音感から来るペーソスは独善的で、「 出掛けた先で
夕立に遭ってしまったよ 」 みたいな気分は伝わらず …… コケました !!
 それでも、いつかは上手く詠んでみたいネタ ・ ドラマです。



  二句目、



   花嫁の鎖骨の美しき泉かな          



 こちらは、今しか詠めない “ 旬 ” のテーマでしたので、敢えて “ テレビ俳句 ” の禁を
破りました。
去る五月、英国の Royal Wedding ── 『 Meghan 妃 』 の佇まいの
美しかったこと !!
そのコスチュームの、恐らく彼女にしか着こなせないであろう超スタイリッシュなセンス、
とても都会的で、かつ簡素で。
装飾品を最少に抑え、彼女ならではの小麦肌を最高の美意識へ引き立てた純白無地のドレス。
さらに晩餐会へのお色直し = ホルタード ・ ドレスも引けを取らないクォリティーに思われ
ました。 新郎の愛車へ乗り込む、優美なドレープの裾捌きもさりげなく。
さすがは元女優さん。 演技力のみならず、自身の演出を如何に的確なドレス・デザイナーに
託すか …… 抜かり無いですね ♪♪♪
 そうした Meghan 妃の祝婚に寄す “ ここぞッ ” とゆー季語には、大変悩みました。
敢えてリアルを離れ、ファンタジックに ( かの宮殿の庭のどこかにあるかもしれない ? )
「 泉 」 を背景にお膳立てしたところ、
「 取って付けたようで、無理があるのでは ? 」 と千惠先生。
確かに、作者自身が直に接してもいない情報を、俳句は良しとしないのです。
特別な思い入れに寄せる場合は 「 前書き付きで、句集にでも載せて下さい 」 と静夫先生。
そーですね、そのようにいたします、もしも “ 句集 ” の夢の叶った暁には。



  さて、三句目は 《 型 》 以外で、



   恋苦しスナップエンドウの甘し



 そもそも 「 恋 」 なんてありきたり ? それも「 スナップ・エンドウ 」 などで通じる
のか ? …… と。
あくまでも個人の感覚ですね。
両先生はピンと来なかったご様子です。
あくまでも個人の “ 感覚 ” ですが、ソレを学ぶのは至難のワザだ …… 。




第四週 6 月 26 日

《 型 ・ その 3 》 応用編
「 上五〜中七 ( ひと繋がりのフレーズ ・ 季語の位置は自由 ) 」 + 「 下五 ( 季語以外
 の体言 ) 〜かな 」


 前回に比べれば多少はマシ ? …… って程度ですが ( 苦笑 ) 。

 背景には一応ご納得いただけた一句、



   緑陰に犬休まするランチかな          かいう



 例えば、近頃市街地にもある、 WAN 連れ 「 OK ♪ 」 なテラスレストラン。
或いは公園の芝生とかの戸外ランチ。
そんな現代のひとコマを、イメージしていただけたようです。
ありがとうございました〜☆
 唯一 「 休まする 」 の言い回しはフツーに 「 休ませる ( or 休ませし ? ) 」 で
いいのでは ? と千惠先生。
はぃ、捻り過ぎました …… とゆーことで “ △ ” 。

 で、あと二句がまた “ 駄目句 ” ですなァ〜(涙) 。



   梅雨の灯に呼ばるる狸小路かな 



 ぼんやりと雨夜の提灯が招く盛り場 …… 『 狸小路 』 とか 『 狢小路 』 とかって
現実に在りそうじゃない ?
でも、在りそうでいて、或いは “ 化かされ ” る民話みたいに、怪しげに点る灯のヌシは
女将に化けたモノノケ …… かも ?
静夫先生、ちょっぴり面白がって下さいました。
が、 「 呼ばるる 」 は要再考、とのこと。
はぃ、もっと面白い句に仕上げるよう、精進いたします〜〜 ( 平身低頭 ) 。


  
   看護師のぱきぱき梅雨の雲晴るる
        


 「 看護師はだいたいぱきぱきしてるでしょ ? ダラダラしてちゃ困るし 」 と両先生。
そりゃそーですけどね〜 ( 笑 ) 。
実際病院で説明 ・ 案内を受けて、はきはきとしたもの言いや、てきぱきした態度ならば
勿論頼り甲斐あるんですが。
その人物のキャラクターまで表せる気がして 「 ぱきぱき 」 を使いました。
選者がどう受け止められるか、に尽きますけど ( 毎度の如く ) 。
 ともあれ、少なからず不安を抱え受診する患者の身には、カラッ明るい看護師さんの応対が、
折しも雨上がりの雲間の光のように救いとなりました …… とゆーおハナシ ♪
あ、思いっ切り平凡かな ?



 兎に角色々見直し、基本に立ち返って復習を新たに !! ── な六月でした ( 礼ッ ) 。



posted by 美緒ママ at 17:03| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

庭改造計画 2018  アサガオ & ヒマワリ成長記  1 .


 今季、激早だった “ 梅雨明け ” 以前から、ずっと続いてる猛暑と強風 !
ついつい “ 涼しげヴィジュアル ” を求めてしまう脆弱モノでございます〜 ( 土下座 ) 。


 とゆーことで、実はこの春、ひょんなご縁で到来した 『 アサガオ 』 と 『 ヒマワリ 』
の種子。
栽培に初チャレンジした、記録を残しておきます。



5 月 20 日 ( 日 )

 最寄りの園芸店でプランターと支柱など購入、種蒔きです !!


  ☆ アサガオ 播種にあたって下準備( 種子の外皮に小さい傷を付け、凡そ一晩水に浸すこと )
   が必要なため、順延。
 

  ★ ヒマワリ 播種 9粒




5 月 21 日 ( 月 )

  ☆ アサガオ 播種 12 粒
   発芽を祈って作業終了。




5 月 25 日 ( 金 )

  ☆ アサガオ 9 粒の発芽を確認。


   P5259919.jpg

                 P5259921.jpg

   P5259924.jpg

                 P5259922.jpg


                     頑張って土を持ち上げていますね !



  ★ ヒマワリ 5 粒が発芽。




5 月 26 日 ( 土 )

 発芽数が定まったようです。


  ☆ アサガオ 10 粒

  ★ ヒマワリ  6 粒




5 月 27 日 ( 日 )

  ☆★ アサガオ と ヒマワリ プランターを日向の定位置へ移動。




6 月 2 日 ( 土 )

  ☆★ アサガオ と ヒマワリ 無事成長しています ♪♪


         P6029950.jpg

         P6029951.jpg

         P6029958.jpg

         P6029954.jpg

         P6029955.jpg

         P6029956.jpg




6 月 10 日 ( 日 )

  ☆★ アサガオ と ヒマワリ ぐんぐん !!


         P6109976.jpg

         P6109977.jpg

         P6109980.jpg




6 月 13 日 ( 水 )

  ☆★ アサガオ と ヒマワリ 順調です。  


         DSC_4186.JPG

             DSC_4188.JPG




6 月 26 日( 火 )

 急な炎暑。 風があまりに凄いので ……


  ☆ アサガオ ツルを支柱へ誘引。 固定する。
   数本の内、節の一部に蕾らしき形状を発見 !


             DSC_4396.JPG


  ★ ヒマワリ 蕾になりそうな形が頭頂に現れて、


         DSC_4402.JPG

         DSC_4405.JPG


            茎もこんなにしっかりして来たよォ !




7 月 3 日 ( 火 )

  ☆ アサガオ 早朝


             DSC_4416.JPG


   開花しました〜 ♪♪


             DSC_4410.JPG

         DSC_4409.JPG

         P7030058.jpg

         P7030059.jpg


      何と、とても淡〜いピンクです。 アサガオにこんな儚げな色があるんですね ?



  ★ ヒマワリ まさしく蕾ですね。 開花も目前 ?


         DSC_4414.JPG

             DSC_4415.JPG




 播種から一ヶ月半弱、ハラハラやきもきがひとまず報われた気がしました ( 笑 ) 。
これから更に楽しみで〜す ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 17:03| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

梅雨の花 …… のハズだった !?


 七月に入りました。
二日は俳句の時候で 『 半夏生 ( ハンゲショウ ) 』 ── 『 カラスビシャク 』という草が生え、
農耕民族 ・ 日本人が古来 “ 田植えを終えておく目安 ” と言い伝えた由。
 また、同音の 『 半夏生草 ( ハンゲショウ ) 』 は 『 片白草 』 とも呼ばれる、当季の野草。

             DSC_8250.JPG


このユニークな植物は虫媒を促すため、花の下になる葉を ( あたかもレフ板のように ) 半分
白く変色させ、目立たせるとか。
ドクダミ科、湿地や陰った草むらの植物。 炎天はたぶん似合わない。




 我が庭では、早々な真夏陽と強風の試練にめげぬ薔薇の二番花 ♪♪


         P6309994.jpg

  P6300008.jpg  P6300012.jpg

         P6309996.jpg


             ハイブリッド・ティー系 『 Love 』




 先月には、例年どおり “ 梅雨の花 ” ………


         DSC_4343.JPG

   DSC_4183.JPG   DSC_4182.JPG


『 ヘメロカリス 』 ( もしかして 『 Crimson Pirate 』 ? ) がひと茎ながら
四輪を全うしてくれました。




 オリエンタルな 『 クロコスミア 』 も “ 梅雨の彩り ” …… だったハズ ?


             DSC_4351.JPG

         DSC_4359.JPG

         DSC_4348.JPG



          吹き倒されまい、と 『 ラヴェンダー ・ セイジ 』。


         P6300004.jpg

             P6300006.jpg



 
 そうそう、種零れを鉢上げした 『 イソトマ 』 もちらちら咲き出しました。


  P6300015.jpg  P6300016.jpg




 厳しくとも欠くべからざる日照の恩恵を、植物達は享受している ?




posted by 美緒ママ at 00:34| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

しずく


 お暑うございます !
昨日の梅雨明け数日前から、既に真夏めいてたんですが。
それにしたってホンットに暑い !!
なのでせめて、涼やかなヴィジュアルを〜 ☆☆☆


 光の雫 ── Drop Pierced Earrings .



    ☆ Gold + Frosted Quartz 
                       by 『 STAR JEWELRY 』


              KIMG2519.JPG



           清流の飛沫 ? …… はたまたグラスの水滴 ?




    ☆ Gold Plated Wire + Chrysoprase 
                               by 『 gram 』


              KIMG2514.JPG



              こちらは …… 南洋の珊瑚礁の海 ?




 鎌倉勤めのオフタイム、近くのアクセサリー ・ ショップで出合った、手を伸ばせば届く
ところにあったお洒落なアイテム。


 その勤め先も昨年五月に終業。
それに伴い “ 勤労 ” という社会的な任を離れ、以来一年一ヶ月余。
その時の実感は急激に薄れ、仕事の関連で触れあった稀有なる “ 美しきもの ” の印象のみが
甦ります。


 オフタイムもオンタイムも、美意識と眼の保養に恵まれた三十余年間でした ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 23:15| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

Gosyuin Traveller 85  A


 昨日、何が驚いたって …… 梅雨明けちゃったんですよね〜〜 ?
そしてハンパ無く暑い !!
まァ、マジ “ 夏 ” ってことですが。


 …… とゆー夏には、少々暑そうなビジュアルになってますが ( 汗 ) 。


 Gosyuin Traveller 青梅レポ続編、 『 塩船観音寺 つつじまつり 』 の
現地へいよいよ潜入です ! ────



         DSC_3709.JPG


              広い空間 ♪



         DSC_3629.JPG


      真正面、 『 不動明王 』 様の構える奥に 『 護摩堂 』 、隣接して 『 本坊 』 。


         DSC_3625.JPG



           向拝にて合掌、お参り。


         DSC_3632.JPG



     背後に脇に 『 ツツジ 』 〜〜 ☆☆


   DSC_3634.JPG
                 DSC_3627.JPG



 『 護摩堂 』 奥には 『 観音池 』 を囲む庭があり、丘の頂上におわす『 塩船平和観音 』 様
を仰げるのです。


         DSC_3648.JPG



   『 観音 』 様のお足許まで、ツツジの斜面を伝って近付けます。


   DSC_3664.JPG

                 DSC_3666.JPG


         『 キリシマツツジ 』 ?


   KIMG0648.JPG


                       『 キシツツジ 』 ?


                 KIMG0649.JPG




               高台の綺麗な 『 観音 』 様〜 ♪

               ── 南無観世音菩薩〜 ──


             DSC_3669.JPG



              お見守り下さる下界の遠望には、


         DSC_3681.JPG


     遥かに青梅の市街でしょうか ? ご一緒に眺めさせていただきました。




         DSC_3684.JPG


           “ ひたすらツツジ ” な斜面を巡れば、


         DSC_3696.JPG



            『 招福の鐘 』 、


         DSC_3703.JPG


    参詣者にも撞かせていただけるので、茶緒パパが代表で一打イッてみました ♪



         また傍らの 『 七社権現 』 様、 『 児玉稲荷社 』 様、


             DSC_3704.JPG


                お参りし、ご縁を謝しました。



         DSC_3701.JPG


            

       そうこうしてツツジ巡りも終了、山門をおいとましたのでした。
      『 観音 』 様、諸尊様、ありがとうございます !!



   待ちぼうけの 『 レボちん君 』 へ戻り、 14 時 13 分、駐車場を出発。


         DSC_3722.JPG




 復路はコンビニに寄りつつ、 14 時 41 分に圏央道 ・ 青梅 IC 。
厚木PAにて休憩し、 15 時 40 分頃、茅ヶ崎 Jct より新湘南バイパスへ。
そこから R1 を経て帰還した一日でした〜 ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 02:16| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

梅雨明け !? …… 早過ぎーッ !!


 本日、 「 関東甲信地方が “ 梅雨明け ” したとみられます 」 って ?
へ ? …… 梅雨が明けた〜〜ッ !?
六月に ? ウッソォー !
「 観測記録上最早 ── 」 ?
だよね〜 、聞いたことないしッ ( 汗 ) 。
しかも日本一早いッ !
 


 って記録に加えて、猛暑日越えも全国あちこち ?
はぃ、ここらそこまで上がらなかったけど、兎に角暑いッ !!
外出から戻って大わらわ、急遽、本年の “ 冷房稼働記念日 ” となったとさ〜〜 ( 笑 ) 。



posted by 美緒ママ at 23:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする